ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウントダウンジャパン/2010/12/30

あわてて書きます、今年の最後の記事。ええと、先に言っておこう。みなさん、今年もハウリンキャッツを読んで下さってありがとうございました。来年もどうぞよろしく。メールやカード等、たくさん頂いておりますが、お返事は少々遅くなります。ぜんぶありがたく嬉しく読んでおります。よいお年を。

行ってきました12月30日のカウントダウンジャパン。直前まで行けるんだか行けないんだかわからなかったのですが、チケットを手放さないでよかった。諦めないでつかんでおいたほうがいいときもあるんだな。観たバンド、ちょこちょこ感想を書きつつクロマニヨンズのレポートも。

・グループ魂
なんだか思ったより早くついて渋谷さんの恒例の挨拶から見てしまい、そこからのグループ魂。文士劇なんてものが玄人はだしの場合があるように、俳優・脚本家のバンドというのも、他に生計を立てるすべがあっての2足のわらじなので、気楽で好きなことを叫んでいて、しかもけっこう巧いんだな。私は何にしろ回りくどいのが好きなので、エロい言葉をそのまま連呼する直截的な歌詞には苦笑いするにとどまるのだが、ハマる人がいるのはわかる。

・OKAMOTOS
まだ20歳そこそこなのに貫禄の演奏、全員うまいけど、特にベースが巧い。何不自由なく育ってきて音楽やれている、選ばれしものという感じがする……! いまの時点でもうよくまとまってる感じがするので、たぶんこの先、バンド内でなにかもめるとか、キャラを変えるとか、もう一壊し、ふた壊しあってからのほうが面白いんじゃないかな。まだ若いからなあ。すごいなあ。

・佐野元春
ああ、私はやっぱりこういうギター抱えて歌うおじさまが好きです。余裕綽々と言った感じのステージ。朱色のストラトがライトに映えてまばゆかった。よく伸びる深い声、どこか聞き覚えのあるメロディ。少しバブルな時代の色を残す歌謡曲的なメロディ。でも、私、そういうの好き。ラスト、抱えあげたストラトのバックの、体に当たるところが本体の木の色が見えるまで擦れて削られていて、この人もギターをほんとうに愛する人なんだな、って、胸キュン。

・マキシマムザホルモン
地獄のるつぼど真ん中でホルモンファンのみなさま方と一緒に首を振って楽しませていただきました。「皆殺しのメロディ」のカバーをやってたね。ホルモンの皆さん、演奏もMCも群を抜いて生き生きと明るくやたらと楽しげで、アースステージがホルモンファンで埋まり、男も女も笑顔で首を振り地獄のるつぼに飛び込んできたがるわけがちょっとわかったような気もしました。楽しいし、すごく客席とのコール&レスポンスがあるバンドだもんね。


以下、クロマニヨンズ、斉藤和義、お土産の話など。

続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME |  »

Calendar

« | 2010-12 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。