ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Once in a blue moon


・ひと月に2回巡ってくる満月を英語で「ブルームーン」というそうだ。
「でも、1ヶ月に2回、満月が来るのってすごく珍しいでしょ。だから英語だと『Once in a blue moon』で『めったにない、すごく稀』って意味のコトバなんだよ」
まさにブルームーンみたいなきれいな青色の目を持つひとにそう教えてもらった。
「『blue moon』って、たしかエルビス・プレスリーの曲があるよね」
「あるよね、ぼくあの歌好きだよ」
話しながら頭の隅でぼんやりと考えていた。
ヒロトさんの歌った「日曜日よりの使者」は、やっぱり「Once in a blue moon」だったのかな?

・クロマニヨンズの地方のライブのレポートなどを探すのがけっこう大変。みんな、あんまりレポート書かないよな。そもそも行ってる人数が絶対的に都市部より少ないからなあ。地方のほうが面白いMCをしていたりするので、書いてくれている人がいたりするとすごく嬉しい。地方に住んでいるクロマニヨンズファンのブログで「この子は面白い文章書くなあ」というのをいくつか見つけて、時々読んだりしていたのだけど、最近どうも全体的にクロマニヨンズから離れがちなんだよな。
しかしクロマニヨンズだけではなく、ロックンロールのファンというのか、大きくクロマニヨンズ周辺(ミッシェルとかマリーズとか怒髪天とか……ま、いろいろ含む)の音楽を好んで聞くひとというのはなんで揃って絵が巧いのだろうか。ブログ見ているとみんなそこそこ上手な絵を描いているように思うのだが。私は絵に関しては我ながら呆れるほど才能がないので、絵の巧い人のブログを見るとただ感心するばかりだ。

・ああ、真島さんに会いたい。あの人の弾くギターの音色を思う存分浴びたい。

・「とある」シリーズと「ああだこうだ」シリーズのネタばかり浮かぶので困っている。2月には関東の辺でいくつかライブがあってそのレポートも書くのだし、妄想創作とか曲解釈ばかりをあんまり続けざまにやっても息切れするだろうからなあ、とか姑息なこと考えてセーブしているのだけど、2月に入ったら、またどっちも書いて行きたいなあと思う。「とある」シリーズも「ああだこうだ」も、書いている本人がすごく面白くやらせていただいてます。

・キングの「ニードフル・シングス」という恐怖小説を読み終わり(彼らしい小説だし、キングの力量でそこそこ魅せてはくれるのだけど、そんなに面白くはなかった。私はキングの小説群の中で、自分にとってもっともっと「ニードフル」な物語を既に知っている)加納朋子の「モノレールねこ」を読んだ。加納朋子さんの本の中では「ななつのこ」のシリーズが好きで、それ以外もわりと読んでるほうだと思うけれど、今回の「モノレールねこ」は、ちょっと暗いな。どの物語にも「死」の影が色濃く見えるような気がしたのは私の読み方のせいかなあ。キング読んでたせいか、自分の見ている幻想の中に他人を引っ張りこむ話を、どうしても感動的に受け取ることが出来ずに、「自分の狂気に人を巻き込むのか」という、やや薄気味悪い感じを抱いてしまった。物語も読み手の感情によって形を変えるものらしい。

