ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめてのライブ・2007年7月21日


私がはじめてザ・クロマニヨンズを見たのは、ライブファクトリーです。

ロックンロールは昔から聞いていたのですが、ブルーハーツ・ハイロウズと、なぜだかライブに行く機会がないまま彼らはクロマニヨンズになっていました。だから、私がヒロトとマーシーと言うあのふたりに出会ったのは、まだまだつい最近と言うことになります。

以下がライブ行ってきた日に書いたレポートのようなものです。



FACTORY 10th Anniversary 2007 LIVE FACTORY 721 in ZEPPTOKYO

会場に入ったらザ・50回転ズのオープニングアクトがもう終わる寸前。今回7時間の長帳場ライブなので入退場は自由、腕にリストバンドをつける。
それにしてもすごい人だぜー。
物販見たりビール飲んだりしてるうちに3時になってイベント始まる。MCはムッシュかまやつ&パフィーの由美ちゃん。

クロマニヨンズは明日は広島でライブという強行日程のこのライブ、それを考えると移動があるからそんなに遅い順番にはならないはず。どう考えても2番目か3番目。
最初のバンドが終わった後でステージにセットされる機材を見ていると、マーシャルのアンプ……ああマーシーっぽいな。でもって極めつけのドラムのクロマニマーク。次がクロマニだね! 間違いないよ! 同行人と一緒にステージマーシー側で始まるのを待ったけどやたら準備に時間がかかる……。
改めてMCからクロマニヨンズの紹介、わっと前になだれる客。ヒロト側にじりじり移行していた私は一番まずい場所にいたようだ。 つぶされたおされた踏まれたねじれたよ。
もーヒロトとかマーシー見てるどころの騒ぎじゃない! 息吸うのが精一杯! 背が小さいし!
ダメこれ無理死ぬ、と判断して最初の曲の「クロマニヨン・ストンプ」 の間、それでも口だけで小さく「宵越しの」「銭もたねー」とか歌いながら横へ横へ逃げた。
少し落ち着いてきてましになったところから前方へ移動再トライ!
自分に男子をかき分けてまで進みたい闘争心がちゃんとあるということを知った。
同行人の姿はもう全然見えない、彼女も小さな人なので、無事を心で祈る。かきわけてかきわけて進んでいくと、マーシーの前に出たー!
バンダナだ、クロマニTシャツだ、肩出てる、革パンだ、レスポールのギターだ、ボディが傷ついてちょっとフクザツな光り方をしているのがかっこいいのだ。
弾いてる弾いてるよ、いま 私の 目の前で マーシーが あの マーシーが ギターを!!

すげえ

マーシーって呼んだ。マーシーっていっぱい呼んだ。
こんな大きな声で名前を呼ばせる、それほど愛しい男が自分にいるということに自分で驚いた。
マーシーは目をかっと見開いてヒロトのコーラスをうたう。
マーシーはときどき勝治やコビーやヒロトやローディーを見てちらっと笑った。
それを見ているとこの人はギターを弾くことを楽しんでるんだって思った。
そうして彼を見ていることはとても幸せだった。
ぐちゃぐちゃになって汗まみれになって尋常じゃないくらい踏まれても。

あんまりヒロトを見てなかった。角度的に見えなかったせいもある。
でも「今日もいろんなところでいろんな人がいろんなことをしている、それで僕たちはここでロックンロールしてる、それは何て幸せなことなんだろう」みたいな言葉はすごくよかった。

なんかいろんなことがわかった気がした。
そのときだけだけど、でも解った気がした。それじゃあ結局ダメじゃない? そうでもない?

私、大音量のロックンロールが好きだ。
この世を揺るがすような、大音量のロックンロールが好きだ。

「キラービー」「エレキギター」「グレート」「やわらかい」「ワハハ」「チンパンマン」ではヒロトのブルースハープも聴いた。 「紙飛行機」新曲お披露目「ギリギリガガンガン」「あさくらさんしょ」「タリホー」「土星にやさしく」これで全部か?あ、「弾丸ロック」「歩くチブ」もやりました! 
スゲー曲数やってるじゃん! マイコが後で「15分くらいに感じた」って言ってたけど!
楽しかった! 「チブ」はCDのスピードからどんどん早くなってたよ!
最後のブルージーなところではミラーボールが回ってたよ。ヒロトは半裸になって出てきた。骨格標本かと思った……。
あとでマイコは「案外真っ当な演奏で真っ当なことを歌っている、もっと酷いのかと思った」と言ってたが、私もそう思う。彼らはとても歌うことや演奏することに対して真っ当で素直だ。

ワーワー騒いだりダイブしてきたお兄さんを避けたり前へ送ったりしてたら、いつの間にかマーシーの目の前に来ていて、ギターソロを目の前で見ることができた。
気持ちいいくらい頭がからっぽで、目の前で展開されているすごいことを丸呑みしていたので、そのときは「永遠にこの時間が続け」とかぜんぜん思わなかった。

ロックンロールにはいっそ気持ちいいくらい言葉が通用しない。
ロックンロールのど真ん中にはただ音がある。それは飲み込まれるためにある、ただそれだけのための音だ。

運命とか
ないって知ってて
ただの偶然だって
でも、ばかだからそれでも運命とか言う言葉を使いたくなっちゃうけど

ギターソロの後マーシーがぽいと投げてくれたピックが私の目の前に……

でも取り逃してしまって、悔しかった。前のおねーさんやおにーさんもマーシーのピック探してて、最前列のおねーさんが係員さんに「拾ったらください」みたいに言ってるの聞こえたから、あーそっちに落ちちゃったんだーて思った。

すこししてから目の前のお姉ちゃんのうねった長い髪があまりにうざったくて「こいつ肘打ちしてやろうか」と思って良く見たら。

マーシーの
ピックが
彼女の
肩に……

妙に冷静に摘んで取ってポケットに入れてまたライブの雰囲気に自分から飲まれていった。

ヒロトは「日比谷のキャロルのライブみたいだ」と後ろのファクトリーの電飾看板を指さし「最後のバンドは……危険だよ? ああいう看板はね……よく燃える」と言っていた。
キャロルのライブって聴いたときマーシーが笑ってた。
キャロルの解散ライブの日は、マーシーが始めてギターを持った日だね。前になんかのインタビューで話していたのを見たことがあるよ。

最後までずっとマーシーを見ていた。
でもヒロトも時々みた。最後、むちゃくちゃ笑ってた。笑顔が素敵な人だ、ヒロトは。いつも笑うときは120パーセントだ。
「またね」って最後に言うマーシーをやっと見ることができた。
マーシーのまたね、には未来がある。ほんとにまた会えそうな。そんな予感の。

終演して完璧に燃え尽きて

でも

ポケットの中を探ったら



マーシーがソロを弾いたピックは、夢じゃなくちゃんとあったよ。





******************************************

今思うと初ライブで初マーシーピックを貰ったわけで、相当運がよかったのだと思います。しばらくの間は「運命だ、私はマーシーと結ばれてんだ」と自惚れてました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/2-d2d3f209

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。