ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/03/13・新木場スタジオコースト「TOUR MONDO ROCCIA ‘09-‘10」


たくさんの約束を抱えて、零れ落ちそうになるのをぜんぶ、ひとつも落とさないよう、大事に持って行ったんだぜ、新木場スタジオコースト! 欲張りでぜいたくで、めちゃくちゃ疲れてフラフラで、でも私、なにひとつ諦めなかったし、なにひとつ失うこともなかった!  
ライブ以外のこともものすごくいろいろ書くので、気合と時間に余裕のあるときに読んでね。

新木場駅に4時、待ち合わせ。俺、いきなり15分遅刻。4時半くらいに、って約束していたひろにゃんさんとほぼ同時に駅についてしまう。そこには既に完全にテンションが上がりきって、水を呑み過ぎてトイレに通う常駐ヒロトスキーの姿が。
「おう」
「やあ、ニア」
会うの2度目なのに、なんだこの「10年前からの友だちです」感は。本日、ライブハウス初体験のひろにゃんさんも満面笑顔でニコニコだ。本当は駅前のどこかでお茶でもして、とか言ってたんだが、矢も盾もたまらずとりあえず会場の下見へ。今朝からずっと、心が早々とスタジオコーストに飛んで行ってしまっているのを取り戻しに行く感じ。駅からスタジオコーストまでは1本道、でも、ドキドキしながら歩いていく。広い道路の脇、橋の上、まるで3人で組んだロールプレイングゲームのパーティみたいにきょろきょろしながらさ。私はさしずめモッズコートの黒魔道師ってとこか。
早々と会場についてロッカー見たり、物販が始まって並ぶ人を見たりしているうちに、ammoniteちゃんから「駅に到着しました」のメール。もうお茶とかしなくても良くね、って話になって、さっそく常駐ヒロトスキーの作ってきた「フィンガー・ヒロト」と凹子さん手製の「フィンガー・マーシー」感動の対面。



「ヒィロトォォォォォ」
「会いたかったよマァァァァシィィィ」
かなり夢中になって遊ぶ。そんなことしてやたら盛り上がっていたら、横から「あ、バカ発見……」という目で見つめられていることに気付き、ふと見たらammoniteちゃんが驚き半分、憐み半分くらいの生ぬるい眼差しでこっちを見ていた。さっそく仲間に引き入れて遊ぶ。誰一人、正気のままでいさせてたまるか!
この後続々、開場までにいろんな方にお会いできました。こないだも会ったね、また会えたね! 遅れて到着、ひろにゃんさんとこの長男&次男君、凛とした目でまっすぐこっちを見て「ニアさんですね?」って声かけてくれたnemuriさん、な、なんて可愛いお嬢なんだ! 紛れもない18歳だったかさん、ライブを楽しみにする笑顔が弾けて跳ねてた全身ブチさん、恐れ多くも「mashimaniaさんに一目でもお会いしたいです」とメッセージを下さった全員の方と、今回、眼を見てお話しすることができました。
私ね、ライブってひとりのほうがぜんぜん楽だと思ってた。だって好きなときに好きなように動けるし、時間とか気にしなくていいし、あとであそこで会おうとか、めんどくさい約束もなにもしなくていいでしょ? でもさ、楽なのと楽しいのは、違うね。今回、みんなで集まって、スタジオコーストの入り口に、整理番号が早い順からひとりひとり「行ってらっしゃい!」「おう!」とかってわあわあ言って見送って、それぞれ、みんな、ほんとに楽しめますように、なんて柄にもなくロックンロールの神様に祈ったりして、いいんだ、それがあるいはただの感傷や、ばかばかしい願いでも、だって誰かを想うそういう気持ちって、やさしいじゃないか。

声をかけてくれた全員に、私はこういう問いかけをしたんだぜ。

「よし、確認! チケット持ったか?」
「持ってます!」
「ドリンク代500円!」
「あります!」
「ツアーTシャツ!」
「装備中!」
「タオル!」
「持ってます!」

「いちばん大事なもの! 愛と勇気、持ってるか?!」

みんなの答えは、間髪いれず。
常駐ヒロトスキーがえらいいい番号のチケットを持っていて、チケット届いたときからガクガク震えっぱなしで「ニアさん、最前、横取っときますよ」なんて言ってくれたものだから、期待して入場と同時に駆ける、スタジオコースト内。私も持っていたチケットがそこそこの番号で、だから私を見つけたヒロトスキーが「ニアさんこっち!」って手を握って引き入れてくれた最前列、ヒロトさん目の前! にうまい具合に滑り込めたけれど、これ、もう少し後ろの整理番号だったら、最前列は来られなかったな。すぐ後ろにはひろにゃんさんが「わー! 近い! ヒロトのマイク近い!」ってわくわくしている。半分くらい「いやいやスタジオコーストで最前列なんてそんないい話があるわけないじゃないですか」と思っていたので、自分の幸運に呆れる。呆れた後で、ほんとに今日クロマニヨンズのライブなのか不安になって、バーをつかみながら横のヒロトスキーに
「ねえ、どうしよう今日クロマニヨンズじゃなくてアウストラロピテクスズのライブだったら!」
と話しかけて「だ、誰っすかそれ?!」と言われる。だって、当り前だけど最前列って前になにもないんだもんよー。人の頭越しのマーシーとかじゃなくて、いきなりマーシーなんだよ。この眺めははじめてだ。ベースのアンプの上に、いつも必ずどっかに置いてあるヨシオが鎮座ましましていた。