・「私もギター弾いてみたい」と言い出したともだちがいて、嬉しい。このブログ読んでくれたのもひとつのきっかけになってギター始めました、なんてコメントもこないだあったけれど、とにかくギターを弾くおんなのこが増えるのは、それは 「絶 対 正 義」 というものだ。異論は認めぬ。
ほんとは側に教えてくれる人がいるのがいちばんいいけど、もしそうじゃなくてもなんとかなるからね。教えてくれる人がいなければ、ちょっとしたところで回り道しなくちゃいけないだけ。大抵みんなおんなじところでつまるわけよ。それを、既にその場所を通り抜けてきたひとにアドバイスしてもらうか、自分ではじめから考えるか、要はそこが問題で、数学で言えば公式を知ってるか知ってないか、みたいなもんです。公式なくても解くやつはどうにかして自分で解くし、公式があればそりゃラクだよ、っていうね。ただ公式があったほうがいい場面もたくさんあるから(そんなとこで迷わなくてもいいだろって場面ね)どっちがいいとも言えない。
ギターは語学みたいなもので、必死で音符を追って習得している最中は「自分がどれだけできるようになったのか、自分がいまいったいどのレベルにいるのか」がまるでわからない。ある日とつぜん、CDに合わせて弾いてみると世界が変わってて、1曲弾けるようになった自分に気づいたりする。
2・3人ギターをやってみたい/やり始めたともだちがいるので、それぞれにまるで役にたたなそうな助言を。
ギターもまだ持ってない君へ→楽器屋に行くと、これが弾きやすいとか、小さ目とか勧められるけど、とりあえず形とか、持ち合わせてる感情で選んだほうがいい。「ネックが細い」より、このギターの形が好き! とか「どうしてもマーシーになりたかった」とかいう理由のほうが、ぜったい長く愛せる。
ギター買ったけどどうしたらいいかわかんない君へ→どれでもいいから1冊教則本を買って、ローコードっていうやつをかたっぱしから押さえて、とにかく鳴らしてみるんだ。たいてい教則本には「1日で弾ける!」みたいなあおり文句満載のスコアがついているけど信用するな。1日で弾けるようになるならギタリストは憧れの対象として成り立っていない。
とにかく1曲弾いてみたい君へ→「日曜日よりの使者」はFのコードが入るから超初心者は無理だよ! ヒロトさんの曲で、ローコードだけでもいける、もっとも簡単な曲は「天国生まれ」なんだ! ネットで調べるとコード展開はわかるので、ズンチャッチャ♪の3拍子のリズムで鳴らしながら、ゆーっくり歌ってみるのがいいですよ。右手と左手が別の動きするのが最初は信じられないけれど、やがて慣れます。ほんとです。
Fを押さえられるようになったら「日曜日よりの使者」が絶対お勧め。ただジャカジャカ上下に弾きながら歌を乗せているところから出発して、そのうちいろんなリズムを刻みながら弾けるようになります。ほんとです。私はいまだにこの曲に戻って16分音符の練習とか裏拍の練習をします。
あと「弾きたいな」と思う曲のスコアは見つけたときに買っておいたほうがいい。本と一緒でね、しばらく寝かせておいてから使う、ということがありますからね。私もスコアだけはたくさん持ってるけど、弾ける曲はそう多くない。
よく考えると「ヒロトさん・マーシーが好きなおんなのこのためだけの、超初心者からのギター」という非常に狭い分野に関しては私は物識りのほうなのではなかろうか! ・・・・・・自慢にはならないな。「ギター弾ける」って、どのくらいから「弾ける」のレベルになるんだろう。えっ「ハイウェイ・スター」が弾けたら? マジで? ごめん、いろいろエラそうに言ったけど、あたしギター弾けなかったわ。うん。

・たぶん新木場スタジオコーストのチケットが余る。ここに来てくださってる人で、もしも欲しい人がいれば、優先的にお譲りしますよ。某みくしいなんかも最近、詐欺も多いって聞くしね。行ってみようかどうか迷ってる人がここを見たりしてくれているなら、とにかく是非! 彼らのライブに行ってみてほしいと思うので、非公開のコメントか「はじめに」に掲載しているメールアドレス等でちょっとご連絡くださったらと思います。

・ところで件の「ブルームーン」だけどね。調べてみたら、今年は正にこの1月に「ブルームーン」があるのだよ。1月1日が満月で、来る30日がブルームーン! なんだ、気づいてみたらけっこう遭遇できるんじゃないか、「すごく稀」なはずの「ブルームーン」。あのひとの歌も、たぶん、Once in a blue moon、でもそれは「もう二度とない」ってこととは違うんだ。窓を大きく開けて、月を見上げて、静かに待とう。そして、あの人にも教えたい。
次の土曜日、ね?
なかなかないはずの、blue moonが空に浮かぶんだよ。

コメント

No title

ふふふふ...。書くのをセーブするmashimaniaさんは、イメージし難いなあ。mashimaniaさんの文章は男前で、読んでて気持ちが良いです。うっかり心の中で、姐さん...と呼んでしまうくらいに(すいません)でも、実は私のほうが年..上...か?という一抹の不安もあるけど(笑)
そして、ギター!また、ギターの事、語って下さい。そしたら、今は無理だけど、いつか手にとってしまうかもしれないから(笑)
今日、仕事しながら今頃mashimaniaさんギター弾いてんのかなー!ってぼんやり思ってました。

