ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一寸先は光

会社を移って以降、あまりにも片付かないデスク周りに奇声を上げて福岡に逃げたところまではよかったが、帰ってきたらさらに片付かない、うずたかい仕事の山……。そしてお盆休みというものの存在を失念しておったことに気がついてしまったよ。そうか、いろいろ前倒しでやらなきゃいけないことがあったんだね! 自分のデスク周りなんてどうでもいいから、人のデスク借りて仕事しなきゃ、ケラケラケラケラ(完全に気がふれている)。私の愛しいあの人たちは、そろそろ北海道へ旅立ったでしょうか。ライジングサンロックフェスティバル、天候よく盛り上がるといいですね。あの人とあの人などは確かライジングサンに行っているはず。またフェスの記事を上げておきますので、素敵なレポートを待っていますよ。

私は(おそらく)灼熱の幕張で、例年通りサマーソニックを楽しむことにします。レッチリ? いいえ、ストロークスです。

毎日毎日暑くて酒がすすみますね。どうもこのところ体がだるかったのですが、ちょっとした塩分不足もあったようです。ようし、しっかり塩分とらなきゃ! ってしおからいものをつまみにとりあえずビール飲んで、冷や冷やの日本酒を飲って、ちょっと足んねえな、ってサザンカンフォートを出してくる。
『ロードワーク』アルコホル。
サザンカンフォート飲むんじゃあ、これはニューオーリンズのピアノがあれば更に美味しかろうとドクター・ジョンのLPを出してくる。サザンカンフォートのセブンナップ割というのはスティーブン・キングに教えてもらった飲み方だ。彼の書いた『ロードワーク』という小説の中で、主人公が飲みまくっている。小説で読むとやたら旨そうなんだが、私にはドライのセブンナップでもちと甘い。キングの小説って、なんか出てくる食べ物とかお菓子が美味しそうなときあるよな。リコリスキャンディーとかさ。実際に食べるとそう旨いものでもないのに……。
口当たりのいいサザンカンフォート、ドクター・ジョンがつまみなら余計に格別だ。こうして今夜も飲みすぎる。酒も塩分も明らかに過多である。ああ、人間こうしてダメになるのだ。だがしかし、諸君、ダメになるのは実に楽しいぜ。ダメになるなら夏をお勧めする。たとえ家じゃない場所で飲みすぎて、そこらで倒れても死ぬことはないからな。だから、夏って好きさ。


……じゃあ、まあ、もう少し飲もうか。


次のつまみは、これだよ。ルールイスが来日したとき「次はどうやら秋か冬にドクター・フィールグッドが来るらしい」と聞いてひそかに狂喜乱舞。何が好きって、ジッピー・メイヨーですよ。フィールグッドのギタリストといえば当然最初に名前が挙がるのはウィルコ・ ジョンソン。確かに彼は凄い。でも、私はジッピー・メイヨーのいた時代のフィールグッドが好きだ。だ い す き だ 。そのジッピーが12月に来ますよ!
バンド名は色々あって「リアルグッズ」。
チケットを肴にいくらでも飲める。ジッピー時代の「A CASE OF THE SHAKES」ってアルバム、ちょっと地味かもしれないけど、好きなんだ。いかにもニック・ロウっぽいが。以前から、くぅっ、こいつはいいなあ、と思うアルバムがよくニック・ロウプロデュースだったりするので、実は私はニック・ロウが好きなのかもしれない。


酒の肴は食べ物だけとは限らないからな。だいすきな音楽、大好きな人との会話、思い出や映像がいい肴になって酒がすすむこともある。だから今夜の肴はドクター・ジョンにドクター・フィールグッドでドクターつながり、いいじゃない。酔うほどに、一緒に酒を飲んでる気になるんだよ。扉を開けたら、一寸先は光に満ちたロックンロールの世界だ。窓を開けて、街中にロックンロールの集中砲火。柔らかい夏の闇に向けて、よし、次はブロックヘッズをかけてやるからちょっと待ってろ、私より先に誰も寝かしやしねえぞ。

未来を想うその気持ちも、肴に変えて飲みくだすのだ。あの震災があってすぐ、登録した三陸の牡蠣復興義援金。やっと「オーナー登録証明書」が届いたぜ! 
0839~01
牡蠣産業がいずれ復活したら、その日こそ、大量の牡蠣がうちに届くのだ。たぶん私は泣くだろう。泣いて美味しい牡蠣を喰らってやる。まだまだ遠い日のことかもしれないが、5年かかってもいい、10年でもいい、待ってる。カキフライもいいな。バター焼きもいい。レモンで食うのも旨いだろう。そのときもドクター・ジョンやドクターフィールグッドはきっと私のお気に入りの音楽で、でも、もしかしたら私のロックンロールの大航海はもっとずっと今は知らないような海にまで達しているかもしれなくて。変わることがあって、変わらないこともきっとあって。

そんな未来を肴に、夏の深い夜をゆるゆると綱渡りしている。


信じている。君も信じろ。


一寸先はきっと光。


どうか君にとっても、この夏がそんな季節でありますように。

コメント

ニック・ロウをキーワードにググッたら、ハウリンキャッツがヒットしたので、「お!」と思って訪問しました~。
クロマニヨンズ以外のキーワードからいつもお邪魔しているブログにたどり着くのってとても嬉しいです。
今日は、ずっと楽しみにしていたニック・ロウのライブ@ビルボード東京に
行ってきます!
昨日の公演に行った人によると、ニックさんのコンディションも良さそうで素晴らしいライブだったとのこと。
今日は朝から楽しみすぎて仕事が手に付きません。

ドクター・ジョン、夏に似合いますよね!
私は空調の入っていない暑い部屋で、窓を開け放って汗をかきながら大きな音で聴くのが好きです。

ジッピー・メイヨー、来日!?
・・・・・慌てて検索してみたら、リアルグッズが来るんですね!

