ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューアルバム「「Oi! Um bobo」考

相変わらず何の需要があるのだかさっぱりわからないのに去年もやっているニューアルバム感想を書こうかな、という次第。

そうだ! 長々お待たせした「作詩作曲予想大会」では全曲予想的中者がいましたね! 公開コメントで予想を書いてくれた方ではただひとり、あんこさん! スバラシイ!! みんな拍手だ! 

CD特典映像のライブがまたみんな楽しそうなこと。ツアーが楽しみになりますね。「可愛い」とか「何だあの小芝居」と話題沸騰の「動物園でクロマニヨンズ」も、その発想もそれぞれの場面も好きです。


……じゃあ、やろっか。

1.オートバイと皮ジャンパーとカレー  作詩作曲・真島昌利
1曲目にこうして聞くとまたしっくりきますね。アルバムラスト曲である「南南西」からリピートで聞くと、同じ「オートバイ」が歌詞に入っているので、きれいに円環になっている感じがします。ついそのままもう1周聞いたりしてね。この曲、タイトルを聞いたときは「好きなもの並べただけじゃん、どうなのそれ」と思いましたが、何度も聞いたりギターで合わせたりしているとシンプルさがどんどん楽しくなってくる。
しかしマーシーは「いかすぜ はやいぜ」のところで使われてる高音の「テテッテテッテテ」みたいなギターが好きだね。「タリホー」のときも何かに似てるなあ、と思ってて、そのあとクラッシュの「トミー・ガン」聞いて「これだこれこれこれ」って思った。
マーシーは「オイ! のタイミングが難しい」とあちこちで言っていましたが、私も最初いつもずれてしまって、本気でライブを心配しました。

2.伝書鳩  作詩作曲・甲本ヒロト
「高田馬場」「中野ブロードウェイ」という地名がヒロトさんらしいな。歌詞の意味は全くわからないのですが、たぶんヒロトさんの中には何か物語があるんだろうな。「歌詞は適当」「なんとなく」とよく言う彼らだけれど、なかなかそう適当に文章と言うのは作れないもので、ましてや詞なんて(反語)。情景や経験は大事であれば大事であるほど残るもので、そういうことほどとてもじゃないけど饒舌には人に語れないから、まるでうわ言のようにどんどん枝葉を省いてソリッドになっていったりするもので、だからこの歌もそういうヒロトさんの思い出の集合体かもしれない、と思うと、まるごといとしい。今回のアルバム、ヒロトさんの声がよく立って、いい。ソロのハーモニカとギターとの掛け合いが好き。ヒロトさんは、含羞の人だ。

3.あったかい  作詩作曲・真島昌利
この曲、個人的に「ホット! ホッター! ホッテスト!」にいろいろ思い入れが深すぎて、アルバム聞いて「ああ良かったこの曲入ってホント良かった」ってホッとしました。……いまのところ、洒落だぜ?
下北沢のライブで聞いたときは歌詞がほとんど聞き取れなくて、まるで外国語の歌みたいで、時々「もうつらくない」の辺とかだけがわかったのですが、全体的にクロマニヨンスというのはそんなふうに聞いているのも面白いんじゃないかと思います。聞き間違いたくさんしたりさ。今回のアルバムも曲はすごくキャッチーなので、聞き流していて「ホット! ホッター! ホッテスト!」のところでみんなぎょっとするくらいがいいと思うんだ。

4.底なしブルー  作詩作曲・甲本ヒロト
ハーモニカに対するヒロトさんの愛を詰め込んだ作品? てのひらに包み、唇を当てて、その手の中の「底なしブルー」=ハーモニカ。ガブガブ瓶から猛毒をラッパ飲みして、その猛毒を吹きこみ、ブガブガ鳴らすハーモニカ。うつくしい短編小説になりそうです。ハーモニカ吹きが主役の小説って書いてみたいなあ。これもギターとハーモニカの掛け合いがホントにかっこいい!
 