No title

ベースも楽しいですよ!一人じゃちょっと淋しいですが。
さて、他ロックンロールの話ですみません。
今日は博多の酒蔵で行われた、
横山健のAcoustic Showなるものに行ってました。
なんとToo Much Painが弾き語られました。
鳥肌が立ちましたばい。
KENの後ろにマーシー見えました。
「ブルーハーツの後期の曲だけど、
いい曲過ぎて、
なかなかレコーディングできなかったんじゃないか」と言ってました。
クロマニヨンズ周辺のそこそこ絵が巧い人に私も入っていればいいなぁと思いましたよ。
とはいえ、アーティストの絵は気を遣うので、ホントは自分だけで楽しみたいんですけどね。

No title

mashimaniaさん本たくさん読んでますねー(勝手なイメージですが)。
こんな面白いブログ書いて、お仕事して、ギター弾いて、マーシーに浸って、よくお時間がありますね。スティーブンキングの本って読んだことないんですよね(凄いなぁ)。スタンドバイミーも映画でしか知らないし。今年は本たくさん読もう!
そんなことを思いながらニュース欄を読んでいたらJ・D・サリンジャーがお亡くなりになったとか…。心がぽっかりと空いた気分です。

CCLemon、新木場楽しみですね!今度こそmashimaniaさんと握手だ!

No title

ぷにすけさん
昨日も今日も職場で調子よくギターを弾いています。「mashimania」と書いて「給料泥棒」と読んで下さい。でもメタルライブ工事は今日で終わりだそうで、とてもざんね……いや、よかったです、仕事が再開できます。

ほんと、書くのセーブしてるんですよ~。「同じのばっかり続いたら、みんなも飽きるだろ」とか姑息なこと考えて(笑)
「男前」っていうの、いい言葉ですね、嬉しいです。たぶん私のほうが年上だと思うけどなあ?
ギターのこともまた書きますね。ひとりでずいぶん苦心惨憺してきたので、長い物語があるんですよ~。いつか必ず、ぷにすけさんもギターをその手に持ってください! 

No title

tokageさん
フフフ、こちらに書きこんで下さる前に、既にライブのレポートを読んでしまっていましたよ。「Too Much Pain」いいですね。彼の歌うのも素敵だろうなあ。
ちなみにtokageさんは「クロマニヨンズ周辺のそこそこ絵が巧い人」ではなくて「絵が巧い人」です。そこそこどころじゃないじゃん!!

常駐ヒロトスキーさん
イメージ通り、本たくさん読むんです。でも本読むのと、ブログ書くのと、ギター弾くのと、マーシーに浸るのは、私の中で息吸って吐くのと同じくらいの感覚でやってるので……時間取られて苦痛だな、と思うのは仕事くらいで(それもこの3日は楽園状態でした。ろくでなし極まりないです)
サリンジャー亡くなりましたね。「ライ麦畑」くらいしか読んだことないのですが、やっぱり寂しい気がします。
S・キングの小説、もしこれから手をつけるなら「グリーンマイル」とか「刑務所のリタ・ヘイワース」(映画「ショーシャンクの空に」の原作です)がお勧めですよ。

CCLemonはもう目前! よし、君も渋谷でmashimaniaと握手だ!

No title

ロッケンロー!!!!!!!!!!!!!!!!
元気ですか?
最近ブルーハーツの青空が弾けたから嬉しいです 笑

ところで、ぼくは今までストラトくんを使っていたわけですが、安物ながら、EPIPHONEさんのマーシーと同じくJr.を買いました^^
ついでにVOXのアンプも・・・

たのしいな~
うん俺の中で今一番確かなことは
ロッケンロールが楽しすぎるぜ
てことかな

ん~。記事に対してのコメじゃなくてすみません

No title

STEREOHEADPHONEさま
ロッケンロール! 元気ですよ、そちらはどう? 「青空」が弾けるのはすごいなあ。コードはたいして難しくないんだけど、私はギターソロの後半あたりで力尽きたよ……。

レスポールjr、STEREOHEADPHONEさんのブログで拝見しました。黒か~! 可愛いというより、渋い! カッコいい感じだね! 自慢したくなる気持ち、ほんと、よくわかります! 「楽しい」が一番ですね。

なんかエピフォンのレスポールが人気だな。いいなーみんなずるいなー私も買おうかなレスポールー。でもムスタングも可愛いよなー。いちばん美しいと思うのはグレッチのホワイトファルコンなんだけど、あのギター弾くには腕がないしなー。実はベースも手を出してみたいんだよなー。あーでもやっぱりとりあえずはギターかなー。みんな持ってて羨ましいから次はレスポールかなー。うーんでもなー(以下延々繰り返し)

