ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我、もし最前列で戦わば

ライブハウスで戦う心得について書いた「我、もし戦わば」、そして新木場スタジオコーストでのライブに際して書いた「我、スタジオコーストで戦わば」の続編。もしもライブハウスでのライブで、整理番号がいいチケットが手元にあって、どうしよう、これ最前列行けるんじゃない? でも、最前列なんて行ったことないから不安だよ……という諸君、特に女性がいたら、まずはこの文章を一読して考えてみてほしいと思う。ある程度の基本的事項を事前に了解しておけば、当日の体調と、気力と心意気次第で、その日のベストの位置を自分で選び取ることがきっとできる。だからと言って、なにがなんでも最前列が最高と言ってるんじゃない。もしも君の手元に巡り巡ってきたチケットが、素敵な番号だったときは「最前列」という選択肢を最初からあきらめないでくれ! と言いたいだけだ!

・何番くらいまでが最前列を取れるのか? という問題ですが、これはライブハウスの大きさにもよります。確実なのは10番台まで、というしかないのですが、大きいライブハウスほど、番号がよくても後ろの見やすい位置で見よう、という人も多いので、10番台を超えても最前列で見られる場合もあります。
ちなみに先日の渋谷AXですが、私の見ていたところ、いちばん最初に埋まったのはやはりヒロトさん前ですが、チケット番号が20番台でもここに入ったやつがいました。次がマーシー側、最後にコビーさん前。コビーさん前は40番台でも最前列で観た、という人がいます。

・服装、余計に気をつけて下さい。やっぱりTシャツにジーンズ、手荷物なし、髪はまとめる、アクセサリー類は外す、が鉄則かと思います。2列目3列目はあと少しでぜんぶ良く見えるのに、こいつ(最前列の人間)のせいで見えない! とやたらキリキリしている人が多いので、髪を引っ張られたり、肩に思い切り腕を置かれたり、無理やり足を突っ込まれたり、ということもあります。風のようにウフフアハハとうまくかわしつつ、2列目3列目のキリキリした雰囲気に呑まれないようにして下さい。

・モッシュとダイブはヒロトさん前~マーシー前までが気狂い沙汰のお祭り騒ぎになることが多いです。これはもう、嫌でも何でも仕方ないです。後ろからの押しも強烈なので、最前列のバーに思い切り肋骨が当たらないように、腕などを入れて少し隙間を作りつつ、かわして下さい。背伸びしたり少し屈伸したりでバーの当たる場所を変えるのもいいです。特に肋骨の一番下がバーにちょうど当たる場合は注意。本気で折れます。名前はあえて明かしませんが、某Joeくんが以前これで肋骨を折ってしまいました。
ダイバーは係員さんが眼の色を変えてすぐ前に来たら、もうそこまで迫っている証拠なので注意して下さい。冷静にダイバーのベルトとかをつかんで前に送れればそれはいちばんいいのですが、そんな余裕もなかなかライブ中はないと思うので、その場合は周りより頭を下げて腕で頭を守って下さい。それでもかかと落としを食らったり、足とかが引っ掛かって、首を前方および後方へもげそうになるくらい持って行かれることがあります。そのときは興奮しているから痛くないんだけど、翌日、翌々日、まだ痛い場合は医者へ行こうね!
今回のセットリストで特にモッシュやダイブが酷いのは、やっぱりはじまってから3曲目くらいまで、ひらきっぱなし、あと「横田基地」の最後リズムが速くなる部分、エイトビート、本編ラスト3曲、もちろんタリホー、あたりでしょうか。……あっ、ほとんど酷いということですね!

・もし気分が悪くなったら、早めに退避しましょう。最前列のバーが、なんて言えばいいんだ、ただの棒で、足元が空いている場合はそこをくぐってすぐに出られるからいいんですが、ここに金網貼ってある場合があるんですよ……新 木 場 ス タ ジ オ コ ー ス ト め !!! その場合は、係員さんを呼んで抱き上げて助けてもらわないと出られないので、早め早めで行動を決めて下さい。大丈夫、って思っても、女性は生理のときとかは、ヒロトさんまん前などは、いざライブはじまってみると、自分で思ってたよりずっと辛いかもしれませんよ。
知り合いが近くにいるといいなあ、と思うのは、このようないざというときに、たぶんぜんぜん知らない他人に言うよりは気兼ねなく「無理! もう無理!」って言えるだろうな、その友だちもきっとすぐ係員呼んでくれるだろうな、と思うからで、もしも誰か一緒に最前列に行ってくれる人がいるなら、最初のうちはそのほうが安心かも知れません。自分か相手の番号が良ければ、ひとり分くらいは横を確保しておくのも可能だけれど、それでも相手と100番以上整理番号が離れちゃっている場合は、相手を待っている間「ここ誰か来るんですか~?」などと相当いやな顔をされるのは確実です。

