ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/03/25 福岡DRUM LOGOS(完全無欠のいい話)

空を飛びたいっていまだに思っている。だから、ヒコーキに乗るのは好きだ。好きだけど、すこし怖いんだよ、いつだって。なんでこんなものが空を飛ぶんだかいまだにわからないし、離陸のね、体が浮く感覚、ぽっかりと虚空に留まって、右にも左にもどこにもいけない感じ、ドキドキして、半分くらいあきらめてもいるあの感じ、やっぱり怖いと思う。でも雲の上を飛ぶのはいい。いつも目を凝らしている。雲の上に人がいそうな気がしてさ。弾むように歩いたり、ぽかぽかと日を浴びて居眠りしているやつがきっとひとりかふたり、見つかるような気がしてさ。きっと「雲は水蒸気だから、乗れない」なんていうのはぜんぶ嘘なんだな。きっといる。見つけられる、今日こそ。そう思って、飛行機の窓から、油断せずに雲の上をみている。

3月もそろそろ仕舞いの福岡空港、思っていたよりも寒い。「なんで南なのに東京と同じくらい寒いんだよ」って文句を言ったら、あのひとはきっとまた「南だからあったかいと考える、おまえのその単純な思考が気に入らない」というんだろう、と思うと笑えた。彼女のつくその悪態、もてなしややさしさは、ぜんぶいつだって全力だ。

少し遅れて到着した福岡空港、彼女はもう到着口で待っていて、私を見つけると笑った。
「来たよ」というと「うん」と言った。挨拶はそれで全部だった。それ以上、なにを言うことがあるんだろう? 歩き出しながら、やたらきょろきょろして「もしかしたらケーヤンがこの飛行機に乗っているかもしれない!」とものすごくミーハーなことを言った。そんな偶然ねえよ、と言ってやったら、なんで一緒の飛行機じゃないんだ、このバカ、みたいな難癖をつけられた。むちゃくちゃ加減も相変わらずのあのひとは、もちろん「トカゲgallery」の姐御、博多の隊長、トカゲさん。

ね、わかるだろ、長いんだよ、このレポート。福岡で会いたかった人が私にはたくさんいて、話をしたかったこともたくさんあって、だから長い。それでも構わないというならついておいで。きっとそのうち、クロマニヨンズのライブの話にたどり着くだろう。

トカゲさんのかわいい車で海まで行ったよ。彼女の車、最高にイカスんだ、目の前でライブしているみたいに聞こえるカーステ積んでてさ。クロマニヨンズのこないだのシングルについてたライブ盤を聴いたんだ。3月半ばくらいから、私はあんまりクロマニヨンズを聞けなかったけど、こうして車を海まで走らせながら聞く「あったかい」はものすごくよかった。ぶあつい音がぶつかってきて、血に溶けていくのがわかる。この音、触れそうだ、と手を伸ばしたら、ロックンロールの端っこにほんとに触れた気がしたぜ。そうして、やつらの騒々しい音楽は、海についたときに計ったみたいにピタリと幕を下ろしたんだ。

「ただの海で、なにもなくてごめん」とトカゲさんは言ったけど、その何もなさに、ただの青空や凪いだ海に、私はどれだけ安らいだだろう。もともと、海は海だし、空は空だし、陸は陸だ。そこには何の意味もない。誰にとっても青空がただの青空に戻る日を私は待っている。それが平和というものだ。

フラカンを聞きながら天神のほうまで戻ったら、東京のジョーくんから「マーシーの目撃情報多数だ。探せ」というメールが来ていた。ところでジョー君は、私がこの日の朝に「やっぱり強行突破で福岡に行って来る」とメールを送ったら「福岡というのはあの福岡か。福岡商店街とかそういうオチではないのか」という実にとんまな返事をよこしたが、なんだ、福岡商店街というのは。どこにあるのだ。そして、そんなに簡単に街で行き逢うわけがないじゃないか。いちおうきょろきょろしてみたけどね!
きょろきょろしながら、この日の夜に控えたクロマニヨンズのライブ、私の持っていたチケットはそうよい番号ではなかったんだけれど、ちょっといい番号と交換してあげるよ、ということで、トカゲさんのブログでよくお名前を目にするさくらさんに会いに行く。ヒロトスキーだというさくらさん、透明感のあるかわいい方だ。胸キュン。今回のライブはご一緒できなかったけれど、同じライブを見たかったし、もっと話がしたかったな。トカゲさんのブログと、このハウリンキャッツは行き来して読んでくださっている方も多いらしく、トカゲさん曰く「にあちゃんが来福するならどうぞよろしく伝えてくださいと何人かから言われている」ということで、ありがとうございます。色々な方々にあたたかく見守られている真島にあです。

