ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑誌3冊/自分の時間は自分で回せ

一気に雑誌掲載・ラジオコメント等の情報が公式HPに増えて嬉しい限り。「KAMINOGE」以降、本日までに3冊、クロマニヨンズメンバーが掲載されている雑誌があったので、それについてちょっとだけ書いておこうかな。

●12月24日発売「RUDOマガジン」
ヒロトさんがカラーで1ページ。さいきん人気のある若手の俳優さんが隣のページに載っていて「こ、こんなおしゃれな雑誌に……」となぜだかこっちがちょっと気恥ずかしいほど。このところやたら見る緑のチェックのシャツは「中3のとき買ったもの」という爆弾発言が書かれていました。物持ちもいいけど、体型が全く変わっていないというのもすごいな。ファンの身びいきのせいか、ほれぼれ見ていたらだんだん若手俳優と並んでも遜色無いような気持ちになってきた。ヒロトさんってジーンズの裾の折り返しの幅とか絶妙で、本人そんなに意識してなさそうだけどとてもセンスがあると思う。でも、なかなか他人に真似の出来ないおしゃれだね。

●12月25日発売「デジモノステーション」
アルバム紹介、1ページ。「雷雨決行」の歌は社会状況を反映したものか? というような問いに相変わらずの「そういうことはあんまり考えてない」という発言。「ほんとうにあんまり何も考えてない」それでアルバムが1枚できるんだから、すごいよな。インタビュー、ヒロトさんとマーシーが答えていて、写真も2人のものです。

●12月27日発売「GiGS」
毎月、出ると必ずパラパラ立ち読みだけして、クロマニヨンズ載ってるときしか買わないGIGS。ごめんよ。表紙のマーシーの瞳がちゃいろくてキラキラで素敵。レスポールのストラップについてるバッヂ、スージー・クアトロだったんだね。
GIGSがいいな! と思うのはクロマニヨンズだけじゃなくて他のバンドも基本的にインタビューの単位がほんとに「バンド」のところ。音楽雑誌でも、インタビューってたいていボーカルとギターだけとかになりがちなのに、ちゃんと全員取り上げてくれるもんね。今回もいかにも「ロックンロールバンド」らしくライブハウスでの撮影で、ヒロトさんもマーシーもコビーも勝治もそれぞれについてちゃんと記事があって嬉しかったな。勝治さんがところどころで自分の体型について気にしているのがちょっと面白かった。あと、レコーディングのところにちらっと「ボッチ」でグレコの12弦ギターが使われたらしいことが書いてあって、なにそれ! 早く聞きたい!! ファーストアルバムではぜんぶレスポール1本で録った彼ら、いま思うと、最初のアルバム、実際はそうとう気負ってたんだろうなあ。ここまで来てギターの機材ひとつとってもずいぶん広がって、嬉しいな。もっといろんなギターを抱えるあの人が私は見たい。
あと、いまをときめくOKAMOTO'Sとのバンド対談がとってもよかった。ましまさんが「すごい」とべた褒め。確かにすっごいうまいもんねぇ。ロックンロールに年齢はあんまり関係ないのかもな~という気がしてくるくらい。40代後半のおじさんたちと、20代の若者がおなじフィールドでキャッキャやっている雰囲気が伝わってきて、とてもいいなあ、と思いました。ほんと、これこそがOKAMOTO'Sの魅力だと思うんだよねえ。例えばこのインタビューを読んで「こんなふうにヒロトやマーシーと話せるなんていいなあ」と思っても、誰でもが彼らとこのレベルの話が出来るわけじゃないもの。この和気あいあいとした雰囲気はやっぱりOKAMOTO'Sだから出せたと思うんだ。
そして毎回楽しみにしている新曲スコア。「雷雨決行」、スコアをざっと見たところではソロも含めてあんまり難しくないので、正月休みに弾いてみる予定。あの人のギターの旋律を旅するのが好き。わくわく。


