ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柏のチケット/ともだち/ザ・フールズ

先日「先行に落ちた」と騒いでいた柏のチケットですが、確保できました! 心配して下さったみなさま、祈っていますとやさしい言葉をかけて下さったみなさま、ありがとうございました。
柏の先行に落選して、あんなふうに酷く落ち込んでしまった理由は、このライブに合わせて友人が日本に戻ってくるからでした。どうしても彼女と一緒にクロマニヨンズを見たかったのです。海外在住のその友人は、私の同志ともいえる存在です。だから、柏のチケットが確保できて、ほんとうにほっとしました。

彼女はもともと山口冨士夫……しってる? もともと「村八分」っていうバンドのギタリストなんだけど、その人のファンで、日本の初期パンクにすごくくわしい。山口冨士夫さんと交遊のある伊藤耕さんがやってるフールズとか、そういうかなり殺気まみれのライブに足を運んでいた一時期もあるらしい。

それで、以前にフールズの話をしていて「そういえば」と彼女が思い出したことがあった。ちょうど彼女が私の影響でクロマニヨンズを聞きだして、ライブにも連れ出した頃だと思う。彼女の中で、ブルーハーツからのヒロトさんからクロマニヨンズのヒロトさんまで「この人、こういうふうになっていたんだ」って歴史のようなものがきちんと繋がったんだろう。以下は、彼女が私にくれたメール。


「ブルーハーツ時代のヒロト君をフールズのライブでお見かけした事があります。本当に1~2回程度。もちろん、他のお客さんは遠巻きにしていました(わたしも)。耕は歌が下手だが、ヴォーカリストとしては面白いし、元がパンク系のVo.だから、それで来たのかもしれないね。理由はよくわからないんだけど」


私はこれを読んだとき「ああ、ヒロトさんってほんとうにロックンロールに関しては勉強熱心というか、好奇心旺盛なんだな」ってとても嬉しかった。彼女が1~2回見かけたってことは、たぶん、ヒロトさん、けっこうフールズのライブに行ってたんじゃないかしら。周りで遠巻きにして騒がない観客の姿というのも、いかにもフールズのファンらしいし、小さなライブハウスの後ろの方で、たったひとりで立って、彼はやっぱりミーハーに「かっこええなー、フールズは」って目をキラキラさせてじっとステージの上の耕さんたちを見ていたんじゃないかしら、って思うと、今も昔もぜんぜん変わらない、ロックンロールに対する彼の一途な眼差しに、私はすごく胸が熱くなる気がしたんだよ。


ところで変わらないっていえば、その伊藤耕さん……。いまもフールズでライブやってんのかしらって調べてみたらば、いわゆる山口冨士夫で言う「別荘」にお行きになってるようで……。知ってた? ほんと変わんねえな、いまも昔も。

コメント

チケット確保出来て本当によかったですね。
楽しんで来て下さい。

私は、一般でチケット手に入れてライブ行こうかな。
私の影響でクロマニヨンズを好きになった友人と行きたいけど…
友人は行こうか迷ってるみたいで。。理由はやっぱりライブは、本当にヒロトとマーシーが凄く好きな人が行くべきだ。私は行かない方が良いと…
行く権利はないと…

私は、もし坂本龍馬が街を歩いてたら見たいだろ?ファンじゃなくても見たいだろ?それと同じだ!と意味不明な例えをしたけど…

凄くファンじゃないとライブは辛いですかね?
無理には誘わないけど、楽しめると思うけれどな…
個人的な話しですみません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ああ。なんだか、昨年の自分を思い出してしまった。
わたし・・・初めてのクロマニヨンズのライブは「わーい!一回ライブハウスに行ってみたかったんだー。うほー!」
という理由で(最低だ!)友人について行きました・・・すいません(笑)
マーシーもヒロトさんも良く知らないまま行って、(曲だけは聴いて行ったけど)
ずばーんって打ち抜かれ・・・ふわふわしながら家に帰り・・・その後の公演は友人を捨て去り、一人で行きました(笑)
人それぞれとは思いますが、私の場合は超初心者状態で行って、
すごく楽しかったですよー。むふふ・・・(思い出し笑い)

