ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/12/08・横浜ブリッツ「TOUR MONDO ROCCIA ‘09-‘10」


遠いな。ヨコハマ遠いな。と思いつつも行ってきました。しかも電車が10分以上遅れてしまい、それでなくてもギリギリにつく予定だった私は開演後の到着を覚悟。電車の中で「ロッカーはたぶんもう使えないだろうからブリッツ着いたらまずこの上着を華麗に脱ぎ捨てて……」と着いてからの行動をシミュレーション。開場が押していたのか、開演前についたけどね。ロッカーも奥のほうだけどまだ空いていた。ビールを一杯流し込む余裕もあって、揺れるきんいろの液体と一緒にマーシーがよく見える位置を探しながら、ひとりで苦笑していた。こんんなに彼らを見ることだけ、そのことだけに必死になるなんて。まるでギターとアンプみたいに、私の憧れはマーシーに直結して鳴り出すのをいまやいまやと待っている。

お馴染みの前説のお兄さんのあと登場したクロマニヨンズ、マーシーはグレーのTシャツで他のメンバーは黄色。今回フロアの真ん中のバー付近にいたのでけっこうステージ全体がよく見えた。いつもと違って他のメンバーのTシャツの色まで覚えているよ。あと、コビーさんはいつからあんなソフトモヒカンみたいな髪型でしたっけ。ほら、いつもコビーなんて見えないからさ……すっごいカッコいいね、コビーさんって。今更か。

今回のライブの恒例通り、賑やかな「ジャングル・ジャミン」スタート、「ジョニークール」へとつながる流れ。マーシーの調子が最初からよさそうで、とても楽しそうにギターを操っていました。

クロマニヨンズのライブの中にいると自分がどんどんソリッドになるのがわかる。普段そんなに意識しないんだけど、「好き」って言う気持ちがほんとはどんなに熱くて手ごたえがあって重いものかはっきり分かる。それだけでいい、彼らの音楽があればいいって、恐ろしいことにちらっと思ったりしちゃうんだよね。マーシーはよくギターを弾きながら一人で笑ってて「ああこの人、ライブをやるとか新しい曲を弾くとかそういうこと以上に、まずギターを弾くこと自体が楽しくて楽しくてたまんないんだな」と思うけど、それと一緒で、そこからつながっていくことなんて何にもなくても「クロマニヨンズの曲を聴いていることそれ自体が好き」なんだ。もうそれだけあればいい、と思うくらいになにかを愛するということは、孤独と隣合わせだな。共有なんて別にいいや、と思っちゃうものね。だからたぶん私はライブに一人で行くのがそんなに苦じゃないんだよな。でも、こういうのって共同生活を営むべき人間の性質からいうと、ろくでもねえよな。

というわけで私には私のマーシー、君には君のマーシーの姿があるんでしょう。くだらない話を延々してしまったね。「ニューアルバムは全部の会場で全曲やるよ! でもそれだけだとライブ30分くらいで終わっちゃうから、昔のアルバムからも聞いてくれ」で「くま」をやりました。神戸のライブのレポートで「くま」やったって聞いたときはてっきり嘘かと思ったんだけども……ほんとにやりました。私、この曲ライブで聴くの初めてだったかもしれない。渋谷で言うと1日目のセットリスト、「メガトンブルース」や「渋滞」をやるほう、に加えて「くま」が入った感じでしょうか。

