ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間の爆発(フラワーカンパニーズ/The ピーズ)恵比寿LIQUIDROOM 2010/10/26

このところ近隣のブログでいやに「フラカン」「フラカン」と謎の言葉がささやかれておって、その「フラカン」つーもののためにあのブログとあのブログがなんだか楽しそうにしていたり、あの人とあの人が「今度ライブ一緒に行くんですよ、ウフフ」なんて言ってたりすると、こっちはなーんか取り残された気がしてつまんねえ。ちょっと待ちねえ、いったいなんなんだよ、そのフラカンってやつは、そんなにおもしれえもんなのかい、って首突っ込んでみることにしたら、あっという間に恵比寿リキッドルーム、と。周囲の好き者たちに寄ってたかってフラカン知識を叩き込まれたため、キャトルミューティレーションされたみたいに、フラワーカンパニーズというバンドのメンバーの名前からちょっとしたプロフィール、ライブでやりそうな曲まで一通り、ばっちり洗脳済みの小生であったよ。
「フラカンのワンマンライブも12月に渋谷AXであるんですけど私のお勧めは10月の恵比寿リキッドルームでやるThe ピーズとの対バンです。まずそれに行ってから、改めてフラカンのワンマンに来てもいいし☆ 12月は同じ週にクロマニヨンズがありますから、まあ飛び石の渋谷AX・3デイズと思って頂ければ☆」
と「飛び石の3デイズ」というわけのわからん理屈で、勝手に未来の予定まで決定してくれた「自己満足からはじめよう」のnemuriさんが今回の先導者。みなまで言わずともお分かりでしょうが、nemuriさんとがっちり手を組んでいるのが「トカゲgallery」のトカゲさん。
「いいか、今回のフラカンは、ドラムのミスター小西が骨折で休養中で、助っ人にザ・バースディのキュウちゃんが入ってるから、あれがフラカンと思うな。でもレアなフラカンだし、キュウちゃんもよく見て来い」
トカゲさんからは、初心者には難しいんじゃないかと思える命令を出されて、いざ出陣。ビール2杯飲んで、ほどよく回ってきたところで
「じゃあ、とりあえずギター側に突っ込みますか!」
nemuriさんのその言葉をきっかけに、暴れるぜ! 完全アウェイ、フラワーカンパニーズ&The ピーズ!

恵比寿リキッドルームはフロアが横に広めで好きだ。nemuriさんとギター側、2~3列目で開演を待つ。nemuriさん曰く「モッシュもダイブもない」ということで、周囲を見回してみれば、なるほど、女の子の姿のほうが圧倒的に多く、上着や鞄を抱えたままの姿も多数。クロマニヨンズと比べるとちょっとのんびりして、それなりにお洒落な子もいそうな雰囲気だ。トカゲさんに「マーシー側に陣取りましたよ」とメールを書いていたら、横で覗きこんだnemuriさんが「アビさん(The ピーズのギタリスト)側だよ!」と。それも書いて送ると、トカゲさんから「バカ! 竹安(フラカンのギタリスト)側だよ!」と的確な突っ込みが返ってきたよ。

最初にごあいさつでフラカンのメンバーさん達がステージに出てきて、The ピーズの紹介と呼び込みをしたんですが、私はフラカンさんを生で観るのが初めてで顔がわからなかったうえ、フラカンさん方もものすごい普通にステージの端からとことこ歩いて出てきたので「あ、またスタッフの人がうろうろしている」と思って、周囲の「キャーけいすけー!(フラカンさんのボーカルの名前)」にまんまと乗り遅れました。

フラカンさんのご紹介で始まったThe ピーズのギターのアビさんがカッコよかったです。The ピーズは3ピースバンドなんですが、ギターが重く太いカッティングを刻むし、派手にステージを動き回るので舞台映えします。ギタリストとしては珍しいごつい手と指で、塗装のはげたしぶいストラトを抱えるアビさんは、まさに 職 人 。ナタかなんか振りおろすみたいにためらわずザクっ! と行く右手の振りおろし方がすごくきれい。ギターのネックにぴたりと沿った小指が2フレット先の1弦を押さえる手の形があまりにかっこよくて、ぞくぞくしました。わりとスタンダードなロックンロールをきっちりと決めるバンドなんですが、CDで聞くよりずっとずっと良かった。「頑張って原曲キーで」とフラカンに敬意を表してコピーしていた「発熱の男」も良かったなあ~。最後の曲は竹安くんが出てきて、アビさんと共演、向かい合って繰りだすギターの弾丸が熱かった!

