ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れっぽい僕らが忘れぬように


長い、長い、列でしたね。清志郎さんの葬儀は。前日には雨上がりに二重の大きな虹が出て、それを見上げながらボス、ゴッドと呼ばれた人のことを思いました。

葬儀についての様子は、こちらで。ヒロトさん、いらっしゃっていました。フーのTシャツに革ジャンで。

そして、いつか消えてしまうかもしれない不実なネットの世界への錨として、ここにヒロトさんの弔辞を全文掲載しておきます。
補足・最初はニュースに掲載されていたものをコピーして載せておいたのですが、自分の耳で聞いたら、ぜんぜん違う個所も多かったので、改めて書き起こしました。なるべく「ヒロトさん」っぽくしました。終始、涙ぐんでいるような声の彼の言葉は、珠玉ながら何度も聞くと、つらい。



きよしろーー。
えー、きよしろー。あなたとの思い出に、ろくなものはございません。突然呼び出して、知らない歌を歌わせたり、なんだか吹きにくいキーのハーモニカを吹かせてみたり。レコーディングの作業中にトンチンカンなアドバイスばっかり連発するもんで、レコーディングが滞り、そのたびに我々は聞こえないふりをするのが必死でした。えー、でも今思えば全部冗談だったんだよな。うん。

今日も「キヨシロどんな格好してた?」って知り合いに聞いたら「ステージ衣装のままで寝転がってたよ」って言うもんだから「そうか、じゃあ俺も革ジャン着ていくか」って思って来たら、なんか……浮いてるし。キヨシローのまねをすれば浮くのは当然です。でもあなたは、ステージの上はすごく似合ってたよ。ステージの上の人だったんだな。

えー……一番最近会ったのは、去年の11月、The Whoの来日公演で、武道館の。そのときあなたは客席の人でした。ステージの上のきよしろうではなくて、客席の人でした。たくさんの人がキヨシローに憧れるように、あなたは、ロックンロールに憧れていました。ぼくもそうです。そんな一観客としての、観客同士の共感を感じ、とても身近に感じた直後、あなたはポケットから何かを出されて、それは業界のコネをフルに生かした、戦利品とでも言いましょうか、ピート・タウンゼントの使用するギターのピックでした。ちっともあなたは、観客の、観客席の1人じゃなかった。僕があまりにもうらやましそうにしているので、2枚あったそのうちの1つを僕にくれました。……こっちじゃねえや……これだ。ピート・タウンゼントが使ってたピックです。これはもう返さなくていいね。おさめます。ありがとう。一生忘れないよ。短いかもしんないけど一生忘れない。

そんで、ありがとうを言いに来たんです。数々の冗談、ありがとう。いまいち笑えなかったけど。はは。今日もそうだよ。ひどいよ、この冗談は。うん、なるべく笑うよ。そんでね、えー、ありがとうをいいに来ました。キヨシローありがとう。それから、後ろ向きになっちゃってるけど、キヨシローを支えてくれたスタッフのみなさん、それから家族のみなさん、親族のみなさん、友人のみなさん、最高のロックンロールを支えてくれたみなさん、どうのありがとう。どうもありがとう。
で、あとひとつ残るのは、今日もたくさん外で待っている、あなたのファンです。彼らにありがとうはぼくは言いません。ぼくもその1人だからです。それはあなたが言ってください。どうもありがとう。ありがとう!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/222-a6a80721

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。