ヒロトさん曰く「ボギターでボ曲をやる」ということでマーシー、グレッチにギターチェンジ。マーシーのグレッチ、ストラップのところにでっかいバッヂ2つついているの、みんな気付いた? あれね、そのまんま「ボ・ディドリー」のバッヂでしたよ。渋谷で前のほうで見たときに、そういえば気付いたんだった。この日はマーシーがよくお客さんに寄って行って、変な顔しながら弾いたり、ピックもたくさん撒いていました。絶好調。途中でヒロトさんまで寄ってきて、マーシーのまねしてピックを投げるふりをしていたり。あと、そういえばヒロトさんがみんなにタオルを渡しているシーンとかもあったね。マーシーのアンプのところに集まってみんなでケラケラ笑ってたけど、あれはなんだったんだ。
マーシーが観客に寄って行くのって、後ろで見ていると「もう、ずるい!」ってなるんだけど、なるからつい私もアンコールで3列目くらいまで突っ込んで行っちゃったんだけど、実はステージとフロアには結構な距離があるのよね……いやわかってる、わかってるよ。横浜のライブって踊る人が多くて動けないほどのモッシュにならないしけっこう快適とはいえ、やっぱりね、ちゃんと観たいなら後ろで観ていたほうがいいな。前のほうは見えるときはそりゃあ良く見えるけど、たいてい人に遮られてるからね! 私はマーシーに近寄りたい一心だけで行くけどね! アンコールでこっちに来てくれたとき舌を出してべーってしたらマーシーもべーってして笑ったよ!

「酒じじい」の途中の勝治さんが気合入ってて好き……。「さあやるぞー!」みたいな感じで腕ぐるんぐるん回して。「全身チブ」のソロがなくなったぶん、ここで放出。違うか。
グレッチシリーズの曲は耳に残るな。あの、ちょっとひっかくような音。すんなり入ってこない癖があるんだけど、大好き。「恋に落ちたら」、私はずーっとなんとなく恋の相手は人なんだろうと思ってたんだけど、ぜんぜん違うね。マーシーの恋の相手は、いつでもロックンロールだね。だから「あのね」しか言えないんだね。

「ロックンロール楽しんでってくれよ!」とヒロトさんの言葉。アルバムに入ってない曲をやります、って始まった「渋滞」から「ムーンベイビー」「フンカー」の流れがほんとうにマーシー楽しそう。私も楽しい。ギターを弾いてて、ソロとかじゃないちょっとしたところなんだけど、決まると嬉しいところってあるんだよね。そういうところがうまく決まったときにニヤニヤするマーシーが好き。「フンカー!」のコーラス、語尾を思い切り伸ばして歌い上げるマーシーの声が好き。

照明の具合なのか、この日私にはマーシーは少年みたいに若々しくも見えて、でも時々すごい年老いても見えて、なんだか不思議だった。若く見えるマーシーはもちろん美しくて見とれてしまったけど、老いて見えたマーシーも、私はなんだか、すごくすごく好きだった。ステージの上で少年から老人へ刻々と移り変わっていく彼の姿まるごと、覚えていたいと思った。

「悲しみのロージー」のソロは最近、前を向いて弾いてくれるようになりました。かっこいい。「ロージー」でみんなと違うところで手を振り上げ、マーシーの「ロージー♪」で卒倒しそうになって「かっこいい! もう、カッコいいよ馬鹿!」とかわめいている人が隣にいたら、それは私です。
「グリセリン・クイーン」「ギリギリガガンガン」「紙飛行機」あたりはマーシー曲の独壇場ですね。水色ギターでマーシーがキラキラした音をジャラーン、「ニューアルバムからこれで11曲やりました……」とヒロトさんがその音で「おー」と音合わせ、会場もみんなで「おー」、「案外低いんだ、最初の音がな、おー、よし」と、チェックに余念がないヒロトさんなのでした。

アンコールは先ほども言った通り前のほうに突っ込んだのでマーシーの胸を伝う汗と輝く笑顔しか覚えていません。変態の発言ですか、そうですか。なんとでも言え。お客さんとわざと目を合わせて頷いたり笑ったりして、ご機嫌だなマーシー! よ~し、それ以上前に出てきたら、次こそお前を取って食うからな!
ビー玉みたいにこぼれそうなでかい目が、こっちを見たときの嬉しさが忘れられません。そんな綺麗な目で、あなたはいったいいつも何を見ているんですか。何を見ていたら、そんなにうつくしい目玉になるのか教えてください。なにか、人には見えないものが見えているのだろうなあ。