ぽつぽつ話したり、お互い無言の時間があったり。早く始まれ、と思ったり、もう少しゆっくり流れろ時間、と思ったり。ああ、前説のお兄さんがステージの端から歩いてきたな~、って思った瞬間。一気に沸騰スタジオコースト、きしむ肋骨! 急激に薄くなる酸素! モッシュやべえ。やべえとしかとっさに頭に浮かばないくらいやべえ。

で、ライブ始まって……「ジャングル・ジャミン」。鮮烈に、切れ切れに、スライドショーみたいに覚えている、きっと、脳のキャパシティ超えたんだと思う。うまい具合に動画として結びつかなくて……こう、カシャッ、カシャッとシャッター押されたみたいに、そのときの一瞬が、一瞬ずつ、フリーズドライ。歓声と、ヒロトさんの長い足と、マーシーの横顔と少しのぞいた歯並びと、背伸びをしたブーツの中の足と、バーに押しつけられた痛みと、全部、まるごと、ビー玉の中に閉じ込めたように、いまでも感覚で覚えている。
目の前でヒロトさんが歌ってて……ステージ、少し高いでしょう? 見下ろすように、こっちを指差してヒロトさんが歌ってて、思わず、マーシー好きを公言してはばからないこのmashimaniaですら! 思わず、彼に向って手を伸ばした。ブルーハーツのDVDとか、CDとか見たり聞いたりしていてね、それからいろんなネットでのレビューとか、記事とか読んでてね、彼らは伝説なんだって、よくそう書いてあった。でもね、ぜんぜん、伝説なんかじゃないよ。ヒロトさんは伝説なんかじゃない。

あんなに元気のいい伝説があってたまるかよ。
私は、目の前で歌うヒロトさんを見て、ホントに茫然とした。ぜんぶ、持って行かれそうになったよ。持って行かれてもいいと思った。どこへ? 何をしに? そんなことすら、わかんないままで連れて行かれてしまったよ。

セットリスト、恒例のロンドロッチャ全曲などに「連結器よ永遠に」「くま」「草原の輝き」「うめえなあもう」、アンコールで「笹塚夜定食」が入った。ライブ始まる前ヒロトスキーと「ヒロトス何の曲やって欲しい? 私はね、うめえなもう」「私は笹塚……ってふたりともご飯系?! 私ら腹へってる?」とか言って笑ってたので、どっちも入って嬉しかった。「連結器」はヒロトさんがエロい。マイクを股間に当てて擦る露骨なしぐさ。ニコニコしてさ、もう。「くま」では歌詞を忘れて「うるせえ!!」と笑いながら客席に逆切れてた。
最初のMCで隣の常駐ヒロトスキーが「ヒロト会いたかったよ!」と声をかけたらヒロトさんが「お前に会いに来たんじゃねえや!!」と思い切りヒロトスキーを指さして返していて、もう、ヒロトスキーの幸せそうな顔ったら。私は勝治のシンバルをピックでたたきに行ってキャッキャしているマーシーを見ていたよ!

ライブ中盤から後半……ダイバーに顔は蹴られるわ、肋骨が苦しいわ、呼吸困難だわで時々休みつつ、それでも前を向いてマーシーを見る! 常駐ヒロトスキーとひろにゃんさんには後で「ニアはさ、ほんと手をあげるタイミングがおかしいよね」「うん完全にマーシーのギターに合ってるよね」と言われた。マーシー、すごく調子よさそうだったんだけど、ギター弾きながらニヤニヤしたり、遠くを見つめて頷いたり、ひとりの世界に夢中だったらしくあんまりピックを投げてくれなかったです。しかし、マーシーが横に行ってソロ弾くと、みんながつられてうわーっとそっちに流れるのは壮観だ。磁石か、マーシー。僕は砂鉄君は磁石。きみの砂鉄になりたいよ。

中盤すぎるとぼちぼち前列で倒れる人が現れて、ヒロトさんやマーシーが運ばれる男子を「だいじょうぶかー」なんて心配そうに見て、ちょっと曲の間があく場面も。すごいあっちこっちで倒れてた。私も3回くらい意識遠くなった。ライブ終わった後で隣に立ってたお兄さんに「平気なのかなって思ったよ!」と言われた。やや平気じゃなかった。ごめんよお兄さん。

やっぱり出ましたAC/DC絡みの「んー、次の曲は地獄のハイウェイ……」というMCが面白かった。思わず「行ったよ!」って叫んじゃった……。ヒロトさんニコニコして、アンガスの角ポーズ。ああ、すぐさま返したともさ! 「あっち(AC/DC)は今日は休演だからな。ロックンロールがほんとに好きならここに来てるはずだ!」(私の後ろから「さっきアンガスいたよ!」と声掛かる)「え?! ……いた?!」マーシーが下がったところですっごい笑ってた。幸せそう。昨日のAC/DC、超カッコよかったもんね。
「ミッキーからもメールが来たんだぜ。今日は行けないよ。この塀から出ちゃいけないって言われてるんだ。たばこも吸えないんだよ」 (高音の声真似)とかも言ってたな。
グリセリン・クイーン前では「みんな歌ってくれよ!」と音合わせ、マーシーかっこよかったなあ。「鉄カブト」前ではみんなでドラムの周りに集まって、ヒロトさんの背骨が美しかった。お尻とか背骨とか後ろ髪とか全部ちゃんと見ちゃった!
「ギリギリガガンガン」くらいからまたなんとなく調子を取り戻して(何人か最前列から抜けて、私もややマーシー側へ流れたせいもある)マーシーをいっぱいいっぱい見る。紙飛行機、ステップ踏んで回る、少し眼を閉じ、口を開けて首を傾けて弾く、ああ、すき。もう大好き。ギターの音が塊になってぶつかってくる、それを全身で受け止める。「どうだ?」って聞かれてる気がする、絶え間なく。「イエス」か「ノー」かしかない世界。私の答えは、常に、いつだって「イエス」だ。

