ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/01/15・柏PALOOZA「ツアー2010-2011 ウンボボ月へ行く」

新年さいしょのライブはもちろんザ・クロマニヨンズだ! 相変わらずどうでもいいことをつらつら書くから、ライブレポートが欲しくて悶えてる人は折り返しから読むといいよ!

柏PALOOZA、一度も行ったことがなく、とりあえずネットで調べたら「すごく小さいライブハウスらしい」「ロッカーは外らしい」「駅からは近いらしい」なんて「らしい」だらけの知識ばかりが不自然に身について、なんだか落ち着かない気分。ええい、実際に目で見て確認してやるわ! と柏の駅に降り立った午後3時、柏PALOOZAは駅から近くて、神社やレコード屋の側にある、すごくいいロケーションの、確かに小さいライブハウスだった。でも、コインロッカーは小さすぎだな。友人を迎えに駅まで戻る途中で、柏神社に詣でた。あぁ、こういうのって、柄じゃねえ、柄じゃねえのよ。だけど欲張りだから願いはたくさんあるんだよ。どうかクロマニヨンズの皆さんが、今年も元気でありますように。クロマニヨンズを好きな皆さんが、今年も元気で幸せでありますように。今日のライブが最高に楽しくありますように。そして、今日センター試験受けているあいつらが、ぜひとも合格しますように。……そんで、私は人よりちょっと幸せでありますように。なんて都合のいいことをむにゃむにゃ呟いておいたんだ。だからさ、みんな、今年ももちろん、大丈夫だ。大丈夫なんだよ、そうだろう?

柏の駅で落ち合った友人はふだん海外に在住していて、今回はこのクロマニヨンズ・ライブがメインイベントで帰国。けっこう長い友人で、共通点はろくでもない文章をたくさん書くところ。彼女と一緒に行った場所はたくさんあるけれど、忘れられないのは「夏の庭」。3年前くらいの夏、私と彼女は同じ家に住んでいたのだよ。その頃、たぶんお互いに行き詰っていたのだな。日本と海外と、たくさんのメールのやり取りの中で「どっか遠くに行きたいねえ」「そうだねえ、避暑に行きたいねえ」って、その次の瞬間から私と彼女は「夏の庭」の住人だった。バカにする人や、意味がわからない人もいるかもしれないな、私たちの「夏の庭」はね、私と彼女がやり取りするメールの中に作られた物語だったんだ。でも、私と彼女にとってそれは本物だった。繰り返されるメールの中で、ふたりで住んでいる家や、庭に咲く花や、縁側での夕涼みの計画が交され、私がふたり分の浴衣を注文したよってメールに書いたら、その1週間後くらいに彼女から「きみの留守中に浴衣が届いたよ、お揃いの金魚の柄だったんだね」ってちゃんとメールが届いた。それは私にとって、言葉というものの力の大きさや、物語のリアリティを感じさせる体験だった。甘い共有幻想が、役に立つときもあるのだ。人は必ず何かの幻想の中で生きているのだもの。

いまだに彼女に会うと一緒に住んでいた「夏の庭」のことを思い出す。それで、クロマニヨンズのライブも「夏の庭」みたいだよな、と思う。私たちが見ているステージの上の彼らはたぶん、作られた「幻想」に近いのだと思う。でも、それを見て、それが好きなみんなでキャッキャとはしゃぐのは楽しいし、私たちは彼らを共有して、とても幸福だ。彼らも私たちの「夏の庭」だ。そこにはいつでも光が満ちて、眩い。


駅で無事に落ち合った友人とライブハウスまで歩いて、ブチさんとbambiさんに会う。同じライブに行くことがわかっていたので、ぜひ会おうね、と言っていたのだ。みんなわくわくがおさまらなかったのか、やたら集合時間が早すぎたことにやっと気付いて、ちょっと落ちついてお茶でも飲みましょう、ということに。話すのはやっぱり「ライブ楽しみだね」とか「今日はどこで観ようか迷うなあ、コビー側かな? ヒロト前で後ろめにしようかな?」(当然ながら、この話に私は入れてもらえない)とか「きょうのライブハウスが小さくてマーシーに手が届くようなところだったら、マーシーの靴をキュッキュと磨いてピカピカにしてやりたい」(私が力説したのだけど、みんなの賛同は得られなかった)とか。ツィッターをやっているブチさんが「ハウリンキャッツ読んでる人が仲間にいるんだよ!」ってその人のツイートを見せてくれた。ブックマークしているって書いてくれていた。嬉しかった。読んでくれて、ほんとにどうもありがとう! 
時間を見てライブハウス前に戻ったら、クロークが開いていて、荷物を預けたりTシャツを買ったり。ここでお馴染みの顔も何人か見かけて、短い時間で善戦を誓い合ったよ!