チケット入り袋。
さくらさんから渡されたチケットと、かわいいお土産ステッカーが入っていた袋が手作りでスゲー!! つい「なんだよカッコいいじゃねえか!」と言ってしまった。裏はヒロトさんだけど(裏かどうかも人それぞれだよな、この場合)、マーシーの側だけ写真撮ってみた☆ ほんとうにありがとうございました。

さくらさんがお帰りになった後も、ビール飲みながらだらだらトカゲさんと話をする。トカゲさんは自分がクロマニヨンズのチケットを取ったのに、ライブ日程が重なったからケーヤンのライブに行くことになってしまったので「にあちゃんが持っているチケットの良番は私のおかげ」と繰り返していた。他にトカゲさんのおかげで良番でライブを観られる仲間は、前にも「RockDaze!2010-start-」でお会いしたドラマーらしくない華奢なドラマーのクロさんと、別嬪独眼竜(今回はべつに独眼竜ではなかったけど)の凹ちゃん。ふたりとも9月以来なので会うのが楽しみだ。凹ちゃんは仕事で開場まえにはたぶん会えないだろうと言っていたけれど、クロさんはロゴス前で会うことができた。クロさんはクロマニヨンズの単独ライブは今回が初参加、仕事帰りで荷物もあるし、ロッカーに預けて後ろのほうで見るよ、とのことなので、もちろんマーシー前に突っ込む気でいる私は上着などをお願いしてしまう。ロッカーが会場内のライブはこういうときちょっと不便だな。これからケーヤンのライブに行くのにトカゲさんは何食わぬ顔で一緒に整列し「クロマニヨンズ楽しみだなー」などと嘯いている。ケーヤンのライブに行くことを決めつつも、クロマニヨンズのライブに思いは残っているんだろう。そりゃそうだ。行きたいライブがふたつ重なると、ほんとに苦渋の決断を迫られることになるよな。どっちかひとつを選択せざるを得ないもんな。こればっかりはコピーロボットがいてもだめだなあ。

「マーシー側なら入って右へ突っ込むんだ。右だぞ!」

と後ろからトカゲさんに言われて乗り込んでいった完全アウェイの福岡ドラムロゴス、ライブ前に手をこすり合わせたりしながら、今日はどんなライブになるだろうと考えているのが好きなんだよ。そして、いつだってやっぱり少し怖いんだ。彼らのライブを観ることで、私の感情はきっとまた揺らぐ。彼らにすぐに影響されて、価値観すらかんたんに変わっていく自分のことが我ながら信用できない。ライブが終わったとき私はどうしているだろう、と思うと、たった1時間半後の未来にドキドキしている気持ち、ああそうか、ライブはヒコーキに乗るときにも似ている。

……雲の上に彼らがいてさ。

目を凝らして、じっと見つめているんだ。

いままで信じてきたこと全部、ひっくり返るほどたちの悪いライブを見せてくれよって思いながら。


いっときも目を離せず、ただひたすらに青い空のような、あのひとをみている。




ローゴース!!

トカゲさんのチケットのおかげでわりとするりとマーシー側2列目にもぐりこんで、ライブ始まって少ししてから、後ろから押される勢いでもぐりこんだ最前列、あらイヤだ、なんだかんだで私ったら完全アウェイの福岡で最前列。でも、ドラムロゴスのみんな、きっとクロマニヨンズのことをすごく待っていたんだろう、モッシュはかなりあったけれど、それもほんとにヒロトさんが見たい、マーシーのコーラスを聴きたい、と切望して前へ前へと押すノリで、悪ふざけみたいにただ惰性で繰り返すダイブもなく、とてもいい雰囲気だったと思う。私の周囲のひとたちはみんなすごく優しくて、隣にいた兄ちゃんなんて「だいじょうぶー? もっとマーシー側行くー?」って気を使ってくれたりで、殺伐感がまったくないライブで楽しかった。でも待て、なんであの兄ちゃんに私がマーシー好きだってばれたんだろう。