ここ何年か、年末年始を迎えても「年末らしくないなあ」「正月らしい雰囲気も無いなあ」などと思っておったのですが、今年になってやっと気づきました。年というのは、自分で回さないと越せないものなのですね。傲慢にも、勝手に来年が向こうからやってくるなんて思っていた今年までの私が阿呆だったので、おかげで過去5年くらいがひとつながりでぜんぜん区切りがついていないように思います。小さい頃、私がきちんと年を越せていたのは、お母さんが年越しそばを作り、お飾りを整え、雑煮やもちやおせちを出してくれたお陰なのであって、もう私は大人なんだから「年越しの雰囲気なんてぜんぜんないなあ」なんて甘えていないで、時期が来たら自分でちゃんと年末の掃除をして、区切りを作って自分で自分の時間を回して行かなきゃならなかったんだな。そんなことにもずっと気づかないできた自分が恥ずかしいです。
特に今年は、私にとって大事な人を誰も失わないで新しい年を迎えられることが奇跡に思えるような1年でした。みんないつかはいなくなるけど、いなくなるまでの時間を最大限に大事にするために、私は自分の時間をこれからもきちんと回して行きたいです。年を越して、また春が来て、夏が来て、やがてまた年を越して、ごくふつうに死にたいです。たくさんの人に会い、たくさんの楽しいことをしたいです。


さて、明日はカウントダウンジャパンですね。行かれる方は楽しんできて、レポートなどをよろしくね! 私はフラカンも好きなので、クロマニヨンズ→フラカンと観る方は、フラカンの感想も入れて頂けるとありがたいなあ。

コメント

こんばんは。明日(きょう)のCDJが楽しみで寝られないわけではないです。さっきまで見ていた夢が気になって寝付けなくなっただけです。←訊いてない

明日、CDJへ行って参ります。

クロマニヨンズとフラカンをがっつりガン見してきます。きゃっきゃっ。


あ、GIGSをわたしも買いました。
勝治兄さんの腕がかっこよかったです。

ましまにあさん こんにちは(*´∀`*)

私も昨日「ギグス」という雑誌を買って読みました
我慢できず 本屋さんの帰りの電車の中で読んでしまいました(;´∀`)

クロマニヨンズのページとても楽しかったですね♪

他のページにはギターの色々なことが載っていて
ギターを弾かれる人たちにとっては とても楽しい雑誌ですよね 
ましまにあさんもギター弾かれるんですよね?羨ましいです

来年も ましまにあさんのブログ楽しみにしています
どうぞ良いお年をお迎えください(人´∀`).☆.。.:*・゚


明日まで仕事のひろにゃんです。
電車の中で読んでいて、涙が…。そうだなぁ家族やお友達、ニアさんも
無事に年が越せるって、嬉しいことです。

ギグス、発売日の朝、駅ナカで買い通勤電車の中てひろげちゃいました。
朝早くからニヤニヤ読んでいるおばさんは私くらいだろうな。
私もお正月休み中に挑戦します。
ルードも買ってしまいましてf^_^;)中3って、体型変わらないのもすごいけど
虫食いとかないの⁈と思いました。

年末までの仕事を言い訳に、大掃除なんかしなくても勝手に正月になるし!
と過ごしてきたことを反省。頑張って気持ちよく年を越したいと思いました。

今年もお世話になりました。
夢が俺達を見張ってる🎵良い年になりますように(^O^☆♪

凛華さん
カウントダウンジャパンはどうだったかな。クロマニヨンズとフラカンじゃ、楽しくなかったはずは無いけどね! きっと凛華さんは、さっきまで見ていた良い夢の続きを現実で見たに違いないと信じているよ!

みーたんママゴンさん
みんな、待ちきれなくて雑誌を電車の中で読んでいる! 愛ですね☆ クロマニヨンズのページ、充実していてよかったですよね~。
ギター弾きにとっては、ギグスってまずスコアが嬉しかったりするんですよ。憧れの人と同じように曲を弾けるというのは、なんというか、魂までコピーするような快感です。来年はみーたんママゴンさんも、楽器を手にしてみませんか? 良いお年を!

