ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューアルバム「FIRE AGE」考


一度、アルバム発売後すぐに、感想書いたんですけどね。どうも私は頼まれてもいないのにああだこうだとごちゃごちゃ考えて書くのが好きみたいなんです。「ロックンロールってそんなもんじゃないよ!」とか言われればそれっきり。でもさ、言葉で思考できることをきちんと知ってて感じるのはいいけど、それを知らずにただ感じているんじゃ、それも馬鹿だと私は思うよ。

「CAVE PARTY」のときも1曲ずつ感想書いたんだったなあ。今回のアルバム、そこまでする必要もない気もするけど、あとで読むと面白いからやっておこうかなあ。

1.エイトビート         作詞・作曲 甲本ヒロト
シングルより音がつきぬけたクリアなバージョン。こっちのほうがヒロトのブルースハープがよく効いている感じがする。心なしか、マーシーのコーラスがシングルよりも生き生きしてるような。シングルのコーラス、ちょっと暗かったよね?

2.ゴーゴーゴー        作詞・作曲 真島昌利
リフが気持ちいい。オーオーオー♪ってコーラスが好き。途中のタタタ♪って単音で駆け上がるようなマーシーのギター、わー!! っていう雄叫び、マーシー大活躍。たぶん、この位置にくる曲だと今までならギターソロなくてもいいじゃん、って風だったんだけど、今回はソロが入ってて、なんか得した気分だ。スコアが手に入ったらミステリートレイン♪のところの後ろのギターを弾いてみたい。ザクザクと。

3.ぼうふら           作詞・作曲 甲本ヒロト
歌詞が面白いなあ、とまず思った。あんまり歌詞カード見て曲聴かないので、まず「三時まえ」のところ、次の繰り返しには「死んじまえ」になるのだろうなあと思っていた。あと「真ん中くらい」も「真ん中暗い」だと思っていた。ぼうふらは夢を内包しているのだろうか、それとも皮肉の歌なのだろうか。
この曲、コビーがかっこいい。ギターソロもライブで聴きたい。

4.独房暮らし          作詞・作曲 甲本ヒロト
カウベルの音かな。かわいらしいな。ヒロトさんが「神様どうか」とか言うの珍しいなあ。しかし「落ちるの楽しいからまたのぼる」っていう考え方もすごいな。ブルーハーツのB面にありそうな曲だと思った。でもこのアルバムが全体的にB面曲収録みたいな感じだもんな。ヒロトさん、ひとりになりたいのだろうか。という安易な解釈では違う気がする。
マーシーのソロも短いけれどいかす。今回のアルバムもレスポールJRメインなのかな。またコードはストラトっぽい音もするんだけど。

5.自転車リンリンリン     作詞・作曲 真島昌利
「マニファクチャー!」って。どうにかしてこの人たち。
マーシーの「思い出した」歌だと思う。でも、前なら怒りをぶつけてきそうな部分で「……なればいいのになあ」って最後がため息みたいに終わるところが年ですか? 大人になったんですか? ソロはマーシーお得意って風です。ダブルチョーキング?
「別にいいや  いらないってば」のあたりはいかにもマーシーっぽい。私もみんなもこういうマーシーを見るとちょっと嬉しいのだと思う。

6.ニャオニャオニャー    作詞・作曲 真島昌利
「こたつねこ」で飼いネコで、今度は野良か。こんな曲、あ、面白い、だけで作るな46歳。ニャー言うな45歳。相変わらず猫好きなマーシーだ。さすがにアレだと思ったのかソロのギターが左右に動いたり猫の声が入ってるあたりがさらに凹むよ。私の会社の同僚がこの歌聞いて笑ってた。いやもう、完全にその反応が正しいと思うよ。
最後のニャオニャオニャーのコーラスをマーシーが真面目な顔でやるのを聞いてみたいなんて、ぜんぜん、お、思ってないんだからねっ!!

7.海はいい           作詞・作曲 真島昌利
……曲はいいのに。ヒロトのブルースハープもいいのに。パシンとかギュワンとか擬音も好きだね。海はいいとか宇宙はいいとか、どんだけでかいもんが好きなんだよ。歌詞、これ「sea loves you」なんですかね。そうなんでしょうね。やっぱり同僚さんがこれを聞いて「つまり、ダジャレで仕上げればいいわけね?」と言ってたよ。そうです。
それにしてもマーシーは海そのものではなくて、海にまつわるイメージに憧れている。だってこれあんまり夏の海の歌じゃないでしょう。

8.スピードとナイフ      作詞・作曲 甲本ヒロト
ここから折り返し。なんだか懐かしいものにやっと会えたようでほっとする。シングルと変わらないバージョンなので、感想は割愛。

9.ナントカドン         作詞・作曲 甲本ヒロト
「籐兵衛ドン」の「ドン」かと思ってた。「プテラノドン」の「ドン」なのか。でっかいものに憧れるのは、ヒロトさんもマーシーも一緒みたいですね。あれ、この曲あんまり印象がないなあ。

10.太陽さん          作詞・作曲 真島昌利
今度は太陽かー。海をほめたら太陽も褒めなきゃ! ってなったのかなあ。しかし、マーシーの語呂合わせはどうもオヤジっぽいよ。子供がえりしているのかオヤジなのかはっきりしてほしい。なんか、こういう歌をヒロトさんに歌ってもらって、マーシーはそれが楽しいのだろうか。
「水金地火木……」のところ少年ナイフにそんな歌詞があったなあ、と思いだす。高い声を張るマーシーのコーラスはなんかわくわくして好きなんだけど。「バンバンシュワッ」みたいなコーラスも珍しくて好きなんだけどなあ。
この曲、たぶんザクザクとギターを弾きながらマーシーがニヤニヤする1曲のような気がする。こういうリズム取る曲、マーシー楽しそうだよね。最後のところのしつこい「サンサンサン~」のところとか、リズム隊を振り返って合わせるのが好きだろ。

