ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ozzy Osbourne・2010/10/13・東京国際フォーラムホールA

ずっと心配だったんだ。もしかしたら自分はもう、オジー・オズボーンは観られないんじゃないかって。だから、今回、ラウドパークの前に彼の単独公演が決まって本当に嬉しかった。すぐにチケットを買って、それからまた心配ばっかりしていた。平日だけど、ちゃんと行けるんだろうか? いつかのときのように、直前になって公演キャンセルになったらどうしよう? もしもオジーがほんとにライブをやってくれるとしても、声が出てなかったりして、観ないほうがかえって良かったんじゃ、みたいな痛ましい気持ちになったりしないだろうか? 新しいギタリストのガス・Gと、歴代のオジーバンドのギタリストを、ついつい比べて「前のギタリストのほうがよかったなあ」とか思っちゃったりしないだろうか? もし、80分くらいでさっさとライブ終わっちゃっても、楽しかったって胸を張って言えるんだろうか、私。だいたいオジーのライブってどんな人が来るんだろう。……ゴスロリ?

いろんな不安や心配を撒き散らしつつ、実際にホールに足を運んだなら。

客電もまだ落ちてないのに、さっそく会場に響いてきたいたずらっぽい「ワーッハハハ」といういかにもなオジーの笑い声。

それを聴いた瞬間に、不安や心配がパチンパチンとひび割れて、新しい言葉が黒い縁取りの大きい字で、胸の中に浮かぶのを感じたよ。


杞憂!

黒い長いジャケットを着て、両手を広げたオジー・オズボーンはステージの真ん中に立っていて。
ずいぶん長くライブを見たあとで、私は彼が背の高くない人だということに気づいたのだけれど、最初に生身のオジーを観たときは、不思議なことに大きく見えた。アンガス・ヤングにもおんなじことを感じたな、と思う。オアシスのノエルにも。私の好きなロックンローラーには背の低い人が多い。でも、ステージに立つとでっかく見える。そういう力が彼らにはあって、そして、例外なくそういうやつらのライブは、サイコーなのだ。

……誰だよ、オジーがもう歌えないんじゃないかって、変な心配をしてたやつ。あ、私か。そんな心配は、まさに杞憂。そして、オジー・オズボーンのライブっていったいどんなノリなんだろう、死ねとかもう帰れとかステージから罵声を浴びせられるんだろうか、とブルブル震えていたのもまったくの杞憂。オジー・オズボーン一家の生活を描いたドラマ「オズボーンズ」を見ても、確かに滅茶苦茶だけれどどこか憎めないキャラクターであるオジー、そのまんまのキャラクターで観客をあおり、先導して曲に合わせて手拍子でリズムを取り、歓声が少ないぞ、というしぐさで耳に手を当て首をひねって見せ、そのいちいちの動きになんだかひどく愛嬌がある。オジーの年齢から考えると驚異的なスピードで畳み掛けるように歌っていったステージ、最後のほうの「NO MORE TEARS」あたりでは確かに少し声が苦しそうではあったけれど、動きも歌も鈍ることなく「ワン、モア、ソング」とアンコールが3回、2時間超の圧倒的なライブ。最後のアンコールはオジーの好意だったんじゃないかな、バンドがビックリして袖から戻ってきたように見えたよ。……誰だよ、オジーはもう年だから、1時間半ライブやるのはきついだろうって思ってたやつ。ああ、そんなこと思ってて、ほんとうにごめんなさい……。
オジー恒例のバケツでの水撒きも絶好調、いちばん前でステージに背を向けて立っている警備員さんがなぜか3度ほどオジーの標的になり、頭から水をぶっ掛けられて、最初はスーツの上着を脱ぎ捨ててキレかけていたようなのですが、3度目のぶっ掛けのときには自ら手を振り上げてアピール、その後オジーもステージから手を伸ばしてその警備員さんと握手、無事に「和解」していました。この辺のやり取りが見ていてすごく面白かった。オジー・オズボーンって、その手の動きや体の動作だけで自分の感情を相手に伝える術に長けた、非常にスマートで、なおかつチャーミングな人なのだな、と感心した。

また、オジーがステージからはけたときに繰り広げられた、ギターソロ、ドラムソロがものすごかった。ギターのガス・Gが不安だなんて言ったやつは前に出て来い。まさにマシンガンの爆撃のような、気の遠くなるほど連なるトリル。そしてドラムソロも、なんて音が豊かなんだろう。最初は手拍子でリズムを取っていたんだけど、途中から余りに早すぎて追いきれなくなり、あとは圧倒的に繰り出されるリズムの波にただじっと身をゆだねていたよ。キーボード(時々ギタリスト、多才!)も格好良かったし、ベースもよく動き、魅せる! 弾き方のできる人で、ステージの上を縦横無尽、端っこのほうに行ったときにはそのへんの観客に向けてリズムを手拍子して見せていて、演奏陣も全員、巧い上にそれぞれキャラクターが立っていて、オジーが楽しんでライブをやっているのがとてもよくわかる編成で、嬉しかったな。
ガス・Gのギターソロが始まるとき、最初の音が飛行機雲みたいに観客の上をキューーンと飛んでいくのを見た気がして、あっ、と後ろに飛び去っていくその音を見上げたら、オジーもまるで同じように上空を見上げていて、金色に尾を引くガス・Gのギターの音色を、オジーと一緒に見たのだなあ、と思ったよ。ギターにもいろんな音色があるもので、ガス・Gのギターは私には流線型のメタリック・ゴールドのように見えたんだよ。

