ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千年メダル1/ぼくの恋。


あいつみたいに君に「永遠に君を愛する」なんて言えない。
あいつみたいに君に「十字架の前で愛を誓おう」なんて言えない。
だって僕は、こんなにもダメな男で。君が太陽なら、僕は月みたいな存在で。でも、君の光に心の底から魅せられて、引力みたいにひきつけられて、君の周りをゆっくりと、ゆっくりと周回してるんだ。そう、月みたいにさ。

たぶんさ。
こんな僕の思いは、ずっと君には伝わらないんだと思う。伝えられないんだと思う。どんなことを言えば、君が喜んでくれるのかさえ、僕にはぜんぜんわからない。カッコいい台詞を言えたらなあって思うけど、そんなのなかなか思いつかないし。きっとずっと思いつかないんだと思う。ほんとに、僕ってダメなんだ。

でも、君がすきだよ。足の先から頭の先まで、君への思いに満ちてる。僕が生きているって実感が持てるのは、君がいてくれるから。
僕が歩くのは君に会いに行くためだし、僕が眠るのは君の夢を見るためだ。
何も言わなくてもいいし、何も進まなくてもいい。君がどんな人で、君がどうして行きたいのかなんて聞かなくてもいい。いま、君を見つめていられるなら、答えなんてなくても構わない。いまのままで、いいんだ。

でも、もしもさ。
僕がこのまま、いまの気持ちを凍らせたみたいにずーっと君のことが好きなままで。
君が気付かないままでも、君のことがすごく、好きで。
……どのくらい好きでいられたら、恋って表彰されるんだろうね? それが例え、片思いだったとしてもさ?
50年……100年……1000年? ああ、僕、長生きしないと。

なるべく長生きするから、そしてせめて君のことを思うから。
もしも僕の恋が表彰されるときがきたら、君がメダルを受け取ってください。
頑張るから。なるたけ強く、君のことを思うから。
そういう僕の気持ちが積み重なって、いつかメダルをもらえるなら、それを君にあげたい。

銅でも、銀でも、金でもない、メダル。

千年メダルそのものが、僕の君への思いです。

コメント

No title

福岡のライブ行ってきました。楽しかった。
ライブレポは自分のところで書きますね。
ライブの帰りのバスの中で、
この物語を読みました。
一日に最高の事が二回もあった!
私なりにちゃんと自分の解釈を伝えようと思った、
不器用で鬱陶しいコメントが、
こんなに美しいお話になったなんて…感動しました。
私の解釈をちゃんと受けとめてくださったと思います。
私のこの曲に対する恋が表彰台にのぼって、
メダルをもらったような気持ちです。
3つの中でやっぱり自分の解釈の話が一番好きだなぁ。
ありがとうございました。

No title

こちらこそ、あれほど真剣に「千年メダル」解釈を受け止めてもらえたからこそこうなったわけで……ほんとに面白かったですね、ばかばかしい議論の応酬は。
またこんなふうな形で、ああだこうだ解釈して、そして最後に物語にする、ということをやってみたい気にさせられました。そういうのってなかなかないからいいよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/323-7305651b

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。