FC2ブログ

 ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 ロックンロールであそぼ。

ミュージカル「エリザベート」帝国劇場・2010/09

宝塚好きの友人がいて、時々ミュージカルを観に行ったりします。今回もその彼女に誘われての鑑賞、タイトルは何度も聞いていたものの足を運ぶ機会に恵まれなかった「エリザベート」。宝塚でもたびたび演目として取り扱われていますが、今回は宝塚を退団した男役トップスターだった瀬奈じゅんさんが「エリザベート」をやる(ダブルキャストです。私が観に行ったのが瀬奈さんの日だった。というか、友人が宝塚時代から瀬奈じゅんさんのファン)ということで、宝塚では彼女は男役としてエリザベートの相手である魔王トートを演じていたはずですから、なんかそう考えるとだんだん訳がわからなくなってきますね。今回は相手役であるトートもトリプル・キャストで、この日はなんとあのイケメンの城田優くんが演じると言うのでちょっと楽しみにしていました。

帝国劇場、久しぶり。どうしてでしょうね、この劇場、とても下世話な感じと澄ました感じが入り混じった、独特の雰囲気があるんです。学生時代に「レ・ミゼラブル」という、これも有名な素晴らしいミュージカルがとても好きで、夏休みにこの帝国劇場に通いつめたことがあります。2階の通路にじかに腰を下ろして観る席が、開演直前に安く出るのでそれ目当てでした。ジャン・バルジャン鹿賀丈史、ジャベール村井国夫、エポニーヌ島田歌穂という自分の中の黄金キャストにめぐり合う日がなかなかなくて、いつもキャスト表とにらめっこしてました。そのうちに脇役の人に眼が行くようになり、グランテールという酒飲みの役がすごく気に入って、その役を誰がやるのかも最重要課題になりました。あ、レ・ミッズの話はもういいですね。でもまた帝劇でやるそうなので、チラシを観て懐かしいなあと思ったんですよ。

「エリザベート」もレ・ミッズと同じように再演に再演を重ねられ、よく熟した感のあるミュージカルで、全編を通してほとんど台詞はなく歌で互いの気持ちや思いがつづられていきます。物語としては、オーストリア皇后になったエリザベートと彼女の愛を望んで死にいざなう魔王トートとの長い戦いと、最後に訪れる愛の結実の物語、と書いてしまうといささか簡略すぎますが、さらにもっと簡単に言ってしまうならば、綺麗だけど世間知らずのまま嫁に行っちゃって散々苦労するわがままで高慢なお嬢さんと、そのお嬢さんのツンツンなところに惹かれてしまって霊的最凶ストーカーを繰り返すヤンデレ魔王の話です。あ、個人的解釈しすぎですか、そうですか。すみません。

続きを読む »

 | HOME | 

Calendar

« | 2010-09 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!