ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年ナイフ・トリビュート フォーク&スプーン


2006年に出ているアルバムで、ヒロトさんが「エルマー・エレベーター」を、マーシーが「シークレット・ダンス」をそれぞれカバーしています。私はもちろんヒロトさんとマーシーが自分たちでやっているバンドは大好きだけど、彼らがカバーしたりする曲も好きで、なるべく聞くようにしています。
少年ナイフ、と言うバンド、ヒロトさんとマーシーが好きだと必ず触れることがあると思うのですが、日本人女性3人のロックバンドで、日本より海外で有名です。ニルヴァーナのカート・コバーンが彼女たちのことすごく好きで、ニルヴァーナのライブ一緒に回ったりしていました。マーシーもギターに少年ナイフのステッカーを貼ったりしていますね。というわけで、トリビュートにヒロトさんとマーシーが加わるのは当然、という流れ。
なかなか面白いアルバムなので、これヒロトさんとマーシーのファンはどんな風に聞いてるんだろうと思って、ちょっとネットで感想とか探してみたのですが、ぜんぜん書いてる人がいないんだけど。何故。マーシーに関してはともかく、ヒロトさんに関しては私よりずっと彼が好きでたまらないって言う人たくさんいると思うんだが、カバーの出来とかそういうこと抜きにして、「萌え」とか「ヒロトかわいすぎ」ってすごく頭悪い部分だけで語ったとしても、この「エルマー・エレベーター」は

殺 傷 力 高 す ぎ だ ろ 。

何故、この歌で身悶えた報告とかがないのだ。理解に苦しむ。それとも私の感覚が人と異なるのか? 「エルマーとりゅう」というこの歌の元になっている物語が私の大好きな本だからか?(エルマー・エレベーターはそのお話の主人公の名前)
アルバム1曲目の「エルマー・エレベーター」(ベースメント・テープ)のバックの演奏の薄さが私は大好きだ。そして呟くように篭るように小さく歌うヒロトさんのちょっと照れくさそうな、素の部分の垣間見えるくぐもった声が大好きだ。たぶん彼は普段こういう風に話す人なんだろうな。すごく客観的に自分を見ることもできる人。「最初は小さな音でやるんだ」って、こないだのクロマニヨンズのインタビューでも言ってたけれど、ほんとにちょっと自信なさげな「これでいいのかな?」って感じがたまらなくそそられる。こう、これをひとりでこっそり録ってるヒロトさんの姿まで勝手に思い浮かぶ。これバンドでやってるんじゃないからさ、きっとひとりでリズム録って、ブルースハープ入れて、歌ってみてるうちに「……ひとりだとなんとなく馬鹿らしいな」とか「ちょっと寂しい……」とか思ったりして。なんか体育すわりで膝抱えてるヒロトさんが思い浮かぶ。どうしてだろ、自分で真空管アンプとか作っちゃうし、きっと買物とかもパソコンでしたりするだろうから、ぜったいそんなわけないんだけど、なんだか私はヒロトさんに「機械オンチ」のイメージを強く持っていて、ひとりでこういう録音作業するとき「えっとえっと」とか言いながら人差し指1本ずつでカチカチとボタンを押したりして、そんな姿がぼんやりと。だから、萌えとか身悶えの範囲の話だって言ったじゃん!
でも、これが10曲目の正規(?)バージョンになると、これはもうしっかりヒロト。公の、私たちの知っている甲本ヒロトが歌う曲にちゃんとなっている。このふたつを聞き比べると、「甲本ヒロト」っていうのもある種の殻と言うか、職業と言うか、そういうものなんだってことが少しわかる。クロマニヨンズでこういうベースメント・テープが出てくることは絶対ないけど、やっぱりこうやってヒロトさんは曲を作ってるのかなあと思う。あの「エイトビート」や「スピードとナイフ」も、最初はちょっと自信なさげにこういうくぐもった声でボソボソ歌われていて、それがバンドに持ち込まれてわいわいやってるうちに、誰よりヒロトさんがいちばん自信をつけて、みんなの憧れる「甲本ヒロト」になっていくのではないかな、と想像してしまう。彼の表と裏、そんなのがちょっと見える気がして、とてもお得な気がする「エルマー・エレベーター」のカバー。