色々と楽しみなことがたくさんあるおかげで、後ろを振り向く暇もなく、今年の後半戦も突き進めそうです。

リアルグッズ来ますよね…メンバーとかほぼフィールグッドじゃんっていう!
3月にルーを呼んだビニール・ジャパンが主催するみたいですね。勿論これも我慢するんですが、上京の決心をする以前にチケットを取っていたセッツァーは行くつもりなんです。わくわく。

にあさん音楽の趣味が渋すぎます。素敵!
私が20になったら、ぜひ大英帝国の酔いどれオヤジたちの音楽を肴にして一緒にお酒を飲みたいです。

ルードガールさん
今頃ニック・ロウでふわふわしているのでしょうか。私も行きたかったのですが、さすがにまた休んだり、帰ったりしたら職場の人間に口をきいてもらえなくなりそうなので、諦めました。どんな曲をやったんだろう。あのひと、才能の幅が広いからなあ。ぜひ感想がお聞きしたいです!

クロマニヨンズはもちろん恋しいですが、ほかのロックンロールも楽しくて、私も今年の後半、また希望を持って進めそうです。幸せだな~。

りおさん
もともとリアルグッズの対バンがプリティシングスらしいと聞いていて、それはスゲェ!! と目をカッと開いていたのですが、今回はエディ&ホットロッズとなりました。でもそれもスゲェ! 
セッツァーはいいですよ~ライブ、本当に楽しいです。布袋さんとcharとの競演を観たことがありますが、あれはギター好きとしてはたまりませんでした。セッツァーさん、ほんとかわいいおっさんですよね。ギター持つと未だに小僧なの。

良い音楽と良い酒は、いいものです。りおさんが20歳になったら、一緒に飲みましょう。最初の肴は、ブライアンセッツァーオーケストラの超かっこいいDVDで! ちゃんと持ってるから、任せろ!

ニックさん、素敵でした。
シビレるってこういうことをいうんだなあと実感。

1時間ちょっとのライブで、新曲も含めて多分20曲くらいやってくれたと思うのですが、思い出せるのはこれだけです↓

-People change
-Raigin' eyes
-Has she got a friend?
-I trained her to love me
-I live on a battlefield
-I read a lot
-Cruel to be kind
-Raining raining
-Long limbed girl
-Without love
-(What'so funny 'bout) peace, love and understanding
-I knew the bride (when she used to rock and roll)
-Only a rose
-When I write a book

好きな曲をたくさん演奏してくれたので、顔がにやけっぱなしでした。
私は、音楽はもう感覚的に聴くばかりで上手いとか下手とかはまったくわからないのですが、ニックさんのギターは好きだなぁ。
MCは少なめだったと思いますが、1Fのお客さんたちに向かって「How is the food here, オイシイ? or not オイシイ?」と聴いてました(笑) 
あとは本編終了後、アンコールに出てくるのが結構早くて、「みんなが手拍子を止めないうちに急いで戻ってきたよ」なんて言っていました。

ゲラント・ワトキンズさんがニックさんと歌ったOnly a roseは、涙が出そうなくらい美しかったです。私の座っていた位置からだと、ゲラント・ワトキンズさんは主に背中しか見えなかったのですが、その背中を丸めてピアノを弾く後ろ姿をとても愛しく思いながら見ていました。

懐かしい曲もたくさんありましたが、声はいっそう渋味を増していたし、昔とはアレンジが結構違っていたりして、それがまた今のニックさんらしくて良かったです。しばらくは今日の余韻に浸っていたいので、昔のレコードは聴かないでおこうと思います。

ごめんなさい、興奮と感動でつい長くなってしまいました。

Red Hot Chili PeppersがMusic Stationに出るらしいんですが・・・どなたか心優しい方、You TubeにUploadして~!!!

ルードガールさん
ニックレポートをありがとうございました! 私はニックさんについてはそんなに詳しくないのですけど「いいな、生で聞いてみたいな~」という有名な曲もたくさんあるセットリストで、いいですね! アレンジ多彩なニック・ロウのことですからきっと色々趣向も違っていたのでしょうし、きっと素敵なライブだったのだろうなあ。
ニックさんは確かに年を追うごとに渋くなっていくようで、彼を見ていると、年を取るのもいいなあ、と心から思います。
またカッコいいライブを観たら、ぜひ感想を教えて下さいね!

Makiさん
あなた、そんな自分の願望をこんなところで言わないで下さい(笑)
さっきまで観てましたけど、アンソニーの髪が短くなっていて、ひげまで生やしてうさん臭さ倍増です。私はシャンプーのCMが出来そうなサラッサラの長髪のアンソニーが好きだったのでちょっと寂しい。新曲をやりましたが、あの1曲じゃ新しいギタリストがどうなのかとか、ちょっとわからないなあ。
あ、フリーは相変わらずでした! よかった。

髪はこの際どうでもいいかも。

問題(本題)は、カラダです。アンソニー、相変わらずムキムキだった?

Makiさん
エンディングでは上半身はだかになっていましたが、はい、ムキムキでした!

だからなぜハウリンキャッツで聞くんですか!www

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。