ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画紹介「座頭市」


北野映画というのは駄作と傑作がはっきりと分かれるな、と思っていたら、駄作と傑作と言う風に分かれているのではなく、どの映画に関しても鑑賞者の意見が真っ二つに「よい」と「だめ」に分かれているみたいだ。この「座頭市」も、私はけっこう面白く仕上がっているんじゃん、と思ったら「勝新太郎の座頭市を観ると北野のは駄目」なんていう意見も多いわけだね。勿論北野武自身は勝新の座頭市を観てこの映画を作成しているのだろうけど、何もそれの焼き直しを作りました、ということではないのだし、これはこれでひとつの物語としてうまく仕上がっているんじゃないかな、と思うんだけどなあ。だいたい張り合おうとしたらそもそも座頭市が金髪ってところからあり得ねえだろうしなあ。

物語もなにも盲目の按摩、座頭市が実は異常に強くて、洒落てる朱塗りの仕込み杖で敵の総大将の用心棒から雑魚からバタバタ殺していく、少しだけひねってはいるけど流れとしては実に解りやすいピカレスク・ロマン。
かの黒澤映画から受け継いだ男根主義は、やはり切ったはったのこういう時代小説の中でこそ、しっくり来る気がするね。展開も確かにありきたりではあるけれど、そういう部分、北野武は熟知してこれを撮ったのだ……と思いたい。随所でいかにも北野武らしい、天才なんだか完璧に狂ってるんだか解らない演出があって、私はそういう部分が好きなのだけれど。

例えば、物語終盤に座頭市が浅野忠信演じる用心棒と切りあうシーン。用心棒がズバリと座頭市を倒したけれどそれが妄想で、あっさり座頭市にやられるとき、自分の妄想に思わずニヤリと用心棒が含み笑う場面。ただの決闘を描こうと思っていたら、なかなかこんな撮り方は出来ない。いつも酷く醒めているのか、それとも全ておちゃらけているのか、判別がつかないあたりが北野監督の持ち味。あまりにベタな笑いをところどころに挟んでくるのにも私は、良い北野監督らしさを感じて面白かった。

農民のタップダンス、トンチンカンと響く大工の音、大団円の祭り……今までの時代劇からは枠を外れた手法で描かれた多くの場面を観るだけでも価値はあると思う。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/268-57757624

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。