5.キャデラック  作詩作曲・甲本ヒロト
まんまボ・ディドリー……。モッズメイデイに関連して出来た曲だったらすごく面白い。「やっぱりボ・ディドリーみたいなギターは気持ちいいなあ。こういう曲作っちゃお」なんてね。ヒロトさんもマーシーも「キャデラック・レコード」という映画にとても心酔していたので、きっとそこからの連想もあるんだろう。
あ、わかった、「底なしブルー」の主人公の貧乏なさすらいハーモニカ吹きが「いつか手に入れたいなあ」って夢見ている車が「キャデラック」なんだな! ……いや、これ私の想像ですから「あのふたつの歌は物語として繋がってるんだ!」とか思いこまないでね。ハウリンキャッツではよくそういう誤読(誤聴?)の解釈を繰り広げるけど、前にやった私のそういう解釈がね、ネット上で「あれは実はヒロトがこういう風に思って作った歌らしいよ」ってさも真実のように書かれててね、ビックリしたことがあるんですよ。よくあるんだ、そういうの。ネット怖いね。ちゃんとした情報源が明記されてない場合は、話半分に聞いておいた方がいいね。
 
6.多摩川ビール  作詩作曲・真島昌利
アコギや歌詞の「いる」の重ね方がいかにもロマンチック☆マーシー全開。もう、好き!
この歌に出てくるビールはぜったい茶色い瓶のビールだ。「わからないことは 少し寝かせて おいとこう 川の中」は、冷たい川でビールを冷やしている情景なのかなあ……。夏に、そうやってビール飲むと美味しいんだよなあ。
これはヒロトさんの言葉だったけれど「小さいときは苦かったビールが大人になって美味しくなるのは幸せだ」みたいな……。わかんないことも、川で冷やしておいておくと美味しく飲めるようになるのさ、という意見だったら、真正面から大賛成だ!


この先もものすごくどうでもいいことを延々と語るので、折り返しましょう!
7.ひらきっぱなし  作詩作曲・真島昌利
噂の、イントロ「ギリギリガガンガン」激似曲。
「いま、まさに物事が動いているところ」というのが好きなんでしょうね、マーシーは。生きていく中で自然に出てくる歌や、ライブや、いつも流れているレコード。刻々と変わっていく景色。目が覚めたらもうひらきっぱなしのあの大きな目で、彼はたくさんのものを見てきたに違いない。

8.7月4日の横田基地  作詩作曲・真島昌利
ああ、マーシーワールドだな。ちょっと彼のソロ作品とか思いだしちゃった。この人、ざわざわして、何か焼く匂いが流れてる夏祭りみたいな情景描くの巧いな。「市中は ものの匂いや 夏の月」って発句があるけれど、そういう雰囲気だな。さらっと「黒白黄色並んでいる」って歌うのもすごいな。私の感想がこんなに感情に流れるのって、この歌を過剰に好きな証拠だな。「ミス・エレキギター」がギター弾きの女性にとっては嬉しい。「ミス・エレキギターって、君のことじゃないの? ……って言って欲しいんだろう、どうせ」ってメールが友人から来ました。そんなに物欲しそうな顔してたかしら、私。
掛け声の「パッシャ(ハッシャ)バイ」は「ねんね」くらいの幼児語でしょうか。あれぇ、映画「チキチキバンバン」にそんな歌がなかったかなあ。歌詞に出てくるキム・ノヴァク、ベティ・グレイブル、マミー・ヴァン・ドーレン、マリリン・モンローはみんな女優さんですかね。セクシーなポスターになるような、わりとミス・アメリカ的グラマーが多い気がします。
もうぜんぜん話が逸れますが、ここに出てくる「アメリカン・パイ」という歌、あるいは単語に私はずいぶん思い出があって、最初にこの曲のことを知ったのは、1冊の漫画からだったんです。萩尾望都さんという漫画家さんの短編です。それで、なぜその漫画を読んだかというと、いまだにどうしても新作を待ってしまう大好きな小説家である中島らもさんが「久しぶりに泣いた漫画がある」と……確か対談本だったかなぁ、それで書いていて、興味を持って読んだのです。これがまたものを表現したいと希求する人間にとっては、確かに身につまされるような話でね。登場人物のひとりが死んでしまうのがとてもショックで、いまだに引きずっています。で、この漫画にタイトルそのままの歌が出てきて、どんな歌なのかと、ようやく辿りつきました。そうしたら聞いたことがある歌で……私が最初に聞いたのはマドンナのカバーだったな。元々はドン・マクリーンが歌ってて、彼はほとんどこの「アメリカン・パイ」1曲だけしか有名じゃないけれど、この「アメリカン・パイ」はアメリカでは本当にみんなが知ってる名曲になっているのだと思う。
……そういえば、あれってちょうど7月の頃じゃなかったかな。大学生くらいの時にね、電車の中で酔って騒いでる外国人の群れに出くわしたことがあって、驚いたんだけど、そのときに車両の外国人みんなが合唱していたうちの1曲が、この「アメリカン・パイ」でした。なんかみんなニコニコして楽しそうでね。向こうの人があんなに羽目を外してはしゃぐのって、やっぱり7月4日だったんじゃないかなあ。
で、まだろくでもない話が続いちゃうんだけどさ、漫画「アメリカン・パイ」のように、自分を揺るがすほどにショックだった物語というのがほんの少数、私にはあって、小説では「アルジャーノンに花束を」「IT」「ガープの世界」など、それからもうひとつ、漫画作品で「舞姫 テレプシコーラ」という作品ですね。この漫画もね、とある人が「泣いた」と言っていたので読んだのです。その方が誰かというと、俳優の大森南朋さんです。NHKドラマの「ハゲタカ」の頃から大好きなんです。ね、その大森さんとマーシーが一緒に、ついこないだ斉藤和義さんのCDでコーラスしてんだもん。いろんなことってそうやって巡り巡って戻ってくる。簡単に戻ってこないこともある。たぶんね、ヒロトさんもマーシーも本や映画をすごく読んだり見たりする人だから、こんなふうな巡り方をさんざんして、曲が生まれてくるんだってば。確かに歌詞に意味はない、でもたぶんルーツはある。マーシーから、こういう「実は関係ないようで、アレとアレが元になってる」……というような、本や漫画の話をたくさん聞いてみたいものだな。

