FC2ブログ

 ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 ロックンロールであそぼ。

ニューアルバム「「Oi! Um bobo」考

相変わらず何の需要があるのだかさっぱりわからないのに去年もやっているニューアルバム感想を書こうかな、という次第。

そうだ! 長々お待たせした「作詩作曲予想大会」では全曲予想的中者がいましたね! 公開コメントで予想を書いてくれた方ではただひとり、あんこさん! スバラシイ!! みんな拍手だ! 

CD特典映像のライブがまたみんな楽しそうなこと。ツアーが楽しみになりますね。「可愛い」とか「何だあの小芝居」と話題沸騰の「動物園でクロマニヨンズ」も、その発想もそれぞれの場面も好きです。


……じゃあ、やろっか。

1.オートバイと皮ジャンパーとカレー  作詩作曲・真島昌利
1曲目にこうして聞くとまたしっくりきますね。アルバムラスト曲である「南南西」からリピートで聞くと、同じ「オートバイ」が歌詞に入っているので、きれいに円環になっている感じがします。ついそのままもう1周聞いたりしてね。この曲、タイトルを聞いたときは「好きなもの並べただけじゃん、どうなのそれ」と思いましたが、何度も聞いたりギターで合わせたりしているとシンプルさがどんどん楽しくなってくる。
しかしマーシーは「いかすぜ はやいぜ」のところで使われてる高音の「テテッテテッテテ」みたいなギターが好きだね。「タリホー」のときも何かに似てるなあ、と思ってて、そのあとクラッシュの「トミー・ガン」聞いて「これだこれこれこれ」って思った。
マーシーは「オイ! のタイミングが難しい」とあちこちで言っていましたが、私も最初いつもずれてしまって、本気でライブを心配しました。

2.伝書鳩  作詩作曲・甲本ヒロト
「高田馬場」「中野ブロードウェイ」という地名がヒロトさんらしいな。歌詞の意味は全くわからないのですが、たぶんヒロトさんの中には何か物語があるんだろうな。「歌詞は適当」「なんとなく」とよく言う彼らだけれど、なかなかそう適当に文章と言うのは作れないもので、ましてや詞なんて(反語)。情景や経験は大事であれば大事であるほど残るもので、そういうことほどとてもじゃないけど饒舌には人に語れないから、まるでうわ言のようにどんどん枝葉を省いてソリッドになっていったりするもので、だからこの歌もそういうヒロトさんの思い出の集合体かもしれない、と思うと、まるごといとしい。今回のアルバム、ヒロトさんの声がよく立って、いい。ソロのハーモニカとギターとの掛け合いが好き。ヒロトさんは、含羞の人だ。

3.あったかい  作詩作曲・真島昌利
この曲、個人的に「ホット! ホッター! ホッテスト!」にいろいろ思い入れが深すぎて、アルバム聞いて「ああ良かったこの曲入ってホント良かった」ってホッとしました。……いまのところ、洒落だぜ?
下北沢のライブで聞いたときは歌詞がほとんど聞き取れなくて、まるで外国語の歌みたいで、時々「もうつらくない」の辺とかだけがわかったのですが、全体的にクロマニヨンスというのはそんなふうに聞いているのも面白いんじゃないかと思います。聞き間違いたくさんしたりさ。今回のアルバムも曲はすごくキャッチーなので、聞き流していて「ホット! ホッター! ホッテスト!」のところでみんなぎょっとするくらいがいいと思うんだ。

4.底なしブルー  作詩作曲・甲本ヒロト
ハーモニカに対するヒロトさんの愛を詰め込んだ作品? てのひらに包み、唇を当てて、その手の中の「底なしブルー」=ハーモニカ。ガブガブ瓶から猛毒をラッパ飲みして、その猛毒を吹きこみ、ブガブガ鳴らすハーモニカ。うつくしい短編小説になりそうです。ハーモニカ吹きが主役の小説って書いてみたいなあ。これもギターとハーモニカの掛け合いがホントにかっこいい!
 
5.キャデラック  作詩作曲・甲本ヒロト
まんまボ・ディドリー……。モッズメイデイに関連して出来た曲だったらすごく面白い。「やっぱりボ・ディドリーみたいなギターは気持ちいいなあ。こういう曲作っちゃお」なんてね。ヒロトさんもマーシーも「キャデラック・レコード」という映画にとても心酔していたので、きっとそこからの連想もあるんだろう。
あ、わかった、「底なしブルー」の主人公の貧乏なさすらいハーモニカ吹きが「いつか手に入れたいなあ」って夢見ている車が「キャデラック」なんだな! ……いや、これ私の想像ですから「あのふたつの歌は物語として繋がってるんだ!」とか思いこまないでね。ハウリンキャッツではよくそういう誤読(誤聴?)の解釈を繰り広げるけど、前にやった私のそういう解釈がね、ネット上で「あれは実はヒロトがこういう風に思って作った歌らしいよ」ってさも真実のように書かれててね、ビックリしたことがあるんですよ。よくあるんだ、そういうの。ネット怖いね。ちゃんとした情報源が明記されてない場合は、話半分に聞いておいた方がいいね。
 
6.多摩川ビール  作詩作曲・真島昌利
アコギや歌詞の「いる」の重ね方がいかにもロマンチック☆マーシー全開。もう、好き!
この歌に出てくるビールはぜったい茶色い瓶のビールだ。「わからないことは 少し寝かせて おいとこう 川の中」は、冷たい川でビールを冷やしている情景なのかなあ……。夏に、そうやってビール飲むと美味しいんだよなあ。
これはヒロトさんの言葉だったけれど「小さいときは苦かったビールが大人になって美味しくなるのは幸せだ」みたいな……。わかんないことも、川で冷やしておいておくと美味しく飲めるようになるのさ、という意見だったら、真正面から大賛成だ!


この先もものすごくどうでもいいことを延々と語るので、折り返しましょう!

続きを読む »

 | HOME | 

Calendar

« | 2010-11 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!