FC2ブログ

 ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 ロックンロールであそぼ。

ニューアルバム「MONDO ROCCIA」考


ニューアルバム、遂に発売です。私は待ちきれなくて昨日中に手に入れて聞いていたのですが、今日手にする方も多いでしょうね。今回はシングルのときと違って、自らに焦らしプレイを強い、アルバムを聞くまでは一切音源を聞かないというマゾヒズムに浸りました。ちなみに私はタワーレコードで買ったのでピンバッジを頂きました。タワーレコードで買う方、タワレコの無料情報誌「タワー」の表紙が今回ヒロトさんとマーシーですから、そちらもぜひ貰ってくると得した気分。
さて、恒例の需要があるのかないのかわからないニューアルバム感想ですが、まあセカンドアルバムサードアルバムもやっているのでとりあえず書きます。あくまでも感想ですから、「私もそう思った」「私は違うと思う」というコメントなど頂けたら嬉しいです。

1.ジャングル・ジャミン   作詩作曲・甲本ヒロト
鼓動のような不穏な感じのするビートから一転、明るいワーイワーイなサウンドがカッコいい。アルバムの幕開けにふさわしい1曲。今回、モノラルだから? ダイレクトマスタリングだから? それともブルースペックCDになったことに関係があるのだろうか、すごく音がクリアになった感じがする。ヒロトさんのボーカルがすごくしっかりしているし、マーシーのギターの音も明るい。そういうことにまずビックリしてしまった。

2.グリセリン・クイーン  作詩作曲・真島昌利  
シングルと同じバージョンかな。「ジャングル・ジャミン」から「オーオー」という掛け声つながりで入ってくるのですごくしっくりくる。こうしてアルバムの中においても、この曲は「佳曲」だな、と思う。名曲と呼ぶほどではないし、代表曲と呼ぶほど派手でもないけれど、掌の中にいつも入れておけるみたいな、そういう小さいけどしっかりした光を持ってる歌。佳曲。

3.鉄カブト  作詩作曲・甲本ヒロト
高いところを行くマーシーのコーラスが美しい。「ない」という否定を重ねつつ、なんという前向きな歌詞なのだろう。あちこちで清志郎さんのことを歌った歌ではないかという憶測が出ていたが、それもまあ、何となくわからないではないな。高音を奏でるマーシーのギターの軽やかさが泣ける。

4.フンカー  作詩作曲・真島昌利
曲名一覧が出た時点で無謀にも「この曲を作ったのはヒロトさんかマーシーか当てよう大会」を一人で勝手に開いて楽しんでいたのだが「フンカー」はヒロトさんだと思ってたなあ! マーシーがどんどんヒロトさんに近づいている感じは前のアルバムの頃からしていたけれど、やっぱり彼はだいぶ丸くなってパンクよりもロックンロールになりつつあるんだなあ。それがいいとか悪いとかじゃなく、これからも確実にヒロトさんとマーシーはより同一化していく方向に進むんだろうな。
イントロの力の抜けた感じが好き。コーラスが楽しそう。でも、歌詞に「国立公園」とかが急に入ってくるあたりはいかにもマーシーでドキリとする。「風を食べている」はいいよね。風の、好きなひとだな。わかりやすい擬音を連ねてる曲がこのところほんとに多いし(もはや聞く側は日本人じゃなくても大丈夫)もう言いたいことなんかないんだろうな。何でもいいんだろうな。しかしこの歌も「みんなのうた」の匂いがする。
  
5.炭酸  作詩作曲・甲本ヒロト
こっちがヒロトさん作なんですね。こういうリズム、好きなんだ……。ふと気付くと、今回のアルバムにはあんまりブルースハープが入ってないね。この曲は入ってるけど、マーシーのギターリフが前面に出ている曲のほうが多いですね。曲の合間に入ってくるギターのおかずが好き。ソロがよく響いて、ほんと弾ける炭酸みたい。初夏らしい曲だなあ、ブルーハーツでもアルバムに入ってそう。
 
