ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月の徒然話(トイストーリー/ニノ国/ハノイロックス再燃、他)

・クロマニヨンズの水戸ライブはどうだったのかな。マーシーはちゃんと復活してましたか。替え玉じゃなかった? わりと平気で「いいじゃん、ニセモノでも」とか言いそうだから、こわいわ。すてきな柏ライブのレポートを最近ようやく更新していた小鹿ちゃんが水戸に行ってるはずだから、レポートを待とうっと。きっとこんどは早く書いてくれるはず。るんるん♪(かわいくプレッシャーをかけてみたよ)

・映画の話。「トイストーリー」やっと観たよ。ヒロトさんもマーシーも「泣いた」とか「観たほうがいい」っていうもんだから観なきゃ観なきゃと思ってたんだ。パート2、パート3と回を重ねてちゃんと面白い映画って珍しいな。でも、まぁ、ちゃんと時間が流れてるからなんだな、この映画の世界に。現実の時間とほとんど同じ感じで、人間の主人公・アンディが大人になっているし。「北の国から」みたいなものだな。いわゆる「サザエさん」方式の時間軸固定のアニメやドラマよりも、制限が多くて制作が大変なことも多いだろうけど、シナリオが上質だとぐっと身近で惹きこまれる物語になる。だから私はパート3がいちばんすきです。これがずっと、どっちかというと子供向けのパート1を踏襲したシリーズだったら、きっとこんなに好きにはならなかったろうな。でも「おもちゃが動く」って言う発想は、もうそれだけでとても素敵だよね。日本風だとまず思い浮かぶのは「おもちゃのチャチャチャ」だね。あれって野坂昭如作詞だって知ってた? 「火垂るの墓」の作者ですよ。試験問題で「主語と述語を書きなさい」って問題が出たらこれほど難しい文があろうか、ってくらい、10行以上の段落まるごと一文で「。」最後にひとつだけで、あとぜんぶ「、」だけで繋いでる、凄まじい文章をお書きになる作家さんですよ。「おもちゃのチャチャチャ」の作詞って聞いて、なんだ、キレのいい詩も書けるんじゃねえか、と思った記憶が。しまった、話がまたえらい逸れた。
「トイストーリー」観て、私、こんなに大事だったおもちゃってあったかなあ、と考えた。忘れちゃったのかもしれないけれど、なかった気がするなあ。ぬいぐるみとか人形も普通に持ってたはずだが、それよりかは絵本とか、寝る前の創作物語とかのほうをいまでもよく覚えてる。おもちゃ自体が好きだったわけじゃなくて、おもちゃを配してそこに現れる物語がそのときから好きだったのかもしれないなあ。

・ゲームの話。ずっとDSの「ニノ国」やってた。スタジオジブリと、久石譲と、レベル5(レイトン教授シリーズ作ったゲーム制作会社)の最強コラボ。マントをはためかせて行く淡い色のレンガの街並みが、いかにもジブリ。ただ走り抜けていくだけの道があって、ゲーム進行には全く意味なんてないのにさ、ああ、この路地を走り抜ける感じが好き! と思って、何度も何度もその場所を行き来している。あと、同梱されている1冊の「マジックマスター」という本がないとゲームが進まないのが好き。どうしてもその本を見ないといけないときがあるから、持ち運び便利なDSのくせにどこでもゲームを進めるというわけにはいかない。よって家で時間のあるときにこつこつやっていた。こういう「手軽じゃない」「どこでもできない」「でもその手間が魅力」みたいなアナログ感のするものって、あんがいにこれから流行るかもしれないな。便利さも行くところまで行った気がするしな。レコードブームとかもそのうち来るんじゃないの。来ないか。来なくてもいいけどさ。


以下、本の話・ハノイロックスの話・レコードの話など。

・本の話。中村うさぎさんの本をここ最近で4・5冊まとめて読んだ。いままでもっとろくでもない考えなしの享楽的バカ女かと勘違いしていた。とても申しわけない。本を読んでみると、いろんなことをよく考えて、結論をきちんと出したがる人だった。とても頭の回転の速い女性だと思ったよ。だめだな、読む前から否定したり批判したりするのは、そっちのほうがなによりバカだよ。著作を読むとデリヘルに勤めたり、ホストにはまってみたり、「それが自分を追及するためのやり方だ」と説明されてもやっぱりちょっと過激だし、決定的に方法が間違っている気もするのだけど、ただ、そこには紛れもない「必死さ」がある。だから説得力はある。私は哲学というか、ものの見方に関しては内田樹さんという人にすごく影響を受けていて、彼の論理展開が大好きなのだけど、どうしても納得できないんだよなあ、と思う部分もいくつかあって、それはもう論理的にはわかるんだが、じゃあどうしたらいいんだろう、この論理を当たり前のものとして受け入れるためには私はずいぶん変わらなくてはいけないなあ、でもその部分って変われるのだろうか、というものすごく個人的なメンタルに関わる部分での納得のいかなさだったんだな。中村うさぎさんはその納得行かなかった部分を、かなりうまく説明してくれている、というよりも、もうこれは女性が女性であるだけで仕方のない部分のある「病」として形容している。論理だけで済まないことも、そりゃああるもんなあ。中村うさぎさんの両手を必死に振りまわしてるようなヤブレカブレさ、私は好きですよ。