ライブハウス前が狭くて、整理番号100番以降はいったんはけて下さい、と係員のお兄さんから指示があり「じゃあ私たちは向こうで待つから」ってブチさんが手を振る。……ん? 今回の柏のチケット、ブチさんに譲ってもらったんだ。そのブチさんが100番以降で、私は100番以内で。とっさに彼女の手をつかんだ。「きみさ、私にいい番号のチケットをくれたの?」彼女は笑ったね。笑ってこう言ったよ。「いいんだよ、そんなことはどうでも」くそっ、かっこいい。抜群にかっこいいじゃねえか、惚 れ た ぜ ! やさしいぜ、人間って。あとで私の友人がブチさんにお礼を言ったら「遠くからライブに来ると聞いたから」ってさらっと言ったらしいけど、あなたも遠くから来ているでしょうに。ああ、これさ、名前出して書くべきかすごく迷ったんだけど、でも、悪行に比べて照れとか日本人独特の謙遜のせいでいまいち表に出ない優しさや親切というのは、隠さずにもっともっと書かれるべきだ、と思うから書いたよ。ブチさん照れ臭いかもしれないけどさ、あの一言は、痛烈にカッコよかったぜぇ。私もあんなふうになりたいなあ、と思ったよ。優しさをたくさんもらってしまった。ほんとうにありがとう。

さて駆け込んだ柏PALOOZA、とにかくステージの横幅が狭ッ、という印象。毎度のことながらマーシー側3列目あたりにつけて、開演を待つ。開演までに「まだ人が入りますので詰めて下さい」と、もうモッシュあり。人波に押されて、もう一回祈ったよ。真剣に祈ったね。

この私たちの「夏の庭」で、あいつもあいつもあいつもあの人もあの人も、みんな今夜も楽しく笑えますように。



前説のお兄さんの注意にもいちいち答える男の人がいたり、とにかくやる気に満ち溢れた人が多いな、という印象だったライブ。モッシュもダイブもものすごくて、もみくちゃでウワー。久しぶりにきつかったです。セットリストはいつものようにニューアルバムを全曲と、シングル曲。日替わり定食みたいな曲の枠に、今回は「ゴーゴーゴー」と「夢の島ブルース」が入っていました。
ステージが狭いせいでマーシーはあんまり動かなかったのだけど、そのぶんなにかとメンバー同士でキャッキャしている感じで、ヒロトさんもお客さんの声によく答えていて、アットホームなライブでした。3曲目くらいからさっそく汗がウンボボTシャツに沁みて、マーシーの首元を濡らして、思わず唾を飲みましたね。タオルで時々顔の汗はぬぐうんだけど、首すじのへんはいつまでも濡れてきらきらライトが反射してて……あれ集めて売ったらぜったい売れるから物販でやればいいのに。「相変わらずニアさんは大した変態だ」って思ってる人も、ヒロトのなら買うんでしょ。なんなら、ヒ・ロ・トのしおっ♪ ってコマーシャルソングも流せばいいじゃん。
前のほうがぎゅうぎゅうできつそうな中に小柄な女子がたくさん混じっていたせいか、ヒロトさんが実によくフロアを見る日で、目があった! とよけいに恋に落ちる女性(あるいは男性)も多かったことと思われます。マーシー側も、マーシーがピックを撒くと砂鉄のように動くのが常なのですが、ステージ上から見ていても既に十分ひどい状態であるのがわかったせいか、あんまり豪勢に撒き餌をくれるようなことはありませんでした。いやでもあれでピック争奪戦が始まったら、ほんとに危険だったと思う。
ニューアルバムをこなしていってヒロトさんのMC「わかっているでしょうが、順番にやっています。レコードだから、A面の5曲目の次は6曲目……A面6曲B面6曲って言うのは、いいアルバムなんだよ!」レコードを探すパントマイムをしながら「きょうはクロマニヨンズしか持ってきてないんだよ~」。さっきも書きましたがよく喋る日で、客席の声にこたえて「ルールイス? 行きてーよ!」と何度も笑いながら連呼したり「水ちょうだい」の声にこたえてペットボトルの水を撒いて「水撒き行為は禁止です。でもルール破ってもいいんだ。それが人のためになることならいいんだ。みんなの頭でちゃんと考えたら、マナーは守れるだろう?(ニヤリ)」とか、ニューアルバムのB面曲突入のときにまたレコードパントマイムで「針に埃がついてたから、フッ。吹かなくちゃ」(ここで客席からスプレー使ってとか使うとかそういう声)「スプレー?! スプレーはだめだ、絶対!」それから、珍しく客席後ろに手を振って「後ろ元気かー? 前のほうはバカばっかりってわかってるからいいんだけど……前から順々にバカなんだよな。……ん?! 後ろなのにあそこにバカなやつがいるぞ! おまえ、こっちじゃないのか?」アンコールだったでしょうか、本編最後のほうだったでしょうか、久しぶりにメンバー紹介があり、コビー、勝治、マーシー、と紹介して「ボーカルの山田!(ニヤリ)」客席から一斉に「やまだー!」の声が飛んでいました。
いちばんカッコ良かったヒロトさんのMCはこれも客席から「ヒロトー飲みに行こう」「いっぱい奢るからー」と言われて「やだよ、おまえらと飲みに行ったら疲れそうじゃん」と言った後、ちょっと真面目に「クロマニヨンズは、打ち上げとかほんとにしないんだよ。それは、ステージの上で全部やっちゃうから。使いきるから、打ち上げとかはないんだ。打ち上げしているようなバンドは、クソバンドだーー!」ははは。打ち上げ楽しみにしてるようなバンドって、そう言えばあるもんなあ。前も何かのインタビューで「打ち上げって言うか、ご飯食べて帰るだけも多い」みたいなことを話してたけど、ほんとにあんまり飲んだりしないのかもしれない、この人たちは。