・いろんな経験談を総合すると、よ、よし、頑張って最前列行ってみようかな……という方にまずお勧めなのは、コビーさん側かなあ、という気がします。ヒロトさんもよく見えるし、女性が多いのでモッシュもダイブも相当楽なようですよ。


「モッシュとかダイブとか怪我の危険があって、それでも最前列にこだわって、こんな記事を書く理由ってあるんですか?」って言われるかもしれません。
でも「最前列の景色」というのがあるんです。私も初めてそこに立ったとき、ほんとうに感動しました。大きな船の甲板のようなんですよ。私は手すりにつかまっていて、目の前はぜんぶ、全部見渡せる大海原。ロックンロールを私はよく海に例えてしまうのですが、それはこの経験から来た比喩のように思います。
ライブハウスは海賊船です。あの船長や、あの航海士が、甲板の上で剣をふるい、あちこちで爆撃が起こります。わあわあ言いながら、それを丸ごと見て、ステージから来る熱風を全て、全て受け止めることができるのが、ロックンロールの特等席、ライブハウスの最前列です。いろんな人が、一度でも、この場所を体験してくれるといいなあ、と私は思います。

補足などがあったら、最前列マスターの皆さん、ぜひよろしくお願いしますよ。

コメント

早速!

最前列講座、ありがとう!山々の隙間から見える景色じゃなくて、遮るもののない大海原を見てみたい!
昨日の金沢ライブでは、マーシー側がみっちりと埋まったためスタッフが「左側があいてまーす!」と誘導したとか(笑)しかも男ばっかりとのこと。マーシーファンどんだけ!怖くてよう行かんわ!
コビーさん側ではマーシーが見えないのが難点なのですが、とりあえずそちら側で頑張ってみようかと思います。整理番号1番でコビー側に行き、周りから「なんで?」と言われてみようかしら。
幸い、おなかに天然のクッションがあるので、痛みはクッションが吸収してくれるはず。こんなときぐらい活躍しなさいよ私の体脂肪!

最前列の良いとこ悪いとこ

自分も某Joeさんの肋骨話、友達のお姉さんのクラスの担任の先生の姪っ子から聞きました。
どうやら後ろから圧迫されているとき苦しくて無理やり口から深呼吸しようとしてペキッっと殺っちゃったらしいです。
そうゆうときは無理せず鼻から呼吸するといいみたいです。
触ると違和感がある、笑うと肋骨が痛い、背伸びをすると死にそうって方は医者へ。
医者には「ライブで暴れすぎました」って正直に言いましょう。先生鼻で笑ってシップとコルセットくれるから。
筋トレして参戦したのにこの様だったようです。
・・・・まぁ人から聞いた話ですので確実な情報かどうかわかりませんが。

ヒロトスキー達、憧れのヒロト真ん前~ウキウキ♪とか軽い気持ちでバーにつかまると酷い目に合います。
なんせヒロト(マーシー側もそうだけど)アグレッシブな男子が群がってきます。人が降ってきます。殴られます。蹴られます。
そしてなにより、キツイ か ほ り がする人が集中してる時があるので…(香水、汗のにおい)その匂いに1時間半耐えられる覚悟が必要です。
メイクばっちりして、髪ばっちりきめてヒロトに見てもらうの♪って思ってるそこの女子!
気合いれても5分で汗で溶けてなくなるから☆
見た目より、楽しむ姿勢で行きましょう。

緊張のあまり水飲みすぎて最前列とったはいいものの、あぁ…トイレ…すごくトイレに行きたい…と思ってもよ・ほ・どでないかぎり我慢しよう。
どうせ汗だくになってトイレなんて行かなくて済む体質になります。
でもぼうこうが弱い人は開演前あらかじめ行っておこうね!!

