ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その船の行き着いた場所



今月もやっちゃうよ!

とある聖夜の甲本浩人
とある年始の甲本真島
とある睦月の甲本浩人
とある大寒の甲本真島
とある立春の真島昌利
とある猫の日の甲本真島
とある誕生日の甲本浩人
とある発情期の真島昌利
とある皐月の甲本浩人

に続く、第10弾。いつも最新作を書き終えるたびに「もうこれでやめよう」と弱気に思うのですが、そのたびに「とあるシリーズが好きです」なんて言葉を頂いちゃったりして、まんまとのせられている俺だ。……大好きなんだな、たとえそれが想像でも、もっと悪くて妄想だったとしても、彼らを描写し、こうして文章におこすのが、やっぱり大好きです! 宮沢りえちゃんよりすきです!





もしも君が私たちの新居に遊びに来たいなら、あの、ちょっと古めかしい造りの駅の、南口改札に降りてね。

駅前はロータリーで、右側にスーパーマーケットがある。24時間営業なのが便利だからたいていここで日常の買物を済ませてしまうけれど、甲本ヒロトの常食であるビーンズは、このスーパーでは缶詰の安いやつしか扱ってくれていないので、私はいつも会社の側にあるショッピングモールでまとめ買いしている。
ロータリーから伸びる広い道路は通称「大橋通り」といって、その名の通り大きな橋に通じている。まだ、その橋まで散歩に行ったことはないけれど、近いうちに行ってみるつもりだ。そんなに広くはないものの、芝生をひいた土手が続いているそうだ。拾ったダンボールで滑り降りたら楽しいかもしれない。
大橋通りに沿って歩いていくと、左手に喫茶店がある。小さいがオープンカフェになっていて、その席でなら甲本ヒロトと真島昌利も一緒にお茶を飲むことができる。ここの紅茶についてくるクッキーは、なかなかおいしい。甘いものをそんなに食べない真島昌利も好きでよく食べる。ねこ舌だからお茶を飲むのはゆっくりで、そういうのんびりした時間を持つことが、嬉しい。

大橋通りと交差するのが木犀通りだ。これも通称で、ほんとうの名前があるはずだけれど、町の人はみな「木犀通り」と言えばわかるので、正式名称は私もよく知らない。駅前から真っ直ぐきて、最初にぶつかる通りだし、大橋通りほどではないけれど、木犀通りもまあまあ広い道だから、きっと迷うことはない、大丈夫だ。大橋通りと木犀通りがぶつかるこの交差点を右折する。角には銀行がある。銀行の横に目につく木があって、もしかしたらそれが金木犀なのかもしれないと思う。秋が来るのが少し楽しみだ。そこからは、道なりに木犀通りを歩く。

駅前の賑やかな雰囲気が、あの交差点のところで少し落ち着いたのがわかるだろうか。木犀通りには古い家屋も多い。何もかもが新しくて、活気があって、どんどん変化していく町よりも、私はこんなふうに少し伝統を残している町に親近感を感じる。寂れた塀からはみ出して伸びる木の先に次々指で触れながら散歩をするのが、甲本ヒロトは好きだ。家々の間を縫うように細い路地が蜘蛛の巣のように広がっているので、散歩のたびに、新しい道を見つけて自分たちの町の地図を作っている。真島昌利はのらねこの集まる場所に詳しくなってそこへ行きたがり、甲本ヒロトはドミノみたいに建ち並ぶアパートの間を、日曜日の夕暮れに早めの風呂を使っている家の湯気の気配を嗅ぎながら歩くのが楽しいようだ。時々、カレーライスの匂いが私たちの背中を追いかけてきて、捕まえる。声を潜めて笑ってしまう。そういう日は私たちの夕食も、カレーライスになることが多い。真島昌利は無言で口をまだもごもご動かしたまま、おかわりを要求する。

