ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画紹介「フル・モンティ」


格好良くナイ、いけてナイ、金もナイ、仕事もナイ、若くもナイ。そんな「ナイナイづくし」のマイナス要素も積もりに積もれば笑いと感動に転化する。マイナスにマイナスをかければ、プラスになるのだ。


鉄鋼産業で隆盛を誇った町、シェフィールド。しかし今では鉄鋼業も寂れてしまい、見る影も無い。失業してお金が必要な男達が考え出した稼ぎの手段は、なんと「男のストリップ」。主演は同じイギリス映画で若者の聖書となった「トレインスポッティング」で髭の男を演じていたロバート・カーライル。
イギリスの映画と言うのは本当に、こういう差別で受け止められがちなはずの事柄をジョークに紛らせて日常の風景に溶け込ませてしまうのがうまい。この「フル・モンティ」でもその手腕は存分に発揮されていて、職安に並んでいる男達がラジオから流れてきたドナ・サマーの曲に合わせて小さく振り付けをしている場面なんて、舌を巻くと共にすごく笑えてしまう。


でも、馬鹿馬鹿しさの中に一抹の光が存在するのは、この主役のダメ親父が、息子のことだけは真剣に、どうしようもなく、なりふり構わず愛している、というその枠組。そのアイがナイナイづくしを支えて、マイナスとマイナスでプラス。簡単な計算。だけど、その簡単な計算を具体的に解らせてくれる映画って、なかなかないのだ。

邦画でどことなく似た題材を扱った映画を挙げるなら「ウォーターボーイズ」か。でも、やっぱり「フル・モンティ」の方が面白い、と軍配を上げたい。なにしろ親父の全裸だからな。海水パンツもなしだからなあ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/28-76f97501

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。