ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュージカル「キャッツ」観劇/2009年4月15日


「猫と女は呼ぶと逃げ、呼ばない時にやってくる」とうそぶいたのはメリメだったか。呼ばない時にやってくる、そんな猫の習性を愛してやまないからこそ、わざと背を向けて……そうしたら向こうから寄ってきてくれるのではないかなんて……甘い期待を続けている、猫好きの私だ。「キャッツ」と言うそのもののミュージカルにまで背を向けていたわけではないけれど、ここ4年6ヶ月にもわたるロングラン公演だったというのに観に行く機会を掴めずに、ついに千秋楽。ああ、猫はもはや私の手の中でくつろぐことはないのかと悲観したそのとき。待ってみるもんだね、訪れたのはめちゃくちゃにいいチケット。劇場全体がまるでビックリばこで、悪い夢で、決して燃やしつくすことのできない彼ら猫たちのまどろみを抱くゴミ捨て場、そんな小さなキャッツ・シアター、演出家・浅利慶太の才能に改めて感心しながら、猫たちのなめらかな背中を春の夜に例えよう。

有名だものね、ミュージカル「キャッツ」。内容をよくご存じの諸君も多いに違いない。一貫した話の筋は特になく、繰り出されるのは難易度の高いダンスと、ゴミ捨て場に集まったそれぞれの猫たちのありふれた、そして数奇な人生(猫生というのか)の物語。悪いやつがいて、ロックな恰好のきどりや猫がいて、コソ泥もいて、夜行列車を愛する猫がいて、昔の話を繰り返す歳老いた役者猫がいて、マジシャンの猫がいて、そしてぼろぼろに疲れ果てた娼婦の猫がいて。例えば娼婦猫は「愛してほしいけど、うまく言えない」ツンデレさんで、夜行列車の猫は今で言うところの「鉄ちゃん」で……どうにでも捉えようと思えば捉えられるエピソードの連なりは、どこかに「ああ、こういう気持ちなら、少しわかるかもしれない」という、心の「むすびめ/ほどきめ」を提供してくれる。もちろんミュージカル中の歌の数々が素晴らしいのは言うまでもないけれど「キャッツ」がこれほどまでに愛される理由は、彼らの誰かを私が愛せるからじゃなかろうか。彼らの誰かをきみが愛せるからじゃなかろうか。それはつまり、ラストのセリフ「この中の猫は、あなたに似ているかもしれない。この中の猫は、あなたの隣の誰かに似ているかもしれない」ということで……流れる、流れていく川の底に見え隠れする普遍的な白い小石のような感情、そういうちらちら輝くものを「キャッツ」というミュージカルは、猫の姿かたち、猫の動きを借りて、ほんとうによく救いあげている。

それにしても娼婦猫のエピソードはひどく切ない。彼女が「メモリー」を幾度も擦り減るほどに撫でながら天へと登っていくだけではなく、、この世で、猫の中でしっかりと抱きしめられて生きていく道はなかったのだろうか、と何度も何度も思い返す私は、まだいささか愛しているものがこの世に多すぎるのかもしれない。彼女はもろく、本当に美しいが、私はあんな生き方はいやだ。こんな考え方にも転換の訪れる日はやがて来るのだろうか。そのときに、キャッツをもう一度見たら、どんなふうに感じるのだろうか。

とにかく一度は見ておきたいミュージカル。「キャッツ・シアター」の客席と劇場が一体化した素晴らしいセットだけでも一見の価値ありだ。ポップでグロテスクで、少し卑猥で、だからこそ素晴らしいものと言うのはこの世に確かにあるのだ。また、前方席の通路側を確保すると、最後に猫が降りて来て握手してくれる(劇の途中でもものすごくよく目があって、本物の猫に道端で出くわしたようにじっと見つめられたりもする)。私は美麗なトラねこさんに握手してもらってうっかり惚れかけた。

猫と女は呼ぶと逃げ……幸運やチャンス、男だってそんなもんだけれど。一度手に入れたものは、絶対に逃がすな。そして大事なものは、目に見えることよりも見えないこと。それを教えてくれたミュージカル「キャッツ」、千秋楽となるのが惜しいような出来でありました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/209-4f4e9f52

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。