アンコール、半裸のマーシーにまた気が遠くなる。が、半裸見たさのあまり気を失うのを思いとどまる。平べったくて白くてきれいな胸の真ん中のところを汗が流れおちて行ってね、おへその上で少し溜まって、滴り落ちるの。な、舐めたいッ、とか考えてたんだけど、ちょっと! ダイバーさん! いっそあたしの頭を蹴って殺して!! 

ヒロトさんが2人くらい横の子のタオルを取ってお尻を拭いて鼻をかむふりをして返していた。タオルみんな出しているので、ヒロトさん苦笑して、手を伸ばしてみんなのタオルや、手に触ってあげていた。とりあえず届きそうだったので私もタオル出してみた。そ し た ら

あれ……私のタオル、ヒロトさんがそのまま取ったよ……

股間……めっちゃごしごししてるよ……?

「びちょびちょだな~」って笑いながら……かがみこんでちゃんと私に「はい」って……返してくれて……行っちゃったぁぁぁぁぁぁぁあああああああああ!?!

あああああああああああああごめんなさい、みんな、ごめん、私で! ごめんほんとうはマーシーが好きです! あああああああああ、いま書いててちょっと幸運ぶりに自分で驚いた!! なんだこれ! 返されたタオルはほんとにずっしり重くて、その重さの100分の1くらいはヒロトさんの……汗とか? ああああああああああああああああ!!

アンコール、暴れすぎて記憶、ほとんどなし。あまりに色鮮やかにこのタオルの一瞬が刻まれて、ぎゅっと首元にもう一回巻いたタオルを握りしめて、ヒロトさんとマーシーと一緒に歌ってた。

マーシーのまたね、に一生懸命手を振って……全部終わった! ってなったとき、寂しさとかより先に、ほっとした気持ちが襲ってきた。ほんと、きつかった、モッシュ。徐々に背中から人の重みが剥がれていくのを感じていた。もう、一日たってね……「どこのSMクラブにお勤めで?」ってくらい、強烈な痣が手と足にね……。

このあと、常駐ヒロトスキー、ammoniteちゃん、後から追いかけてわざわざ来てくれたひろにゃんさん&長男次男くんたちと、飲み。「タオルが……ヒロトが!」ってみんなにガクガクしながら説明したら「ええええ?!」って。ひろにゃんさん、タオル撫でる。長男君、そっと触れる。次男君、ためらいもなにもなく頬ずり。よし次男、お前が一番、大物だ。
飲んでる最中、性質の悪い電話をトカゲおねえちゃんとしたり。「ヒロトは私のタオルを選んでくれてきっと私のことが好きなんだと思うんです、どうしよう、私にはマーシーがいるのにヒロトが私のことを」って電話で相談したらすっごいなまぬるい声で優しく「そうだね~、ヒロトはニアちゃんのことが好きだね~、だ~い好きだね~」って諭すように言われたので目が覚めた。ずっとふざけて飲んでいたけど(例/次男君の頼んだソーダを見て全員で突然「炭酸みたいなやつ!!」と歌い出す、等)ここらへんは後からもっといろいろ思い出すことがあるなあ。すまん、ここまで長々レポート書いてきて俺はいまちょっと疲れたぞ! 

何から何まで!
楽しかったです!!

悪ふざけに付き合ってくれたみんな、ありがとう。感謝をこめて。

またさんざん楽しもうぜ、な?

★ところでタオルは洗うべきでしょうか。そろそろ異臭がしています。

コメント

No title

ほほう、あれは君の、タ、オ、ル、だったのか・・・
コビー側ちょい後でクールに暴れてた俺だよ。
思いのほかスカスカで自由を満喫してたんだけど
マーシー側は凄かったのかな。「笹塚夜定食」嬉しかったね~。

No title

楽しさが凄く伝わってきました。
こっちまで楽しくなってきましたよ。笑いながら読みましたよ。
そしたら家族にそんなにサザエさん面白いの?と言われました…

そして読みながら私も前、ライブに行くチャンスがあったなと思い出してました。
家族が反対しなければ…

家庭崩壊させてでも行くべきだったかな。と思いました。

ライブ…いいな
と日々思いながら弾けないギターにもて遊ばれてる毎日です。
マーシーは改めて凄い。

長いコメントですいません

No title

bambiさん
そうだ、あれは僕のタ、オ、ルだったんだ……そうだったと思う。今更、現実だったか良くわからなくなってきた。どうせ暴れるならクールに暴れないでぶっ壊れて暴れてくれ。コビー側、自由だったの? ヒロト&マーシー側、凄かったよ、モッシュ……。

花さん さん
家庭崩壊はいけませんよ。それはだめです。全て捨てても、という発想はロックンロールではなく、ただの逃避です。でも、きっと花さんさんは私のように大嘘つきでろくでなしではなく、素直でやさしい人なのだろうなあ……。
レポート、笑いながら読んでくれてありがとう。いつか、ライブでお会いできたらいいね。私もいまだに、ギターにもて遊ばれる日々です。

