ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

及川光博ライブ(清志郎乱入の巻)・2007/12/14


清志郎死す、の衝撃から立ち直れずにあれこれと無様に彼の思い出を漁っていたら、ちょっとおもしろい清志郎さんについてのレポートを見つけました。わりと偏屈にロックンロールが好きだと、ぜったいに見られない清志郎さんの姿だと思います。

ちなみに文中の「みっちー」と言うのは及川光博さんの愛称です。また補足しておくと、みっちーは清志郎さんと「ミツキヨ」というユニットを組んで「強烈ロマンス」なる曲をリリースしています。なんというか、極端にロックンロールを愛好している方というのは、みっちーの歌なんて! と毛嫌いしたりするんですが、みっちーの歌やライブ、すごく面白いものが多いんですよ。宝塚のような一種のショーとしてとらえていただきたい。私はみっちーのライブも清志郎のライブもクロマニヨンズのライブも好きです。清志郎さんは、そういう部分でまるでわけ隔てしなかったじゃないか。わかってるのかい。

以下、ライブレポートです。表に出す気がなかった文章なので、あまりまとまっていませんが、よかったらご覧ください。
2007年12月14日、みっちーワンマンショー、今回のテーマは「イチャイチャしたい。」
NHKホールのステージはピンクと白に統一、みっちーもピンクの衣装でまあかわいらしい。
今回はホーン隊(「ときメモホーンズ」といいます)が入ったので音に厚みがあるし、NHKホールはもともと音響がいいので、かなり聞きごたえがあるよ。
ギターの人がなかなかうまくて、ホーン隊やキーボードの人もそうなのだけど、みっちーとバックバンドはとても仲がいいらしく、ダンスのある曲ではバックバンド全員がちゃんと、みっちーとステップを合わせていたりして、そういうとこがまとまってる感じがしてすごくアットホーム。
みっちーという人は、まわりからすごく愛される人なのだな。

いつものようによくしゃべるみっちーは、映画つながりで知り合った宇多田ヒカルとご飯を食べに行き「みっちーと付き合ったらめんどくさそう」と言われたことなどを話し「めんどくさいってなんだよ!」と叫ぶ。
客席にアンケートを取り「僕と付き合ったらめんどくさいって思うなら拍手して」と言ったら、会場万雷の拍手、どころかバックバンドまで拍手していて「後ろは拍手するな!」とすねていた。
相変わらずMCが抜群におもしろい。この人のキャッチコピーめいた言葉のセンスは侮りがたいものがある。
「もてそうでもてない男ですから!」
「大人のおもちゃ箱、みっちーです」
「えい、遠隔ハグ★」(みっちーが客席に向けて抱きしめるまねをすると、客席も全員が「ぎゅ★」を返す)
たいへん楽しそうで、途中の曲でわけかがわからないほどテンションが上がったのか、客席にいきなり降りて行って駆け回るというめずらしい行動までしていた。

曲はずいぶんなつかしいものを多くやっていて嬉しかった。
「モラリティー」「三日月姫」それからなんと、ライブでやるには超・珍しい曲である「ワンダフル入浴」、この曲のときは、ときメモホーンズが後ろで桶を持ったりシャンプーハットかぶったりして入浴ダンスをしていて、いやにのっているのがおかしかった。

ほんとに相変わらずだなあ、と思う。みっちーはいつもそうだ。
みっちー自身は変わっていってるのかもしれないけれど、でも、やっぱりみっちーはみっちーだ。
私はみっちーの中途半端なところを愛していて、だってこの人というのは、歌を歌わせても中途半端だし、作曲作詞においても中途半端だし、鷹揚なぼっちゃんかと思うと妙にせこくて宝くじの話とか延々しちゃうような人だし、 演技もギターもバラエティも顔のカッコよさも全部中途半端で、自分でもそのことにコンプレックス持ってるような人なのだ。
なんでもできるけど一番じゃない。
それでも歌が歌いたい。演技だってやってみたい。
いろんなコンプレックスや矛盾を抱えながらここまで来たのがみっちーで、でも、申し訳ないけどそのみっちーの憂鬱こそが彼の一番の魅力でもある。
今日見たみっちーはやっぱりいろんなとこ中途半端で、だけどすごく一生懸命で、そのことがうれしかった。いとしかった。
音響もとてもよかったし、ホーンズのソロ、ギターソロ、キーボードソロなどカッコいい演奏も聞けたし、十分愛をもらえたすごくいい出来のコンサートだった。

でもね、まだすごいことがあったんだよ……。

珍しい曲が続いてる中、流れてきた次の曲のイントロが「強烈ロマンス」というこれまたマイナーなものだったので、友人と「うわ、なつかしい」とか言ってたら

ステージに金のマントきたえらい派手な人が出てきた

「強烈ロマンス」はもともと「ミツキヨ」という名前のユニットが歌ってた曲で、「ミツキヨ」の「ミツ」はもちろんみっちーで、では「キヨ」はというと

ステージのはでなおっさんが、ばっとマント脱いだ。

それだけで、ものすごいオーラ。

「ミツキヨ」の「キヨ」はというと


……忌野清志郎、だったのだ。


でも、でもキヨシローさんはついこないだ、喉頭癌から復活したばかりのはずで……スマスマで歌ってるの観て「ああよかった、ほんとによかった」って私、思って。

わああああお! ってステージのその人は叫んだ。
その声が今でも耳にこびりついてる。
大学時代に買ったRCサクセションのCDの、そのまんまの声だった。

まぎれもなくそれは生の

キ ヨ シ ロ ー  さ ん だ っ た 。


すっげえかっこいい。
すっげえ素敵。
すっげえ元気。
みっちーと一緒の、水玉のシャツ着てるよ!!


キヨシローさんはそのあともステージ中を走り回り踊り歌い、みっちーに「ほんとに病気だったの」と突っ込まれ「仮病だったんだよ」としゃあしゃあと答えるほど元気で、いったん笑顔でステージを去りかけては、また呼び込みの音に誘われてステージ中央に戻ってきてはマントを脱ぐ! というのを繰り返し、なかなかステージを去らずにみっちーに「いい加減降りてください」といわれて、颯爽と手を振ってステージを去って行った。

夢のようだった。まさかミツキヨの歌を聴けるなんて。すげー。すげーよ! 



「みっちー」「キヨタン」と呼び合っていた二人の姿をいまだに思い出す。清志郎さんもまた、多くの垣根を越えた人に愛された男だったのだなあ……。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/221-4dafd74f

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。