ヒロトさん、黒の「2」プリントのウンボボTシャツ、マーシーはカーキ。ここのところライブレポートを聞いたりしていると、MCが多い場所もたくさんあったようだけれど、あんまりMCはなくて、とにかく最初から全開で飛ばしている感じ、1曲1曲すごく大事に、楽しんでやっていて、ライブとしては最高じゃないかな。やれることを全身でやっている彼らの、その問答無用の突っ走り方はやっぱり観ていて気持ちがいいよな。
セットリストは相変わらずほとんど変わらず、日替わり曲は「ゴーゴーゴー」と「夢の島バラード」。アンコールのときに客席から「チブやってー」と言う声がかかってヒロトさんは「やらないけど、おまえらもオレも全員チブだー!」みたいなことをニコニコと叫んでおりました。
ごめんね、あんまりライブのことよく覚えてないんです、というのもこのあとにいくつか覚えておかなきゃならなくて脳細胞を総動員した出来事があってね、そのときにライブのことは頭から抜けちゃったみたいなの。そのうちのひとつが、おそらく全マシマニアの憧れの的である「ピック手渡し」です。あとからトカゲさんに「またピック狩ったのか」と言われ凹子ちゃんやクロさんにも「ライブ行けばピック取ってるみたいな感じするね」と感心(ほぼ呆れ)されたのですが、今回の場合は彼がくれたのでしょうがないと思うのー。テヘー。ライブ前にトカゲさんからも「ロゴスだと、マーシーはけっこう豆まきみたいにピック撒くよー」と言われていたのですが、ほんとうによくピック投げてくれる日で、ソロになるたびにマーシー☆オンステージが開始。ステージギリギリ端まできて、ギター触れるんじゃないかってくらい腰を落として、見せ付けるみたいに弾いた後でピック渡したり投げたりと大盤振る舞いで、本編終わったときにはマイクにつけられたピックだけではなく、ステージ端に設置してあるピックまでぜんぶなくなってスタッフさんが補充していました。
私が貰ったのは「紙飛行機」のときだと思う。あの曲、とても好きだから嬉しかったな。手はものすごくいっぱい伸びていたし、彼も別に人を選んで渡してるわけじゃないんだろうけど、いっしょうけんめい彼のほうへ伸ばした手の中に、まるで最初から決めてたよっていうみたいに、当たり前な感じでひょいとピックを入れてくれると、ちょっとなんつーか、テヘ。っていう感じになりますね。手の中にするっと入ってきた彼のしなやかな指に、つかの間触れられたことが何よりも嬉しかったです。落ちてたのを拾ったとか、投げてくれたのをキャッチとかでピックはいままでいくつか貰いましたが、直接手渡してもらったのは初めてでした。ありがとう、って思いました。あっすみません、このライブ、ステージの上にマーシーしかいないみたいになってますけど、なんか後ろのほうでかっこいいドラムを叩いてニコニコしていた人や、すごい左のほうでベケベケいう楽器を操っている人や、真ん中で歌ったり踊ったりしている人もいました。「南南西」のときの弾んだ手のあげ方がかわいかったな。あと、会場に水を撒いて「水撒き行為は禁止だよ」も言ってたな。なんだ、この「いちおう思い出してみたけど」って感じのつけたしぶりは。

終わってぐったりとバーにもたれていたら足元にもうひとつピックを見つけたので拾い上げ、ドリンクカウンターのまえで凹ちゃんに会えたのであげました。クロさんにもすぐに会えて、よかったね、ライブよかったねって言いながら、いったん着替えにホテルに帰ることにしました。浮かれながらふわふわ歩いて、たくさん3人でライブの感想を話しました。Tシャツ着替えたり顔洗ったりの間もずっと「スピードとナイフ」のイントロがカッコイイだとか「夢の島」がよかったとか、ヒロトさんに似た格好の人が多かったとかフルスピードで喋って、じゃあ改めて飲みに行こうか、トカゲさんはケーヤンのライブを見ている最中だろうし、とまた街に出ることにして、エレベーターの扉が開いたら、中にヒロトさんがいました……。