No title

手に汗握って読んで、一回じゃ頭ん中入りきらなくて三度目ぐらい今読み返しました。す、すげー。ヒロトの絡みが全て身内・・・。(あ、すいません。勝手に身内発言。でも、ここで皆と繋がってるもんね!!自慢だもんね!!)
いいねー前の人ー・・・って、まさかニアさんだったなんてね!
あたしは、ダンナさんが番号悪いのが本気で気に入らなくて「もう、二階で見たって一緒だ!!」とか、幼稚園児並のダダをこねていたのですが、バルコニーから見たらコビたん側ガラガラ・・・。
マーシー側のニアさんの頭確認しつつw左端にスタンバイしました。ちゃんと髪も結んで、始まったらなんとダンナさんが先陣切って突っ込んだ!この、冷静さを失う感じがライブってやっぱ楽しい!と思わせてくれますね。

No title

7~8列ぐらい目の感じで最後まで見れましたが、「捨て左折」ならぬ「捨てマーシー」をせざるを得ませんでした・・・。
あたしの横が、ダイバーがセンターに戻るときの通り道になっていました。あの人たち、何周回ってるんだろうねー。
あ!アンコールでマーシー出てきたとき、今までで一番マーシー近かったんだった!!おら、ビックリしただ。マーシー体キレイで。すぐそこに、マーシー・・・。忘れねぇ。
アンコール中、コビたん側で倒れた人居たんですが、ちょっとそれがショックでねぇ。書くと長いからやめときますが・・・。
集中っていうか興奮が少し切れちゃったんだ・・・。
それが悲しいし悔しい(泣)あれ、なんか、暗くなっちゃったかな?
エイトビートでまた泣きました。
特にこの曲にエピソードもなく、思い入れもないけど毎回泣く。
心のずっと奥のほうから、涙がやってきちゃうのです。
ほんと、今度はいっぱい皆さんと話したいです☆
電車にちゃんと乗らないとなっ!!!

なんか長くなっちゃった・・・ごめんなさい。

No title

もう、一気読みしちゃいました!
楽しさが、熱さが、ビシビシと伝わってきて、mashimaniaさんは勿論、他のどの方とも会った事ないし顔も知らないはずなのに、幸せそうな様子が目に浮かぶんですよね~。

でも、話には聞いてたけど、やはり東京のライブは、激しいんですね。
私は、熊本に参戦しマーシーサイド最前でしたが、最前でも、端のほうだと後ろからの押しもあまりなく(多分、押し寄せる力は全て中央のヒロトに向かっていくから)体力もそれほど消耗せずに、純粋にライブの音を、そしてマーシー♪を堪能できました。
熊本は、ピックの大盤振る舞いで、ひょいひょい投げてましたよ。(私は、幸運にも、空中でキャッチできました!)床に落ちるのも多く、ライブ終了後もみんな床みつめてたり。
あと熊本では、マーシーもアンコールで誰かのタオル受け取って、でも、ヒロトのようなゴシゴシはせず、じっとタオル見つめて、違う違うって感じで首振って返してました。

ライブ当日は、とっても寒い日でそのあと体調崩してましたが、ここでmashimaniaさんの元気もらって、復活。
マーシーの「‥‥またね」の一言を、また聴きたいので、明日からまた仕事に励みますっ!

No title

きゃー。フィンガー・ヒロトもかわいい。
お揃いのタオルがすてき。すっかり仲良しさんだな!
そして...ハウリンと愉快な仲間は、すごいね。伝説を作るね!
こっちまで、どきどきするー。

とか、何とか言ってる私も、もうすぐ。
ああ。もうすぐ。ラスト..ロッチャ...。
楽しみにしすぎて、胃が痛いよ。落ち着かない。

No title

ほんとに良いライブでしたね!全身筋肉痛でも精神筋肉痛になってない・・・ですよね?笑
ややマーシー側でひろにゃんさんち兄弟に遭遇して一緒にいたんですが、前説で兄と私、将棋倒しに巻き込まれましたよ。
結構前に行ったりして、、マーシー、本当にかっこよかったですよね!すごくよく見えたし、スピーカーのまん前だったので音もがつんと来るし!
そして、お会いできて本当に良かった。会場ギリギリに伺ったのににあさんと皆さんで温かく迎えてくれて本当にありがとうございました。緊張したけどメールやコメントしてよかったです笑。欲を言えばもっとたくさんマーシーの話やギターの話したかったです。また次のライブでお会いしたいなあ・・・。

あとひろにゃんさん一家が飲み会に参加できた様で良かったです!!ひろにゃんさん、兄さん、弟さん、駅までご一緒させてしまってごめんなさいね。

長々と失礼いたしました。。。
紛れもない18より 愛をこめて←

No title

レポートを5回ほど読んで、何を吐き出せば、コメントすればいのか、非常に困っている。
ニアさんと再会して、皆さんに会えて、みんないいヤツばっかで、ほんと幸せだった。
フィンガーマーシーと感動の対面ができてよかったです。楽しかった。

今回最前列を開始からラストまで最前列でヒロトのど真ん中、まん前地獄を気をうしないながら頑張ったから自慢していい?ニアさんが証人になってくれてよかった。何人かに話したけど、誰も信じないんだよ。
MCヒロト「はじっまたな、会いたかったぞ」的な発言に思わず(私にしては)絶妙なタイミングで「会いたかったーー!!」とアホみたいに叫んだら(この後の数秒間はスローモーションだった)ヒロトが会場に向けてた視線をおろして、私の目を見て、「オマエに会いにきたんじゃねー!皆に会いにきたんだ!」と笑顔で言われた。何度も言うけど、真っ直ぐ私の目を見て。 ヤバイ、書いてて手が震える。
感動とパニックと振るえでヒドイ顔だったろうな。ニアさんが私は笑顔だったと書いててくれたので、一安心。AC/DCのMCとか、その後やった酒じじい、全然飛んでた。