ひろにゃんさん
お仕事、ほんとうにおつかれさまです。日本中のあちこちで、まだお仕事なさってる方はたくさんいると思います。みんなが無事に、泣かないで年を越せるように祈るばかりです。

RUDOも買いましたか~、でもあれ、写真すごく素敵でしたもんね。買いたくなる気持ちもよくわかる! たくさんのヒロトさんに囲まれて、ひろにゃんさん一家も良いお年をお迎えくださいね!

COUNTDOWN JAPAN

ニア様

今年はニア様にお会い出来て、それまで覗き見していたこのblogにコメントさせて頂けて、ライヴ会場でお会い出来るかな?という楽しみも増えて…素敵な年になりました。本当に嬉しいです。ありがとうございます。


斜陽館や寺山修司のお話しも。来年の楽しみが、漠然としたものから、現実味を帯びて、はっきり見えて来ました。絶対行って参りますわ!!!


そして、幕張。行って参りました。が、学生時代にやった膝の怪我が痛み出し……情けなくも、足を引きずりながら向かいました。

クソ馬鹿デカい会場☆ クロークとEARTH STAGEが真逆の位置(-"-;)
と、遠い…足、いてぇーよォ…(ToT)

おっちゃん達の仕事納めを最前列で見たかったのですが、諦めました。マジ、無理したら、絶対一歩も動けなくなる(ToT)


諦めた故に、じゃあ頭脳警察見られるじゃん☆と、よちよちCOSMO STAGEへ。

脂っこい飲食ブースの匂いが漂うCOSMO STAHEでしたが…頭脳警察、圧巻のライヴアクトでした。

36年前に、横浜野音で初めて頭脳警察を見たのが、私の邦楽ロックのライヴ初体験でした。
過激なアジテーション、お客はステージに雪崩れ込むは、パンタはそのお客をどつき返すはで。ロックが充分暴力的で、自己主張な時代でした。
邦楽ロック処女だった私にとって、強烈な体験でした。

そして登場したパンタとトシ。年月を経て、何度も喧嘩別れして、また一緒にやるようになって…
貫禄と渋さ、諦念と優しさ、未だに心の奥に燻る怒りと青臭さ。その笑顔白髪とシワと弛んだ首周り。

彼等と同時代にいたRCは、もういない。清志郎が生きていたら、いつかまたこのパンタとトシみたいに、チャボとこうしてやってくれたかもしれないのに。でも、もう決して叶わない夢になってしまった。

頭脳警察のステージ脇で、彼等を撮影していたカメラマンは、松葉杖をついていた。半身が効かないようでした。それでも、かっこよかったんですよ、そのオッサン。

肉体的衰えは、歳を取れば逃れられない。
けど、ロックンロールが好きな限り、keep a rollin'していられるんだ、と。すごく勇気づけられたステージでした。

いつか、ヒロトとマーシーも、こんな風になるのかな。なってくれるかな…色んな想いで胸がいっぱいになって、涙が出ちゃいました。…続く

COUNTDOWN JAPAN

そして、クロマニヨンズ。最前列諦めて、オレンジレンジから、マーシー側の仕切り柵にへばりついていました。前から5列目くらい。
中央エリアは、いつもの混雑ぶり。それを眺めていられる位置にいました。

オレンジレンジのノリの良さに、ついつい。正直、もう膝の腫れがひどくて。
朝からスリムジーンズが入らないくらい腫れていたのですが、クロマニヨンズ始まる前には、ジーンズの上から触っても、パンパンになってて。チョーヤバい(ToT)
なのに、おっちゃん達が出てきたら、もう忘れてた。

マーシー、衣替え。と言っても、ロバジョンからバディ・ホリーになっただけですが。

カツジの方向いて弾いている時ね、上半身倒して、こちらに小さいお尻向けてて。革パンのお尻にライトが当たって、白くまーるく光ってて、可愛かったです。

草原は、ハープがあんまり入れないくらい、何かちゃんと、一心に弾いてました。

何の曲の時か忘れちゃいましたが、最後のジャン♪の前にピック投げちゃって。ジャン♪は急いで、ピックなしで弾いた。
ただねー、何かね。
オレンジレンジの時より、音が小さかった気がした。

ライヴ後、マーシーを愛するフィギュア写真家さんとお会いした時、やはり彼女もそう言っていました。
んー、何でかな?

