FC2ブログ

 ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 ロックンロールであそぼ。

前科者のブルース(待つことは希望になり得るか)

ルールイスの突然の来日中止、愕然とした方も多かったのではないでしょうか。過去に銀行強盗とかいろいろ前科のある人なので、去年の来日時もチケットを売るとき「アーティストの性質上、来日中止になる可能性が大いにある」と説明を受けたもんね……。でも、あの地震ののち相次いだロックンロールのコンサートやイベントの中止の嵐のなか、ルールイスは果敢にもやってきてくれたし、いまでもあのステージは私の心の中にひとつの火を絶やさずに燃やし続けてくれている。ああ、実は、彼が私にくれた大いなるもののお礼がささやかなりともしたくて、彼が今回来日したら、どうにかしてぜひ渡したいと思っていたものまで、ちゃんと用意済みだったんだ。

前科は消えないものなのか。それがルールイスじゃなければ私は、過去に強盗などを働いたことがある男の入国ができないのは当たり前と思ったんじゃなかろうか。よくわからない。けれど、私が夜道でぐうぜん出会ったルールイスは、ひどくやさしい人だった。その印象を私は信じていようと思う。待つことは、出来るだろう。せめて待つことくらいなら。かれの、再びの来日を。私は待とうと思う。この国で、もう一度、彼のステージが見られる日を待っていようと思う。

去年のルールイスのステージを思うと、どうしても地震のこともあれこれ一緒に思い出す。あれから1年。「被災地」と呼ばれるようになった場所に対し、支援のひとつもできない自分のことが悔しくて、一時は東北に住んでいる人々みんなを裏切っているような気持ちになっていたこともあった。思い出すのは苦しいけれど、忘れることはもっと怖い。支援に行った人の、その人の目で見た現地の話を、たくさん聞きたかった。

何度か少額の募金はしてきたけれど、今日やっと、またまとまった金額で義援金募金ができた。あいかわらず、1年前に募金したときと私は何も変わっていなくて、やっぱりこのお金は自分の後ろめたさを晴らす、ただそれだけのための募金だとはわかっていても、なにもしないよりはまだましだと思った。たぶん、ルールイスの再来日を待っているのと同じように、せめて私は待っていたいのだ。復興という言葉をどうにかして信じていたいし、そのために少しでも役に立ちたいと思い続けている。自分にできるささやかな最初のキック。奇跡は起こらないかもしれないけれど、待つことくらいは、せめて。

ルールイスが日本に来られなかったその日、私が義援金と送金書を差し出した郵便局員は、あのときと同じ人だった。

「ありがとうございました」

思いを背負っているように、深々と頭を下げたその姿は、1年前といっしょだった。また少し、涙が出た。この人も、毎日毎日仕事をこなしながら、何かを待っているのかもしれないと思った。



待っているよ。



待っているから。


 | HOME | 

Calendar

« | 2012-03 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!