ゆっくり歩いて、3つ目の角。道路を挟んで目の前がコンビニエンス・ストアで便利だけれど、甲本ヒロトがきまってお菓子をねだるのでよくない。そんな場所にある7階建てのマンションが私たちの住む部屋だ。ちょっと待って、まだマンションに入ってこないで欲しいんだ。木犀通りをもう少し先へ進んで、今ではかなり水量の少なくなった河にかかる小さな橋を超えたところが、だるま通り商店街。すぐ裏手に4年に一度大祭をやるという地元では信仰を集めている神社があって、昔から活気のある通りだという。いまは往年ほどの賑わいはないが、それでも駅前のスーパーに負けずおとらずで勝負する専門店が軒を連ね、人々は気軽に挨拶しあって、ここで買物をするのはなかなか楽しい。商店街の真ん中くらいにある肉屋さんのコロッケは、週末は早めに行かないと売切れてしまう。商店街のいちばん端っこ、小学校も近い場所にあるいまどき珍しい駄菓子屋さんのくじを、散歩がてら私たちは厳粛な顔で一回ずつひいて、たいてい糸のついた飴や、口に入りきらないほど大きな玉のガムを貰って、手を繋いで部屋まで帰る。ろくに看板も出ていない「オーガスト」という名前の、狭くて急な階段を下りた先にある古本・中古CD・レコード屋には、甲本ヒロトと真島昌利が我先に降りて行ったら、もう1時間は帰ってこない。

この木犀通りをのんびりと歩いていけば、もともと私たちが住んでいた町のほうへ出る。よく遊びに行っていた公園は、元住んでいた町と引っ越してきた町とのちょうど中間くらいにあたるので、生活が落ち着いたら顔を出す約束だ。きっといつものメンバーが集まって、甲本ヒロトと真島昌利に会うのを楽しみにしてくれているに違いない。そのときには、あのおいしいパン屋のメロンパンをたくさん買ってお土産にしていこうと思う。

もしも、君があの駅に降りることがあって、私たちのことを思い出したら、気軽に電話を一本、かけてみて欲しい。

最近、甲本ヒロトと真島昌利は電話に出ることを覚えてしまったので、私たちの部屋で君からの電話が鳴ったら、おそらく電話口に出るのは私ではない。甲本ヒロトか、真島昌利か、どっちが出るかは運任せ。彼らはくすくす笑いながら君が何か喋り出すのを待ってるだろう。驚かないで、どっちかの名前を呼んでやって欲しい。甲本ヒロトも真島昌利も喜ぶからね。

もしも、君があの駅に降りることがあったら、どうぞ遠慮なく、うちまでおいで。散らかし魔たちがいるせいで、あまり片付かない部屋だけれど、私たちは充分幸せに、毎日楽しくやっている。うちまでの道順を覚えたら、なにも持たずにふらりとおいで。

待ち遠しい夏が、雨に隠れてもうそこまでやってきている。夏に似合うロックンロールは、出航したてで段ボールだらけの1LDKのカーテンの帆を揺らめかす。


ね、黄昏を凝らせたビールと、カレーライスを君にご馳走するよ。



コメント

No title

Trrrrr・・・Trrrrr・・・ガチャ
「えーっと今そっちに向かおうと思ったんですけど・・・・・あれ?もしもし?」
『・・・・くすくす』
「・・・ヒロトくん・・・かな?」
『・・・・くすくす』
「ヒロトくん、駅の改札・・・北口であってますか?」
『・・・・・・・』
「南かなぁ?」
『くすくす』
「了解です!途中まで真島くんと着てくれるかな?」
『・・・・・・・』
「途中でアイス買ってあげるから!」
『くっくっくっ くすくす』
「ふふふっじゃぁ、また後でね!」
ガチャ
ツーツーツー

No title

こんにちは!
このシリーズだいすきです!

