ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画紹介「スクール・オブ・ロック」


完璧に人生の落伍者であるダメミュージシャン・デューイが名門私立小学校の偽教師になって、ロックを子供達に叩き込みバンドを作っちゃう、という、ロック好きとしてはたまらない展開。主演のジャック・ブラック自身、自分のバンドを持っている本物のミュージシャンなので、映画の中で展開される「ロック史」の授業なんてあまりにリアルで笑えて来るぜ。勿論ロックを知らなくっても十分に面白い映画だとは思うけど、いろいろ知っていると小さな部分のこだわりを楽しめる。

「反MTV派かよ! ラジオ・スターの悲劇?!」
「風車弾きかよ! ピート・タウンゼント?!」
「やっぱり基本はスモーク・オン・ザ・ウォーターなの?!」

突っ込みどころ満載なのだ!

「ロックとは体制への反抗である」……そんな、単純明快な思想を真っ向から掲げたこの映画。でも、その信念が単純明快だからこそ、そこから力強く立ち上がってくるものが確かにある。ロックの学校の偉大なるデューイ先生の号令は、いつだって「Let's ROCK!」
迷惑だって? 冗談じゃない。それがロックさ。


ジャック・ブラックが中古レコード屋の怪店員を演じている「ハイ・フィデリティ」という映画を一緒に観るのがお勧めだ。ほとんど兄弟映画と言っていい、同じ血を感じる。
……そりゃそうか。「ハイ・フィデリティ」主演のジョン・キューザックと、この「スクール・オブ・ロック」の女校長役のジョーン・キューザックはホンモノの姉弟。こんな部分でもロックの波は広がっていくのですよ、と、少々強引なまとめ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/29-6309cbf3

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。