芸のない(失礼!)ロッケンローなら、爆音がよかったんだけどなー(T_T) ちょっとだけ物足りない感じがしました。
あ、最後に、ヒロトが、暑くてベロリンと伸びきった珍子を見せてました。その前に、ジーンズに手を入れて、珍子の位置直しをしている時、コビーは笑っていましたが、マーシーは全く無表情でスルーでした。つーか、気にも留めていないと言うか。無視以前って感じでした。

少し髪の毛切ったのかな? 可愛かったです。

来年のツアー、楽しみですね(^_^)v
私はAXから参加します。2月はAX~名古屋2days行く予定です。

渋谷で、ニア様とお会い出来るのを楽しみに…

よいお年をお迎え下さいませ☆ 今年、本当にありがとうございました(*^o^*)

クロマニヨンズの登場を待つ間、隣の青年たちがこんな会話を繰り広げていました。

「あのドラムチェックしてる人、どっかでみたことあんなあ」
「ほんとだ、誰だっけ」
「おまえさ、クロマニヨンズの歌ってなんか知ってるの?」
「シングル曲ならだいたい・・・」
「俺、一曲も知らねえし。でも前2列目で地蔵はやべえよな。」
「それはまずいよ。」
「ブルーハーツの曲やらないかな?」
「うーん、どうだろう、多分やらないんじゃないかなあ。」
「つまんなかったら俺、途中で抜けていい?」

もう、会話に入りたくてツッコミ入れたくてウズウズしてました(笑)
でも彼ら、終わってみたら、最高の笑顔で汗びっしょりになってましたよ。・・・フフフ。

2曲目?にタリホーがきて、確かギリガンも前半だったような
。曲順が変わると随分印象も変わるものだなあと思いました。

さくさんも書かれていますが、全体的に音量が抑え目に感じました。もっと爆音で聞きたかったかなあ。ハウリングでめまいがするくらいの。
私のいた位置では、時々ヒロトさんの声やハープがまったく聞こえなかったのですが、ヒロトさんズボンの中に手を突っ込んでたとき(いつもの作業)なんて言ってたのかしら?

とはいえ、楽しかったことに変わりはなく。
マーシーさんは、素敵に演奏放棄して踊ったりしてましたよ☆

昨日は特に、雷雨決行やエイトビートのギターソロの時のコビーさんにどきどきしすぎて、どこを見ていいかわかりませんでした。
そしてコロッケ定食・・・。どうしよう、どうしよう!!!

今、一生懸命思い出そうとしているのに、クロマニヨンズの45分間の記憶がこのくらいしか・・・
でも、なんだかよくわからないけど楽しくて、自然と笑い顔になっていたときの表情筋の感覚と、4人がなんて美しいんだろと思った感覚だけが鮮明に残っています。

魔法にかかるのって、きっとあんな感じのことをいうのかな。

*****
フラカン、楽しかったです!
今回初めてちゃんと見ました。
グレートさん?マエカワさん?のファンキーなグルーヴ感がえらくカッコいいです。それと、涼しげなのに激しい竹安さん!
ワンマンも観にいきたくなっちゃったなあ。

そして、長くなってしまいましたが、MCも含めて頭脳警察に深く感動しました。

大人フェス

色々ありまして、当日券で参戦。
さらに色々ありまして、クロマニヨンズとフラカンのみの“大人フェス”でございました。
単価5,500円!!何とも贅沢なライブ納めになりましたよ。※“カツジをよろしく~!”とクロマニヨンズはメール参戦し、職場帰りに単価11,000円で四人組の雄姿を見届けに来た方もいました。天晴れ!!