いったん幕が下りて、セットチェンジ後、フラカンのステージ。私はフラカンの「脳内百景」という歌が好きで、ギターどうやって弾いてるか知りたいから、やってくれないかな~、なんてnemuriさんに話していたら、その曲を最初にやったのでとてもうれしかったです。えらいカッティングするんだなあ。ついて行けないからスコア欲しいなあ。
あ、これから先のセットリストは私では不確実極まりないので、みんな、The ピーズのセットリストともども、nemuriさんのブログで確認しようね!

フラカンのボーカルのけいすけさん、なんかこじんまりしてて、お目目がくりくりで落ち着きがなくて、やだ! かわいい! ステージ正面に出てきて、胸を張ってるところなんて、あの……岩の上で敵が来ないか見張ってるかわいい獣がいるじゃないですか……プレーリードッグか! アレに似てます。
ギターソロのときは前に出てくればいいものを、そーっとドラムのほうに寄って行くから「あら、下手なのかしら」と思うと涼しい顔してすごいフレーズをボロボロのSGから叩きだしているギタリストが竹安君ですね、黒ぶち眼鏡で留年を繰り返した大学生みたいな風貌です。
私からは反対側に、中日ドラゴンズのユニフォームを着た細長い感じの切れ長の目のベーシストがいて、客席を見てはニコニコ、ベースを弾いてはニコニコ、とにかく楽しそうなこの人がグレートさん。私は……自分でもびっくりなのですが……フラカンで誰がいちばん好きか、と聞かれたらまさかの彼です。自分では観に行く前から「ぜったい竹安がカッコいいとか思っちゃうんだろうな~私、ギタリスト好きだからな~」と思っていたのですが、グ レ ー ト が カ ッ コ い い で す 。
ドラムが今回助っ人で参加の「ミスター―ーァァァァァ、ク~ハラ~♪」ですね。「ミスター・ムーンライト」の替え歌で、けいすけさんが歌っていました。ミスター・クハラが言いにくいからミスター・キュウにしようか(くはらさんの愛称はキュウちゃんだそうです)なんて言う話もステージ上で交わされていましたよ。ミスター・クハラはやや硬い表情で、真剣にリズムと向き合っている様子でしたが、私にはとてもタイトで重い、素敵なドラムに思えました。でも、やっぱり助っ人だからキュウちゃんはすごく緊張していただろうし、フラカンのドラムであるミスター小西さんが戻ってきたら、フラカン全体のノリもまた感じが少し変わるのだろうなあ。

フラカンはけいすけさんのMCが長くて面白いことも有名だそうなのですが、この日もメンバーの骨がどんどん折れていく話だとか(小西さんに続いてけいすけさんもろっ骨が折れたそうですが、折れても全然平気だそうです)厄年なのに厄除けに行かないからだとか、じゃあ明日か明後日、初詣に行ってこようかだとか、グレートさんが主に突っ込みに回って続いて行くとめどないけいすけさんのMCには、確かにケラケラ笑ってしまいました。なんか、ところどころせこい金の話を始めてみたり、やたら「ねっ?! わかるでしょ?」と押しつけがましく客席に同意を求めたりするあたりがケイスケクォリティ? でも全部の話が生き生きとユーモア交じりに話されて、憎めない感じなので、けいすけさんは、これは愛されキャラだろうな、と思いました。くりくりお目目の、ほっとけない! モテかわ愛され男子☆……。けいすけさんとグレートさんがキャッキャと話している間、竹安さんは静かにギターのコードを手遊びで押さえていたりしていてなにやらクール。でも、歌が始まると、竹安さんはものすごくけいすけを見すぎている気がするのですが、あれはなに? ほとんど客席とか見ないで、どうしてけいすけを追いかけているの? ほんとは好きなの? 竹安くん、ツンデレ? 竹安氏はあんまりコーラスもしない方のようですが「元少年の歌」という曲の「おとなだってさみしいぜ」という歌詞のところだけ、いつもけいすけさんの歌をなぞるように口が動いていて、ああ、この部分が好きなのかもしれないなぁ、と思って見ていました。普段歌わないギタリストさんが歌うのって、すごく気になるし、そういうところで妙に感動しちゃう性質なんですね、私は。

