ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画紹介「ジャージの二人」


堺雅人さんという俳優さんが、何年か前の大河ドラマの「新撰組!」で山南敬助役を演じたのがハマっていて、未だにとても好きです。この「ジャージの二人」を見に行ったのと同じ友人(つまり彼女も堺雅人が好き)と、ついこないだ見た「アフタースクール」にも堺さんが出演していて、まさにいま出演作が目白押し、注目の俳優さんになりましたね。彼のいつも照れたように細められた瞳と、時折見せる意外に意地悪な表情が、ギャップがあっていいです。


軽井沢に避暑に来た父と息子。32歳の息子は会社を辞めたばかり、グラビアカメラマンの54歳の父は3度目の結婚生活にもいささか危うい影が射している。祖母の遺したジャージを着た二人は東京の暑さにこっそり快哉を叫び、買い物に、料理に歩き回る。ただ生活するために生活する二人の生活はその年、淡々と幕を下ろすけれど、翌年、ジャージは三人になり、それはやがて一人になり……軽井沢の高原の風の吹く、スローな映画。


どうもなじめないんだ「癒し」とか「スロー」っていう売り文句の映画に。ゆるい、というのは異様に使いやすい褒め言葉だが、それは一歩間違えると単に「グダグダしてなんだかわけわかんないまま終了する」ということではないのかね。この映画がそうと言ってるわけではないのだよ。ただ、最近あまりに多いものだから。「癒し」とか「ゆるい」とか聞くとちょっと懐疑的な気持ちになるんだよ。
そんな心持ちのまま見たからいけなかったのだろうか。なんだか音楽と映像がかみ合っていない気がして(いや、むしろ「そのまま」「予定調和」すぎたのかも。だって軽井沢に向かう車の映像の裏でGONTITIみたいなギター流れているんだもん)のめり込めずにいたのだよ。難しいな、映画音楽というのも。私みたいなひねくれ者もいるからなあ。
肝心な映画の内容は、というと、これは、この父と息子、あるいは息子とその妻、あるいは父とその娘の距離の物語というふうに捉えるべきなのかなあ。携帯電話がつながらないけど、時々つながる場所もあって、それなのにすれ違って、というところが重要なのだろうか。そうでもない気がする。映画の中に点在する各個のエピソードはそれぞれユーモアがあったり皮肉だったり面白いのだけれど、それがうまくつながっていないのだ。これが「ゆるい」ということなのか。違うだろう。曖昧模糊としすぎだ。

父役の鮎川誠さんが演技はともかくなかなかいい味を出している。また、友人曰く「堺雅人は女性にふられる役をやったときの表情が情けなくて天下一品」だそうだ。褒めてんのか? 君はほんとに堺雅人が好きなのかね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/101-9a6a0286

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。