ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画紹介「タクシードライバー」


喧騒の街の限りない孤独。エドワード・ホッパーの絵画「ナイト・ホークス」のように明け方が近づくにつれ表情を亡くしていく男女達。ルーティンワークの単調さが、男の狂気をさし招く。ロバート・デ・ニーロの怜悧な演技が光る傑作。


ニューヨークのタクシードライバーのトラビスは不浄な世界を嫌悪しつつも、夜を駆って走り続ける。密かに拳銃を手に入れ、13歳の売春婦と出会った彼は、ある無謀な計画を実行に移す……先駆的現代社会を舞台に、そこに潜む混乱と静かな病をよく描いている。オープニングの彫りの深いデ・ニーロのどこまでも無為な眼差しから印象的な映画。若き日のハーヴェイ・カイテルの怪演も必見である。


長い手足を持て余すようなデ・ニーロの動きが、邦画「野獣死すべし」や「蘇る金狼」の松田優作を思わせる、と書いてしまうのは私が松田優作を好きだからで、実際は優作がデ・ニーロの演技に触発されたに違いない。「タクシードライバー」は、鋼鉄のように強く、だがどこか決定的に壊れた男達の確かなルーツがここにある、と思わせる素晴らしい作品だ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/113-f01e4355

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。