FC2ブログ

 ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 ロックンロールであそぼ。

2010/03/13・新木場スタジオコースト「TOUR MONDO ROCCIA ‘09-‘10」


たくさんの約束を抱えて、零れ落ちそうになるのをぜんぶ、ひとつも落とさないよう、大事に持って行ったんだぜ、新木場スタジオコースト! 欲張りでぜいたくで、めちゃくちゃ疲れてフラフラで、でも私、なにひとつ諦めなかったし、なにひとつ失うこともなかった!  
ライブ以外のこともものすごくいろいろ書くので、気合と時間に余裕のあるときに読んでね。

新木場駅に4時、待ち合わせ。俺、いきなり15分遅刻。4時半くらいに、って約束していたひろにゃんさんとほぼ同時に駅についてしまう。そこには既に完全にテンションが上がりきって、水を呑み過ぎてトイレに通う常駐ヒロトスキーの姿が。
「おう」
「やあ、ニア」
会うの2度目なのに、なんだこの「10年前からの友だちです」感は。本日、ライブハウス初体験のひろにゃんさんも満面笑顔でニコニコだ。本当は駅前のどこかでお茶でもして、とか言ってたんだが、矢も盾もたまらずとりあえず会場の下見へ。今朝からずっと、心が早々とスタジオコーストに飛んで行ってしまっているのを取り戻しに行く感じ。駅からスタジオコーストまでは1本道、でも、ドキドキしながら歩いていく。広い道路の脇、橋の上、まるで3人で組んだロールプレイングゲームのパーティみたいにきょろきょろしながらさ。私はさしずめモッズコートの黒魔道師ってとこか。
早々と会場についてロッカー見たり、物販が始まって並ぶ人を見たりしているうちに、ammoniteちゃんから「駅に到着しました」のメール。もうお茶とかしなくても良くね、って話になって、さっそく常駐ヒロトスキーの作ってきた「フィンガー・ヒロト」と凹子さん手製の「フィンガー・マーシー」感動の対面。



「ヒィロトォォォォォ」
「会いたかったよマァァァァシィィィ」
かなり夢中になって遊ぶ。そんなことしてやたら盛り上がっていたら、横から「あ、バカ発見……」という目で見つめられていることに気付き、ふと見たらammoniteちゃんが驚き半分、憐み半分くらいの生ぬるい眼差しでこっちを見ていた。さっそく仲間に引き入れて遊ぶ。誰一人、正気のままでいさせてたまるか!
この後続々、開場までにいろんな方にお会いできました。こないだも会ったね、また会えたね! 遅れて到着、ひろにゃんさんとこの長男&次男君、凛とした目でまっすぐこっちを見て「ニアさんですね?」って声かけてくれたnemuriさん、な、なんて可愛いお嬢なんだ! 紛れもない18歳だったかさん、ライブを楽しみにする笑顔が弾けて跳ねてた全身ブチさん、恐れ多くも「mashimaniaさんに一目でもお会いしたいです」とメッセージを下さった全員の方と、今回、眼を見てお話しすることができました。
私ね、ライブってひとりのほうがぜんぜん楽だと思ってた。だって好きなときに好きなように動けるし、時間とか気にしなくていいし、あとであそこで会おうとか、めんどくさい約束もなにもしなくていいでしょ? でもさ、楽なのと楽しいのは、違うね。今回、みんなで集まって、スタジオコーストの入り口に、整理番号が早い順からひとりひとり「行ってらっしゃい!」「おう!」とかってわあわあ言って見送って、それぞれ、みんな、ほんとに楽しめますように、なんて柄にもなくロックンロールの神様に祈ったりして、いいんだ、それがあるいはただの感傷や、ばかばかしい願いでも、だって誰かを想うそういう気持ちって、やさしいじゃないか。

声をかけてくれた全員に、私はこういう問いかけをしたんだぜ。

「よし、確認! チケット持ったか?」
「持ってます!」
「ドリンク代500円!」
「あります!」
「ツアーTシャツ!」
「装備中!」
「タオル!」
「持ってます!」

「いちばん大事なもの! 愛と勇気、持ってるか?!」

みんなの答えは、間髪いれず。

続きを読む »

 | HOME |  »

Calendar

« | 2010-03 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!