ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンダルシアに憧れて、に、憧れて。

楽曲「アンダルシアに憧れて」は、みなさんご存じの通り、もともとはブルーハーツ以前にブレイカーズというバンドを組んでいた真島昌利によって作詞作曲されて、ブレイカーズの曲、また真島昌利個人の曲として歌われました。
その後、近藤真彦のカバーで世間に知られることとなり、2007年11月には山崎まさよしによる新たなカバーバージョンも発売されています。
「アンダルシアに憧れて」は、最近のマーシーの作る歌には失われた(或いは、今は奥深く秘めている)非常に豊かな物語性を持った魅力的な楽曲だと私は思います。そして、ずっと前から、この曲は歌い手の個性や編曲の調子によって、同じひとつの歌が、ずいぶんその物語の様相を変えるのではないか、と考えていました。

今回はこの曲を歌う3組の男たち……

近藤真彦をはじめとするジャニーズの「アンダルシアに憧れて」
真島昌利の「アンダルシアに憧れて」
山崎まさよしの「アンダルシアに憧れて」
それぞれの「アンダルシア」を追い、同じ歌ながら少しずつ異なるその「物語」の行方について、ちょっとだけ私の想像を広げてみたい、と思うのです。


「アンダルシアに憧れて」歌詞はこちら

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/125-4fb0f392

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。