フラカンの歌って少し粘るように暗くて、悪い夢みたいなところもあって、これってライブだとどうなるんだろう、と思っていたんだけど、ライブはほんとに楽しいね! 歌も暗いところはあるけれど、悪意はあんまりない気がする。そして、すごく親しみが持てる。この親しみが持てるあたりがフラカンの魅力だと思う。いろんな人に愛されてんだな。その証拠に、アンコールの「真冬の盆踊り」のときにとつぜんThe ピーズの3人が、足を骨折した小西コスプレ(小西さんはステージ衣装がいつもツナギだそうなのですが、The ピーズの皆さんもちゃんと赤・青・黄のツナギ)で登場、おまけに、なんかもうひとり、竹安君みたいな人が舞台に出てきたと思ったら「松葉づえが一本余ったということで、後ろで観てたらいきなり出ろと言われた」YO-KINGでした! けいすけも笑い転げてThe ピーズの兄さんたちに「赤レンジャー?」とか「シブがき隊? だれがもっくん?」などと乗っていて、すごいいい雰囲気。リハビリでバタ足をしているという小西さんをみんなですごくすごく待ちつつ、それをネタにして敢然と笑いに還元してしまうやり方には、フラカンに対する愛を感じました。こういうの、いいね。すごくいい。この大騒ぎのアンコール後、もう一度出てきたフラカンメンバーは「さよならBABY」をうたい上げてくれて、ライブ終了。

nemuriさんにはライブの後で「次は12月ですから!」って爽やかな笑顔で言われたよ。フラカンはもうすぐニューアルバムが出るそうなので、ああ、確かに新曲たくさん、フルメンバーのフラカンで聞いてみたいかも……っていうか、グレート! グレートがカッコいいから、今度はグレート側で観たいかも!

「きょうは寒いのにこんなところに来てくれて、電車賃もかかるし、その時間の間のバイト代もなしで、ね?! みんなバイト休んできてくれてるんだもんね?! しかもチケット代だってかかるのに、こんなところに来たらきっと風邪だって引いて、みんな病院代だってかかって、点滴代もかかったりして、それなのにこんなにたくさん集まってくれて、おれはなんて幸せ者なんだろう…… アーユーハッピー?!

と、アンコールのMCで叫んで、すかさずグレートに「ハッピーなのはお前だ」と突っ込まれていたけいすけさんが、すごく素敵に見えました。帰り際にnemuriさんに「なんかけいすけがちょっと可愛いような気がしてきたんですけど」って言ったら「でしょ? フフフ……」って笑われました。どこかで何か、新たな陰謀が動き出しているような気がしてなりません。

コメント

こんにちはー

フラカン観に行ったんですか、いいなあいいなあ!!

けいすけくん……プレーリードッグみたいでしたか?(笑)
確かに彼は本当にかわいい方だと思います。
すぐムキになって子供みたいなところも可愛くて好きですー

因みにあたしは、今お休み中のミスター小西さんがだいすきです!!
大好物はハンバーグだそうで一緒にハンバーグを食べたいとも思っています。

でもやはりけいすけくんも好きです、ああ悩む……

こんばんはぁ
にあさんのレポ見たらフラワーカンパニーズもピーズも聴いてみたくなりやした!
すんごい楽しそう。
あんまり知識がないバンドのライブにしゅらしゅらっと言ってゆらゆらして帰ってくるのもたまには良いですよね!