・ロックンロールの話。ハノイロックス熱、再燃中。みなさん、ハノイロックスというバンドを知っていますか? もう解散しちゃったけどね。ビジュアルだけ見たら化粧した派手なルックスなので、それだけで敬遠されそうですが、実はとてもロックンロールなバンドです。いままで「ハノイがすごく好き!」って人に会ったことがなくてね、それが変な縁で、妙なふうに繋がった人が実はハノイの大ファンだったりしてね、ハノイロックスやボーカルであるマイケル・モンローの話ができるのが嬉しくて、そこから熱がまた上がった、というわけです。
ハノイロックスはハノイなんてバンド名に入れてるのにフィンランドのバンドで、フィンランドと言えばムーミンと白夜が有名な国だ。だから、日本ではじめてレコードが出るとき「トラジティ」って曲に邦題がつけられて「白夜のトラジティ」になってた。なぜ白夜をつけなきゃならなかったか。それは彼らの出身がフィンランドだから。なんだかトホホだ。でも「ムーミン・トラジティ」とかにならなくてホントに良かったと思う。
オリジナル・メンバーではひとりだけ、ドラムのラズルがイギリス出身で、メンバー全員もちろん英語は堪能なんだけど、フィンランド国内でインタビューを受けたりするときはもちろんフィンランド語だ。当時の映像を見るとラズルだけ取り残されて「ちぇ、なんだよわかんねーよ!」と拗ねているのが可愛い。

全米デビュー前に、ラズルは事故で死んでしまう。ラズルは、ほんとうに巧いドラマーだったと思う。1984年、自動車事故で死んだのだけど、このときに一緒に車に乗っていたのはモトリークルーのメンバーだった。もちろん、ラズルだって酔ってたかもしれないし、何かほかにもヤバイ薬のひとつふたつ決めてたかもしれない。事故はモトリークルーのせいじゃないかもしれない。でも、私はこの話を聞いたときからどうしても、モトリークルーを好きになれない。

ハノイはいったん解散して、近年また結成して、また解散した。マイケル・モンローはソロでやっている。この人はステージ・パフォーマンスについては文句なしだけど、曲作りのほうがどうも残念な感じだな。ハノイのときもギターのアンディ・マッコイがいたからこそ良かったのだし。でもマイケルは魅力ある人だから側に才能ある人間が集まってくる。ほんと早く日本でもツアーやってほしい。マイケルはものすごくいいやつだから、お客さんがハノイの頃の曲聞きたいのをちゃんとわかってて、昔の曲もやってくれる。そう言うところも含めて、私は彼が好きなんだ。

・レコードの話。安いレコードばっかり、順調に増えています。棚買わないと。しまった、棚を置く場所がもうない。もうこれ以上レコード増やすの止めよう。……シングル盤は場所を取らないからいいことにしよう。シングル盤って好きなんだよね。同じ曲のバージョン違いとか、B面の曲違いとか、ジャケット違いとか、ひどくそそる。
そういえば、こないだすごく年下の男の子と話していたら(20歳は超えてるだろうのに男の子は失礼かな、でもいかにも男の子って感じの子だったんだよ……)彼は「レコード見たこともない」と言ってたな。いまはそういう人のほうが多いと思うよ、と言ったら「レコードって不思議ですよね、なんで音が出るんだろう? って思っちゃう」って言ってた。私、CDのほうがずっと不思議なんだが……ずっと前から「いったいどこに音が記録されていて、どうやって出てるのか」と思ってて、いまだによくわかんないんだけど、これに関しても、もはや私のほうがおかしいのかしら。

・って、ここまでだらだら書いていたら水戸ライブに行ってた人から連絡があったぞ。セットリストは「ゴーゴーゴー」と「ネギボーズ」の入ったもの、マーシーまだちょっと風邪気味っぽい(こめかみを押さえたり、鼻を押さえたりしていたみたい)けど、客席から「大丈夫?」って言われてヒロトさんが「見りゃわかるだろう」と返してたそうです。まぁ、大丈夫そうだね。友人はマーシーから手渡しでピックをもらったそうで「きょうはピックと一緒にお風呂に入って寝る」そうだ。よかったよかった。あとは、本人からのライブレポートを待ってるよ。

