FC2ブログ

 ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 ロックンロールであそぼ。

「鉄カブト」をめぐる物語


彼らについてああだこうだと考えてみよう3/「鉄カブト」の記事で、いろいろな意見が銃弾のように飛び交う中、共に最高に意味のない、けれど最高に楽しい議論の時間を過ごさせてくれた全ての方に感謝します。コメントという砲弾を抱えて最前線に飛び込んできて下さった勇気あるみなさんはもとより、後方射撃で支援して下さった方、高みの見物を決め込んで遠くの戦争を眺めて笑っていたみんな、まとめてほんとうにありがとうございました!!

実は私自身「鉄カブト」という非常に個人個人のメンタル面に根ざしているだろう曲を「ああだこうだ」で取り上げることには大きなためらいがありました。でも、そういう曲だからこそ、まだライブで聴くことができたり、DVDが出たりと言ったこの機会にやってみたい、と思ったのも事実です。実際、この曲の「ああだこうだ」を契機にして、いままでより少しだけ、想いやれるようになった相手もいるように思います。さらに「ああだこうだ」も3回目ともなると、いい加減飽きられて下火かなあ、という不安もあったりなかったり(どっちだ)したのですが、いざ蓋を開けてみるといままでの中では最も色合いの異なる、オーロラのように多彩な解釈が生まれた歌でしたね。

皆さんの解釈が素晴らしすぎて、もうこのままスルーしてしまおうかとも思ったのですが、とりあえず恒例になっているので、物語への再構築の試みを。

鉄カブト1/ポストはうたう
歌詞の一部で繰り返される「届かない手紙」について考えていて、「鉄カブト」がもし街角に立つ「にくいあんちくしょう」のことだったら面白いなあ、とふと考えてしまいました。「ああだこうだ」本編ではこういう無機物が主役という解釈は見られなかったので、ちょっといいかも、という思いつきのみで書きました。

鉄カブト2/からっぽのしあわせ
今回、いちばん多数派だった解釈である「大事な人を亡くした歌」に、元々の私の解釈である「死んではいないが、遠くに行った友達を惜しむ歌」をプラスした感じでしょうか。我ながら、双方向から暗い話を書いてしまったと呆れています。実在の人物に関連はありません。

鉄カブト3/ロックンロール・ジョリーロジャー
あんこさんの書いて下さった「幾人もの素晴らしいミュージシャン達に宛てられた……」という解釈がとても明るくて、素敵だったのでそれを再構成。tokageさんの「頭蓋骨説」の一部も借用しています。


今回もたいへん楽しい時間を過ごさせていただきました! ああ、どうして彼らについて話すのって、こんなに面白いんだろう? 一晩中でもきみと話していられる気がするんだよ。

さて、それでは「彼らについてああだこうだ」の「鉄カブト」編、これにて終幕。もし機会があったなら、次はマーシーの曲でお会いしましょう! 

 | HOME | 

Calendar

« | 2010-03 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!