乗り込もうとした足が止まって、かすれた声で「ヒロトさん……?」って聞いたら小さくうなずきました。すぐ後ろにいた凹子ちゃんとクロさんは私がそういわなきゃおそらく気づかなかったでしょう。直前まで「ヒロトのコスプレしてる人」の話をしていたし。そのくらい普通に空気に溶け込んで、エレベーターの中に彼がいました。完全に足止まっちゃっていたら、ずーっとエレベーターの「開」のボタン押してたらしいヒロトさんが「のんなよ」ってしぐさをしました。ああそうですよね、と思って慌てて3人、エレベーターに乗りました。
彼は雑誌でよく見る黒いハットをかぶって、バッヂのいっぱいついたスカジャン姿でした。エレベーターの角にぴったりはまるみたいに立っていました。何でだか私もそのときはものすごく冷静で(いま思い出して書き起こしてるこのときのほうが変にドキドキします)「いまライブいきましたよー」って普通に話しかけました。そしたら静かな、ゆっくりした調子で「ああそう。……ぐうぜん同じ場所にいたんだねぇ」って感慨深げに言いました。今考えると、彼の返事、すっとぼけすぎてておかしいね。「同じ場所にいたんだねえ」って、あなたのバンドのライブじゃないですか。ものすごくヒロトさんっぽいけどね。それからやさしい口調で私たち3人を見て「ゴハン行くん?」って聞いてくれました。うん、てうなずいて、そだそだ、と思い出し「こないだのルールイス行ったよ」って言うと「ああそう! かーっこよかったねえ!」って。私も思い切り同意、「かっこよかったあ」「かっこよかったねえ」何か思い出すようにうんうん、とうなずいてました。ふと思いついて「握手してください」と言ったら気さくに手を伸ばしてくれて、3人とも握手してもらいました。包み込むようにそうっと握ってくれる、やさしくてちょっと冷たい手でした。そこでエレベーターが1階について、彼はまた自分が「開」のボタンを押しててくれて、エレベーターから出ました。人間としてものすごくあったかい人だよなぁ、とほんとうに思いました。それから私たちはそのまままっすぐホテルを出て、飲みに行きました。

ホテルがどこらへんか、などの質問には申し訳ないけどお答えできません。たまたま同じところに宿泊してたんでしょうね。待ってたらマーシーも降りてくるかも! とちょっと思わないこともなかったんですが、そういう後付の邪さで汚してしまうのはもったいないくらい、奇跡的にうつくしい偶然でした。私たちはエレベーターの中という狭いひとつの空間で、1階までの道のりのたった何秒かだけともに生きて、そのまますれ違いました。たぶん彼には何の印象も残さなかったと思います。それはただ澄んでいる水のような時間で、何ひとつ邪心のなかった、でも会えた、そういう邂逅であったことを、私はとても嬉しく思います。

お店を決めて、入って飲み始めてから、ちょっとわけがわかんなくなって「あれっ? ほんとに会った? いまのヒロトだった?」と集団妄想を疑いはじめる羽目になりました。クロさんと凹ちゃんがいたからよかったようなものの、もしひとりだったら完全に夢として片付けたかもしれません。クロさんは「クロマニヨンズ初めてのライブでヒロトと握手してしまった……」と嬉しそうだったし、凹ちゃんも「にあちゃんがいなかったら気づかなかったよ!」と笑顔でものすごく天然なことを言っていました。みんな握手してもらえて本当に良かった! なんてことだ、こんな「完全無欠のいい話」が存在するなんて! 最高だ、ありがとう! ここだったのか、1番のその先の道と言うのは! さぁ、さんざん羨ましがってください、きっといつか、きみはヒロトさんやマーシーに素敵な形でめぐり合うでしょう、そのときには私がさんざん羨ましがるからね。ははは、福岡でヒロトさんに 会 っ た ぜ ! 嘘みたいな本当の話で、とにかくこれは私の中でもいっとう素敵な物語。これが私の3月25日のおはなし、福岡の話はもうすこし続くけど、それはまた次にしようか。遅い時間になってからケーヤンのライブに行っていたトカゲさんが合流、凹ちゃんちで朝まで大騒ぎ、翌日にはモモちゃんと出会い、レコードの話も「流線型」セッションも盛りだくさんだ。


ねぇ、ヒロトさんてば、少し宙に浮いてるみたいに不思議にすいすい歩いていたよ。



ほんとに雲にも乗れそうだったぜ! 