マーシーは「シークレット・ダンス」をカバー。これも最初から最後まで「マーシー以外のなにものでもない!」って風で、ずいぶん長いことソロやマーシーが歌う曲を聞く機会がなくなってるぶん、マーシーの歌うのを聞くとやっぱりすごく嬉しい。
すごく個人的な感想として、まあこのブログ全体が個人的な感想だから断るまでもないけども、私がこの曲を聞いてちょっとどきっとしたのは、マーシーの歌う声が、すごくよく中島らもさんに似てるな、と思ったことだ。
中島らもさん、小説家で、でもロックンロールも大好きで、自分のバンドで歌ったりもしていた。このブログの中でも彼の歌について書いている。らもさんはすごくガラガラしただみ声の持ち主で、美声からは程遠いけど、魅力的だった。マーシーの他の歌で「らもさんに似てるな」って思ったことはないのに、「シークレット・ダンス」は似ている気がする。特に「♪オールライト」って語尾を延ばすところとか、曲の合間に入れる声とか、そういうのが妙に。人の心を逆撫でるようなざらりとした殺気を含む歌。もしかしたら声自体は私が感じるほど似ていはしないのかもしれないけれど、このふたりには何か共通点がある。皮肉なのに優しかったり、駄目なのに美しかったり。
らもさんは2004年に亡くなっていて、おそらくマーシーはらもさんの著作をたくさん読んでいて……。別にだからどうというわけじゃないのだけれど、中島らもさんもマーシーもすごく好きな私としては、なんだか線が繋がったような、そうでもないような、嬉しいような切ないような変な感じでこの歌を聞いている。

らもさんの遺した歌には閃光のようなきらめきのあるものも多い。あのだみ声だから素晴らしかった曲の数々……「LADY A」とか「DON'T PISS AROUND」、それから「いいんだぜ」をマーシーが歌うとすごく素敵なのに。でも、もしもそんなことになったら、涙と笑顔がいっしょに流れそうだ。


中島らも「いいんだぜ」

コメント

No title

こんにちは。
少年ナイフトリビュート、完全にスルーしてましたが
「殺傷能力高すぎ」と聞いてもの凄く聴いてみたくなりました。

あと以前の記事の話題になりますが・・・
>「今日は何の日? ザ・クロマニヨンズ、ツアースタート!」
これ、自分もau携帯のニューステロップに流れてビックリしました!
宣伝する意味もあったのかもしれないけど、
一般的にはそんなにニュースじゃないだろうなぁと思いましたね。

雑誌「グッドロックス!」については
>「目を覚ませ、なぜそんなおっさんのポストカードが嬉しいんだ?!」
この一言に思わず笑ってしまいました。
個人的にヒロトが表紙のバイク雑誌に付いてたポスターに
若干テンションが上がってたので、なんかハッとさせられました・・・。

No title

bambiさん
こんにちは。いつもコメントをありがとうございます。
辺境ブログなのでコメントいただくとすごく嬉しいです。

やっぱりトリビュートなどはスルーしてしまいがちですよね。
でも時々「エルマー・エレベーター」のように、
面白いものにぶつかったりすると嬉しかったりします。
これは2分ほどの短い曲で、ネットで探すと着うたとか試聴もあるので、
アルバムを探さなくても聞いて悶えることはできると思うので、
ぜひぜひ聞いて感想をお知らせください!

>「今日は何の日? ザ・クロマニヨンズ、ツアースタート!」
これビックリしましたよね!
ずいぶん偏った「今日は何の日」だなあと苦笑しました。フッフー。

>ヒロトが表紙のバイク雑誌に付いてたポスター
あれはかっこよかったですね! テンション上がりますよね。
しかし相変わらず件の友人には罵倒され続け、
「心の目で見るんじゃない。いっぺん普通に見てみろ」
という至言をいただきました……。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/141-7524ab48

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。