ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロマニ引越センター


(`・ω・´)「ヒロトさんがすきです!」



(*´ェ`*)「……でも、マーシーはも~っとすきです」



って、ひとりで勝手に思いのたけを告白していたら「松本引越センターか!」って言われたよ。


いや、こんなどうでもいい話をしたいんじゃなかった。なんだか、またブルーハーツのトリビュートとか、ベストなんかが出るようです。時々きゅうに盛り上がってパチンコとかベスト盤とかが出るよね、ブルーハーツって。映像も音源も、一度はどこかに収録されていたものをリマスタしたってことなのかな。それにしても、若いころのヒロトさんとマーシーは痛々しいほどまっすぐな目をしているな。

このところ、ここ「ハウリンキャッツ」でも「ブルースをけとばせ」の話が出たり、「too much pain」の話が出たりで、なんとなく影響されたのか、私も昔の彼らの曲をたくさん聞いていました。知ったかぶりでいろいろ書き散らしているせいで、ブルーハーツ時代からの筋金入りの彼らのファンなのだと勘違いされるときがあるのですが、実は私はブルーハーツのころの彼らを知りません。ハイロウズもほとんど聞いていない。ライブに行くようになったのもクロマニヨンズからです。そういうのって「会いどき」があるのだと思います。私が会うべきだったのは、クロマニヨンズのマーシーなんでしょう。

だから、ブルーハーツ時代の彼らの歌って、なんか、ちょっと不思議な感じ。大好きだけど、少し照れくさかったりもする。いたたまれない気持ちになったりもする。歌の影に、「いま」に確かに続いているあのひとの後ろ姿を見ている。ただ「楽しい」だけじゃない、いまだに名づけることさえできない感情を、彼らの歌は私にくれた。いまも与え続けてくれている。それが幸せなのか、非常にパーソナルな地獄の状態なのかは、「生まれて最初に見たのがマーシーだったのですか」ってくらいどっぷりと彼を好きでいてしまっている私にはよくわからない。

……やべぇなぁ。結局、好きすぎるんだよ。
……やべぇなあ。

コメント

No title

こんばんは。ブルーハーツ時代からの筋金入りの彼らのファンだとバッチリ勘違いしていた者ですよ。

タワレコのページで若い頃の彼らを見た瞬間ドキーッとしたけど、真っ先にヒロトの姿が目に飛び込んできた自分はやはり「ヒロトはも~っとすきです」なタイプらしい。
あ、隣にいるマーシーもカッコいい!って後になって気づきました。ごめんなさい。

No title

会いどきがあるんですよ。
私も断続的です。
ハイロウズの後期なんかすっぽり抜けていたりして。
初めて会ったとき、彼らはPUNKで、
次に会ったときはフザケていて、
次に会ったときはキュートになってました。
ずっと続けてくれているからこそ、
ライフステージにちょこちょこ闖入してくれるのだと思います。
ありがたい存在です。

No title

自分は音楽に興味を持ち始めた小学校高学年から中学・高校をザ・ブルーハーツと共に過ごしました。そしてヒロトさんに惚れました。mashimaniaさんもどこかでおっしゃっていたように、マーシーが好きだけどヒロトさんも好き、のコメントのように、自分はその反対でヒロトさんが好きです。勿論マーシーさんも大好きです。なのでmashimaniaさんの気持ちがよくわかります。ザ・ブルーハーツ解散後は、ザ・ブルーハーツでないヒロトさんを受け入れられず、ザ・ハイロウズはあまり聞かずにいました。その間、自分もバンドをやったりして、その時は洋楽のロックン・ロールをしていました。どのバンドにどのバンドが影響されたとか、家系図のようにさかのぼったり、今につながったりとバンドを追いかけているうちに、ヒロトさんやマーシーさんにつながるんですよね。大人になった今、そういう目線で見るとまた面白いものがあります。
さて、話は全く変わって明日から長野2DAYSに参戦してきます。一つ疑問なのですが、皆さんセットリストをどのように記憶しているのですか?自分は人に言われるとあの曲もこの曲もやったと思い出せますが、セットリストを正確に記憶できないんですよね…。

No title

知らなかった。こんなベストまた出すんですね。
そうか、シングルコレクションだから「星をください」入ってないのかー。「レストラン」とか無性に聞きたくなるときがあります。

mashimaniaさんはてっきりザ・ブルーハーツから入って、マーシーをお好きになったのだと思ってました。失礼しました。
私は筋金入りとまでは行きませんが、ブルーハーツの唄を好きになって、でも生で見れることもなく(もうザ・ハイロウズだったから)ハイロウズを好きになり初めてライブに行き、そしてザ・クロマニヨンズ…。
よくよく考えるとその「バンド」が好きなんじゃなくて、ヒロトとロックンロールが大好きなんだと気づきました。もちろんマーシーも好きですよ!

クロマニヨンズ結成からもう3年ですか、早いですね。

No title

「いまも昔もあの人たちがずーっと大好き! 神!」みたいなことを書いているわけじゃないのに、コメントたくさんもらってむしろホッとしていたり。そういうところ寛容なのに、みんな実にレディー&ジェントルだ。君たち、あれだろう、ロックンロール引きずったままオトナになりきれず、でもオトナになってる人間の類だろう?

bambiさん
私ははったりと誇大妄想で生きてるので、騙されないようにね! 私はあとからヒロトさんの幼い顔立ちにキュンと来ました。むしろ、なぜ最初にマーシーにときめかないのかわからぬ。わからぬぞ!

tokageさん
やっぱり断続的な場合もあるのですね。てゆうか、こっちのブログでまじめなコメントで、ご自分のブログでオモシロイこと書いてずるい! 「全国マーシー(妄想)妻連合」とか! マーシー引っ張るとか! そうでなくても私はこのブログに自分のたいへんヤバい妄想を書いてしまうかやめるかで毎日悶々としているのに「マーシー引っ張る」とか書かれたら、ギターシールドで手足をギューギュー縛られて、上目づかいにこっちを見ているましまさんの姿が出てきてしまったじゃない! 書いちゃったじゃない!