「草原の輝き」のときにちょうど前が空いて、はじめてヒロトさんとマーシーとペアでソロを奏でているところを聞いたのだけど、マーシーがソロを弾いているときのヒロトさんの顔が、マーシーのギターを前かがみでじっと見つめて、右手にハープ持って、落ちつけない! みたいに足がうろうろ動いて、もうほんとに嬉しそうににこにこしててさ、ああ、ヒロトさんはマーシーのギターすごーく好きなんだな、って思いました。脈絡のない「ベイベー」はなぜだかありませんでした。あまのじゃくめ。定着しそうになるとやらなくなるぜ……。
やっぱりマーシーのコーラスがすごく好きだなあ、と思う。目を閉じて、まるくふくれた瞼が震えていて、白目がちらちら垣間見えるのも、急に眼を大きく開けて、口を思い切りまげて首を揺すって歌うのも、遠くを見るような眼で声を張り、首の血管やのど仏がぐっと出るのも、ぜんぶすき……。
「夢の島バラード」(久しぶりにやった曲だったので、盛り上がりがすごかった)の前だったかな……ヒロトさんがマーシーの方に寄って行ったとき、急にマーシーがヒロトさんを撫でたようです。いや、私、残念ながら前に大きい男の人がいて、決定的な瞬間を観てないのです! ざんねん! 私が見たときはマーシーの手がヒロトさんの肩くらいにあって、なんかヒロトさんが「お?」ってやたら嬉しそうにニヘニヘしているシーンでした。……マーシーはわりと真顔だったけど、何を考えて48歳男は47歳男の頭を撫でるのかしら。何か急に可愛く見えたのかしら。

アンコール「南南西」スタート、この曲ってば、ライブの歌だよね。よっぽど曲解釈の「ああだこうだ」をやろうかと思ったけど、このライブの南南西、すごく素敵だったし、このライブで「ああ、やっぱりこの歌、そういう意味なのかな」って思ったから、ここに書いちゃう。「一晩で使いきりの体」は打ち上げやらない話からもわかるように、全力でライブをやる彼らの姿が透けて見えるし「もしも土曜日がふたつあれば」は一般人であるみんなが来ることができるライブをもっとやりたい、ってことかもしれない。オートバイで向かうのは「いちばん好きな場所」である「ライブハウス」で、ライブの時間は、無限じゃなくて永遠なんだよ。だってそこはリアルじゃないんだもの。物語に彩られた「夏の庭」なんだもの。ステージに上がって見渡せば「行く手に幾千の敵」つまり私たち、腕が鳴ってロックンロールは転がり出し、南南西の積乱雲に突っ込んでいく……。2番の歌詞も、クロマニヨンズ結成のことを歌ってるのかもしれない、マーシーだけじゃなく、もちろんコビーと勝治も含めて「初めて会ったとき」決めた「ひとつ」の仲間。
もしもそんな意味もこの歌にあるんだとしたら、「南南西」がアルバムの最後を飾るって言うのすごくわかるし、アンコールの最初って言うのもすごくわかる。全員で大声で歌いたいっていうのも当然だ。だってこれはそういうことを歌ってる曲だからね。
私はこの歌がすごく好きで、ライブでヒロトさんが元気に「なんなんせーせっきらんうんがっ、はったっちゅーおーきーぞ♪」って腕を振る姿を見るたびに、その眼差しの行方を追いかけてしまうのです。彼の眼には、ライブハウスの後ろに広がる「積乱雲」が見えているのかな、と思います。