よい寺を手に入れた

とうとうこの大本山を手に入れた。Nemuriさんとの草の根活動、福岡RockDazeの夜のマツコさんとの布教活動が、やっと実を結んだんだな。
これからも布教活動に精を出したまえ、masimania上人。
あと、「けいすけ」って平仮名表記なの、現在では私くらいで、一般的には圭介ですからね。他の方も誤解のないように。
私の大事なあの人と差別化するために、昔の平仮名表記にしてるんだよ。ケイスケって片仮名表記にしたらもっとだめですよ。

それにしても、
ピーズ発熱の男、口笛放浪記、ミスター・クハラ、ピーズ&YO-KINGレンジャー、
私の知らない新曲たち…いいなあああああああ!!!
今、マジでフラカンファンは小西の件でナーバスなんだけど、
ピーズ兄さんたちにああいう風に笑い飛ばしてもらえるとホッとする。
ぜひまた小西を見に行ってください。小西のドラムの半分は優しさでできてるから。

そーっとキュウちゃんとこにいる竹安、けいすけばかり見てる竹安、いいところに目をつけましたね。
基本はステージしか見てないです。あの中年大学生は。
昨日はあまり吼えなかったらしいですが、
ステージ端まで来て、「俺様のプレイを見よ!」と傲慢に客の頭の上にネック振り回したりしますよ。ぜひまた見てください。
それと、キュウちゃん→竹安←サンコン 疑惑があります。(私が言ってるだけ)

けいすけが「モテかわ愛され男子」に見えましたか…
グレートが「細長い感じの切れ長の目のベーシスト」に見えましたか…
厳しい生え際とか、裸オーバーオールとか、なんかまだ未体験みたいだから、
うん…とにかく、もう一度見てください。
12月はSHIBIYA-AXばっか行ってください。

二度とこんな長いコメントしないZE。
さよならBABY!

にあさん、フラカンライブデビューですかぁ‥‥まったくうらやましい限りです!しかもnemuriさんのご教授つきなんて‥‥ますますうらやましい!!
私は「飛び石・AX3days」に参戦です。(←これって連動企画ですよね!?)目下初フラカンに向けて、地道にCDを聴いています。救いようのない状況の中でも、必ず前を向いている‥‥圭介さんの詞からは、そんなしぶとさを感じます。同世代の私には、妙に魂に響く世界観なのですよ。ギターのことなんて無知の私でさえ、ただならぬ迫力を感じさせる演奏だし、四人揃った時の起爆力は凄そうだし、とにかく愛され方がハンパじゃないし、もはや気になって仕方ないバンドになりました(^-^;
未だ見ぬフラカン‥‥にあさんのレポで更に妄想が膨らんでおります。楽しみだなぁ~。待ち遠しいなぁ~。どんなに期待しても、それ以上に応えてくれるはず!結成21年の底力は凄いぞ!!

では12月4日、AXでお会いしましょう(*^^*)

凛華さん
けいすけさんはプレーリードッグみたいでした。あれはかなり落ち着きのない人ですね。凛華さんが好きだと言う小西さんはまだ見ぬ人なので、またそのうちにライブを観に行くことがあったら、そのときにはよく見つめてきたいと思います。
グレートさんがぜったいいちばんかっこいいと思うんだけど……あれっ?!

か さん
誘われてしゅらしゅしゅっと身軽について行っちゃうのも、人と時をきちんと選べば悪くないもんだね。いろんなバンドがあって、いろんな音楽があるから、できれば食わず嫌いせずに貪欲に摂取していきたいよな。フラカンもピーズもほんとにかっこよくて、今回は「行ってよかったー!」ってライブを満喫できました!

tokageさん
申し訳ないですが、まだまだ猿(特に邪眼バンダナ)に傾いております。勝手に上人に仕立てるのやめてください。
でもグレートさんがほんとに格好良かったよ。いつもは裸オーバーオールって聞いて、それを見るためにもう一度ライブ行ってもいいかもって思ったくらいかっこいいよ!
しかし、フラカンの話になると饒舌ですね。クロマニヨンズの話題でもぜひこのような長文コメントを期待しております。

サフィレットさん
遂にフラカン☆デビューですよ! 今回は先導者がよかったので、楽しいライブデビューになりました。サフィレットさんはAXでデビューですね、そのときにはきっと4人揃ったフラカンを体験できることでしょう。
それにしてもほんとに愛されてるバンドだな、フラカンは……。フラカンを語る人の口調はみな、自分にとってすごく大事なことを語っているためについつい口数が多くなってしまう、と言った様子で、微笑ましいです。


えっと……あれっ、私、いつの間にか12月4日に参加決定なんですかね……? 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。