12月8日はジョン・レノンの命日で、アンコールのとき客席からもその声が上がったのですが、ヒロトさんは「きょうは開戦記念日だ! 死んだ奴なんて関係ねえ、どうでもいいんだよ。開戦記念日だよ、戦争賛成!」とか言っていました。あまのじゃく。あの人、ぜったい今日だって、ビートルズとかを聞いて起きたくせにね。

マーシーがアンコールのときかな、アンプの前で後ろ向きでぎゅっとバンダナをしめなおしたのを見て「よし、まだまだやるぞ!」みたいな声にならない声を感じたよ。ぎゅって力を入れたときの肩甲骨が翼の名残みたいにきれいでしたよ。ロックンロールの天使だね。

ヒロトさん曰く「売ってたら幻だよ」のヨシオバンクは買わずに帰ってしまいました。だって、うちにはもう、



君もいるしね!

コメント

No title

mashimaniaさんのレポはやっぱりいいですね。
その場にいたのに「そうか、そうだったか」なんて妙に納得します。

そうそう、「ムーンベイビー」のヒロト、「アイラブユー」を舌巻き気味でかっこよかったのを思い出しました。
ゆらゆらしているとヒロトが見えるギリギリの位置だったので、ボギター最後にちらっと見えた感じです。バッヂは全然見えませんでした・・・。

コビーのモヒが少し短くなってた気がします、ヒロトも全体的に少し髪短かった気が。

>マーシーもべーってして笑ったよ!
おぉ!凄い羨ましい!
私は「紙飛行機」で『君の窓辺へー』でヒロトと目が合った。と勝手に確信し、どぁー!ヒッヒロトー!とヘラヘラニヤニヤしました。私も変態だ。

いいなぁ~マイヨシオ。ヨシオが手にしてるのはCAVE PARTYのピックですか?やべぇなぁ。

No title

自分も後ろの方で見てました。
とにかく、ロックンロールです。いつも通り楽しかった!

mashimaniaさんのライブレポ、素晴らしいですね。ロックンロール的に「厄介者好みだな」!って感じです。

ちなみに、どっかで誰かがまいた水が、マーシーにかかったように見えたのですが(ギブソンにも)、ギターを気にしている素振りは確認できなかったのでが大丈夫だったのですかね?

>マーシーもべーってして笑ったよ!
サラッと書いてありますけど、凄いですよ~!羨ましい~!
自分は、以前書いた下北のライブでヒロトさんに名前呼んでもらった時、3回程会話のキャッチボールがありましたが、あの瞬間って最高ですよね。後にも先にも意思(アイコンタクト含む)が通じたことがないので非常に羨ましいです。最前列取れないと厳しいですかね。

No title

自分はコビー側2列目にいました。この位置だとマーシーは下がったときだけよく見えるんですよね。

ライブの空間で感じるクロマニヨンズへの、どうしようもなく好き!という思い。自分もいつも感じています。目がくらむほど何かを信じることはときに自由を脅かす。でも自由を自ら放棄し縛られてみるのもよいもの。完全にクロマニヨンズに心奪われ、心縛られています。他には何もいらない。だからなのか。自分はいつも一人参戦だぜ。

渋滞でマーシーの「あ"-」が聞けて嬉しかった。あの声、聞けると安心します。それからタオルのやりとり、何だったのか気になりますね。仲良しだなあ。

幻、自分は買いました。mashimaniaさん宅のヨシオ君にはかないませんが、かなりキュートですよ。特にお尻がかわいい。弟として迎え入れてみたらいかがですか?賑やかになりますよ^^

No title

参戦者続々! すごく急いでまとめたレポートだったので脱字などが今更気になって、先ほど直しました。

常駐ヒロトスキーさん、私もヒロトさんも髪切ったかな? って思いました。やっぱりちょっと短くなってましたよね。

マーシーの「ベー」は、「通じたっ」って自分で思ってるだけなので、でもホントにこっちを見て反射的にやってくれたんなら嬉しいなぁ……。でも、なんかヒロトさんもマーシーも、澄まして可愛くしているより、とりあえず「楽しい」って感じを出したりとか、おどけてみたりとかしたほうが喜んでくれる気はします。猿の爆撃機さんの、会話のほうが私は羨ましいけど!