アンコールあと、マーシーの恒例「またねー」でライブも終了! きつかったけど楽しかったー! またブチさんやbambiちゃんたちと会って、キャッキャしました。みんなコビー側だったようで、なんと気がついたら3人近い場所で観ていたときがあったようで「夢の島ブルース」のときは嬉しくて、私の友人は、思わずブチさんに抱きついてしまったよ! と笑っていました。みんな幸福そうで、嬉しかった。

ライブはいいよな。やっぱ、いいよ。何度でも、私たちは「夏の庭」を作るんだ。そこは私たちの聖地だ。物語だけが横たわり、誰も犯せない。


そして、そこにはいつでも、彼らが笑って立っている。


コメント

柏の積乱雲

私も柏の積乱雲になりたかったな!
なでなでされるヒロト観たかったーーー。
キャッキャッと楽しくて、ブチさんの優しさがギュッとつまったライブレポート、声上げて笑いながら読みました。
柏神社詣でのあいつらには、うちの魚座ボーイズ一号も入ってるよね?!
ありがとう、にあさん。
朝駅まで送る車中で聴いたのは、『ワハハ』。
大切なお守りを握り締め、きっとうまくやれたことでしょう。

何度も読んで何度も幸せな気持ちになりました。
私たちも新曲発売日にハッスルするぞー!!!
それまでは、頼むよハウリンキャッツ。

こんばんは!おかえりなさい。
今回も素敵な記事でした。

ぶ、ブチさんちょおかっけえ!
いかしてますね、かっけえ

今回はヒロトくんに関するお話も多くて嬉しいです。にへにへしてます。

かわいいですね、マーシーがヒロトくんなでなで。
きゅん。萌え。見たい。むしろあたしが撫でたいです。
草原の輝きでうれしそうに楽しそうにマーシーのギターを見つめるヒロトくんを想像して、……本当に素敵だと思いました。
ヒロトくんもマーシーも、ほんとにお互いをすきなんだなあ


ところで、最近「真島昌利さんを可愛くて格好良いと思ってしまう魔法」にかかってしまったようなのですが、にあさん、実は魔法使いだったり……しませんよね?

チクショー!

イキータい。
もう、
チキータにキメータ。

二アさん、はじめまして^^いつも楽しく読ませて頂いています。本日、満を持して、初めてコメントを書かせて頂きます。
柏のクロマニヨンズ、とっても羨ましいです(ーー゛)というのも、柏は我が家のお隣の街なのです。私も、12月7日の渋谷には参戦したのですが、就活生という身分のため、昨日は悶々と親指を噛みながら、昼間はバイト先の柏の映画館で働き、夜は大人しく家に帰ってエントリーシートを書いておりました。やっぱり、何が何でも行くべきだった(;_;)と涙で枕を濡らしていたところに、二アさんのありがたいレポートを拝見させていただきました。

マーシーがヒロトの頭を撫でたなんて(゜o゜)!新橋の47歳と48歳じゃあ、成り立たない。それが、自然と絵になってしまうのが末恐ろしい48歳と47歳です。見たかった~!!

マーシーの『またね』は、ニャンチュウみたいでかわいいですよね。伯方の塩に負けず劣らず、ヒロトのしおも良質でしょうに^^

これからも、ハウリンキャッツを愛読させて頂きます。失礼します^^

ぽ(*^.^*)
お友達に「聴きたい曲が全部聞けた♪良かった!」って言われて嬉しかったな。
役に立ったぞあたし!ってw

さて、今回は今までで一番きつかったです><
始まるまでバンビさんと待ちながら「このステージとの距離・・・・ブーツ磨くのにちょうど良くね??」クスクスクス・・・とかニアさんをツマミにしつつ待ってたw
縦長で横に逃げるスペースないから、コビー側も戦場でした。
こちらも最前に男性が多めでしたが、モッシュで人が流れる分ヒロトなめーのマーシーが割と良く見えたかな♪
暑くて、ヒロトがTシャツ脱ぐのも早くなかったですか?
アンコール時には、前方に山のような男性3人がおり、マーシーのヒロトなでなで見えなかったー・・・。近づいたのは見えたけど。くやしいな~。
「夢の島」のイントロが来たときは、【見た目は日本人だけどリアクションはフランス人】並みに天を仰ぎました。
「良かったね~」ってお友達が飛んできてくれたよw

