ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可愛いあの娘は


ルイジアンナッ♪

ハイロウズ時代にヒロトさんとマーシーは矢沢永吉トリビュートアルバムに参加して「ルイジアンナ」をカバーしてます。その絆のほかにも、まさに彼らの人生の節目……みたいなときに「永ちゃん」はふとヒロトさんとマーシーの前に姿を現しているような気がします。
ハイロウズを解散した後の一時期、ヒロトさんと永ちゃんの対談がありました。そのときに、永ちゃんはヒロトさんに「あんたバンドやったほうがいいよ」と、アドバイス。全国のブルーハーツ・ハイロウズファンがそれを読んで「そうだそうだ!!」と力強くうなずいたことと思います。それからじきにザ・クロマニヨンズが誕生したとき、永ちゃんとのこの対談を思い出した人も少なくはなかったはず。

マーシーと永ちゃんとの思い出は、もっと昔、でもきっと色鮮やかに彼は覚えていると思う。インタビューで話していたことがある。「永ちゃんがやっていたバンド、キャロルのライブの日、みんながそのライブに行くんだけど、ぼくは行かないで、そのかわりにお父さんとギターを買いに行った」……言ってみればマーシーがライブの観客側で満足する、ただのいちロックンロールファン「真島昌利」として生きるのではなく、永ちゃんと同じステージで、彼の武器であるエレキギターを持って、いまのように「マーシー」として戦おう、と決めたそのときの思い出に、永ちゃんは深く深くかかわっている。

いつだったか、クロマニヨンズのライブで、タオルを持ったヒロトさんがとつぜん永ちゃんの「トラべリン・バス」を歌いだしたことがあった。それは歌のサビのところでタオルを上に投げるのがお約束の曲で、でもクロマニヨンズのライブを見ていた観客はほとんどついていけずにぼーっとしていた。でも、そのときヒロトさんの歌に合わせて、マーシーがにやにやしながら、手に持ったタオルを、ヒロトさんと同じように、同じタイミングで上に投げていた。それを見ていて、ああこの人たち、永ちゃんにもしっかり憧れているんだわ、と思ったことを覚えている。

永ちゃん、20年ぶりドームライブ。ゲストにヒロトさんやマーシーが。

……いま、こうしてクロマニヨンズを始めて、同じステージに立てて。うれしかっただろうなあ。この笑顔。ヒロトさんの写真のほうも、ほんと、輝くような笑顔。ふたりでまるでお揃いみたいに赤いTシャツを着て、いまさら前のアルバムTシャツ? って思ってたら、違うんだ、永ちゃんが60歳だから。お祝いの気持ちでふたりとも、赤を着ているんだ、きっと。

わくわくしたろうな。どきどきしたろうな。そういう気持ちが彼らにいい歌を運んでくるに違いなく……「永ちゃん」に出会うと、運命がいいほうへ転がるあの二人ですから。きっと、これからね。また、あのふたりは、ね。夜をぶっとばして、走ってくれるに違いないのさ。

コメント

No title

こんばんは
以前に通りすがりにコメントした者なんですけど、再びコメントさせていただくので名前をつけてみました。

キャロル、ボウイ、ブルーハーツのそろい踏み…渋谷陽一をして
「豪華を通り越してシュール」な光景はまさにサプライズ!
それにしてもヒロトとマーシーはいい歳してペアルックて…と思ってたんですが、還暦祝いだったんですね。
それに気づかせてくださったマシマニアさん(でよろしいのでしょうか)にお礼を言いたくて書き込んでます。
そういう細かい配慮ができる人たちだからこそ、清志郎さんの弔辞を読み永ちゃんの還暦ステージにゲスト出演という
日本を代表するロッカー2人に華を添える役割を与えられたんでしょうね。
ヒロトやマーシーの実力や振る舞いが信用されているんだなと実感しました。
いい歳してペアルックとかしっかり!お笑いコンビみたいじゃない!
…という私は、お前なんか蟻になって一生一列に並んでろと言われても反論できません。

長くなりましたが、お礼と自戒をこめて。これからもブログ楽しみにしています!

