ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年11月25日・「CAVE PARTY」ツアー 中野サンプラザ1日目。


さあ、パーティが始まんぜぇ。クッロクロにしてやんよ!!

ザ・クロマニヨンズ CAVEPARTYツアー 中野サンプラザ1日目。

ともに参戦のマイと早目に合流、英気を養う。風邪気味で喉にきていた私の声はいい感じにマーシー風味。

開演ぎりぎりに会場入り、でかい会場だとやっぱりツアーグッズ鬼混みだぜ。
だいたいどこでもグッズは開場1時間前から開く、それをねらえないなら終演後を狙った方がいいぜ。
中野サンプラザ初日は2階席です。
チケットは無駄にしない主義なので席が悪いからと売ったり買ったりはしません。
でもね、いつどんな風に買ってもかならずマーシーサイドなの。こわくね?

「招待者受付」に入っていくおねーさんを見て「招待者ってなんだ? 雑誌関連? 家族?!」「いいねえ、家族なってみてー!! マーシーの家族!」とわあわあ言う馬鹿なふたり。
2階席、やっぱり遠いけど、今までライブハウスか炎天下参戦だった私、いつも結局マーシーしか見ていないので、せっかくだから今日はもっとちゃんとヒロトや勝治やコビーも見よう! と思う。
けっこうちゃんとCDを聞き込み予習万全なるマイ「ワハハは聞きたいなあ、やるかなあ」などと言っている。

いつものようにMCのお兄さん登場、いつも思うのだが彼は結局のところローディーさんか何かなのだろうか??
しかし会場がでかいとやはりお客の反応が津波のように聞こえて迫力がある。

ヒロト元気、マーシー元気、いつもより肩を出しております!  ごめんやっぱりコビーとか勝治、ぜんっぜん視界外。
ギリギリガガンガンスタート、東京ジョニーギター、メガトンブルースと怒涛のナンバー!
マイが後で言うにはこの辺ですでに「ちょっと自分がわかんなくなった……」そうで、そうとう楽しく踊り狂っていたものと思われる。まあそれは私も一緒だ。ホールとかライブハウスとかちっちぇえことはぜんぜん関係ない。はじまってしまえば遠さなんてほとんど感じなかった、ヒロトはすぐそこで歌ってて、マーシーはすぐ前でギターを弾いてた。
そういうとこがやっぱり凄いと思う、クロマニヨンズって。
でもやっぱりピックとか握手とかはうらやましかったけどね……特にマーシー、なぜか今日、やたら愛想よかったし。

珍しくヒロトが結構おしゃべりさんでお客さんからの声によく答えていた。
最初に言ってたのが「おお、みんなツアーTシャツ着ているな、よし……あっ違うやつもいるな、でも帰るときにはみんなツアーTシャツになってるだろー」←この言葉に触発されたかマイは帰りにヒロトとお揃いのツアーTを購入していた。
2階で見えなかったがヒロトはTシャツに「IN TOKYO」とかそういうシールを貼っているらしく「これはなかなかないぞ、おれだけだからな、でも……黒のガムテープで貼ってるんだよ」とかね。
「ヒロト会いたかったよ!」という声に「俺の方が会いたかったよ! ここで楽しもうって気持ちは、おまえらよりおれの方が強いぞ!」
途中で「ああ何でおれこんなに返事しちゃうんだろう? ここでこんなにしゃべるはずじゃなかったのに」
マーシーのチューニングのときも「チューニング中。えっとじゃあMCしますか? ……あっ、もうおわったって」
そのあとヒロトが何か言ったあと「ジャーン♪」とやたら揃うバックの合いの手に「なっ、何それ!? すげえ揃ってない?!」調子に乗ったリズム陣、しれっとした顔をしてまた「ジャーン♪」
それから「中野サンプラザ! 俺はここに来たことがある! あのね、マーシーとかわちゃん(?)と、オリビアニュートンジョンを見に来たんだよ。君! そこの君! その辺で見たんだ、その辺がね、一番きれいに見える……きれいに見えるでしょ? 前の方はだめなんだ、そんなに見るなよ……あのさ、目を細めて見る3Dの……本知ってる? こう、目を細めてみると。立体的に見えるの……あれみたいにね、ちょっと目を細めて見てください、前の方は!」
また中野には「虫社」とう出版社があるらしく虫好きヒロトはそのことに関して熱く語り「虫社では本だけじゃないんだぞ、虫も売ってるんだ、標本のね、ピンとか」といろいろ話をしている横で、めちゃめちゃ受けて笑っていたマーシーを私はじっと見ていたのでヒロトの話があまり記憶にない。
この流れでいつも歌詞が変わる「くじらなわ」という曲は「虫社」「中野」「ニュートンジョン」という変わったものに。
お客さんがあんまりしゃべりかけるもので(なんでだかヒロトは男子の言葉によく反応する)ついには「なんだよウルセーよっ!!」とか言ってた。
「友人の友人の友人が、アルカイ……」とか「お父さんのいとこの子供の友人が、鳩山……」と危険なことを言ってみたり、ミック・ジャガーの真似したりヒデキの真似したりアグネスの真似もしていた。あっそうだ、最初の登場のときムーンウォークもしていた。
「おまえ! ははっお前ひでえ顔だ、おれの次にな!」とかも言ってた。ご機嫌さんだな。
「あっ……ちょっと待って……うん……」などと突然股間をいじり始め「あー気持ち良くなって来ちゃった!」とかバーカバーカ中学生かよかわいいよもう!!
マーシーも今日はよく動き、いっぱいピックも投げていた方だと思うよ。