コメント

感謝の言葉が足りん

良番をとっただけでなく、
他のホテル予約していた哀れな子に、そのホテルに変えろと言った、
上品で、たおやかで、車の運転が丁寧な方に、
感謝の言葉が足りないんじゃないですか?

こんばんは!

ふわあああ!
すごい、すごい、
ピック手渡し それでもって
ヒロトくんに会ったなんて!

すごいすごい、
良かったですねえ。

すっごく良い日だったんですね。

うーわーあー、いーいなーあ。

マーシーから手渡しで貰ったピックのお話が
今回の頂点かと思いました。
何、コレすげーw
ジョー君の言う様に福岡はかなりの目撃情報があり
結構握手した人も多いみたいだけど...
距離感とか偶然感(こんな言葉ないかw)では一等ですね。
うん。素敵。何回も何回も読んじゃうな。
ニアさんライブレポはマーシーしか存在してなかったけどw
一生懸命このヒロトの事を覚えてくれたんですね;;
会えない気がしなくなるね。もう明日にでも会えちゃいそう♫
そう思って暮らしたら毎日楽しいな~。

トカゲさんのコメントに爆笑しましたww
早くっ、お礼言ってあげてっっ。

いいなぁ~いいなぁ~(((o(*゚▽゚*)o)))

読みながら、なんかこっちがよく分からなくなりました。
とにかく、あっちこっちうらやましいです。

なんかもうすげぇなあ…にあさんすげえ。全部すごいです。
レポ読んで、心臓ひっくりかえりそうです。

あと、感謝、追加してあげてくださいね。

tokageさん
まだ福岡旅行記続くって書いたのにー! 最後にたくさん「ありがとうvらぶトカゲさんvまぢあいしてゆv」って書こうと思ったのに酷ぇぇぇぇぇ!! あと「上品で、たおやかで、車の運転が丁寧な方」に心当たりがないんですけど、誰でしたっけ?

ほんとに色々、ありがとうございました。楽しかったよぅ。次は同じライブを見ましょうね。

凛華さん
こういうことってあるんだなあ、と人ごとのように思いましたよ。そうだね、すっごく良い日だったな。きっと、凛華さんにもそのうち、思いがけないときにこういう日が来るんだよ。覚悟してないときにいきなりくるからびっくりするよ!

ブチさん
私もマーシーピックが頂点かと思ってました。頂点こえて有頂天だな。
あんまりキャーってならなかった自分が我ながら不思議。マーシーだったらもっと動転してたかな……わかんないな。エレベーターっていう、そらとぶ密室機械の中でぜんぶ始まって、ぜんぶ終わったのがよかったのかもしれない。

なんか、たぶんそれぞれにいちばんいい会い方というのがあって、それはタイミングなんだと思う。ブチさんも会えないわけがないと私は思うよ。

ひろにゃんさん
もう、どストレートなヒロトスキーの反応じゃないですか。いいでしょいいでしょー。次はひろにゃんさんの番かもよー?

かるちゃん さん
私もよくわからないです。たぶん集団妄想じゃないとは思うんですが、考えれば考えるほど自信がなくなります。みなさんのコメント読んでからのほうが、なんか動悸がしてきましたよ……。

なんですって…おおおおおおおおおお!!
う、うう、ううっ…(涙)
ちょっとあと100回読んで噛みしめたらコメントするわ。
ちょ…

なんだか、すっごくきれいな場所の澄んだ水を飲んだような気分です。
自分の中の(勝手なだけど)イメージ通りのヒロトさんがそのまんまそこに居たような気がして嬉しい。にあさんありがとう。
やっぱり不思議な人ですね、ヒロトさん。(真島さんは私の中では「謎の男」ですが。。。)

おおっ!!手渡しでもらったのね。
みんなが言うようにほぼ毎回ピックもらってるような錯覚だったけれど
手渡しは初だったのかあ・・・。
確かにあの一瞬触れる汗ばんで冷たい指先って妙に残る印象。
ちゃんと私のライブの心得”きれいなXXX"で参加したんでしょうか???

