ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それは残酷で美しいもの

「支援」などと呼べるほどのことではもちろんないが、だいすきなひとが東北に住んでいて、せめて彼女を励ますために、突発的に旅に出た。「これから行くぜ」「何をしに」「何って、顔を見に」それだけの単純な理由で、まだまだ工事中の高速道路を北に向け、夜を駆って走った。私はいつだってもっと強くやさしくなりたいと思っているけれど、きっと本当につよくやさしい人間というのは、こういうときに分け隔てなく、みなにやさしくできるのだろうと思う。自分の考えなんて何ひとつ差し挟まず、どんな人にも同じようにやさしくできる人がきっとホンモノだ。私はだめだ。私の優しさは独善的だ。自分がケアできる狭い範囲でしか物事を考えられない。偽善極まりない、それでも、行かないよりはまだ行ったほうがましだと、自分に言い聞かせて深夜高速を走った。

あの地震でひどい被害を受けた地域に行ったわけではない。だから直接的な被害の状況を見たのではないけれど、たくさんの人が亡くなった地域以外でも、東北のテレビではいまだに画面の周りに災害情報などの速報がずっと流れ続け、歴然と「震災前」と「震災後」という括りが人々の中にある。東北全体が連帯感を持って悲しみ苦しんだ末、いま、一種痴呆的ともいえるほど、奇妙にあかるいばかげた雰囲気が漂っているような感じすらした。

通りがかった岩手山がうつくしい。こんなにうつくしいのは初めてだ、と思うほど神々しく、あっけらかんとうつくしい。
岩手山
この山がみおろす大地があの日震えて人がたくさん死に、この川が流れ着く海が、あの日、多くの人を飲み込んだのだろう、そういうふうにわかっていても尚、山も川もぜんぶ、ほんとうにきれいでまぶしいほどだ。あの海のそばに住んでいた人々は、きっとみんな海が好きだったのだろうなと思う。美しい海の姿をたくさん知っていたのだろうなと思う。

地震のあとで「世界は壊れていないよ」と話したヒロトさんのラジオの言葉を、私はずっと素直に受け取れなかった。世界は壊れたと思った。全壊じゃねえか、全壊に決まってんだろう、どうしてそんなやさしげな嘘をつくのだろう、どうしてみんなその嘘を信じることができるのだろうと思っていた。地獄は何度だってやってくる。津波から助かった人が、過酷な避難所での生活の中、インタビューに答えて「命が助かっても、もう何も残っていないし、こんなつらい生活をしなくてはならないなら、いっそ死んだほうが良かったのではないかと思うときもある」と声を詰まらせながら話しているのを聞いたとき、私は絶句した。何も言えずにただ深く傷ついただけの自分が、ほんとうに悔しかった。いまでも。

ヒロトさんの切り裂くようなあの優しい嘘も、いまならもうすこし理解できる。どうして残酷さと美しさというのは同居するんだろう? 山はきれいだ、海はきれいだ、その感情に私は自分自身で戸惑ってしまう。この大地が人を殺した、この海が人を呑んだ、でも、きれいだ。もっと単純ならよかったのに。残酷さはただどこまでも残酷さのままであったなら近づかずに憎めるのに、残酷で美しいなんて、それは卑怯じゃないか。ちくしょう、この国の自然は、とてつもなく残酷で、とてつもなく美しいぞ。

もういやだと思うことは何度だってある。もう、ぼろぼろでうんざりだ。人々のうめきや、絶えぬ叫びで今日もこの世界は満ちているのだ。地震を含む自然災害は、理由のない悪意の最たるものだ。最低だ。

ああ、それでも私はきれいなものが見たいんだ。長い長い時間がかかったとしても、どうか津波の被害にあった人たちが、いつかまた海を美しいと思えるようになりますように。

会いに行ったあのひとは、ぽっかり笑って、八重桜に間に合ってよかったと言った。

伸びる八重桜

きれいだ。私は、きれいなものが好きだ。また来よう。私は、私を造ったこのくにのかたちを愛している。

コメント

昨日発熱の男だった一号がニュースを見ながら
『何にも災害の起こらない年ってないのかなぁ?』
と、つぶやきました。そうだねぇ…。

私の故郷は鹿児島で、故郷で過ごした年月と、
故郷を離れてからの年月がちょうど同じになりました。
鹿児島には活火山、桜島があって、噴火すると、
火山灰がサラサラと降ってくるし、酷い時は爆風で硝子が
割れてしまう事もあるうで、大変でした。
でも、良い時も嫌ことがあった時もよく眺めました。
帰省した時、海に浮かんで見える美しい桜島を眺めて、
あぁ帰って来たなと実感します。
わたしもきれいなこのくにを愛してます。

あ、こないだコメントしたヤンヤンは私です。興奮して名前を打ち間違えました。失礼しました!