「南南西」の歌詞そうだね、そうかも。そう思って聴いてみよう。
この時もヒロトはチラチラしか見えなかったけど、斜め上にピンと伸ばした左手が見えてそれだけでも・・・うん、良かった★
きついなんて書いたけど、もう既にあの感じが懐かしくてあのくらいならまだ耐えられるなあたし・・・とか思ってんのがこわいです。

「夏の庭」のお話全部聞きたいくらい素敵♪
どうにかまとめてここに載らないですか?ってでもプライベート過ぎるかww

☆次回はルー・ルイスでお会いしましょう☆岡山なんて全然遠くないよ♪

ひろにゃんさん
まさに積乱雲のようなライブでしたよ、次から次へとダイバーが沸いてきて……。まだ体があちこち痛いです。
柏神社の「あいつら」はね、もちろん1号のことだよ! 愛と勇気のお守り、効くといいんだけどな。だいじょうぶ、笑ってりゃいいんだ! 受かるぜ!(受・か・る・!)
新曲発売日にひろにゃんさんたちが存分にハッスルできますように、それまでは任せとけ!

凛華さん
なんか今回、ヒロトさんがよく見えました。「ヒロトさんと目があったような気がする」って言ったら「まさか本気で言ってんじゃねぇだろうな脳みそ腐ってんじゃねぇのこのバカ」というような要旨のことを愉快な友人たちに言われたよ!

「真島昌利さんを可愛くて格好良いと思ってしまう」。それ、魔法じゃない。事実。

tokageさん
日常にアキータら、チキータでクロマニヨンズをキキータいでしょう。
私もイキータい。そして、レポートをカキータい。

おふみさま
はじめまして! まんをじしてコメントを書いて下さってありがとうございます。就活生さんですか、いま色々慌しいときでしょうね。でも「行かないライブはよいライブ」という格言もあり、自分が参加しなかったライブほど楽しかったように思える、と言うのは世の常なので、ぜひとも心残りがなくなったときにライブに行って楽しく弾けましょう! ちなみに格言はいま私が作りましたが何か。
ぜひ、また気軽にコメント書きにいらしてくださいね~。

ブチさん
土曜日は色々、ほんとうにどうもありがとう。きみの超一級の優しさは身に沁みました。
柏、私もひとりでマーシー側に並びながら「マジでブーツ磨けそうだな……」って笑っちゃいましたよ。狭いライブハウスは、いいね。
「見た目は日本人だけどリアクションがフランス人」が面白いぞ! 天を仰いで「おお、神よ……!」みたいになってるブチさんが見える気がする。私もほんとにきつかったんだけど、思い返すとやっぱり楽しかったし、まぁ、もう一回くらいなら、あのモッシュに耐えられないこともない……なんて考えちゃってる時点で、天然サディスト真島の思う壺。
「夏の庭」はそろそろまた夏に向けて始動を始めるので、また機会があったら話題にしたいと思います。

またね! ルールイスでお会いしましょう。ほんとだ、岡山なんて遠くねえな、今日は晴れてて、操山がここからよく見えるぜ。

柏PALOOZA、よいハコでしたね。
あれくらいの大きさのハコ好きですよ。
ロックンロールがステージからはみ出しそうな、勢いを感じられるからね。
確かに、ヒロトはいつもより飛び出して見えましたよ。
目がキラッキラしてるのがハッキリクッキリ判ってドキドキした。

でも、私はカツジにときめきっぱなしだったけどね。

そして、今回もまた、マーシーのマの字もないレポもどきを書いてしまいました。

nemuriさん
刹那、善戦を誓い合ってすぐに別れたのですが、nemuriさんと同じライブに行くと「よかった、これでコビー&勝治方面は見たも同然だから大丈夫だわ」という気になりますが、我ながらどうして安心しているのだか意味が不明です。
勝治……勝治にときめき……いや、勝治さんももちろんかっこいいですけど、もう少し右の方にキラキラした粉を撒く邪眼バンダナがいるように思うんですけど、nemuriさんはそれは目に入らないのですか……?



てゆうかほんとにマーシーのマの字もねえじゃん!?(nemuriさんのそういうとこが、すき)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。