11.まーだーまーだー    作詞・作曲 真島昌利
ヒロトさんのブルージーなハープがそそる。こういう曲を聞くと、勝治さんってほんとに巧いな、と思う。メロディは明らかにマーシーの底知れない才能を感じさせてくれるのだけど、なぜ「まーだーまーだー」でなくてはならなかったのだろう。ちょっともったいない気がするんだ。それにしても「まーまーま」とか「ま」が好きだね。自分の名前にも3つも入ってるからね。

12.化石とミイラ        作詞・作曲 甲本ヒロト
オゥイェー♪で心をわし掴まれた。最近ヒロトさんは「ハニー」が好きですね。コーラスとの掛け合いが素敵です。これはライブ映えする曲だぞー。
しかし、こういう歌詞にそもそも意味があるのだかないのだか、やっぱりないのかな、みたいな曲は、勢いが肝心だからキャッチーな曲調のほうが馴染みやすいと思うんだけど、こういうのは明らかにヒロトさんのほうが上手に仕上げてくる。どこかハイロウズっぽくもある。

13.ジェームス・ディーン   作詞・作曲 真島昌利
またリフが効いてる曲。でもこういうのは基本的に好きなんだ、私。「リンダ」なのか「ダーリン」なのかコーラスが素敵だ。サビに尽きるな。
グレッチギブソンフェンダー、って言っちゃうところが、ああこの人ほんとにギター好きなんだな、って。最近、ぜったいジェームス・ディーンの映画見たんだな。

14.ドロドロ           作詞・作曲 甲本ヒロト
なんか悔しいけど結構好きなんだ。どROCK、っていう解釈は考えすぎなんだろうね。この曲、ギターやベース弾くの楽しそうだな。
変わるスピードとかドロドロ変わるとか変わることをこのアルバムでは歌ってるけど、変わる必要とかをヒロトさんは感じているのかなあ。



何日か聞いてて思うのはやっぱり「みんなのうた」みたいだよ……って。「ロックンロールの芯があるからいいんだ」って、ヒロトさんこのところよくインタビューで言ってたけどさ、芯だけしかないの? 芯だけじゃなくて、ロックは周りも肝心だと思うよ。そこを切り捨てるということは、案外大事なものも切り捨ててるってことにはならないのかなあ。創造はできるけど、想像はあんまりしてないアルバムのように私には思えてしまう、どうしても。

それでも、やっぱり彼らが自分のために活動をしているということ、そのものは私にとって何よりまぶしく、嬉しい。世界のためとか何かのためとか、そういう欺瞞は溢れすぎているけど、ヒロトとマーシーは自分のためにロックンロールの舞台に立っている。
「こういうところがいやなんだ」
「こういうところが違うんだ」
ってヒロトとマーシーに言ったら、きっと返ってくる言葉は
「知らねーよ」
な気もする。

歌を歌って食っていける、ギターを弾いて生きていける、それはすごくうらやましい。そうだ、私はそれがすごいうらやましいし、憧れている。それにずーっと引きずられている。これからもずーっと引きずられていくのかな、と思う。

コメント

No title

ましまニアさん、こんばんは。
こちらのブログにもコメント頂きまして嬉しかったです!

オフスプリングのライブに行かれたようで。
ほんとああいうライブに行くと、
クロマニヨンズのモッシュなんて可愛いもんだと思えますね。
先週の火曜にもう一公演見に行ったのですが、
酷いノリのモッシュに巻かれて体のあちこちが痛くなりました・・・

クロマニヨンズのニューアルバム、賛否両論みたいですね。
人がどんなふうに受け止めてるかって意外と気になるもので
興味深く読ませてもらいました。
>「みんなのうた」みたいだよ・・・・・・
これちょっとわかります。
子供向けのアニメの主題歌に使えそうだなあと思ったり。

そういえば先ほどスペシャでやってたライジングサンの模様
ご覧になりましたか?「タリホー」の時だったか、
マーシーがカメラに向かってグーパンチしてたり
ピックを投げたものの客席に届かなくて照れ笑いしてたり
思わずドキドキしてしまう映像がありましたね~!

No title

bambiさん、こんばんは。
コメントしに行ったのはいいのですが、話したいこと・書きたいことがもっとたくさんあって、それをまとめねばならず「あのね! あのね!」と母親にまとわりつく子供みたいな気分になりました。

オフスプリング、2公演行ったんですか! それは剛の者ですね。私も首とかまだ痛いんですけど。自業自得ですけど。
しかし素晴らしいライブでした。木曜以降、私のギターはオフスプリング練習にかかりきりです。

私も、ほかの人の感想が気になる性質で……ただmixiとかだと、結局「やっぱりいい!」みたいな感想ばかりになるので、なるべくニュートラルでいたいです。「FIRE AGE」についてはいろいろ書きましたけど、それでも聞くとほんとにわくわくするんですね。こんなわくわく感をくれるのはヒロトとマーシーだけで、だから、なんだかんだ言ってもどうしようもなく好きなんですよね。

今日は上田現さんの追悼ライブに行っていて、ライジングサン放送は見逃しました。詰めが甘いんです私。ちぇ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/131-001537bd

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。