9.ボンジュール ロマンマン  作詩作曲・甲本ヒロト
ロマンマンはロックンロールの使者だろうか。タイトル聞いたときはどうしようかと思ったのですが、蓋を開けてみたら「えっ、かっこいいじゃん!」だった嬉しい番狂わせの1曲ですね。マーシーの苦心の跡が伺える「フランス風」なソロが素敵。「生きようとする ぼくの心」がきちんと次の曲の「いきもののかん」につながっているような、今回、どことなくヒロトさんとマーシーの曲がよく響きあって、溶け合っているような感じがするのが好き。

10.いきもののかん  作詩作曲・真島昌利
「館」とか「缶」とか「肝」とかいろいろ説がありましたが「勘」だったようですね。「~なのだ」って語尾、普段の生活で使うことってあんまりないのですが、マーシーは歌でこの語尾使うのが好きですね。
最近書いた「とある」のシリーズで「さなぎ」を扱ったものがありまして(ハウリンキャッツには載せていません)この歌を聴いたとき勝手にどきどきしました。やっぱり!(何がだ)

11.我が心のアナーキー  作詩作曲・甲本ヒロト
「ぼく パンクロックが好きだ」くらいの素直さで「アナーキー」を歌いましたね。そう来たか……。「アナーキーって言葉が好きだ」ってラジオで言っていたヒロトさん。言葉ひとつひとつは単純ですが「やさしいぞ 人間は」に改めてずっと変わらない彼の姿勢を感じます。

12.南南西に進路をとれ  作詩作曲・甲本ヒロト
このところ「永遠」を歌詞に良く使うヒロトさんですが、この曲の中では「永遠」をいい意味で持ってきているようですね。無限じゃない、永遠。限りがないんじゃなくて、ただ遠い、のかな。余りに遠い思いは、ある瞬間に音速を超えて瞬間として封じられるのかもしれません。「詩は歴史性に対して垂直に立つ」というのは中島らもさんがよく引用した稲垣足穂御大のお言葉ですが、歴史=日常というのが道路のようなものを一直線に走って行くことだとしたら、歌や、詩や、ロックンロールは垂直に、天上にどこまでも駆けていく思いなのかもしれませんね。南南西、積乱雲に突っ込んでいく彼の「ハッスル」を、私はまだまだ振り仰いで見ていたいです。


ああ……ただの戯言になりました。TV番組「モンスターロック」に出ていた彼らのことなども書こうと思ったのですが、また今度にします。

コメント

全問正解者、参上!