今回の日記、なんだかちょっとだけ涙が出ました。なぜでしょう。
直接的には何もできないけど、一生懸命生きれば、気持ちはいつか届くはずだと信じております。

ちなみにキースの自伝は自分も買いました!
全然違う場所で同じものを読んでるってのは、なんだか不思議な気持ちですね。

こんにちは。

あたしは彼の言葉を真っ正面から信じました。信じたかった、それだけの理由です。
春はどこにでもきちんとやってくるので、大丈夫な気がします。楽観的すぎる小娘が勝手に思っているだけですが……

自然って怖いけれど、やっぱり美しいと、あたしは思います。

ひろにゃんさん
1号の発熱はおさまったかな。ギター熱はいくら上げてもいいけれど、ほんとに発熱は困るぜ!
それぞれの心のふるさとというか、原風景のようなものはやっぱりあるんですよね。私も東北のおばあちゃんの家が、子供の頃のうつくしい夏の景色です。雪は多いし、風呂は薪だし、えらい不便なのですが、やっぱり好きです。

ヤムヤムさん
あ、実はちょっと「これはヤムヤムさんでは……」と思っていました。「とある」でそこまで興奮して下さったなら、書き手冥利に尽きると言うものです。
一生懸命いきること、簡単そうで難しいですね。キース・リチャーズなんかも、ボロボロのように見えてあんがい生きることに必死なのかもしれません。だからあんなにも人を震わせることができるのだろうなあ。

凛華さん
いろんな考え方があるからね、それでいいのだと思うよ。自然はほんとに、こわくて綺麗だよなあ。もしも神が実際にいると言うなら、それはやっぱり自然の中のような気がするよなぁ。

東京よりも更に東北から遠く離れた場所に居ると
ヒロトの言う「世界は壊れてない」も妙にしっくりきちゃうもんでした。
映像や写真で被災地(被災された方の表情やコメントではなく、本当に「地」)を見ただけで、今にも泣いてしまいそうになるのは2ヶ月経っても変わらないです。身近な人から「もう海の近くは嫌だ」ってみんな言ってたよ・・・と聞きました。でも、漁師さんとかはインタビューで「また、ここに帰ってきたい」と言っていて。そのどちらにも、うん、そうだよねと思う。
ほんとに、海が怖くて嫌いになってしまった人達が、また海を見て少しでも穏やかになれる日が来てほしいなー。

にあさんは、やっぱりやさしいな。
お友達、どれだけうれしかっただろう・・・

ただ、ヒロトの言葉については、わたしも東京より東北から遠いからか、ヒロトスキーだからかわからないけど、すんなり納得してました。
(確か、あの頃彼らも遠くにいたような???)

ディーディーも先週発熱し、いつもより早目のとある…を「最高のお見舞いだね~」なんて話しながら読んでました。
自然も病気も怖いけれど、わたしも本当の意味での『春』を信じたいです。

ブチさん
私は東北に親戚が多いし、被災地として報道される場所が行ったことあるところだったりしたので、ちょっと想像力が人より上回っていたのかもしれません。でもヒロトさんもあれで想像力豊かで、脆いところのある人ですから、きっと色々考えて、迷ってあんなふうな言葉になったのだろうなぁ……と思っています。受け取り方はきっと様々ですけど、ほんとにね、祈ることは同じ。海も山も、また、みんなにとってきれいなものになればいいなぁ。

マリリンさん
ディーディーお嬢も発熱ですか。風邪が流行っている? それともアレか、クロマニヨンズ不足?! どっちにしろ、早く治してね。

基本的に人の言葉を素直に受け取れない性分なもので、損です。勘ぐったり裏を読もうとしたりしちゃうんですよ。それでひとりで悩んだり怒ったりしているので、ばかみたいです。でも、マーシーの前だととっても素直だよ!(妄想)

行ってくるよ

最前線のディープな「支援」をしてくるよ。
ずっと専門職交代で入ってるんだけど、
前任者からの報告だけでもう既に吐きそう。
残酷な現実があるそうです。
自分の考えを大いに差し挟み、
自分のできるだけのことしかしない、
独善的な「支援」をしてくるよ。
私がしたいから私のために行くんだよ。

tokageさん
いってらっしゃい。
tokageさんが見るものを、私も受け止めて考えたいです。だから、ぜんぶ書いてね。

tokageさんもお体に気をつけて。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。