・クロマニヨンズの話があんまりない、こんなごちゃまぜな更新でも読んでればちょっとは楽しいかしら。はやく帰っておいでね、M&D。

コメント

水戸に行ってた小鹿ちゃんですよ。
コビー側にいたからマーシーの姿はほとんど見れてないんだけど・・・(柏でもやってたらしいのをここのレポを知った)「草原の輝き」での脈絡のないベイベーしてたよ!その声だけは響いてきて、マーシーの健在ぶりを確認しました。
「マーシー大丈夫?」との声に、ヒロトが「見りゃわかるだろ。今日のマーシーカッコ悪い?心配してる奴はカッコ悪いと思ってんだな~」みたいなことも言ってた。もちろんカッコ良かったですよ。ええ。
あと、柏ライブの記事に書いてあった「夏の庭」の話いいねえ。ああいう話、好きだなぁ。

bambiさん
やあ小鹿ちゃん。さっそく水戸ライブの感想をありがとう。レポートは自分のブログでやるんでしょ。ま っ て る か ら ね 。

>「草原の輝き」での脈絡のないベイベーしてたよ!

これだけでもう安心した。教えてくれてありがとう。あのひと、大丈夫だね! bambiさんの行ったライブがいつもと変らずカッコ良かったなら、嬉しいよ。良かった。

そういえば「夏の庭」の住人の彼女が、君によろしくと言ってたよ。また一緒にライブ観ましょうね、だってさ。

帰ってきました!

こんばんは!m&dです。今夜シャバに戻ってきました。
マーシーのインフルエンザを心配し過ぎ?体に異変が起きていたd、やっと退院できました(*^_^*)
入院中、ハウリンキャッツがずっと心の命綱でした。クロマニヨンズ以外のお話ももちろん大好きですよ!
バンビさん達のレポートによると、マーシー、復活したんですね!良かった!!ヒロトの言葉に、マーシーへの変わらぬ愛を感じます。
m&d、入院、付き添いで、親子とも筋力低下してます。
明日から体を鍛えて、三重のライブに行くぞー!
dはマーシーのピックほしさに、三重のライブ前に伊勢神宮に参りたいと言いだしました。(どちらも他県なんだけどな…)
マーシー復活を知り、気持ちは元気になったみたいです。
またライブレポートしますね。

お帰りなさい。

m&dさん
親娘でクロマニヨンズファンのm&dさん、娘さんが体調を崩されたそうで、大変でしたね。でも退院の報告、ほんとうに良かったです。おふたりとも、しばらくはまだ無理をせずに体を大事にして下さいね。楽しみにしている三重のライブまでに、しっかり体調を整えていきましょう!

また元気にハウリンキャッツに遊びにいらして下さいね! 待っています!

トイストーリー良かったですね。
私は1からずっと見てましたが、3の決着のつけ方はお見事!というか。
まぁよーく考えれば当たり前なんだけど。
ちゃんとウッディー達とお別れしてて良かった。
だって、アンディは大人になっていくんですもんね。
そのままじゃちょっと、あぶないw

ニノ国はダーさんがひたすらやってましたよ!
横から覗いた程度だけど、プレイの間にあるムービーが紛れも無く
ジブリでうぉぉぉ!なんて興奮しちゃったり♡
映画として見たいくらい!
うちのも仕事場に魔法本忘れて、クソ寒い22時に「ぼく、ほんとってくる」って
ベスパで行ってしまい唖然としました。ウソだろ!?と。
でも、やってる人からしたら大事なんだもんね。

中村うさぎは、何処に出ても裏表のない感じが好きですw
彼女は真っすぐで不器用ですよねほんと。



ブチさん
こういうごちゃ混ぜの記事に真正面からごちゃ混ぜでコメントくれるの、嬉しいな。ありがとう!

トイストーリー3は最後どうなるんだろう? って結構はらはらして観ていて、でも観終わると、ああやっぱりこれでよかったんだなあ、って、ブチさんと同じような感想を持ちましたよ。でもアンディは忘れないんだろうな、たくさんのおもちゃと過ごした日々を。それはとてもいいことですよね。

「ニノ国」クリアしましたよ。私にも横から覗いて楽しませてくれる人がいれば、そっちのほうが良かったんですが(RPGは基本的に苦手……)。でも「ニノ国」はやっぱり子供向けを狙っているのか、かなり易しめだったのでどうにかなりました。旦那様の「ぼく、ほんとってくる」がかわいいなー。そこ、魔法でどうにかなるといいのにね。どこでもドア的なね。

というわけで「ニノ国」を終了し、本日より「逆転検事2」を開始します。諸君、私は御剣怜侍が大好きだ。もう一度言います。
諸 君 、 私 は 御 剣 怜 侍 が 大 好 き だ 。

ハウリンキャッツの更新が止まったら、それは御剣さんのせいです☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。