ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「音楽と人」2008年11月号


秋はいいですね。おとといあたりから一斉に街中のきんもくせいが咲き始めています。空気に薄い色がついているようで、うつくしいです。

雑誌「音楽と人」クロマニヨンズ表紙ですね。写真がずいぶん秋の雰囲気をまとっているように見えるのは私だけでしょうか。光線の具合のせいなのかな。撮影9月12日になってるし、まだ暑かった頃のような気もするけど。秋って卑怯で、真夏の中にひっそり息を殺しているからな。太宰治もそんなことを書いていますね。彼は小説もいいのはもちろんですが、短文にこそ真髄を発揮するまことの天才。太宰治の「ア、秋」という随筆を、私はこの時期いつも思い出します。コスモス、無残。この言語感覚は、どこかマーシーに似ている。

アップの写真に耐えられる46歳、真島昌利の茶色い瞳がまるで紅葉した葉っぱのようです。あなたはどうしてそんなにゆるぎなくまっすぐな視線を持ってるのですか。

インタビュー、クロマニヨンズ全員分あるのは大変貴重なのですが、インタビュアーがどうも気にくわない。特に金光さんの話の進め方がたぶんあんまり私の性に合わないんだな。なにがこんなに合わないんだろう、といまも考えてみたのだけど……「こういうことですか?」「こうなりたいんですね?」って感じで、全てを自分の理解の範疇で捉えようとしているところが「いらっ」と来るのかもしれない。うん、ちょっと違う気もするな。でも「なんか気にくわない」だけじゃ小学生みたいだもんな。ヒロトさんのアナーキー論などは面白かったです。

マーシーはなんだかやる気に満ち溢れたインタビューです。やる気に満ち溢れすぎてて、あんまり内容がないです。「楽しければなんかあやふやで、もやもやっとしてていいじゃない?」あやふや過ぎなんだよ! ちょっとよくわかんないよマーシー! 

コビーさん&勝治さんはクロマニヨンズに加入したときの気持ちとかを話してくれていて、いいですね。集合インタビューは4人が仲良しさんで普通のそこらの中学生みたいでキャッキャしていて素敵です。コビーさんのバンド「nil」のインタビューもこの号には載っていて、そっちもなかなか興味深いです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/124-0e74de41

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。