No title

ミッキーのマネ、可愛すぎただろ。なんだよあの声。殺す気か。

連結器はエロエロエロトだった。なにあの手さばき&腰さばき。ご馳走様。夢に出て来い。

そうそう、男子が「エロトー!!」と叫んだのに対して「エロトは本名だからあまりこういうところでは言わないで。(しーっ)」と言ってたのを思い出した。

マーシーを流れる汗わかる。同じことをヒロト見ながら思った。彼のアゴから大粒の汗がたまって、ぴちゃっと流れ落ちた時なめt・・・誰か俺を殴れ。

股間ふきふきタオル(笑)いいなー。私はヒロトに届けようと必死で手をおもいっきり伸ばしてぶんぶんしてたらヒロトの左手 触 っ た よ 。 そんで手の汗ペチっと拭いてくれた。 死 ぬ 。

またなんか思い出したら書く。体中勲章だらけだけど、楽しかった。ありがとう。

No title

うわーわあレポがあがってた!指マニヨンズがカ ワ イ イ…ううう会えばよかった仕事なんて仕事なんて…。やっぱり毎秒が伝説で明日より今を痛感しました。
ところで「お前に会いに来たんじゃない」がヒロトスキーさんで、股間タオルがmashimaniaさんですって…?天国から地獄を眺めて「誰だよ~チッ羨ましい奴」と邪念を送っていたのに…!ヒロトスキーさんはヒロトの笑顔一人占めしたんですか?ギギギ羨ましい!mashimaniaさんはヒロトの股間一人占めですか、うんタオルは洗わなくていいと思います。
クロマニヨンズはアラバキも出ることになったし、なんかまだまだ活動してくれそうだから、冬に半裸をさらす原始活動をしてくれますよね!そのときは必ずお会いしたいです。よろしくお願いします!

No title

セットリスト発見したからのっけときます。
3/13 STUDIO COAST set list
1.ジャングル・ジャミン
2.ジョニークール
3.突然バーン
4.アウト
5.連結器よ永遠に
6.うめえなあもう
7.くま
8.酒じじい
9.恋に落ちたら
10.炭酸
11.草原の輝き
12.グリセリン・クイーン
13.フンカー
14.ムーンベイビー
15.エロこそすべて
16.スピードとナイフ
17.悲しみのロージー
18.鉄カブト
19.ギリギリガガンガン
20.紙飛行機
21.エイトビート
-------------------------
22.笹塚夜定食
23.メインジェット
24.ネギボーズ
25.タリホー

No title

私と凹子も同じ時間、花屋の会社で仕事してました。
昨日は凹子と電撃闖入させていただき失礼しました。
みなさんとお話しできて嬉しかったです。
緊張していました。マジで。
私の方でもちょっと書きました。
そして……
そうだね、ヒロトはニアちゃんのことが好きだね~大好きだね~困っちゃうね~ニアちゃんにはマーシーっていう人がいるのにね~どうしたらいいんだろうか?モテモテニアちゃんは~。
やっぱりあんたは凹子と同じタイプのカワイソウな人ですわ。

No title

珍しくヒロトに持って行かれそうになったニアさんへ、思い出したヒロトのMC補足しておきます。

草原の輝きでマイクスタンドが出てくると、「棒…棒が出てきた」
コビーのスタンド見て、「棒がこう…曲がってる」
スタンド回収の時に名残惜しそうに、「ぼ、棒~…」
とか。棒言いまくり。
「ぼお!(ヒロト)」マイクを客に向けて「ぼおぉぉぉ!(客)」なんてやりとりもありましたね。その後「一つ仕事をやり遂げたような気がする」とニッコリ。
「お色直し」とか言って早々にTシャツを脱ぎ、ちょっと恥ずかしそうに体を隠す仕草。おちゃめヒロトでしたね。

初めは緊張したけど、みなさんとお会いしてお話できて、ライブ並みに楽しい時間でした。クロマニヨンズとハウリンキャッツに感謝です!

No title

ワクワクしながらレポート読ませてもらいました。ありがとう!
私も大阪で始めてクロマニつながりの友達にあったときのこと思い出しました。ホント、楽と楽しいは別物ですよね。

No title

全身ブチさん
7~8列目、コビーサイドからのレポートをありがとうございます! コビーサイド、私にとっては未知の領域なのでこういうレポート嬉しいんですよ。シャイなはずの旦那さん、突っ込みましたか、よかったですねえ! 次はクロマニヨンズについて、曲について、いろいろ話せるといいなあ。ヒロトスキーが会えなくて残念がっていましたよ。

姫りんごさん
レポート読んでくださってありがとうございます。新木場でも、たぶんもう少しマーシー側に寄ったらややモッシュも緩かった……のかな? とにかくヒロトさん真正面だったので、モッシュもダイブもものすごい位置でした。
マーシー、タオル受け取って首を振るって……すっごい面白い! いいなあ! 何を思ったんだろうマーシー。「俺もどこか拭くべきなのか……いや俺はそういうキャラじゃない」みたいな。

No title

ぷにすけさん
コメントありがとうございます。フィンガーズのお揃いタオルは、わざわざ常駐ヒロトスキーさんが作ってきてくれたのです。あのアイテムで、モンドロッチャツアー! って感じがすごく出て、嬉しかった。
ハウリンと愉快な仲間……他人面してんじゃねえぞ、ぷにすけさんも一員だからね! 大阪レポート、仲間一同、ワクワクして待ってるぞ!

