ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/02/13・さいたま市民会館おおみや「ツアー2010-2011 ウンボボ月へ行く」

ジグソーパズルのピースを集めてるんだ。

そのパズルは2000ピースとか5000ピースの作品よりもっと大きくて、しかも箱を開けたらピースが全部揃っているわけじゃない。パズルのピースは、渋谷とか、柏とか、大宮とかに転がっていて、ライブが終わったあと、会場の隅でキラキラ光っているそれをそっと拾い集めて、とてつもなく大きなボードに嵌め込んでいかなきゃならない。ぴったり合えばすぐわかる。どきどきする。合わないときもある。私のジグソーパズルは、まだまだ欠けている部分も多くて、完成には程遠い。でも、少しだけ、形を見せている部分もあってね。それは、あの人の笑顔を形作っている。彼がギターに手を振り下ろしたときの指の流れを形作っている。

カチリ、と嵌った1ピース。
「草原の輝き」の、あのギターの音色。
これからもその音を聞くたびに、撃鉄を起こすように、何度だって彼の姿が蘇るに違いない。

たった1音。


それだけで十分なんだ。



ホールはホールで楽しいな、ザ・クロマニヨンズ大宮ライブ、いつものレポート、意気揚々と参ろうか。


今回は大学時代からの友人を連れて参加、席は一桁列、ど真ん中。おかげでヒロトさんばっかり良く見えた。コビーと勝治も良く見えた。ライブ始まってすぐに、4人いるのちゃんと目視で確認できたもんね! あーほんとにクロマニヨンズって4人なんだ! ってすごく新鮮に思いました。……だって……たいていいつも、ベースの音はすれども姿が見えないから……コビーが……。
マーシー、カーキのウンボボTシャツ、体調も戻ったしどうもご機嫌な様子。2月13日だったしね、チョコレイトたくさん貰えたんでしょうか。それともあれか、監禁中のプレイがお気に召したせいで気力体力性力ともに充実か? ヒロトさんの「会いたかったぜ~、この日を待ってたぜ!」という言葉とともにウンボボ埼玉ライブの幕開けだ! 「オートバイと皮ジャンパーとカレー」で「イカス!」「ハヤイ!」と無我夢中で手を振り上げている友人を横目で見て満足、そうだよなあ、そうせずにはいられないもんな。「あったかい」ではヒロトさん「そこらじゅうにバナナとか」でこぶしを腰の辺りからつきあげて卑猥なポーズ、「パパイヤがなればいい」で胸の辺りに半円を描いてグラマーポーズ。最初はこういうポーズなかったよね、ってことは、やってるうちにヒロトさんが思いついたのだろうか。彼のそういう思考の繋がりは本当に面白いと思う。「底なしブルー」での「てのひら」「くちびる」のそれぞれの動きが美しい。ヒロトさんの動きって、こう、骨ばってるから、一見すると関節球体人形みたいなんだけど、綺麗だ。思った以上に体がしなる。あっというまに、機敏に次々と姿を変えていく。とてもやわらかい。ひとりシルク・ド・ソレイユ。
A面5曲目までやって、おなじみのレコードタイム。「クロマニヨンズのレコードは重いなあ。材料をたくさん使ってるから、お得だな」「レコーとライブが違うのは、時々僕が歌詞を間違えます。あと、どれだけ暴れても針が飛びません!」と言って会場の歓声を一身に受けてにやり「うまいこというじゃろ」。ヒロトさん、ライブで時々こうしてあからさまに地方の言葉を使う。ふるさとでのライブはちょっと違うと思うけど、たぶん意識してわざと使ってる面もあるのだと思う。彼は忘れないようにしているのかもしれない、どんな大きいステージに立っても、自分は地方から出てきたいなかもののひとりのロックンロール好きであることを。だから、彼はぶれない。そしていつも塗り替えていく、最高の一瞬を。「ここは月面だ。地球が見えるぞ。月に法律はありません。楽しんでってくれよ」ヒロトさんがレコードを持つ手付きをするとき、その指はいつも優しくて、なんか嬉しそうにニコニコ笑ってて、そして必ずレコードの針を吹くしぐさをするのがすごく好きだ。どうだ、今回ヒロトさんをよく見ているだろう。どうだどうだ。

