ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画紹介「THIS IS IT」


マイケル・ジャクソンと言うひとを、それほど好きではなかった。生きているうちにゴシップ以外のニュースで見たことはほとんどないし、彼の持っていた才能よりも、彼の顔の変遷や肌の色の急激な変化に驚くことのほうがずっと多かった。でも、やっぱりすごい人だったのだな、と思う。私のような物見高い観客でさえ圧倒させるスター性が、スクリーンからは迸っていた。マイケル・ジャクソン、最後のステージのリハーサル映像記録である「THIS IS IT」。できれば大画面で見ることをお勧めする。

マイケル・ジャクソンは少し照れたように小声で話す人だ。語尾が、やや甘くかすれる。「怒ってるんじゃないんだ。愛だよ」とスタッフにしなくてもいいようなフォローを付け加える。嫌われることや、怒られることをとても怖がる子供のような彼。歌やダンスに対するこだわりも、ステージにかける情熱も、この世ならぬ場所に対する憧れも人よりずっと多く持っていた彼。「MJ航空」と自分のダンスを空港の従業員に喩えてふざけてみせるマイケルは、ひどくあどけなく可愛すぎて、それなのにステージに立てばなまめかしく、全身丸ごとかっこ良すぎて……そう、いいことも悪いことも全部、いつだって彼は私たちの想像を超えて「しすぎる」ものだから、私はやっぱり彼ってほんとははじめから人間じゃなくて、妖精とか、或いは何かロボットとか、そういうものだったんじゃないかしら、って、すごく不思議な気分になってしまう。

もちろん彼は大きなステージの上で、全世界を相手取って歌を歌いダンスを踊ることのできる類まれな人だったけれど、あまりに真摯なリハーサルの情景を見ていると、例えば彼を見守る観客がたったひとりだったとしても、いつかそうなったとしても、彼はやっぱり全身全霊でひとつも手を抜かずにそのステージをこなしたのだろうな、と思わせてくれる。リハーサルなのに彼が歌えばいつでも拍手が沸くのは、そのひとつひとつ命がけのマイケルの馬鹿馬鹿しいほどの真剣さを、みんなが理解し、誇っていたからだと思う。

馬鹿馬鹿しいほどの、呆れてしまうほどの真剣さ。たぶん、彼は心から「自分たちは地球を救うことができる」って思っていたに違いない。「愛で世界を変えるんだ」って、いまどき子供向けのヒーローでも噴飯モノの台詞を真面目に信じていたに違いない。森林破壊に心をいためて、海の汚染をせつながって、飢えた子供が死ぬことに泣いて、ここよりずっと住みやすい美しい星を本気で夢見ていたのだろう。だけどそんな馬鹿、世界にひとりくらいいたっていいじゃない。見たかったな、と思った。本気で地球を救おうとしている気高い馬鹿のコンサート。ナマで見てみたかったな。

えれえ別嬪さんなのにものすごい巧いギターを弾きまくる女性が映画の中に出てきて、度肝を抜かれた。バックダンサーたちも当然の如くみんなレベルが高い。マイケルを支えてきた人々はきっとたくさんたくさんいたはずだから、これからもそういう人々によって、マイケルのことは伝説のように語り継がれていくのだろうな。もともと伝説のような人だったものね、これからもずっとずっと、伝説の中で彼が生きていればいい。「THIS IS IT」、それは伝説をフィルムに焼き付けた、そういう映画。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/297-39a5771a

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。