ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年1月8日・「CAVE PARTY」ツアー 渋谷AX 2日目


渋谷は2日とも見に行くことができました。
一緒に行く友人と行き違ったり問題は多々あったものの、それは全部すばらしいライブのための前振りということで。

整理番号よかったんで、また真島側2列目で最後まで鑑賞。でっかいライブハウスなのでちょっとステージとの距離が遠く、手を触れられそうなほどではないけど、マーシーの額を流れる汗が見える近さ。そこに彼が立っていることがいまいち信じ難くて、ライブ中なのにぼんやりと彼の複雑にリズムを刻む指を眺めていた。
どうしてだろう、あんまり楽しいと私は記憶がまるで飛んでしまって、残像のようなかけらばかりキラキラと頭の中に散乱している。ギリギリガガンガンのGのコードの潔さ。ロージーで思いきり蹴り上げるマーシーの足。
こたつねこという曲が好きなのか、弾きながらやたらにこにこしている彼の少し開いた唇。ああまた私はマーシーしか見ていない。ちょっといいなあと思ったシーンは、土星にやさしくのソロの後、ヒロトがわざわざマーシーの近くに寄ってって、何をするのかと思ったらピックを「ハイ」と渡すとこ。マーシーちょっと驚いて「ありがと」って笑った。ヒロト、マーシーのことよく見ているなあ。
それからアンコールの全身チブのあと、マーシーとコビーが競うように歌を続けて「わわわー」と歌ってた。一生懸命低い声を出すマーシーに乗ってくるコビー。マーシー、また笑ってた。
チューニングでビートルズの「ディ・トリッパー」のリフを突然奏でだす一幕も。私もあのリフ……練習したよ……それですぐに乗ってくるコビーと勝治だから、このクロマニヨンズはまとまってるのだと思う。

ヒロトさんのMCは少なめ。最初に「マタアエテ、ウレシイデース」とミックのまね。いつもの「お前らのこと好きじゃないけど愛してる」とか最後に「またやろうぜ!」とか。くじらなわで引っ張ったのは「ハチ公」(ハチ公いいな、引っ張ろう! とヒロトがすぐ乗った)「カジオ」(お客の名前、ヒロトに「え? なに? カズオ? 誰? なんだお前の名前かよ!」と笑われていた)「ウスケ」(人の名前ならおれには引っ張りたい人がいる、とヒロト自ら提案。昆虫採集の針とか作ってる人で、ヒロトもお世話になったらしい。このときハンミョウとか昆虫のことを熱く語りだそうとしたヒロト「別にモニターに足をかけて話すことじゃないけど」と一瞬我に返り、そのいかにも素っぽい言い方に私の友人がすごくウケていた、ちなみにマーシーはさすがにウスケのときには笑いをかみ殺し、ギターでキュンキュン妙な音を出していた)

くじらなわの前に「これはおやじにささげる歌です。僕の親父は2歳と5歳のときに死にました。それで3人目の親父はこないだ死んで、7人目の親父は90歳です」とか適当な話をして「いま言ったことおれ全然覚えてねえよ、何歳と何歳とか!」と自ら突っ込んでいた。

マーシーの「またね」があり、一生懸命はいつくばるようにして「よし、来い!」と客席に手を伸ばしたヒロトは最後「そんなの関係ねえ!」を一くさりやってケツを見せて去って行った。

客席を見渡し、少し首をかしげて目を見開き、そのあとでふっと緩むように笑うマーシーの笑顔がやっぱりどうにも好きだと思いました。

傷ばかり増える。びりびり響く。クロマニヨンズの明るい音楽が、私は心から好きです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/16-92199964

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。