マーシーは最初から最後までコーラスもびりびり震えるくらいすごくて「磁石男」の名に恥じずピックも大盤振る舞い、あっちこっちと場所を変えては投げていて、ソロなどもステージの際まで来てくれてご機嫌にプレイしていました。「草原の輝き」(今回、脈絡ない「ベイベ」健在)のソロの終わりのほう、ヒロトさんとの掛け合いも放り出し、お客にさえ完全に背を向けてひとりマーシャルの前に立ち、とにかく延々とフィードバック音(アンプに近づいて出すキーンという音)を出していたのですが、このときのマーシーの背中が「ぼくいまたのしー」「フィードバックたのしー」と言っていて、あとほんとうにかっこよくこのフィードバックが決まっていたので、今回は彼の後姿にぎゅっと心をつかまれてしまいました。そしてこのあとギターを下げたままとつぜん手を上に振り上げて踊りだすマーシー。思わず「ギター弾いて!」と叫んでしまいましたが、いま考えるとギタリストに叫ぶ台詞ではない。

あ、ヒロトさんの口の中にハープを入れてのちょっとした演奏も素敵だったな。「うまくなったでしょ」って笑っていたな。「埼玉には格闘技をよく観にくるんだよ。レッド・ホット・チリペッパーズも埼玉で観たよ」それ私も観たよ! このあと「レッチリの物真似して」と前のほうの人たちにねだられ「できません」ときっぱりお断りしていたヒロトさんと客席との掛け合いがほほえましかったです。

パズルのピースがあちこちに落ちていた夜です。「横田基地」でマーシーがとても嬉しそうに笑っていたこと。ギターのリズムに合わせて彼の顔が上下に動くのにあわせて私の顔も動いているのがおかしいと思ったこと。「スピードとナイフ」でいったんステージの後ろに下がり、そこから飛び出すようにして弾いたイントロのAコードが強烈にかっこよかったこと。エアレコードを掲げて急にヒップダンスを披露し始めたヒロトさんの体のライン。MC通り「ロマンマン」などで歌詞が飛んでいてごまかしきれなかったヒロトさんの目を細めた顔。あちこち指差したり、手で目の上にひさしを作って遠くを見るヒロトさんのまなざしの行方(彼には本当に遠くが見えているに違いない、といつも思う)。とつぜん「なぜか埼玉」でしたっけ、「さいたまの夜~♪」って歌を熱唱し始めてマーシーや勝治やコビー……つまり全員ですね! に爆笑されていたヒロトさんの笑顔。これ、ちゃんと勝治とコビーがすぐ合わせてきていてすごいな、と思いました。マーシーは笑っているだけでした。「南南西」はステージが広いので、ヒロトさんが大太鼓を叩いての横並び編隊。大太鼓がはけるときにいかにもメロドラマチックに手を差し伸べて別れを惜しんでいたメンバーたち。この意味がないけどとりあえずやってみるノリのよさがたまらなくすき。「鉄カブト」のとき秘密会議みたいにみんなで勝治の周りに集まってごにょごにょと嬉しそうにはしゃいでおどけていたこと。「ムーンベイビー」の強烈なレーザービームみたいな「カモンベイベー」のコーラス。「夢の島バラード」でにこにこと寄り添って話していたヒロトさんとマーシーの仲のいい野生の獣めいた姿。

「タリホー」いつも、この歌で私は弾けられない。気が付くと呆然としてマーシーを見ている。ああもう終わりなんだな、という予感と、圧倒的な目の前のロックンロールの洪水に押し流されて、ただ呆然として前を見ている。スモークの中でぼんやり浮かんだマーシーの姿は、なんかちょっと、仁王像みたいにも見えた。


……ジグソーパズルのピースを集めてる。
いくつもの夜を駆けて、彼らの笑顔を編もう。
狭い会場、広い会場、キラキラ光るピースを拾い集めて、私だけのクロマニヨンズの姿を、夜空より海よりも広いあのジグソーパズルに縫いとめよう。

コメント

コメント書けない

とうとう私がマーシー超ウルトラスーパー大好きギャルなことがバレたのか、パソコンからこちらにコメントできませんでした。
いや、本当にパスワードが違いますとかエラーが出るんです。
ニアくん、どうにか対処お願いします。


大宮ホール楽しかったみたいですね!
ホールは命がけじゃないですが、暴れる量はかわらないですよね。
ちなみに「あったかい」のヒロトは前からバナナ、パパイヤで洒落た手つきをしていた気がします。


初めまして。昨日のライブにて。
私『やって』
ヒロト『何を?』
私『レッチリ』
と会話した者です。

その意味は物真似ではなく、曲を演って欲しいと言う意味でした。
それはたぶんヒロトさんも分かっていたと思います。

物真似であれば『アンソニー』と言った個人名を叫ぶので・・。

少し内容が違っていた為、コメントさせて頂きました。

常駐ヒロトスキーくん
うそつきはコメントできない機能がついたんだよ。
いや、なにも設定いじってないんですが……どうしたんだろう……?