おはよーございます。なんかもう睡眠リズムがおかしなことになっていて(仕事上)、休日でもこんな時間に目覚めてしまう。というわけで、時間の有効活用をしようと思います!

オイ!ウンボボ!これはヤバいですね~。私すでに20周以上してますね。仕事してるか寝てるかウンボボ聴いてるかの毎日です。恐るべき中毒性!
モンドロッチャでキターと思ってたんですよ、今でも大好きですよモンド。でも、あれは目覚める寸前だったのね。
オイ!ウンボボ!で目が覚めたクロマニヨンズは、もうひらきっぱなし!ひらきっぱなしの「サグラダファミリアは今ちょうど完成」の真島昌利に最大の敬意を表します。ガウディのジョークも含めて。サグラダファミリアが完成した瞬間を想像したら、視界が開け思考が果てまでクリアになり風が吹いたよ。「ヒマラヤほどの消しゴム一つ」と同じ、壮大で爽快な感じを味わいました。まさに「ひらきっぱなし」。これ以上ない的確な表現に震えるわッ!

ロマンマンも同意(笑)もうぜったいふざけた歌だと思っていましたゴメンねヒロト。ラジオで聴いたとき「生きようとする僕の心がズレてって」だと思ってたんだけど、生きようとする僕の心が「つれてって」…切ない。このカギカッコ切ない。だめだよ、まだロマンマンに連れてってもらっちゃダメ。ロマンの彼方で清志郎やジョンに会うのはまだ先です。あ、でもロマンマンはマーシーだと思います。見た目はフランス人だから(笑)←どんだけ美形設定。

南南西に進路をとれの「同じじゃなくても一つなんだ」というフレーズも大好きです。スピードとナイフで「世界は一つだった 昨日まで一つだった」と歌ったあとで「同じじゃなくても一つ」に至ったんだぁ。どんだけの愛ですかこれは。誰に向けたものか考えると嫉妬!←
奥さんであり、マーシーであり、バンドの仲間なんだろうな。
ウンボボは「どことなくヒロトさんとマーシーの曲がよく響きあって、溶け合っているような感じ」が私もしています。ウンボボは12曲がドン!と固まって弾丸のように撃ち込まれる感じがする。充実した音が鳴ってる。同じじゃなくても一つのアルバム。
今が、クロマニヨンズの一番いい時代かもしれないね。そこに立ち会えたこと、それをこうして仲間と分かち合えることを嬉しく思います。

というわけで、全問正解したわたしに何かご褒美が贈られることを期待します←最後ウンボボ関係ない

私も新曲聴きまくってます。
あったかい聴いた時、最後の掛け声?!にビクッとしてしまいました。
びっくりしたと言うか…
後から徐々に笑えてきました。最後は爆笑してました。

帰る家なくたって大丈夫の部分なんか引っ掛かかるなと思ってたら、ブルハの夢に家から遠く離れてもなんとかやっていけると言う部分を思い出しました。
家しか繋がってねーと思ったけど、どこと無く似てるなと。真島さんは物や人、場所に縛られるんじゃなくて気ままにやろうと言うのか…上手く言えないけどずっと真島さんは真島さんだと思えました。変わってないなと思いました。

あんこさん
愛のこもったコメントをありがとう。彼らについて語るのって、どうしてこんなに楽しいんだろう? ロマンマン=マーシー説が面白いですね。洞窟にいたようなヒロトさんの心を「つれてって」と思わせるほど揺さぶったのは、ロマンマンであるマーシーだった……というストーリーでしょうか。
「同じじゃなくてもひとつなんだ」には私もハッとしました。ラブソングとも取れるかもしれないけれど、私には恋も愛も超えた同志の歌のように聞こえます。

ご褒美……ご褒美は私の愛です。約束してなくてもとんでもない場所で会ってしまうくらいの愛を、あんこさんにプレゼントします(笑)

花さん さん
聞きまくってますか! 今回のアルバムも短いから、何度も何度も聞けていいですよね。
マーシーは昔からすごく旅の好きな人ですね。いろんな場所に行って、いろんなものを見るのが好きなのだろうな、と思います。今回のアルバムを聞いても、その好奇心がぜんぜん衰えてないことがわかるのが、とてもうれしいです。やっぱりちょっとスナフキンに似ているよね、彼。