「うめえなあもう」の「おれの足のほうが♪」で足をあげてぺちぺちたたき「おれの背中の辺♪」ではちゃんと背中を見せるヒロト。
「ゴーロマンス」で股間にマイクを当てこするまねをするヒロト。
なんというか女性だったらストリッパーに向いていると思った。

ヒロト「悲しみのロージー」で歌詞が飛んでたぞっ。マーシーがあれれれ~?! ってコケながらギター弾いてたぞっ!!
「ワハハ」の前のチューニングでマイと目を合わせて!!!ってなった。よかったね。
「君の声 その笑顔 しびれちゃうのさ」って歌詞で、私もマイもヒロトを指さしてた。ヒロトはお客さんを指さしてた。
私はいろいろマイに話しかけたつもりだったのがあとでマイに聞いたら何を言っているのかよく解らなかったらしい。
「マーシーが、マーシーあsdfghyjきぉ;p:!!」って「超音波」だったという。興奮のるつぼ。

セカンドアルバム全曲は「ノルマ」だったらしくそれをやり終え(「いきなりくる」は今回からヒロトのハープパートが長くなったようです)ファーストからはおなじみの「土星」「タリホー」「グレート」「エレキギター」「キラービー」「チブ」「あさくら」とこんな感じか、「チブ」のリズムどんどん速くなる部分で、あんなに遠いのに「ああいまマーシーすごく喜んでギター弾いてんな、きっとニヤニヤしてんな」ってわかった気がした、なんかマーシーのギターがすごく喜んでいる音を出しているように思った。
ヒロトはまた最後に言ったよ「2時間くらいを、なんの役にも立たない、ただ楽しいだけのロックンロールに使ってくれてありがとう」でもただ楽しいだけで何が悪いんだろう?? それって最高じゃない?
私は最後の「あさくらさんしょ」でいちばん左側の白い壁にうつるヒロトの大きな影を見ていた、ちょうど右から光が照射されて、ヒロトの影はそこにすごく大きくくっきりと映っていた、時代遅れのコードのついたマイクを握って、Tシャツを履いて、足を照明に乗せて、手を振り上げて、「こっち」に向かって大きな声で、いつもどこでも大きな声でうたってくれるヒロトの影を見ながら、この人は、ほんとにおおきいなあ、だいすきだなあ、と私は思った。
なんでだかよくわかんないけど、今日のこと全部忘れても、この影だけは、この影の残像だけは、ずっとずっと忘れないんじゃないかという気がした。

アンコールが終わった後もメンバーはみんな一生懸命客席に手を伸ばし、握手を繰り返していて、その光景はなんだか上から見ていてちょっと泣けた。
ヒロトは最後「そんなの関係ねえ!」をやって戻って行った。

お互い汗だく、マイとしみじみカッコよさを語り合う。
私の声だけでなくてマイの声までマーシーになっていた。
「また誘って! 絶対行きたい!」とマイは言ってくれた。
クッロクロにしてやったぜ!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/11-2d3d2e6d

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。