ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画紹介「オペラ座の怪人」


古典的ミュージカルの映画化作品。もともとミュージカル映画って、不自然さは否めないものの決して嫌いではないのだ。むしろその不自然さをどうやって自然に見せるかの苦心惨憺に興味を覚える。
そういう視点から言えば、現代が舞台の作品ならいざ知らず、どこまでもゴージャス極まりなく、また歌が自然に入ってきやすい環境であるオペラ座が舞台のこの作品は、既にミュージカルとして良くできているのだな。後はそれを映画としてどう料理するかだ。


パリ、1870年代。華やかな興行を夜毎催すオペラ座では「ファントム」の仕業と言う事件が続いていた。事件の渦中で偶然プリマドンナの役を手にし喝采を浴びたクリスティーナは、幼馴染の貴族ラウルと再会することとなる。しかし、そんな彼女に「ファントム」の手が伸びる……。
言うまでもなく、作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバーの傑作の映画化作品。


再上演に再上演を重ねて十分練られたであろう舞台の迫力にはかなわんのではないか、と思っていたのだが、導入のフィルムを逆回しにしたような、オペラ座がみるみる蘇っていくシーンでちょっと胸を衝かれてしまった。こういう手法珍しくないし、確か『タイタニック』のラストでも同じような場面があったけども、舞台との明らかな差異を冒頭から見せてくるところに私は「映画でも魅せてやる!」という製作陣の気骨を感じたのだな。この冒頭以外でも、舞台と同じでいいじゃんというところに留まらず、舞台では絶対に出来ない縦のラインを生かしたカメラワークでよく描いている。

ヒロインであるクリスティーナ役のエミー・ロッサムがとてもエロチックで可愛らしい。いつも潤んだような上目遣いの目と、少し開き加減の唇がそそるぜ。でも同じ表情が多いので、どうも感情が掴みにくいな。
歌も吹き替えがないそうなのでそこはスッゲー褒めていいと思う。全員スッゲーよ。そういうキャスト使ってるんだろうけど、それでも良く歌ったもんだ。

ファントムについては原作から見ていくと人物造形が幾つか有り、中にはホラーチックなモノまであるようだが、それに比べるとこの映画のファントム役、ジェラルド・バトラーはなんと色っぽくカッコイイのだろうか。クリスティーナとふたりで歌う「オペラ座の怪人」のテーマ曲、「♪インサァァァァァイド、ユア、マインド♪」とか「マイ、エェェェンジェェェル♪」とか、ああぜんぜん伝わらないな、伸ばす音の部分がものすごくセクシー。

こういう映画を見ていると「ふたりで歌を歌う=デュエット」という行為が、時と場合によってはほとんどセックス以上にいやらしいことだと気づく。官能の波のように執拗に繰り返されるテーマ。精神的には和姦。クリスティーナを愛して、ファントムを憎むラウルがふたりの歌のシーンで為すすべなく立ち尽くすのも仕方ないと思わせる。既に心の上ではファントムとクリスティーナはひとつになってしまっているものね。

少しだけ猥雑でホラーでドキドキする映画。それを下品になる手前で寸止めしているのが良い。イメージでざっくりと言ってしまえばディズニーランドのホーンテッドマンションあたりの雰囲気に少し近いか。とにかくテーマが耳につく。素敵なオペラ座の一夜を、あなたもお過ごし下さい。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/147-c621b286

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。