ロマンマン

ロマンマン=マーシー節、ニアさんの解釈ロマンだわ~。
「うなずいている僕の心が 『つれてって』」「生きようとする僕の心が 『つれてって』」
あー、そうかこのフレーズは倒置法と省略が使われてるんだ。
僕の心が「つれてって」とうなずいている、生きようとする僕の心が「つれてって」と君に言う。

>洞窟にいたようなヒロトさんの心を「つれてって」と思わせるほど揺さぶったのは、ロマンマンであるマーシーだった……というストーリーでしょうか。

洞窟の暗闇に向い「ほら出てこいよ」と手を出しているマーシーに、うなずいて「つれてって」と言っているヒロトなわけですね。ロックンロールに生きていく二匹のマシンガン。
うん、このストーリーでいいと思う!レコーディングでハンバーグばかり食べていたマーシーは、ハンバーグを道連れにしてるロマンマン(笑)ハンバーグてなんで?と思ったけど、これだわ。

解釈が自由と言うのは素晴らしいね。ヒロトに「ロマンマンは僕の中のロックンロールのイメージなんだ」とか言われたら終了だから。素敵な解釈ありがとう!

追伸
そう、私たちも同じじゃなくても一つのものが好きな仲間、それ嬉しいご褒美です^^

>四面楚歌なら上を見ろ。ロックンロールの天窓は、いつだって青空。

これ凄く素敵ね。眩しいほど青い空の真下で終わらない歌を歌おう。

やっはっは。
こんばんは。

にゅーあるばむ 楽しいですね。
ギタマガを今日読みましたでやんす。
>マーシー歌わないの?
それ僕も気になってた。
そおゆう気持ちじゃないのかぁ。でも
歌いたくなったら歌ってるんだね。そのうち社長が歌うことを期待します。


モンスターロックおもしろかったですね^^

あんこさん
底なしにブルーな僕の世界。その曇り空を切り裂く伝書鳩のように、彼はとつぜん扉を開けてやってきた。そいつがロマンマン。声高らかにアナーキーを叫びながら、僕らは意味もなく南南西へ向かうのだ。あらゆるものを笑い飛ばす。「いつか君に素敵な車を買ってやるよ」うそつきのロマンマンはそう言う。「ぴかぴかのキャデラックはどうだい?」と胸を張る。でもロマンマン、僕ら、もうキャデラックに乗ってるんだぜ。象より重い君の夢さえ軽々乗せて砂を巻き上げる、そうさ、転がり続けるこのロックンロールこそが僕らのキャデラックだ!

いささか感情過多になりました。こういう三題噺みたいな無理やり掌編は好きですね。彼らの歌は、「その解釈が正しい」とか「間違っている」というのではなく、こういう意味もある、こういうふうにも取れる、という遊びが許されている場所であってほしいなあ、と思ってしまいますね。

STEREOHEADPHONEくん
やはは。こんにちは。
ギターマガジン、私もちょっと立ち読みしてみました。マーシー、歌う気はしばらくないようですね。歌うどころか「後ろでギター持たずにふらふら踊りたい」って言ってますもんね……。そんなマーシーも1度だけなら見てみたい、と思ったのは内緒です。やっぱり歌うほうがいいです。

モンスターロック、面白かったですよね。録画ちゃんと出来てたら感想を書きたい(わりと機械が苦手です)。

質問です。

残念ですが、今回はクイズじゃないです。

多摩川ビールに出てくる、『食べたいよイール 君と2人』
の『イール』ってウナギのことですか?
それか大流行してるのに私だけしらない新種の食べ物のことでしょうか?

物知りのにあさん教えて下さい。

P.N. 芋焼酎ヒロトスキー

麦焼酎ヒロトスキーくん

イールってあれじゃないんですか。ドイツの有名なジャガイモ料理。平べったく焼いてケチャップとかマスタードで食べるやつ。ソーセージと一緒によく盛り合わせになってきますよね。ビールが好きな人だとつまみはやっぱりイールで、この歌の情景のようにバーベキューでも簡単に作れるから、「食べたいよイール」なのかと思ってました。









まあ全部嘘ですけどね。イールはウナギじゃないですか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。