No title

気を取り直して、猿の爆撃機さま
たびたびの御訪問ありがとうございます! 本物の筋金入りファンが現れたよ! 
ヒロトさんとマーシーが好きだと、彼らの好きな音楽を聞いてみたくなって……って言う流れ、ありますよね。私は家系図的にロックンロールを聞くのも好きですが、編年体にもはまっています。「ストーンズがこのアルバムを出した同じ年、ビートルズはこれか……おお! やっぱりビートルズは一歩先を行ってる!」って思ったり。

ながの羨ましい長野ー。小さなことでも構わないので、もしよかったらレポート書きに来て下さいね。
私はライブを雰囲気で捉えるタイプで、セットリストに関心がないので覚えたことがないのですが、ほんと、みんなよく覚えてますよね……。セットリストの覚え方、誰かもしいい方法あったら教えてください。
なんかこうして彼らについてああでもないこうでもないと話していられることが面白い……。クロマニヨンズはファンクラブもないし、臆病であんまり友達いないから、なかなかこういう交流が持てないんだな、私は。ほんとはもっともっと、彼らの昔の歌やいまの歌について話したいような気もするのだけれど。

No title

字数オーバーしてしまった。お聞きしたいことがあったんだった。リアルタイムに中学・高校でブルーハーツを聞いていた場合、ほんとに後から言われているように彼らの歌は若者全体を熱狂させ、揺さぶったのですか? それともたとえば「不良っぽい奴が聞いてた」とか「ロック好きじゃないと知らなかった」とか傾向があったのでしょうか。ヒロトさんの痙攣ダンスは当時から「かっこいい」と受け止められていたのですか? 
ブルーハーツを中心にした一種の爆撃とでもいうのか、そういう感情の派生に私はすごく興味があるのです。良かったら教えてください。

No title

常駐ヒロトスキーさん
しかし、みんなどうしてヒロトさんがそんなに好きなんですか。なんか付け足しのように「もちろんマーシーも好き」って……。マーシーを好きなのはましまニアだけにしてやろうじゃねえか、っていうぬるい優しさですか。ありがとうございます。

常駐ヒロトスキーさんも私から見たら筋金入りでございました。先輩! 
ブランクがあったりしても「継続的」「恒常的」に彼らの歌を間近に置いていた人のことを、とても羨ましく思うし、すごいな、と思います。基本的に人間というのは飽きる生き物だしね。進む勇気ももちろん必要だけれど、踏みとどまるのにも大きな勇気がいることがあっただろうな、と私は思います。

ああなんか今回、精神論みたいなことばっかり。ブルーハーツは、感情に直撃しますね。

No title

こんばんは☆はじめまして。
全マ妄連福岡支部代表、凹子です。
今tokage姐さんとバンドの練習しているところでお邪魔しました。
ヒロトもすごく素敵で好きですけど・・・
でも、あたしもマーシーがも~~~っと好きです!(^0^)
だから、tokage姐さんにここを教えてもらって楽しんでますよ。
これからもお互い良き妻でいましょうね!
でも、福岡妻の座はゆずりませんよ!!!

No title

僕は、小456年は親の影響もあり、どっぷりQUEENにはまっていました。ハイロウズやクロマニヨンズの存在すら知らなかった。
あるとき、CMで情熱の薔薇が流れてた。
気になったのでYou tubeで調べた。
うわぁ。変な人だなぁ。でも歌とかかっこいいな~。
それが始まりです。やっぱりぼくはブルーハーツに惹かれます。
ブルーハーツが一番泣けます。俺がまだ生まれてなかった頃は人口は48億人しかいなかったのか。

放課後の自転車置き場に立ちにいこうかな。

No title

凹子さま
はじめまして、コメントをありがとうございます! 福岡支部できたんですか、マーシー妻連は。すごい機動力だな。
そちらのライブも終了したようで、お疲れ様です! ライブ後の一杯はおいしかったでしょうね、あの人がギターを置いて味わうのと同じ……そんな醍醐味?
人見知りで恥ずかしがりのかわいい方とお聞きしていたので、書きこんでくださって嬉しかったです! これからもさんざんディスりあっていきましょうね! 福岡妻? ちいせえちいせえ。とりあえず九州統一してからかかって来いよな!

STEREOHEADPHONEさま
まだ若いだろうのに(修学旅行だったんだよね、こないだ)クイーンは渋いな。でも私も中学生くらいのときすごい好きでしたよ。フレディが死んだときショックだったなあ。死因が死因だったもので、センセーショナルにばっかり扱われちゃってね。そんなとこじゃなかったんだけどね、問題は。
ブルーハーツを後追いで聞いてしまうと、悔しい部分もありますよね。生で見たかったなあ、なんてね。


No title

HTTP://www.tkma.co.jp/tjc/thebluehearts25th/
こんなサイトオープンしたみたいですね。

予約までしてしまった私ですが、発売延期とかにならないか、不安があります・・・。

No title

常駐ヒロトスキーさん

わあい、わざわざ情報をありがとうございます! 私もこれ、買わなきゃ。彼らはもうぜんぜんこういうベスト盤には関わってないのだろうなあ、と思いつつ、やっぱり買っちゃう。

でてくる写真のマーシーが若くてイケメンすぎて取って食われてもいい。いやむしろ取って食いたい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/311-88f5dbbe

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。