No title

まるさん
たびたびの御来訪、ありがとうございます!

渋谷さんの「豪華を通り越してシュール」というコメントは的を得ていますね。永ちゃんヒムロックヒロトマーシーが目の前に! ってなったら、私も多分、訳が分からずに、アレ? ナニ? ってなると思います。

「いい歳してペアルック」、実は私も最初写真を見たときにそう思っちゃいました。「はいこんばんはーどーもーぼくらヒロトとー」「マーシーでーす」「ふたりあわせてー」「ザ・クロマニヨンズでーす」みたいな……。でも、そのあとで記事を読んで、あ、還暦祝いか! と勝手に思い込んだのですが、もしかしたらただのペアルックだったのかもしれません。その可能性は否定できません。その場合は、故意にペアルックだったのか偶然そうなったのかが気になりますね。
……という私もまた、お前なんかバファリンを作る人になって一生工場の隅でやさしさを大量生産してろと言われても反論できないです。
よかったらまたコメント書いてくださいね! 

No title

こんにちは、先日は赤塚展云々、ありがとうございました…はじめです。思った以上に内容の濃い展示内容で、かなり楽しめました!あと「himitsukichi」の方もどうもです。丁度浦沢直樹の「20世紀少年」を読んでいたので、甲本さんもこういう少年時代を過ごした人なんだなぁと、感慨深かったです。情報ありがとうございました!

話変わって…赤シャツですが、矢沢さんとその娘さん、氷室さんが白、2人が赤で、バックライトも紅白だったので、全員で衣装合わせしたのかな?と思っていました。矢沢さんも氷室さんもそして甲本さん・真島さんも、それぞれファン層は微妙に違う気がしますが、日本のロックをどっしりと支えてきた人達なので、やっぱり自然と聞いている人を熱くさせるものがありますね。カッコ良い!!!
これからシングル、アルバム、ツアーと目白押しですね。風邪などには気を付けて、楽しみましょう!

No title

はじめさん、はじめまして。赤シャツネタの張本人まるです。
(マシマニアさんすいません勝手にコメントしてしまって)

赤シャツの件、還暦祝いとともに目から鱗が落ちました。そうか…言われてみれば打ち合わせてたのかもしれないですね!
もう、私一人で「ペアルックとかやめてオジサンなのに恥ずかしい!」と空回ってました…恥ずかしいのはお前だよと。
でも、マシマニアさんも一瞬ペアルックと勘違いしたとのこと。そういう風に容易に想像させるヒロトとマーシーにも責任はあると思います!(豪快な責任転嫁)
「はいこんばんはーどーもーぼくらヒロトとー」「マーシーでーす」「ふたりあわせてー」「ザ・クロマニヨンズでーす」…これ全然違和感ないですもの。クロマニヨンTVで放映してもおかしくない親指仕様で。それにしてもこれ、最高に爆笑しました!

マシマニアさん、はじめさん、ペアルック疑惑を解消してくださいまして、ありがとうざいました!

No title

ひみつきち関係・はじめさん、赤シャツ関連・まるさん
なんかコメントが勝手にキャッキャと賑わっていて嬉しいです。はじめさんは赤塚展も「himitsukichi」もご覧になれたようですね! よかった!
さて、赤シャツに関しては色々推測が出てきましたね(笑)
1.還暦祝い(真島ニア説)
2.出演者が紅白で合わせた(はじめ説)
3.ペアルック(まる説)
……いいじゃん、もうペアルックで! それでいいじゃん! でもあのふたり、もしもお笑いコンビだとしたら、どっちがボケでどっちがツッコミなんでしょうか? 両方ボケ??
それより、この永ちゃんライブの、翌日のニュースでの取り扱いが私は納得いかない。
http://www.youtube.com/watch?v=SHAOTiE9-sA
マーシー……マーシーの名前も出してください……日本でいちばんカッコいい、妖精ギタリストです……(私情入りまくり)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/273-03a52e40

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。