か さん
肉体的筋肉痛は依然ひどいですが、精神的筋肉痛は大丈夫でした! 心配してくれてありがとう、か さん。あとから兄弟に「将棋倒しにあった」って聞いたよ。ライブ終わった後、後ろで見ていたはずの彼らもずぶぬれでびっくりした。きっと、か さんも汗びっしょりだったんだろうね。
私ももっとマーシーやギターの話を一緒にしたいです。ん? 君もギターを弾くのかな? もしそうなら、嬉しいなあ~。またすぐに会える機会がありますように! 緊張しないで、いつでもメールやコメントしてね! 待ってるよ!

No title

常駐ヒロトスキーよ
ほんとに良かったなあ。もっともっと自慢しとけ。もっと胸張って「羨ましいだろ!!」って叫ぶがいいさ。めちゃくちゃ厳しい戦いだったよ。私もたぶん何度か気を失ってる。
話しかけられた後のヒロトスキー、超笑顔だったよ。ニッコニコしてた。でも確かにその後、魂が体を離れてた(笑)
私もやっぱり、タオル渡したときのこととか、よく覚えてないんだよ……。何にも余裕なくて、きっとずーっと( ゚Д゚)←こんな顔しっぱなしだったと思う。誰かもう少し良くヒロトさんの行動とか表情とか覚えてないかなあ。ちゃんと、ありがとう! とか言って置けばよかった……。
私もいまになっていろいろ思い出してきた。ミラーボール指して「俺たちああいうのあんまり使わないからな~」とかも言ってたよね。

あんこさん
と言うわけで、タオルのことあんまり覚えてないので、様子を覚えてたらむしろ教えてください。
ちなみにタオルはそのまま保存するとなにか新種のキノコが生えてきて、腐りそうな勢いになってきたので泣く泣く洗濯しました。でも、まだきっとヒロトウィルスは死滅していないと思います。
次は必ずお会いしましょうね!

No title

セットリストありがとう~。私も「酒じじい」から「炭酸」くらいまでの記憶が記憶が切れ切れにしかない……。

とかげおねえちゃん
緊張してたんですか。余裕綽々なのかと思いました。そういえば「竹安が、竹安のギターヘッドが」とか言ってましたね。あんまり聞いていませんでした。そうなのどうしようヒロトさんが私のこと好きみたいなのでも私にはマーシーという人がいるのに(後略)

ammoniteちゃんはよく覚えてるなあ。そう「ぼーーーう!」って追いすがったときのヒロトさんが過剰な演技入ってて面白かった。また飲もうね! 今度はゆっくり、ブルースハープ教えてね!

イコさん
コメントありがとうございます~。今回、集まってくださった皆さんがほんとにいいやつばっかりで、恵まれてました。みんなまた会いたいとか言ってくれて、おうおう(嬉し泣き)。楽しむためには少しドキドキしたり、少し面倒だったりしたほうが、余計楽しいのかもしれませんね。

No title

臆病者の高みから見た光景をレポするとですね…
ジャングルジャミンからすでにフロアがただ事じゃねぇ…!マーシーの吸引力半端ねぇ…!マーシーサイドは右へ左へあなたのなすがまま。ヒロトはヒロトジャンプを連発してリミッタ―全解除!ラストまで持たないよオジサン無理しないで!
「あ、会いたかったよ~みんな~。(テヘ)」MCゆるっ!ああ本当にちょっとカワイイ悔しい46歳のくせに!その時事件は起きた。3000人の空間を曖昧に漂っていたヒロトの視線が、ゆっくりと下に落ちて一点を見据える。
「お前に、お前に会いに来たんじゃねーよ!」
今、たった1人がヒロトの視線と言葉を受け止めている…お前が羨ましいお前になりたいお前って誰だ!お前がヒロトに放った言葉は聞こえなかったけど、ヒロトは嬉しかったんだろうな。何千回言われても嬉しいからあんなに笑顔なんだろうな。お前NICE!お前Good Job!…そんな光景でした。

No title

46歳と48歳は息も切らさずフルスロットルで最高潮までたどり着く。オジサンの体力半端ない。エイトビートのハープが鳴り響く。ヒロトが長い脚を広げて限界まで腰を落とした瞬間、フロアが光の出口を見つけたようにヒロトに向かっていく。これは本当に感動したよ。高みからしか見えない光景がここにありました。
感動感涙のエイトビートでもう終わってもいいわと思った時、「も~一杯~ちょうだいな~」うわー台無し(笑)まぁこれもクロマニヨンズよね、とちょっとだれ気味に再登場を待つと…来ました社長。全国でもただ一人、半裸で宣伝活動をする社長。しかし社長もち肌だな!いや、ちょ、まぶしい…。社長がタオルをごり押しし、副社長はファンサービスに余念がない。

No title

ヒロトはタオルを受け取り顔を拭き脇を拭き尻を拭き鼻をかみ、しまいに笑顔で股間まで拭いている。いやそこ拭く意味ないでしょ副社長やりすぎです!小学生の娘っこが見てますよ!隣にいた観客のプロみたいなオジサンたちは「今日はサービスいいねぇ」と笑ってる。
「お客さんのタオル…べちょべちょ…。」
股間を拭いた人のタオルが、よっぽど汗で重かったのかもしれない。言葉よりもその重さが、ヒロトありがとう!マーシーありがとう!クロマニヨンズ最高!と伝えたのだろうか。ヒロトは凄く誇らしそうだった。
そこから後は、高見の臆病者たちも跳ねて歌って大騒ぎ!最前列NICE!最前例Good Job!…そんな光景でした。

この奇跡がmashimania&ヒロトスキーだったことは、きっとロックの神様のご褒美なんだと思います。おめでとう羨ましいぞ!以上、高見の臆病者のレポでした!

