FC2ブログ

 ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 ロックンロールであそぼ。

MODS/外れたチョーキング/リメンバーユー、他


・クロマニヨンズ、というよりもヒロトさん&マーシーがザ・ネアンデルタールズとしてスペシャル出演するのではないかとの憶測で、ハウリンキャッツもがぜん盛り上がっているMODS MAYDAYのイベントは5月15日。タイムスケジュールも事前に出るようなので、行けそうな皆さんは見逃さないように。もしほんとにヒロトさん&マーシーだったら、特にマーシーが「無理無理、10時以降とかもう夜中だし、ギリギリ9時までじゃないと寝ちゃうから僕」とか言って最初のほうに出てきそうな気がする。この間のボガンボス×甲本ヒロトの例もあるし、また昔の歌とかやってくれたらいいですね。私はマーシーの歌声が聞きたいよ。チケットにはまだまだ余裕があるようですね。これ、ヒロトさん&マーシーじゃなかったらほんとびっくりですね。

・日にちが中途半端だったせいなのか揃って掲載が遅い気がする新木場のライブレポート。ネットで読めるものをいくつか読んでみた結果、いちばん面白かったのは「ギターチャンネル」(リットーミュージック)のもの。マーシーの目を剥いた写真がいかす!! ギターチャンネルなのでギターの音/バックバンドに重点を置いたレポートなのも他と違って個性があって面白い。マーシーのチョーキングが『「スピードとナイフ」のソロはメロディ重視タイプのソロだが、上がりきらないチョーキングなど、狙ってわざとヘタに弾いているんじゃないかと思わせる(フレーズのはずしどころを心得ているというか)プレイは、まさに"味がある"という表現がピッタリ』と書かれてるのに笑った。マーシー、けっこうあのソロのチョーキングの音外すけど、そうか、ワザとだったのか。

・もうすぐ清志郎さんの命日。ヒロトさんと歌った「REMEMBER YOU」が映画のエンディングテーマとして使われるようです。「アヒルと鴨のコインロッカー」などを撮った中村義洋監督の「ちょんまげぷりん」。話自体は「お侍がパティシエに?」ということで、荒唐無稽だけど、まあ映画や小説が荒唐無稽でなかったら私たちはいったい何を面白がればいいのか、ということになるので、いい映画になることを切に望みたいです。
この監督の映画、「ジャージの二人」とか「アヒルと鴨~」とか観たな。「ジャージの二人」には鮎川誠さんが出てたな。伊坂幸太郎さんの小説とロックンロールが好きなのはたぶん本当だろう。だとしたらいい奴かもしれない。「REMEMBER YOU」はいい曲だから、ホントにいい曲だから、どうかじょうずに使って下さい。

・ちょっとお願いがあるんだった。以前から私はヒロトさんの「訳詞」に非常に興味があって、「ロックンロール黄金時代」とか「アナーキーインザUK」なんかもいい訳だな、と思って聞いてるんだけど、これ、誰も他にやってる人がいないから、ちょっと真面目に考えて、気長に論じてみたい。訳詞から彼の思考をなぞる作業をしてみたいんだよね。それで、ヒロトさんの訳した洋楽を知っている、という方は教えて下さい。いまのところ詞を採集したのは上記の2曲と、ヒューストンズの「Do Wah Diddy Diddy」「ベートーベンをぶっ飛ばせ」。ちなみに「SOTOデナ」などは訳詞に含みません。その他にもヒロトさんが訳詞して歌ってる曲があったらぜひ教えてほしいです。もう少しあるような気がするんだよな。

・ここから先『1Q84』やそのほかの話になるから折り返す。

続きを読む »

 | HOME | 

Calendar

« | 2010-04 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!