生ヒロトさんも見られたし、すごい素敵なライブでしたね。
・・・思うに、エレベーターにいたのがマーシーでなかったのは
あんな狭い空間に(たとえ他に人がいても)マーシーと閉じ込めたら
マーシーがどんな目に会うか・・・と懸念したロックの神様の仕業です。
でも、ヒロトさん間近で目撃したら私は脳ズイが溶けそう。

次会うまで絶対手洗うな。

mです。
おっかしいなぁ・・・3月25日お伊勢参りに行って、夕方赤福本店の鴨居の低い裏口から出る時、私の前を歩いていたヒロトが頭をぶつけそうになって、頭を低くして出て行ったのを見たよ・・・・・・あれ、私の一人妄想だったのかぁ???
今日14才のdに言われましたよ。「にあさんは、mと違ってヒロトさんに対して欲がないから、偶然会えるんだろうなぁ」って。「欲って何?」と聞いたら、「よこしまな感情」だって。
私はよこしまでも、たてしまでもなく、ステージ上の彼が一番大好きなんですけど、今日は「にあさん、いいなぁ(*^。^*)」って、変なテンションで過ごしました。
いいなぁ・・・いいなぁ・・・

あんこさん
なんか……スミマセン……「猫に小判」「豚に真珠」「にあにヒロト」←new! みたいな話で……。

アロママンさん
私にとってもほんとうにイメージ通りの人なのが嬉しかったです。ヒロトさんは、何度思い返してみてもね、やっぱりちょっと笑っちゃうみたいな、ふわっとしたやさしい感じの方でした。こちらこそ、コメントをありがとう。

Makiさん
なかなか手渡しは難しいですよね。東京近辺の広いライブハウスだと、それでもう無理だし……。「きれいなxxx」は私にとってもライブの心得のひとつですから、それはもちろん。
エレベーターの中にマーシーと……と、閉 じ 込 め ら れ た い……あっ、ロックの神様!! 逃げないでーーーーー!!

常駐ヒロトスキーくん
命令形ッ。怖いよ君ッ。
手を洗ったくらいでヒロトさんの魔法が落ちるなんて思っているの? ちゃんときみに彼を届けるよ。そのために握手してきたんだよ。

m&dさん
赤 福 。リアルにいそうだな、ヒロトさん。
14歳のdの理論で行くと、私はマーシーに対しては欲(=よこしまな感情!)が異常にあるから、偶然どころか絶対会えない、ということですね……そうか……うん……知ってるよ……。綺麗な心を持って、いつか真島さんにも偶然お会いしたいものです……。

やっほーーー!
まさに「ニアにヒロト!」それまさに言おうと思ってたよ!(笑)
もうね、この羨望と嫉妬と驚嘆を洗い流すために何をすべきか考えて、すごい企画していました(笑)
ヒロト&マーシー遭遇体験レポ特集、全5編の大長編が完成したよ!ぜひURLから遊びに来てください。

ハウリンキャッツのお仲間も、ぜひ遊びに来て^^
いろんな仲間が、いろんなところでヒロトとマーシーと会ってるよ!
ニアさんがN01だけどね!大長編で堂々のトリを飾っておりますよ^^

あんこさん
あっという間に1000ヒットの超大型新人ブロガー誕生ですね。新人賞あげるよ! それにしても短い時間でよくこんな大型企画記事を書きましたねぇ……心から尊敬します。
堂々のトリに使って頂いてありがとうございます。きっともっとすごい体験した方もたくさんいるんでしょうけれど、みんなあんまり話さないんでしょうねぇ、きっと。
真島さん編を大変興味深く、熟読しました。真島さんのほうがウロウロしてるんですか? ほんとに? 次から麻酔銃持ち歩こうかしら(危険な思考)。

これからもあんこさんの楽しいブログに期待しております! ハウリンキャッツを紹介してくれてありがとう!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。