猿の爆撃機さんが仰ってる水撒き、それ、実はライブレポに書こうか迷ったんです。アンコールのときです、私、前で見ていたので。マーシーとレスポールにかかっちゃいました。私も「あっ」と思ったけど、マーシーも一瞬顔がこわばったように見えました。ライブ機材は電気関係が多いし、ステージへの水はやめてほしいなあ……。そうでなくても、コビーのベース、ちょっと音おかしくなかったですか? どうも変な感じしたのですけども。

No title

ammoniteさんはコビー側ですね、音、どうだったのかなあ? そういえば、最初のほうでコビーさんがスタッフさん呼んだりしている場面もありましたね。

ひとり参戦については、誰かとね、一緒に行けたらな、とも思うんですけどね。どうして会えないんだろう? って思う。私はこんなにロックンロールが好きで、こうしてちゃんと自分の気持ちを書いたりしてて、読んでくれる人も少しはいて、同じように感じる人もいてくれたりして、それなのにどうして「友達」になかなか会えないんだろう? って。きっと、そんなふうに思ったりして寂しがってる人は多いはずなのに、どうして私たちはなかなかめぐり合えないんだろう? ロックンロール聞く人って、やっぱり根が暗いからなのかしら?

ヨシオの持ってるピック……すみません、あからさまに自慢してしまいました。ケイブパーティのツアーのときにマーシーが「紙飛行機」を弾いたピックです! えへえへへ。幻のヨシオバンクは、かなりキュートとのことなので、次に行ったら買おうと思います!

No title

ライプレポ、ドキドキしながら読ませてもらいました!
マーシーのベー、やったね!あまりに羨ましくて、今度自分は何してみよかなって真剣になぜか変顔考えてました。そんなんじゃないね!ごめんなさい。狙ってもダメですね、その時に瞬発的な疎通があってこそですよね。
神戸ライブでヒロトさんを見た時は、明らかに髪切りたてでしたよvvかっこよかったです。皆さん少し疑問系だったので・・・ぶり返す話題でもないですね(笑)。マシマニアさん、渋谷でかなり伸びた髪を見ていたはずなのですが・・・ちゃんと見ていますか?(笑)
神戸ライブでヒロトさんは、「僕は(ヨシオバンクで)お金を貯めて、貯金箱を一杯買います」って言っていたので、是非ゲットしてムダな事に使って楽しみましょ!
素敵なレポありがとうございます!
心の底の方をとんとんされてしまったので、浅く眠れそうです(笑)

No title

ライブレポート一気に読みました。

さすが(自称)妻だけあって、べーっとするだけで心が通じてるんですね・・・。いいなあ、うらやましい限りです。

私もマーシーファンですけれど、前回のツアーの高松で(あれ、言いましたっけ?一時帰国した際、高松、高崎、宇都宮と3回行ったんです)コビーの真正面で、端正な顔立ちと(多分)アジアで一番美しい腹筋を見て、メロメロになった覚えがあります。その後、宇都宮でマーシー前になって、(多分)日本一美しい胸筋に再び惚れ直したんですが。

またいつか行ける日が来るといいなあ・・・。

No title

hanaさん! ごめんね、なかなかメール書けなくて! 変顔の練習は進んでいますか? たぶん、その方向で間違ってないと思うよ! 鏡の前でおサル顔の訓練だ!
ヒロトさんの髪……アレ?……渋谷ライブでそんなに長かった記憶がないよ……? すみませんちゃんと見ていませんでした!(笑)

makiさんのコメントを職場で読んで、大変憤慨いたしました。何故、コビーは「アジアで一番美しい腹筋」で、マーシーは「日本一」なのですか!! なんで! マーシーだって日本一どころか「アジアで一番美しい胸筋」だよ! 

あああああああもうどいつもこいつも恋に目がくらんでるやつばっかりだ! いちばん目がくらんでるのは俺か! 俺なのか!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/321-b44f8465

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。