今回は竹安の応援というミッションがあり(あのマダムより指令)、珍しくマーシー側で見ました。周りの方の“マーシー!”っていう声援が新鮮で(人気者なんですね☆)、いつもとは違う雰囲気を楽しみました。
今さらですが…マーシーの足が細くてビックリ!!そして、何とも華麗な動き!!見入ってしまうことが度々ありました(^_^;)。
今度のツアーは、マーシー側からも参戦してみるつもりです。ベース音の響きも上々でしたし、ヒロトとマーシーのじゃれ合いも見えますので。
ライブは、とにかく新曲2曲が痺れました~。“雷雨決行”の二人で歌うところ…さりげなく一歩下がるコビーの姿にジーンときました!気配りの人ですねぇ~。
そして“コロッケ定食”は楽しすぎます!!“だんだんよくなる”って歌えて、2012年を迎える勇気が湧きました。道のりは長いけど、よくしていかなきゃ…という決意と共に。
ロックンロールがあれば、頑張っていけるさ!!

さてさて、EARTHのフラカン…初めは硬かったものの、竹安がソロで吼えたあたりからガッチリ取り戻してきました!!
華はないけど、手堅い演奏がありました。あんなに大きいハコだって、しっかりとモノに出来るのですね~。そして、豪華なライティングの下で、ものすごく立派なバンドに見えましたよ(^_^)
グレート曰わく、4列くらいの観客数を覚悟していたらしいですが、なかなか盛況だったのではないかな??
ルードガールさん、ワンマンは何倍も楽しいですよ!騙されたと思って、足をお運び下さい。喜怒哀楽…人生の全てがあります。


うげぇ~、長くなりました(汗)。
豪遊の後には、つつましいお正月が待っております。
にあさん、よいお年を☆

みなさん、カウントダウンジャパンの感想をありがとうございます! 「行きたかったなあ~」という気持ちと、でも行く訳には行かなかったよなあ、というあきらめの気持ち半分半分で、だけど皆さんの報告はホントに嬉しくて、ひとつひとつの感想をじっくりと読んでいます。

さくさん
頭脳警察、体験したかったです!! RCはもう観られないけれど、頭脳警察は観られる、それってほんとうに勇気が出るし、すごいことだと思うんだ。ロックンロールは、さくさんも仰っている通り、体の状態じゃなくて気持ちです。だから、足が痛くてもステージを目指したさくさんも、立派なロックンローラー! そして、悔しくても最前列を今回は手放したその思いは、きっと間違っていなかったと思いますよ。どうか膝、お大事に。レポートをありがとうございました、きっとツアーでお会いしましょう!

ルードガールさん
今回、タリホー2曲目となかなかアツいセットリストだったんですね。でも、ルードガールさんにとり憑いた気になって、脳内クロマニヨンズライブを追体験しようとしたら、バンダナが全然視界に入らなくて、ベーシストばっかり見えてくるんだけど……。あれえ??
ハウリンキャッツに来て下さってる中には、たくさんフラカンからの刺客がいます。来年はルードガールさんのフラカンとの出会い年になりそうですね。

サフィレットさん
うわあ、サフィさんもあのマダムも結局参戦したんですか! それはまた、贅沢なライブでしたね。でも、きっと良い年の瀬になったことでしょう。
マーシー側にサフィレットさんがいてくれて嬉しいなあ。あの人、カッコいいでしょう。次のツアーではサフィレットさんといっしょにマーシー側で観られるかしら。楽しみにしています! こんど、ぜひまたフラカンもご一緒したいわ! つれていってね!

いろいろ、いろいろあった年でした。でも、きっとだんだんよくなるのだと思います。来年は、だんだんよくなる、そう信じます。みなさん、今年もありがとうございました。よいお年を!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。