ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムチとマントとヤッターマン


冬になると夏を恋しがってやまない無いものねだりの私は、このところブルーハーツばかり聞いています。いまは「DUG OUT」がいいですね。改めて聞くと、この頃のヒロトさんの声は初期の太い頃とハイロウズに入ってからの素直な子供っぽい声のちょうど中間くらいで、聞いていてよくなじむ。そして、あまり目立たないこのアルバムの、ロマンティック★マーシーの作詩魂の爆発ぶりは素晴らしい。このアルバムのマーシーの歌は全部好きだ。
ヒロトさんの歌では「ムチとマント」なんてすごくいい。それで思ったんですが、ヒロトさんの歌って「何々と何々」っていう並列の表現が多くない? 「ムチとマント」とか「スピードとナイフ」とか。これは今までと違った視点で「甲本ヒロトの作詞における並列表現の解釈」とかいう論文書けるかな、と思って、ほかの歌でもこういうのなかったかな、と探してみたんですが。「ムチとマント」「スピードとナイフ」「化石とミイラ」と順調に来て、でも他になかったよ! 歌詞でこれは並列かな、と思うものにはハイロウズの「フルコート」に「破れない便箋と壊れないシャボン玉/錆ついたプラチナとひび割れたダイヤモンド」っていうのがあるけれど。クロマニヨンズの「くま」の「くまと俺♪」もまあ並列といえば並列だが、それはちょっとね。「エイとビート」は違うよね。どうする、実は「AとBと」っていう歌だったら。それはそれでちょっとだけ意外で面白いか。
あては外れてしまったけど、「ムチとマント」「スピードとナイフ」「化石とミイラ」って並べると、すごくヒロトさんらしい。逆のものをふたつ並べて安易に比較しているわけじゃなくて、でも、関係がなくもないように思える。似ているけど違うもの。違うけど似ているもの。「化石とミイラ」はどっちも「こわれもの」で、「スピードとナイフ」は「変り方」について歌っていて、ん、じゃあ「ムチとマント」は……?

よく考えたらこれも意味が分からない歌だな。あれ、でも、なんかこんな感じ、知ってんだ。ムチとマントで、サンキューベリマッチで、お尋ね者な彼ら……

……あ。

わかった、月曜午後7時の私のピカレスクロマン。でも、マントはともかくムチなんて持ってたっけ? まあいいや。



……アニメ「ヤッターマン」のドロンボー一味。なんとなく、なんとなくね、私のイメージの中で、この「ムチとマント」って歌は彼らの姿に一致するんだ。ドロンジョ様たち3人に、カバーして歌ってほしいな。クロマニヨンズが「ヤッターマンの歌」をオープニングテーマで歌って、それでこの歌がエンディングテーマって言うのはどう? 「天国よりちょっと!」ってドロンジョさまの歌いだしでさ。「ガールハントの天才なのだ」っていうのは、もちろんボヤッキーのパートね! 「悪いんだけど、憎めない」っていうキャラはヒロトさんもきっと好きだし、なんか、ヒロトさんは特にこういうアニメとかから着想を得て、歌詞を作ることがありそうな気がする。そういえば「ヤッターマン」もヒロトさん大好きだよね?

……などと言ってたら、さ来週12月15日の「ヤッターマン」の放送に、ヒロトとマーシーらしきキャラが出るらしいなんていうナイスタイミングな情報も手に入れたよ! わあ、基本的に二次元みたいなお2人ですから、アニメとか漫画とかの中のほうが、しっくりくるのに間違いない。このままオープニングテーマ歌っちゃえクロマニヨンズ! う~、チンチンチン!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/155-e975246e

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。