ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年3月18日・立川談志ひとり会


立川談志という人の落語を、初めて見た。


立川談志という落語家は……。

私にとって最初は意味が分からなかった、どう好意的に解釈しようとしても、その最初のステージは、落語というには、あまりにひどすぎて、でも。
今までならたぶん見捨ててしまうその「あまりのわからなさ」に私には見覚えがあった、それはつまり、クロマニヨンズの最初のアルバムを、周りにだれも好きな人もいず、なんの予備知識もなく聞いた時で。

下らねえ、と思った。
悪ふざけだ、とも思った。
だけど、私はそのアルバムを捨てなかった、自分のアルバム倉庫にしまった。
見捨てられはしなかったから、引っかかる何かが確かにあったから。
すぐ出せる場所にしまった。

立川談志もつまり……そういうことだ。
ただ私にはクロマニヨンズがあった分、耐性があったということだ。
私はのちに自分で気付いた、クロマニヨンズにはロックンロールをめちゃくちゃ好きなヒロト君とマーシー君がいるのだと。
ロックンロールについてそれほど「才能 」はないかもしんない、でもロックンロールを愛する才能を人より多く与えられた、ヒロト君とマーシー君がそこにいるのだと。

談志さんはヤブレカブレでそれでも落語をやっていた。
ある部分はよどみなく、ある部分はもう飛ばし飛ばし無茶クチャで、これが最後の高座かも知んない、と冗談だか本気だかわかんないことを言いながら、それでも「老い」というあらがえはしないものと戦って、そこにいた。
マシンガンみたいにたくさんのネタを挟んだ高座はクロマニヨンズのライブにも似ていた。

ヒロトは談志さんがすごく好きだそうだ。 3年ほど前のNHK番組において、彼はこういうことを話している。それはちょっと調べればわかる周知の事実だ。
「談志さんは優しそうではなくやさしいのだと思う」
「談志さんはロックンローラーだと思う」

ただ、彼があらゆる意味で影響力を持ちフロントマンであることも事実で、その発言はときに、3年も4年も時を超えてしまう。

ヒロトは「談志の高座が最後かもしれないと思って、マーシーを誘って『ひとり会』に行って」いる。
そこで談志の語り口、あるいは高座の姿勢そのものに、より惹かれたのはマーシーではないかと私は思う。
「おれはおれの死を死にたい」「年をとろう」彼は自分の老いをよく歌に残す。
私は今日、高座の談志さんにヒロトよりもマーシーを見た。
うまくいえない。
でも、自分の老いを認め受け入れ、悲しみそれを皮肉に侮りつつロックンロールなのは、たぶんヒロトよりマーシーだ。
いま現在、ヒロトよりマーシーのほうが談志が好きなんじゃないか、という気が私はする。


「おれは落語が好きなんだよ!」という思いを存分に受け取った気持ち。


それは「ロックンロールが好きなんだよ!」って気持ちと変わることはない。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/24-408fe1b6

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。