No title

うぉっ。
すごーーーく、濃いレポが、ジャンジャン集まってスゴイことになってますね、ココ。
みんな、記憶力良くて羨ましいです。
自分の記憶力の無さがふがいないなぁ。
私が覚えてることといえば、「あーん、もうちょっと~」という悔しい出来事が2つ。
その1。コビーが投げたピックが、ステージ前のエリアに落ちてしまった。
私の隣の隣に居た人が、前にいたスタッフに声かけて、拾わせて貰っていた。「えぇぇ~!?そういうのアリなんだっ!」
その2。タリホーが終わって去っていくときにマーシーが端っこまで来てくれて、みんなが伸ばした手に順にタッチしてくれた。私の隣の隣の人のとこまでで終了。「またかっ!」
以上、隣の隣の人にジェラシーめらめらなnemuriでした。

No title

うおおお、あんこさん! ありがとうありがとう! このレポート、きっとヒロトスキーが飛び跳ねて喜ぶな。エイトビートのときは、記憶薄れるくらい後ろからの押しが強かったよ。あんこさんの見ている光景と合わせると、記憶が切れ切れなのも当然だね!

そうか、タオルの場面ではヒロトさん笑顔だったのか……よかった……なんかちょっと安心した。やっぱり何度反芻しても私は( ゚Д゚)←こんな顔で固まってたとしか思えない。ありがとう。レポートほんとにありがとう!

nemuriさん
nemuriさんだって良く覚えてますよ! でも、悔しいこととかのほうがよく覚えてるというのもすごくわかる~。隣の隣、すごいいい日だったでしょうね。でも次はきっとnemuriさんの番だよ!



No title

あんこさん&ニアさん
ひぎゃーー!むひゃーー!
あんこさん!あんこさん!ありがとうありがとうありがとーうございます(つД;)
ゆっ夢じゃなかったんだ!!1日回りから勘違い女だと思われながら過ごして夢だったのかもって思ってたので嬉しいのなんの。
ニアさん読んだ??読んだよね!あんこさん書いたの俺のこと!ヒロトの笑顔一人じめ俺! 1/3000俺ッ!知ってるよって?(笑)
幸せタイム再び…ぼーー( ゚Д゚)ーー。

No title

まずチッケット、ホントにありがとうございました。

初スタンディングは、僕の想像超えてとても厳しいものでした。身体中痛かったし、ヒロト達も人の隙間からチラチラとしか見えなかったし、、、
でもなぜか今回が一番楽しかった!!!
不思議な感覚ですね。

それにしてもmashimaniaさんと、ヒロトスキーさんが羨ましすぎる。股間タオルいいな。エロトに話しかけてもらっていいな。今日学校で自分のことのように、友達に自慢しちゃいましたよ。友達にはこの凄さが伝わらなかったが。。。

僕も今度ヒロトにやってもらおう。
マーシーにもやってもらおうかな。笑
ってことで次のツアー楽しみに待ってよ。

あっ、バンダナ野郎Tシャツ当選しました。tokageさんありがとうございました。
かさんへ、ライブ後大人たちは酒ばばあになるから、僕たちは今度炭酸みたいなやつ飲みに行こうね。笑

以上、長男でした。
まとまりのない文章ですみません。泣

No title

常駐ヒロトスキー
気分の上がり下がりが激しいやつだな。そんなんで「勘違い女」なら私はどうなるんだ。またtokageさんから「あの二人が決別することになったら、ニアちゃんの女っぷりのせいだね~★」って憐みが滴るようなメール来たぞ。ははは。ははははは。

長男くん
ライブハウス解禁、おめでとう! 私も、最初に行ったライブハウス、すごくつらかったけどやっぱり楽しいと思ったよ。長男君や次男君はまだまだこれからヒロトさんやマーシーに会う時間がたっぷりあるからね! ライブハウスに慣れて、転ばないようになったらもっと前へ突っ込んでヒロトさんやマーシーに散々可愛がってもらうといいさ。

か さんが可愛かったからって、ハウリンキャッツを掲示板の代わりに使うなよ!(笑)あと、酒ばばあって言うなッ。そういうこと言う可愛くない未成年には、もうチケット譲らないからなッ。覚えてやがれッ。いい歳の女の捨て台詞がそれかよ。わあん、僕、高校生と同じレベルでディスっちゃったよ~。