柏のチケットを無事に入手されて、良かったですね。大切な友人と一緒に聴くクロマニヨンズは、間違いなく格別だと思います。思う存分、楽しんできて下さい☆ところで私、にあさんならきっと大丈夫と確信し、全く心配もしてませんでした。どうか、薄情者!と責めないで下さいね。

ライブハウスに佇むヒロト君かぁ‥‥ステージに向けられた真っ直ぐな視線、想像するだけで胸がキュンとします。昨年発売された「Talking Rock!」ではユーミンの歌詞を紛れ込ませていたし、ロックンロールは勿論のこと、音楽を愛しているのでしょうね。「冬の苗場に30年間君臨している女王様」にお仕えし続けている身としては、この記事は特にお気に入りなのです。
余談ですが、女王様にも「紙ヒコーキ」という曲があります。このロックな字面!!たぶんマーシーは、「先を越された‥‥」と苦笑いしたはずです。ちなみに私は、どちらの「かみひこうき」も大好きですよ。

それにしても、ここは色々と勉強になりますね。答合わせをしたら、想像通りの「別荘」でした(^-^;

取り急ぎ、コメント非公開の方へ。
申しわけないです。
誤解を与えるといけないので、当該部分を削除しました。指摘して下さってありがとう。あなたもきっと、冨士夫さんがとても好きなのでしょうね! はやく彼の活動が始まるといいですね!

花さん さん
行く権利! たかがロックンロールに「権利」!? 
どうも相談されているようなのでお答えするなら、花さん さん、そのお友達はね、そんなにクロマニヨンズが好きではないのですよ。ヒロトさんとマーシーは、その人の中で坂本龍馬に例えられるほど大きな存在ではないのです。ライブも別に行きたくないんだけど、物凄くストレートに「行きたくない」って言ったら、花さん さんが傷つくかもしれないから、すごーく遠まわしに拒否しているんです。お友達はとっても優しい人だと私は思いますよ。
自分にとっていいものが、他の人にとってもいいものであったら、世界はずいぶん単純で、楽しいと思います。でもそうじゃないから、私もまたここで同志を求めて叫んでいるんですよ。

ぷにすけさん
ヒロトさんやマーシーと縁がある人というのは、やっぱりそうやって「わーい」ってとりあえず行ってみた、っていう人だと思うんですよね。結局ライブの最中はひとりですし、私の見ているマーシーは私だけのものなので、自分が楽しめなければどうしようもないんですよ。私もひとりで行くライブが結構好きです。

サフィレットさん
薄情者!(笑) うそです。「なんかよくわかんないけどきっとあの人は大丈夫」っていう信頼を人に抱いてもらえることほど嬉しいことってないですね。

ヒロトさんって音楽全般に対してとても真摯な眼差しを持っていますよね。どんな音楽にもきっと偏見を持たずに、好きなものはぜんぶ楽しく聞いているんだろうなあと思います。
サフィレットさん、ユーミンのライブにも通っていらっしゃるんですね! 女王様の「紙ヒコーキ」は「風のきらめき はねにたたんで」がいいですよね~。紙飛行機は、どこか詩人の気持ちを刺激する遊具なのかもしれませんね。

「別荘」……想像どおりでしたか……フールズのほうのHPには「旅中」って書いてありました……。

柏当選おめでとうございます!大事なチケットが確保できて一安心ですね。
わたしもツアー初日のチケットゲットいたしました!一安心です。これでマーシーに会える!!!

村八分、かっこええですよね。好きです。
わたしもヒロトさんみたいに素直に音楽聞けてるかなあとたまに思います。
素直になりすぎて何でもかんでもかっこよく思えちゃうと、レコードで家がつぶれそうになってしまうのでしょうか・・・
それもまた面白いですけどね笑

か さん
そちらこそ渋谷のチケットゲットおめでとう! これでお互い、マーシーに会える!!!!!!(!の数、負けねえ)

村八分、いま聞いてもまったく古びない存在感なのがほんとうにすごい。いまだにファンになり続けている人がいると思うのですよ。
私も「あ、いいな」って思うとジャンルかまわず手を出して聞くほうだけれど、まだまだレコードで家がつぶれるほどにはならないからきっと大丈夫だよね! かちゃんも、かっこいいな~って思うものは素直に聞くのがいいと思うよ。ロックでもジャズでもクラシックでも、カッコいいものはやっぱりカッコいい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。