しまった「あったかい」でいままでどれだけヒロトさんを見ていなかったかが露呈してしまった!
書くの忘れていたけれど、アンコールも終わってマーシーの「またね」も聞いた後、ヒロトさんがニコニコでステージを端から端まで駆けて、途中で機材に引っかかって、慌ててその機材を気遣っていた一幕もあり、最後までいいもの見せてもらったな~、というライブでしたよ。

名無しさま
はじめまして。たいへん申し訳なかったのですが、私の書いている(書きたい)のは「事実」ではなく「私の観た、聞いたもの」です。だから、ご覧の通りヒロトさんのMCなどもかなりアバウトで、完全ではありません……。あのときにヒロトさんもおっしゃっていたように、後ろのほうではそんなによく会話が聞こえなかったんですよ。私が聞いていて上記のように聞こえたので、アバウトにそう書いてしまいました。でも、会話したご本人なら気になりますよね。
ヒロトさんとの会話、とても羨ましいです! わざわざ拙いレポートを読んでコメントを書いて下さり、どうもありがとうございました!

こんばんはー、おかえりなさい。

なんて良い席。ヒロトくんをばっちり観ることができますね!
「やわらかい」って表現、素敵。
甲本ヒロトさん養分、補充しました。ありがとうございました。

マーシー 全快 良かった良かった
変態プレイが効いたのでしょうか?

ちゃんとギター弾いてーー!・・・・ぶっw
そんな事を言ってる人、言われてる人を見たことありません。
世の中にはそれぞれ変わった方がいるもんですね~。

大宮、かなり良かったようで☆
マーシーが絶好調とのコメントちらほら見ました。
私はかれこれ、1年以上ホールは行ってなく今ツアーも野音
(指定席という意味で)までライブハウスですが
まぁ始まっちゃうとホールでもあんま関係ないんですよねw
4人がちゃんと見える事や、モッシュで流されない以外に
自分自身は何も変わらないですな。

うーむ・・・今回は年明けから参加というのもありツアー開始時は
は?岡山?いつの話ですか?私それまで生きてるかな??くらい
遥か未来の感覚だったけどツアーも残すとこあと2ヶ月か~・・・・。
そろそろ淋しさを感じる時期ですね。

大学時代からの友人とライブ良いですね。
昔からの友人となんて…本当に良いな。

ヒロトの卑猥なポーズ私が12月にライブ行った時もしてましたよ。
やっぱりあれは卑猥ですよね。笑

度々すみません!
にあさんがいらしていたとは知らず、間の悪いコメントを投稿してしまい‥‥失礼しました。記憶の保持に自信がないもので、先走っちゃいました(苦笑)。
あの建物のちょっと懐かしい佇まいが、地元の文化会館に似ていて驚きました。もしかしたら、クロマニヨンズ規格があるのでしょうかねぇ??社長に尋ねてみたいなぁ~。
そういえば、大豊作の彩の国とは異なり、パパイヤが不作の時もあった気がします。C.C.Lemonの収穫高が気になります(笑)!それにしても、客席にお尻を向けすぎじゃあないですかねー。カツジに嫉妬しちゃうような仲良しっぷり‥‥眩しかったですね(*^^*)

凛華さん
ただいま。
ライブハウスだとマーシーサイドで観てばかりいるので、今回、視界がなんだかとても新鮮でした。マーシー全快、ほんとによかったよかった。縛ったり鞭打ったり突っ込んだり(何をだ)が効いたんですね、きっと。

ブチさん
「それぞれ変わった人」って軽く私のことまでディスってきたあたりにブチさんの愛を感じましたよ。
ホールはホールで落ち着いて観られるのが良いですね。でも、好みとしては「やっぱりライブハウスのほうが面白えな」と思いました。クロマニヨンズはホールもライブハウスもつまみ食いできるのが嬉しいです。
ツアーも後半、新曲もきっとそろそろお目見えですね。岡山ライブ、楽しんでください!

花さん さん
友人は腐れ縁な上にBL好きで本人も腐りきってますけどね。いいやつです。
そして「あったかい」でいままでヒロトさんをまったく観ていなかった件についての追い討ちをかけないで下さい……(/-\*)12月から……そうですか……久しぶりにあの細いのが良く見えたので、書いてみたかったんです……。

サフィレットさん
いえいえ、いち早いコメント嬉しかったですよ~! そういえば「さいたま行きます」とか書くのすっかり忘れてましたからね、もし書いていたらサフィレットさんに会場でお会いできたかしら、残念です。
今回、パパイヤ大豊作でしたよね? バナナもかなりのサイズが……!(笑)C.C.Lemonでも、みんなでいつもどおり仲良く、ご機嫌に大収穫して欲しいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。