素敵な町に引っ越たんですね。
町を歩く甲本ヒロトと真島昌利とにあさんの
素敵な絡みも楽しみにしてます(笑)

No title

迷いました。

誰か迎えに来て下さい。

は!油の匂いがする!肉屋さんが近いようです!
できれば、ヒ、ヒロトに迎えに来させて下さい。
迷子の分際で指名だと!?と言わずに...。
コロッケ奢るから....ね?頼んます。

No title

常駐ヒロトスキーくん
どうして南口だってわかってるのに北口に出たの……。方向音痴すぎるよ。

凛華さん
読んでくれてどうもありがとうございます。素敵な町に引っ越せましたよ。凛華さんもお近くまできたら、ぜひ寄って行って下さいね。

全身ブチさん
……迷うわけがない道順なのに。駅から5分なのに。全身ブチさんは、これは行きすぎたんだな。えっとね、甲本ヒロトにまず駅の北口の常駐ヒロトスキーくんを拾ってもらって、それから全身ブチさんを迎えに行くから、ふたりとも動かないでそこで待ってて! 

もう今日は、ふたりともお泊まりだね。甲本ヒロト挟んで、川の字で寝る? 私は真島昌利とあっちで寝るよ。ウフ……。

No title

私も住みたいです。いい物件がないものでしょうか。一度、遊びに伺いたいなあと思いつつ、電話をかける勇気がでません。どちらがでても、あわあわなっちゃう!心臓発作をおこしちゃいそうです。いつか、えいやっと電話をかけるので、迎えにきてくださいね~!お泊りできることを狙ってわざと中途半端な時間に行こうと思ってる卑怯な私です。真島昌利を挟んで、川の字したいです。いやあ、ほんとにすみたくなる素敵な街ですね!うっとりしちゃいました。これからも心待ちに待っております!

No title

とうとうお引っ越しですね。
落ち着かれたらまたあの公園でお会いしましょう。
モモの大好物のメロンパンと甲本ヒロトと真島昌利、
楽しみにしています。

No title

レフュージアさん
物件探しもお付き合いしますから、ぜひ一度遊びに来て下さいね。電話、いつでも大歓迎ですよ! 中途半端な時間に来て取ってつけたように「あ、こんな時間ですね……大変! 帰れないや!」とか呟いて下さい。真島昌利挟んで、一緒に川の字やりましょう!! 朝まで眠れなさそう……。

tokageさん
近々あの公園に顔を出しますから、ぜひ娘さんも一緒にいらしてくださいね! 砂場でまた遊ぶのを、真島昌利も楽しみにしているはずです!

No title

こんばんはー。なんだかごめんなさい、こんな時間にきちゃって・・あ、やだー私ったら!もう終電にまにあわなーい!どうしよう・・チラ・・・。なんてわざとらしい演技を今日ちょっぴり練習しました(照)私、真島昌利の背中にくっついて眠りたい・・・でもきっとまんじりともせずに夜明けをむかえそう・・。自分と戦う今日このごろです。梅雨明けのころに、お伺いしますね!

No title

レフュージアさん
ぜひ泊って行ってくださいね! 梅雨明けのころを楽しみにしています。そして、眠れないならいっそ、みんなで朝まで遊ぼうよ! トランプとかウノとかにハマるのもいいし、人生ゲームで笑うのもいいし……それとも、お客さんの多い家になるなら、wii買っちゃおうかな? 甲本ヒロトや真島昌利がゲームばかりにならないよう、やめたほうがいいかなぁ。

No title

すてきですね~★念のためリゲインのんで伺います!みんなで花札とか・・やってみたいなあ。人生ゲームで波乱万丈な生涯をエンジョイするのもいいですね!ゲームづけ・・・。そんな夢中になってるとこもキュート・・・。うちの真島昌利にも与えてみようかしら・・。キャッ★

No title

レフュージアさん
もしも寝たら顔におひげを書かれますから注意してください! 人生ゲームは、真島昌利があんがい堅実に「サラリーマン人生」を送ったりして、笑わせてくれるんですよね……。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/429-da33eac2

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。