ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年9月7日ミュージックステーション出演


はじめてテレビでザ・クロマニヨンズを観る、という友人にあてて書いたものです。この日のMステ出演、ヒロトは鼻に指を突っ込み、相変わらずのやんちゃぶりでした。



ああMステを見たって? ザ・クロマニヨンズを見たかい? はじめて彼らのパフォーマンスを見たのかい? 驚いただろう? 
でもこの目を逸らしたくなる感じが、多分私は好きでたまらないんだ。クロマニというかヒロトが出た後ってミクシィもそうだけど掲示板関係はどこも強烈にレスが延びて面白いので今まで見ていたよ。さすがにミクシィでは見ているのがヒロトたちが好きな人が集まったコミュだから「かっこいい!」「最高!」って書いてあるけど、あれのどこがかっこいいんだかな、全くな。
2ちゃんねるはいつものように割れているよ。でもあそこは「キモイ」という人々とヒロト信者と、わりときれいに別れて、どっちもヒステリックだから、つまらん。
「かっこいい」って言えばすむと思ってるんだみんな。私はいつもね、彼らのテレビでの演奏を見ていると、軽く死にたくなるよ。どう見てもかっこいいなんてもんじゃないじゃないか。病的だよ。全くひどいよ。呆れる。
特に今日はマーシーもちょっと酷い。ギター、音はずしたんじゃないか? それとも聞き違いかな(なんどか録画を見てるけどやっぱり微妙だ)
まあ、人を不快にさせるパフォーマンスの部類だろう。最悪だ。だけど、多分、私は汚いものが好きなんだ。きれいな水より汚れた水にわくわくするんだ。予定調和の天国よりもスリルとサスペンスの地獄へ落ちたいんだ。彼らを見ているとどうしようもなくどきどきわくわくする。「なんかやれ」って人の悪い笑みを浮かべて見ていると、やつらはその上を行く人の悪さで返してくる。ときどき全部ぶっ壊して殺してくれ、こんな風にあなたたちを愛してしまってアホ面下げてテレビなんか見ているあたしを哂ってくれって思う。なのに、ヒロトの演奏最後の微笑みは、悪魔みたいにかわいかった。ヤロウ、楽しんでやがる。全く、最悪だ。最低だ。最高に。

週刊文春に近田春夫さんのクロマニヨンズ評が載っていた。最近、雑誌まで「原始的ロックンロール」とか「クロマニヨンズワールド」とかわけのわからん言葉で誤魔化す彼らの音楽について、近田さんはわりに本音(たぶん彼もクロマニヨンズに対して一種の「不安定感」「居心地の悪さ」みたいなものは感じているのだと思うのだ)で真正面から自分の言葉で論じていてくれたことは嬉しかった。
その言葉が蘇る。「40過ぎてガキみたいな音楽をやっていて」「聴くものを不安にさせる」。つまり不気味。全くだ。不気味な大人だよ、ヒロトもマーシーも。理解できない。理解できないものは同じ大人としては怖い。だから排斥したがる。それでいい。このまま彼らは行くんだろう。楽しくなくなったらやめるに違いない。それでいい。

胸がやたらに騒ぐ。ハイとローを行き交う。全く、全然「今日は最高」じゃねえ。なのに心底、惚れている。君たちのキスは、いつもギリギリのキスすぎるんだ。ガガンガン。愛しているぜぇ。こんなこと、書くほうが野暮だと言われるかな? でもかっこいいで済ましたくはないんだ。私は、こういう風にしか彼らを語れない。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/4-adb8053d

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。