ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年6月6日・甲府KAZOO HALL


手動のドアのローカル線、最寄りの駅から徒歩25分。外観どう見ても廃業したパチンコ屋。「なぜこんなところでライブやんのクロマニヨンズ……」キャパ250人という小さな小さなライブハウス。でも思い切って行ってよかった。びっくりするほどステージと客席の近いライブハウスには、それなりの良さというものももちろんある。

いつもの前説のお兄さん、黄色いカッパ姿、これは今回の「ピッチピッチチャップチャップランランランツアー」のTシャツに描かれた高橋さんと一緒。「あめふり」の童謡で客電落ちて、クロマニヨンズの登場です。どうしてマーシーは今回のツアーTシャツを着てないのかなあ、一番最初の出現ツアーの白Tシャツでした。ヒロトはカーキ色のシャツ。コビーと勝治は、私の位置からはあんまり見えないんですいつも、だってすごくマーシー寄りのポジションで見ているから。
「クロマニヨン・ストンプ」から怒涛のように切って落とされるロックンロール、大事なのはこのライブ感とばかりにどの曲もCDより速い速い。たぶん「ギリギリガガンガン」「メガトンブルース」とここまでが最初の3曲。
相変わらずマーシーしか目に入ってない、私、それでやっぱりマーシーの姿をとらえてしまうと、男子だろうがなんだろうが必死でかきわけて、少しでも彼のそばに行きたいと、今なら針の山が目の前にそびえててもたぶん越えていくな、って感じで前のほうに突っ走ってる。
ヒロトのMC「甲府? 甲府に来ました! 今日のお客は最高!」ここで「いつもそういってるんじゃん!」みたいな突っ込みがお客さんから入って「いいんだよ、昨日のことなんて忘れたんだ! 明日のことも忘れてしまえ! 最後まで楽しんでいってくれよ!」なんだか客席では「ヒロト脱げ」という声がやたら飛んだ日で……ヒロトさんってほんとに人から何かを強制されることが嫌いなんだね、「おれに命令するな! うるせえ馬鹿!」と間髪入れずののしり、アンコールでも脱いだりしないライブとなりました。
お馴染みの「何とか還元水!」は「暑いだろう」と客席にまくサービス、思ったよりボタボタと頭の上に水が落ちてきたのでびっくりした。
マーシーあんまりピック投げてくれなくて。でも、目の前にいたお兄さんはピック手渡しでもらってたのかな。うらやましいなあ。今回はあんまり好みの女の子がいなかったのだろうか。く、悔しい。
マーシーのギターのチューニングのときヒロトが「うんちょっと待ってね、いまチューニングだからね。チューニングという技は世界でもひとりかふたりしかできないすごいことなんだけど……みんなもギターのチューニングしてほしいときはマーシーに手紙を書こうね」と。そんなこというと書いちゃうぞ! 家まで来てギターのチューニングしてくれるんだろうな! うちはギター2台あるからそう簡単に帰さないぞマーシー!
「みんなでやろう」ワー♪ と始まった「ワハハ」がすごくのびのびした感じでとても楽しかった。あと、やっとマーシーが水色のストラトキャスターを持つのが見られたよ。「草原の輝き」で使うんだね。ヒロトが「さわやかな水色のギター!」と紹介しマーシーもギター持ちあげて、裏面にキスの真似ごと。それから口元までおろして、ギターのボディにかぶりつく戯れ。いやん、ギターになりたい! ストラトはやっぱり高音の伸びが綺麗かな。上から手をまわしてシャラシャラとギターを弾いていたのがなんともかっこいいです。指の長い人だな。腕が綺麗だな。照明を浴びると、高い鼻の影が顔に落ちて、すごく彫りが深く見えるのも好きだな。ああ私マーシー好きだな。もうほんと、大好きだな。わかりやすく胸が痛いくらいに好きだな、とそんなことを考えていたよ。

この日、いちばんおもしろかったのはヒロトがとつぜん「しむら! 答えは何だ!」というMCを生き生きとしだして客席が「しむら!」の嵐になったこと。私はぜんぜん意味が分からなくて「え?」と思っていたら、ヒロトがうれしそーに「違うだろ! ハイ! からやってほしいんだ!」とリクエスト。何だろうと思っていたら、地元の友人によってこれが山梨ではすごく有名なCMと判明。「答えは何だ!」「ハイ。志村クリーニング店です!」という掛け合いで有名な、ローカルなクリーニング屋のCMなんだって。ちょうどこの日、県内のCMの賞か何かを取ったらしい。……ヒロトさん、きっとホテルのテレビで見て「うは」と笑い、MCにしたんだろうね。「答えは何だ!」「ハイ。志村クリーニング店です!」掛け合いがうまくいくとなんか満足げなヒロト。「ロックンロールは好きなように楽しんでくれていいと思うんだけど、今の一体感はよかった」だそうです。

新曲3曲はもちろん全部(「レッツゴー宇宙」はアンコールだった、星出さんに関連するMCがあってこの曲、という流れ、どっかのライブでうまくMCと曲とつなげられなかったのを悔しがったヒロトさん、学習したようだ)ファーストからも「まーまーま」「キラービー」「エレキギター」など満載、それでもアンコール含めて1時間40分ほどの駆け抜けたライブ。
「くじらなわ」は「あさみ」「りつこ」「しむら」だったかな、最初の2つはお客さんの名前。マーシーは時々ヒロトが話している間に客席をじっと見て、顔を近づけてうんうん頷いたり、変顔をしたりしてマーシーファンを沸かせていたよ。
アンコールではマーシーも上半身裸、なんかこのときにはついに2列目くらいまで出陣していた私は、胸からおへその辺まで流れるマーシーの汗をじっと見ていた気味の悪い奴になっていた。マーシーは時々「ピッチピッチチャップチャップランランラン♪」とギターで奏でていて、それが可愛らしい。普段耳に入るもの、なんでもこうやってギターを通して歌わせているのだろうなあ。そういうのってきっと楽しいのだろうなあ。

一生懸命走って、走って、すっごい勢いでロックンロールむしゃむしゃ食べて、おなかいっぱいで、でもまだまだたわわなロックンロール。クロマニヨンズはいつもそういう満足を私にくれる。「またね」ってマーシーが言った。彼のいうことなら信じる。またね! またね!


★某所で載っていたセットリスト。

1 クロマニヨン・ストンプ
2 ギリギリガガンガン
3 エレキギター
4 メガトンブルース
5 土星にやさしく
6 はさんじゃうぜ
7 まーまーま
8 うめえなあもう
9 ヒャクレンジャー
10 ワハハ
11 悲しみのロージー
12 草原の輝き
13 エイトビート
14 弾丸ロック
15 夢の島バラード
16 キラービー
17 歩くチブ
18 紙飛行機
アンコール
1 レッツゴー宇宙
2 くじらなわ 
3 タリホー

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/60-7e9ee38a

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。