No title

STEREOHEADPHONEです 笑
元気元気の元気ですよ^^
僕もはじめソロの後半で放置してたんですけど、昨日アルバムを聴いて、「これは弾くしかないじゃろう。。。笑」てことで1時間 煮詰まったらなんとか弾けました^^;

おオ!!なんと 見てくれてたんですか・・・
なんか恥ずかしいなぁw

(Jr)そおですね。ほんとは色が3色で黒 白 茶色と黒のサンバーストだったんで、白が良かったんですけど、どのショッピングサイトを見ても、検索しても売り切れてて・・・(まぁ妥協?笑
でもやっぱりGibsonの直系傘下てのはおッきいですね

ぼくもムスタングカッコイイと思います!!!
その線でいったらジャガーも惹かれますねぇ・・・
女の人がムスタング弾いてたら落ちますね 笑

No title

何度もすいません。。。

今回のJr購入も記事にあったように、マーシーに近づきたかったから。それだけなんですね。
元々ぼくのルーツロックはQUEENなんです。
でも、ブライアン・メイのギターを弾くのは俺じゃないな。って勝手にw
その後、ギターはちょっとだけ放置。そこでヒロトたちに・・・
いや、マーシー達に(笑 出会った訳です。
初めて弾けた曲は“夕暮れ”。今でもなんだか思い出の曲ってゆーか。思い入れが深いです。
そこからのめりこんでのJr.購入です。
ちなみに今はビートルズ。来てます。
それは世界中が湧くわ。マーシーがギター買うわ。
でも僕はビートルズが最初だったらドラム買ってたかもしれないですね。(ベースの線も薄いけどあります)
               以上僕のロックンロール生い立ちの記でした
 (マーシーの影響が大きすぎてエフェクターは(持ってないですけど・・)OVER DRIVE以外いらねぇ!!!マクソンがいい!!!ってゆー思い込み 笑)

No title

STEREOHEADPHONEさま
返事早ッ。いつもコメントくれてほんとにありがとうございます。そして熱い「生い立ちの記」もありがとう。「青空」私ももう一回コピーしてみようかな。たぶんやればできる……と思う……(笑)私は現在進行形のバンドのほうに興味があるから、それほどブルーハーツはコピーしようって気が起こらないんだな。「モンドロッチャ」のスコアはいつ出るんだろう。早く出ればいいのに。

ビートルズはやっぱりいいよねえ。私は去年、mono boxを買ったけど、いつかレコードを集めたいなあ、と思いました。

ギターを弾く人、あるいは楽器を演奏する人がもっともっと増えると嬉しいです。そういえば、ギター・ベース・ハーモニカはいままでいたけれど、ドラマーというのがいないね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

非公開さん
メール返信しました。もし届いてなかったら仰ってください~。お会いできたら嬉しいです!

No title

mashimaniaさん
実は、私、ドラムスなんです。
少し前の、このページの「メンバー募集」という投稿をみて、ちょうどその頃発売されたのを知った、梶くんのドラム教則DVDを買いに楽器屋さんへ行きました。一からやり直そうと思いまして。やはり、mashimaniaさんのコメント見てると、他の皆さんと同じように楽器屋さんへと気持ちが走ります。買ってからずいぶん日がたちますが、仕事が忙しくて未だに見れてません(苦笑)。
今は、大学を卒業以来約10年間(年齢がバレる…)で遊びで2,3度スタジオに入った程度です。腕前は、ギターをクビになってドラムがいなくてドラムになったっていう程度なので大したことはありません。多少ギターもやっていたので、ギターで大きい音も出したいですが。
今は勝治さんのマネ事程度でも2バス叩きたいな、と思ってます。

No title

猿の爆撃機さん
えっと「メンバー募集」したら「集まった」ので、もう私に言えることはひとつしかないような気がしますがいかがでしょう?

バ ン ド や ろ う ぜ !

この際「ハウリンキャッツ」を読んで楽器屋に走る気持ちで、そのままの気持ちで、みんなで楽器を持って集まる機会を一度、作りませんか。ボーカル・ハーモニカ・コーラス参加ももちろん有りで。あの人たちのように、とにかくでかい音ででかい音楽をやってみたい人、他にもいませんかー! 

こんなふうに、キングの小説のように人が集まって、もしかしたら一緒にギター鳴らしたりできるかもなんて、私はちょっと浮かれ過ぎかな? そんなこと、めったになくて、すごく稀だよね。
あれ? ……ああ、でも今日はOnce in a blue moon、みんな、空を見上げろよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/349-171c265f

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。