6.ジョニークール  作詩作曲・真島昌利
今回のアルバム、曲調はもちろん様々だけれど、ほんとにギターのリズムやヒロトさんの声が一貫して同じ方向を向いている感じがする。いままでになく、ヒロトさんとマーシーが同じ月を見ているような気がする。一致している。ゴーゴー! ってこの歌は「ジョニー・B・グッド」みたい。これからどこかへ出かける、そういう歌。あとは何もいらない。この歌、ギター弾くの楽しそうだなあ。

7.ムーンベイビー  作詩作曲・真島昌利
アイラブユー カモンベイベ?!
どうした、カモンベイベ超力入ってんなオイ。これがやりたかっただけじゃないのか。中学1年生の英語かよ。歌詞が照れやなマーシーらしい。2人きりの歌だね。「うまれたてのさそり」がいいよね。そしてソロ前のマーシーのシャウトもイカス。ちからいっぱいのカモンベイベーがライブで楽しそうです。ちからいっぱいなのに秘密の恋なんだね……。

8.アウト  作詩作曲・甲本ヒロト
アウト! の後ろで鳴ってるご機嫌なリズムを刻むギターの音にリズムギタリストとしては腕が鳴る。ソロもいかにもマーシーらしくてカッコいい。いちばんレスポールっぽい音の長めのソロだね。ベースの音がカッコいいな。

9.酒じじい  作詩作曲・真島昌利
さあ、今回の問題曲ですよ!
じゃろう言ってるよ。どうなってんの。途中のコールはなんだよ。そして何事もなかったようにふつうにメロディに戻るなよ。いや戻らなくても困るけど。なんかもう、ほんとに場のノリで生まれたでしょ。

10.突然バーン  作詩作曲・甲本ヒロト
今回の驚き2曲目。これヒロトさんの曲なんだ! ぜったいマーシーだと思ってた! いかにもいままでの「クロマニヨンズ」の流れをくむギターの音。こういうのもきちんと入れてきてくれるあたりが嬉しいな。彼は、ゆっくりとではなく突然恋に落ちるタイプの人なのかもしれないね。必ずしも相手が人ではなくても、たぶん、それは恋というものなのだな。ラストのギターのかちゃかちゃした繰り返しが好き。

11.恋に落ちたら  作詩作曲・真島昌利
こっちがマーシーか! もはや言葉はいらない、でもハイロウズのころの「ヤダ」よりまだ前向きだからいいよね……。ソロが可愛いです。曲はほんとにいいよね……。子供がお母さんとかに「きょうのほうこく」をしているみたいだ。しかし、恋についての向き合い方をヒロトさん(「突然バーン」)とこの歌とで比べると面白い。共通するのはどうもふたりともシャイらしいな、ということだ。

12.エロこそすべて  作詩作曲・甲本ヒロト
ドロとかエロとか好きだね。自分の名前もヒロだからね。バンドの名前もクロだしね。この歌の掛け声ライブでやるんだろうなあ。みんな嬉々としてやっちゃうんだろうなあ……私もやるけど。「E!R!O!S!」のところは「SOTOデナ」みたい。王道もやっちゃうんだね、悪びれずにしれっとベタベタなこともやっちゃうというのがこの人たちなのだな。


さて! 全体を通して聞いた感想としては、34分ならいいんじゃないでしょうか。これで50分とかだとたぶんきついでしょ。ギリギリのラインでうまい具合にまとまってる感じがします。全体を通してヒロトさんの声が安定していて、でも加速して飛ぶ飛行機のよう。マーシーはリフを多用していて、こういうギターを彼は心底好きなんだな。ますますキース・リチャーズに似てきたな、と思います。全部の曲が、するりと心の中に入ってきて、あまり残らない。彼らの音楽はいつでも鳴っていて、好きなときに私たちがその輪の中に入っていく、そういうイメージ。ということは、やっぱり好き勝手やってんなあ、ってことなのかしら。私は、サードアルバムよりもこっちのほうが好きです。

しまった特典映像について全く書き忘れたぞ。たかはしよしおー!!

 | HOME | 

Calendar

« | 2009-10 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!