ほんとスタジオコーストの最前列は天国と地獄の境目でした。
ライブ中意識何回か飛びましたよ。
そう考えるとAXは全然良かったと思います。
でも初めての人からすれば過酷な1時間半かも。

最前列行く予定の方は無理せず楽しんでほしいです!

あんこさん
ええ、さっそく! まだ生々しい記憶のあるうちに、書いてみました、最前列で戦わば! 確かにマーシー側には男性も多いですね~。「マーシーっ!」って必死なハスキーボイスもよく聞きます。
コビーさん側もいいと思いますよ。もしいいチケットが手に入ったら、イメージトレーニング! そんな時間もドキドキして楽しいものです!

某joe……いや、常駐ヒロトスキーくん
補足をありがとう。口での深呼吸怖いですね。何事も無理してはいけませんね。
そう、匂いの問題もある場合ありますね。こればっかりは隣り合った人の運だから仕方ないけど、ライブ前に餃子などニンニク・にら・玉ねぎ過多な食べ物の摂取はやめて頂きたいものです……。

AXで「余裕♪」って私たちがおかしいんだよ、それ……。

めちゃくちゃ過酷ですけど、最前はいいもんですよね。選ばれし者のみ見られる絶景。
そうそう「あ!よく見たらマーシー、腰にピップエレキバン貼ってる!」なんてのもしっかり見えるし。いざとなったら脱出しやすいし、中途な場所に比べ酸素もあるのでいいです。
柵にクッションみたいなものがついてるとこはまだいいんですが、柵むき出し会場の場合はいつもよりつらいですね。
以前、知人は柵が苦しいからといって、おなかに座布団忍ばせて見てました。いつもよりましだったけど、いつもより暑かったのでもうやめる!と言っていました。なにかいい柵対策ってないんでしょうかね。
あとダイブ。わたしは元の身長+クレイジーボムで少し大きい方です。なので高確率で頭踏まれちゃうんですが、ふと「でかけりゃ屈めばよい」と思い、その時の体勢や足元の柵の形で難しい場合もあるんですが、屈むようにしてます。ダフトパンクみたいなかっこだと安全ですけど、そういうわけにもいかんし。
だんだんヒロトからマーシー側はえらいことになっていると思うので、ほんと自分と相談して無理は禁物ですね。

・・・蒸し返すような質問ですが、最前列いけるくらいのいいチケットの場合、彼の心をぐっと掴みたい女子の場合、アンダーウェアは何がお勧めなんでしょうか。・・・と、一応まじめに聞いてみる。

マシマシ詐欺さん
腰痛はギタリストの宿命ですからね……ピップエレキバンもそりゃ貼るよね。大事にして欲しいものです。
私は最前列に行けるか? という機会があるたびに、真剣にアメリカンフットボールのサポーターの導入を考えたりします。そうか、座布団っていう手もあったんですね。でも確かに、最前列は人と柵にもまれて暑いからなあ……。結局、痣のひとつふたつ覚悟しても、身軽なのが一番ということでしょうか。身長が大きければ大きいで、小さければ小さいで、いろいろ苦労があるものですね。でも、そんな悩みを捏ねまわすのも、ある意味では最前列の特権……かな?!

Makiさん
Makiさんはアンダーウェア関係の大家みたいになってきましたね! 最前列って、ステージの上の人にアピールできるんじゃないか! と思って、アンダーウェアまで行かないもののTシャツとか髪型とか凝ってみるじゃないですか! これがね! 実際はぜんぜん見えないの! 柵に当たってるし! ステージの上の人も、どっちかというと最前列より3列目くらいに目線があるの! ざんねん! すごくざんねん!(実体験でお送りしました)

そうかー、最前列だからといってステージから一番見えるってわけではないんですね。なるほど。ヘアもメイクも、汗みどろになるからあんまり気合入れても空回りしてしまいそうですしね。

と言いつつ、冬のセールでプッシュアップブラ探してみます。

マシマシ詐欺さんへのコメントで”痣になっても”というのを一瞬”痔になっても”と読んでしまい、意味がつかめなかったので少し日本語の勉強しなおします。

Makiさん
そうなんですよ。いちばん近いからと言って、目につくかどうかはまた別の問題ですね。

と言いつつ、胸はできるなら盛っていくべきだと思うので(やっぱりこう……柵の上に胸がのるのは、何かこう……理屈じゃなくて、いいものだと思うんですよね……)プッシュアップブラには大賛成です。


痣……痔……ハッ! に、似ている!! 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。