FC2ブログ

 ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 ロックンロールであそぼ。

夢は枯野を駆け巡る


彼らの長い長い、長い旅もいよいよ終了しましたね。物忘れの激しいあの人は、どれだけ今回のツアーのことをちゃんと覚えてくれているのかしら。大丈夫だよマーシー、私はずっと覚えているよ。そのうち機会があったらどれだけの人たちがあなたを見て憧れたか、得々と説明してやりたいよ。まったく、どうしてくれんだい。ますます好きになっちまったぜ。

というわけでややボーっとしている。彼らのツアー中は「ああ、いま栃木だな」とか「今頃北海道か」とか、どっか頭の隅でそういうことを考えて暮らしているために、いきなり全部の時間が自分の手元に戻されるとちょっと落ち着かないというか……。妙に時間が引き延ばされた感覚で家に転がっている。たぶんましまさんも同じように家に転がったりレコード見に行ったりしていると思う。ふふ。

なんて言ってる間に明後日にはライブDVDが出ますからね。このマシンガンみたいにバンバンくる感じがクロマニヨンズのいいところ。まあでもあのレベルでアルバム1枚出すのに3年も4年もかかってたら、驚くよな。ライブDVDの初回版にはリストバンドがつきますからね。みんな必ずゲットだぜ。

ヒロトさんの誕生日を超えて、私のこよなく愛するギターのジョニーとの二人三脚も丸3年を迎えたことに。3年前は不安のほうが大きかったな。3年後には投げだしているんじゃないかって。でもほんものの憧れは怠慢や怠惰をあっさり覆す。私、ここ3年毎日見ていても、まだSGというギターの形が好き。自分のギターの美しさに惚れぼれする。ストラトも好きだけれど、SGのほうに偏った愛があるな。いまだにわくわくするものね。腕前はさっぱり上がらないのだけれど、それでもギターを弾き始めた当初からするとだいぶましだ。教育とか練習とか言うのは、やってるときは自分の進歩なんかわからないので、後になってようやく「こんな場所まで来てたのか!」ってわかる。私、Fのコードもろくに押さえられなかったんだぜ。そこから見たら、たいした進歩だ。でも、うん、もっとうまくなりたいな、ギター。バンドもそろそろやってみたい。

前にいちど読んで、良さがまったくわからなかったヘンリー・ミラーの「北回帰線」を再読中。本はな、あるときまったく面白くなくても、もう一度読むと面白いってときがあるからな。不思議だよ。「北回帰線」も前に読んだときより面白く感じる。つまりは「読み方」を強制する文学なわけだな。前に読んだときは、みかん箱に正座して原稿用紙を埋めていく日本文学と同じノリで読んだからちっとも面白くなかったのだ。ヘンリー・ミラーやいわゆるロスト・ジェネレーションの文学というのはタイプライター文学だ。原稿用紙に一文字、一文字書き込んでいく調子で読んでいるとダ、ダ、ダ、ダ、ダと来る言葉の奔流にのまれて訳がわからなくなる。タイプライター文学は考えて書かない。目の前にあるものとの一騎打ちでただマシンガンをぶっ放すようにキーをたたく。そういうふうに読まないと、ダメなんだ。
むちゃくちゃに撃たれた体中から血が噴き出すようなヘンリー・ミラーのろくでもない文章。ところどころ、美しい。反吐が出そうに美しいな。こういう表現は、まさにミラー的。

さて、連休も終わりだね。

 | HOME | 

Calendar

« | 2010-03 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!