オジー・オズボーンは「次はブラック・サバスの曲だぜ」と言って、昔のバンドの曲もいまだにやってくれるのがいいな。やっぱり、観客が何を期待しているのかよくわかっている人だと思う。私はブラック・サバスもオジー・オズボーンになってからの曲も、CDで聞くと全部同じように聞こえる気がして、いままで特別に好きというわけではなかったのだけれど、ライブで聞くと、オジーとの応酬があったり、手拍子打ったり、叫んでたりするから、当然だけどぜんぜん違うな。あれぇ、この曲はこんなにファンキーでノリがいい歌だったっけ?! こんなに素敵な曲、あったっけ?! と驚かされることが多くて、もう一度ブラック・サバスもオジー・オズボーンもCD探してちゃんと聞かなきゃ! と思ったよ。

もしも今週末に開催されるラウドパークに行こうか迷っている人がいるなら、行ったほうがいい。オジー・オズボーンのライブは、とにかく楽しいぜ! 不安や心配がぜんぶ丸ごと、杞憂になって、そのあとで喜びに変わって体が勝手に跳ねるくらい、楽しいぜ! 

なにより嬉しかったのは、オジー・オズボーンがまだまだ元気で若いこと。もしかしたら、これが最後の来日ではなかろうか、と思っていたのだが、それも杞憂に終わった。何年かあと、もう一度くらい、私は日本でオジーを見られるのではなかろうか。そのときも、待ってるぜ、オジー・オズボーン! ステージで背を向けたときの、シャツの背中にきらめく翼のモチーフを私は忘れない。あんたはほんとに、最高にカッコいい魔王だ! 


セットリスト
Bark at the Moon
Let Me Hear You Scream
Mr. Crowley
I Don't Know
Fairies Wear Boots (Black Sabbath)
Suicide Solution
Road To Nowhere
War Pigs (Black Sabbath)
Fire in the Sky
Shot in the Dark
Rat Salad (Black Sabbath)/Guitar and Drum solos
Iron Man (Black Sabbath)
Killer of Giants
Flying High Again
I Don't Want to Change the World
Crazy Train

Encore:
Mama, I'm Coming Home
Paranoid (Black Sabbath)
No More Tears
Into the Void (Black Sabbath)

コメント

魔界への入り口

いつもこういった外国のアーティストが来日すると、いいなーいいなー行きたかったなぁーと指をくわえて羨ましがって終るんですが・・・。
ふふふっーわたくしも昨夜、魔界から地上に上がってきたOzzyに会いに行ったよ!!

ヨロヨロでスタッフに抱えられて1時間強がんばって歌うのかと思ったら、ぴょんぴょん跳ねててバリバリ元気!
ギターもベースもドラムもキーボードも演奏がかっこよかったけど、えろかった。えろ奏。
最後もてっきりOzzyは「アンコールなんかないよっ!バァーカ!」って帰るのかと思いきや、アンコールが多くてびっくりした。
チャーミングで盛り上げ上手!あの人は本当のエンターテイナー!

すっかりファンになりました。Ozzyまた日本に着てくれ~!
"I can't f****n' hear you!!" が耳に残ってます。

こんばんは。
オジーさんのライブ見たんですね。
良いですね…
家にオジーさんのシールが二枚もあります。親が変な目でシール見てたな

前は、クロマニヨンズのライブの質問に答えていただきありがとうございました。
友人は翌日、マーシーの新曲がよかったら行ってもいいかも…と言ってきました。マーシー…頼むぞ!

こんばんは!深夜にのっそり登場です。

オジー、かっこいいです……
にあさんのライブレポはライブの情景がくっきりと浮かび上がるように想像できてとても興奮します。
記事を読んでいて彼にドキドキしてしまいました。

ところでやっぱり、
ステージの上の人はステージでは大きく見えるものなのでしょうか。
何故なのですかね、圧倒的な存在感を感じるからでしょうか?

オジー熱

強烈なものを見たり体験したりするとすぐに熱を出すのですが、昨夜、高熱を出しました。……遠足が楽しかった子供みたいです。

常駐ヒロトスキー君
きみは熱は出さなかったのかい? 楽しかったね、あんなに楽しいとは思わなかったよ、オジー・オズボーン。真っ白いお尻は出してみせたり「オーレー、オレオレオレー♪」って歌ってみせたり、存在自体がキュートだったね。そういうところ、ちょっと某原人バンドのボーカルさんに似ているよ。

花さん さん
ギターソロやドラムソロも堪能できたので「行ってよかったー!!」って思えるライブでした。良かったです。
それより、お友達は私が思っていたよりもクロマニヨンズに興味がありそうじゃないですか? もう、マーシーの曲はどんな曲でもぜんぶいい曲だって洗脳して、連れてっちゃいなよ。

凛華さん
深夜にのっそりコメントをありがとう!
オジー、かっこよかったです。私も彼にほんとにドキドキしましたよ~。

ステージの上が似合う人、というのがいるのかもしれませんね。圧倒的な存在感。もしかしたらヒロトさんやマーシーも、自分の好きなロックンローラーを観に行ったときは「でかいなあ! カッケーなあ!」って思うのでしょうか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。