No title

初めてのスタンディングmashimaniaさんのすぐ後ろ二列目、何にもさえぎるものがない、よく見えていたず・・・でも今、記憶がなく・・・違うな・・経験したことのない感動で言葉にできないんです。みんなで鉄かぶとについてああだこうだ言っていた時に大切な人と一緒に聴いてます、ヒロトの表情が観たいっていう私のつぶやきをmashimaniaさんが受け止めて、近くで見ませんか?と、私に愛と勇気をくれました。ホントにありがとうございました。オラオラから体中痛くて酸欠で苦しくて、でもヒロトの笑顔がすぐそこにあった、『今日はおもしろいだろ?』って大好きなフニャ笑顔、優しい目。でも苦しい、まだかな鉄かぶと?横浜もccレモンも早く歌ったのに、結局18曲目。胸に手を当てて目を閉じてうつむき加減で歌ってた。一緒に観た、ちゃんと受け止めたよ。。どうにか本編は最後まで観られた。避難した後、あんな夢のような出来事があったなんて。。今回の新木場、みんなを引っ張って、楽しむための楽でないことをいっぱいしてくれたmashimaniaさんにロックンロールの神様からのプレゼントだね!長男コメントすごく一生懸命書いてたけど・・・チッケットになってる。笑 では、次回を楽しみにしてますね。

No title

こんなところに私向けの長男君のコメントが(^_^;)
応募要項をきちんと満たしていたのは、
長男君だけでした。
Tシャツは君のものです。
公正取引委員会も文句言えません。
自分の力で勝ち取ったのですよ。

No title

かなり出遅れてしまいました!ごめんなさい!(>_<)
今、皆さんの熱くて最高なレポを一気に読むことができてとっても幸せでちょっと放心状態です。いや、「最高」って軽はずみに使っちゃいけないと思うくらい、ニアちゃんやヒロトスキーさんはじめ、そこにいた皆さんはまさに最高な時を過ごしたんだなって、本当に嬉しくなりましたよー☆電撃した時には実感が湧かなかったけど、ヒロトさんが見つめて言葉を交わしてくれたこと、スリスリタオルして手渡してくれたことの凄さがしみじみ伝わってきました!ヒロトさんにとってもすごく嬉しくて楽しい瞬間だったと思います(^_^)
あと、ヒロトスキーさん、めちゃめちゃ可愛くて愛情たっぷりの指ヒロトとおそろいのタオル、とっても素敵です☆やっぱりマーシーとヒロトは一緒が一番ですね♪みなさんで公園で遊んだエピソード、とっても微笑ましかったです。
大好きなみなさんの幸せをおすそ分けしてもらえて元気がでました!ニアちゃん、みなさまありがとうございました☆

No title

|ω・`) 日記内に、楽しそうな君にちょっとジェラシーな文章を書いてしまった。
長文の中に隠し込んでおいたから気づかれないと思うけど、一応謝っておくね。
悪気はない・・・よ?

No title

ふへへ。また書いちゃお。にあさん!私ギター弾きます!日曜日よりの使者、レフュージア、パーティーとかコードで弾きます。カッティングはリズム狂うので全然できません笑
ドラムもリズムとる程度なら、、、
してギターを買おうと思うのですが・・・とお話したいことはたくさんあるのです!

No title

長々失礼致します!マーシー側からのマーシーは
・じんわりにじむ汗が凄くエロい
・エロこそすべてで一人爆笑
・連結器でコーラス後 べいべー とシャウト!!あれは本当に痺れました!!!
して兄様、炭酸みたいなやつ好きだけど私酒ばばあ気味かも。←頑張って梅酒ロック

No title

ひろにゃんさん
お つ か れ さ ま で し た ! ひろにゃんさんは本当によく耐え抜いたー! モッシュがひどくて、これは初心者には無理かもしれない! と思ったときも、私の手の横で最前列のバーをしっかり捕らえてるひろにゃんさんの手があった。「鉄カブト」一緒に観られてよかったよ。また遊ぼうぜ!

tokageさん
もう、伝言板状態ですよ、このブログ。宣伝活動する人もいるし。でもTシャツが長男君に行くことになってよかったです。

凹子さん
コメントに出遅れたも何もないから! そちらのフラカンライブも楽しかったようで何よりです! 次は一緒にライブ行けたらいいね! 凹子さんの作ってくれたフィンガーマーシーのおかげで、とても楽しいことになりました。ありがとね。

No title

bambiさん!
あ! 明日ヒロトの誕生日だからブログでとっても楽しい企画をやって、ケーキを焼いちゃったりするbambiさんだ!(説明的台詞)
bambiさんのやや斜めから斬るレポートが私は好きだーーーー!! でもちょっと今回ところどころロマンチックだーーー!! 途中で軽くディスられてても嬉しいぜ! ヒロトさん夢に出てこないよう。早くもっと呪ってよう。

か さん
発見、ギター女子。コード奏者ならレベル一緒だな。ギター買うの? マーシー愛でレスポールか、アベ愛でテレキャス? わーい、ぜひ相談に乗らせてくれ! もう、一緒に選びに行きたいよ!(笑) 
マーシーレポートありがとう。彼、「ネギボーズ」でもひとりで笑ってたよ。「草原の輝き」の脈絡ない「ベイベー♪」もだいすきだ!!
そして、18歳のはずなのに酒ばばあチームに入りやがった。恐ろしい子……!

No title

タオルの方ですか~
マーシー側から熱いまなざしを送ってたものです・・・
洗っちゃだめよ
僕はマーシーのピックをゲットンしましたよ~
またどこかの会場で!

No title

わーいわーいさま
はじめまして! タオルのものです。え、すぐ隣に立ってたお兄さんですか? 違う? もし違っても、私、モッシュに負けて気を失ったりぐったりしたりしていたもので、近隣の方々には大変なご心配をおかけいたしました……。
私はマーシーのピックのほうが羨ましかったりします! いいな~いいな~。
またどこかの会場で、必ずお会いできると思います! コメントありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/381-74d6df5d

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。