ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACE ROCKER2012・渋谷AX・2012/02/15

バレンタインデーの雰囲気、未だ残してなにやらけだるい色気の漂う渋谷、こちらはツアー初となる参戦にドキドキしながら、いつものようにAXまでの道をたどったぜ。開場すれすれに到着してみれば、すでにライブハウスの前にはこの寒いのにTシャツ1枚の馬鹿、馬鹿、馬鹿、馬鹿の群れ。早速バカの仲間入りをして、飛び込んだぜ渋谷AX。整理番号があまり良くなかったので、今日は後ろで鑑賞としゃれ込んだよ。でも、もちろん真島さん側一択。ほかの選択の余地なし! ふだんより人を詰め込んでいるらしいAX、いつになくうしろのほうまでぎっちりと人が並び、ちょっと殺気立った雰囲気。久しぶりのライブにどきどきして、心がざわざわして、ちゃんと聞こうと思っていたSEもほとんど頭に入らず……。白シャツに帽子とイケメン風にモデルチェンジした前説のお兄さんのいつもの注意の後、午後7時、ほぼ時間通りに会場はすっと暗くなり、ヒロトさんの「エース! ロッカー!」の声が場内に響く。舞台に張られていた幕が切って落とされると、今回のアルバムに描かれているように、ヨシオの頭に角が生える前哨戦。

腹の底のほうで、ごりっと何かが動くのがわかった如月の午後7時、あの人の半世紀生誕祭までたった5日、それはずいぶん素敵なライブだったよ。ロックンロール! と痩せた三日月のような人は繰り返し叫び、そこには確かに熱さだけがあり、他には何も。



ようこそ、ずっと楽しみにしとったんよ、とヒロトさんはステージの真ん中で言っていたよ。こっちだって、ずっとずっと楽しみにしていたよ。モッシュと言えど、たいてい本当にきついのは前5列くらいだと思うんだけど、この日はやっぱりぎりぎりまでお客を入れたせいもあり、もちろんクロマニヨンズのライブを楽しみにしていたみんなの前のめりの姿勢もあり、前から10列くらいまで、かなり押していた印象。ライブ始まって、「他には何も」「欲望ジャック」と怒涛のように続くアルバム新曲披露で、すでにばんばんダイバーが空を舞っていた。

「バニシング・ポイント」、私はライブで聞くほうがいいと思ったな。アルバムでのフェイドアウトがどうもしっくりこなかったんだけど、ライブだと、じゃきっと終わる。はさみで一刀両断したみたいに。そのほうが潔くてよかった。「ゴー ゲバ ゴー」なんかは掛け合いが実に楽しい、ライブで大騒ぎできる曲の典型! やっぱり後ろで見ていたほうが、断然、音はいいよなあ、と、それぞれきっちり角が立って迫ってくる火の玉みたいな演奏を全身で受け止めながら思っていた。マーシーの前にいると、ギターの音がデカすぎて、顔が焼けそうになってそれもまたいいけど、こうして全身焦げそうになるのも、すごくいい。
「シャイニング」、ニューアルバムではいちばん好きだから聞けて良かったな。マーシー、リズムを取りながらニヤニヤしていた。そういえば、この日は全員、黒のツアーTシャツを着ていたけど、マーシー、ものすごく肩がはだけていて、完全に片側の肩が露出していて、その大理石みたいな白さに、最初観たとき喉の奥から「クゥゥゥ」って変な声が出た。ああ……やっぱりかっこいいよ……。くらくらするよ……。いつもとはだけ具合がどれだけ違うのか、定規で厳密に測ってやりたい……「今回は、前ツアーの平均よりプラス7.3センチ肩が出ています!」とか報告書を作成したい。そしてついでにいろんな彼の体の部位を冷たい銀の定規で計測したい。足の大きさとか、小指の爪のサイズとか喉仏の突出具合とか、あと、ちょっと言えない部分の長さとか。と、ばかなことを延々思っている間に「シャイニング」は終了、うまくできたのがうれしかったのか、バンザイしていた真島さん。「ライオンとサンシャイン」は吼えるようなギターの唸りが実に実にかっこいい!! 「ハル」も、ヒロトさんの歌いだしの「奇跡」の「きせ」がきっぱりと会場に映えて、美しかった。

ここでヒロトさんの楽しいおしゃべり、ニューアルバムからはいったん離れて「他にもたくさんアルバムを作ってるから、レットイットブリードとか勝手にしやがれとかラモーンズの激情からも聞いてくれ!」

少しリラックスしてきたのか、マーシーもちょっと動き出しました。あいつ、ぜんまい仕掛けだからな。ライブ前にぎりぎり巻き上げないと、動かないよね。いや、そうじゃなくて、新曲は緊張してるからあんまり動かないよね。「連結器よ永遠に」は久しぶりに聞いたな、ヒロトさんの腰を振る卑猥なはずの動きがなぜだかかわいらしい。もう、ヒロトさんがやるとぜんぜん卑猥じゃないよね……。「ムーンべイビー」ライブ前に過去のアルバムをいろいろ聞きあさっていて、この曲ライブで聞きたいな~、でもまさかやらないだろうな~と思っていたので本当にうれしかったなぁ。

ここから完全に自分の妄想交じりのことを書くけれど、ムーンベイビーってあの曲ね、初めは私、やっぱりかわいい恋人について歌ってるんだと思ってたの。でも、最近、友達とか親戚が子供を孕んだり生んだりしてね、そういうのを見ていて、ああ、この歌はほんとに赤ちゃんについて歌ってるのかもしれないなあ、と思うようになった。変な話だけど、女性の月のもののタイミングがぴったり合わないと、どれだけ欲しくっても子供ってなかなかやってこないんだよ。ベイビーが月から来てくれることって、ほんとうに奇跡みたいなことなんだと思う。アイラブユー、カモンベイベーって叫びたくなるよ。
こないだ、うまれたての親戚の赤ちゃんに会いに行ったのです、うまれたての赤ちゃんって、ほんとに赤いのね、サソリみたいに赤かった。だから、ムーンベイビーを聞くたび、ベイビーを授かったしあわせな愛し合うふたりが、くすくす笑いながら「もうすこしだけ、みんなには内緒にしとこうぜ!」って、最高の秘密を共有している、そんなシーンがついつい、私の脳裏には浮かんでしまう。これからますます幸せになってほしいともだちや、その未来を祝福したいベイビーたちが、私にはたくさんいる。
で、今回のセットリストが「連結器」から「ムーンベイビー」。たぶん彼らには何の意図もなかったのかもしれないし、もしかしたら何か考えてたのかもしれないけれど、あからさまに男女の交接の歌のあとでベイビーがやってきた歌が続いて、私はすごく面白いな、とひとりでにこにこしていたの。あっけらかんと、明るく、いっぱいやるだけやって、子供がどんどんできたらいいじゃん! 月から可愛いベイビーが来るよ! みたいにすごくいいイメージで、この流れには個人的にニヤニヤさせられた。

そのあとの「あったかい」……。これもまた、ものすごく偏りすぎてるんだけど、この曲、どうしても私はあの地震のことを思い出してしまうんだよね。もうすぐあれから1年が経つのもあって、最近特にいろいろあのときのことに思いをやることが多かったせいかもしれない。連結器で人と人が連結して、ベイビーが月から降ってきて、みんなみんな凍えないようにあったかくなるといいね、って、そんなとんでもないつながりで、ひとつの物語みたいに、祈りのように、私はこの3曲をずいぶん大事なものとして受け取ってしまったんだよ。たかがロックンロールですもの、そんなふうに受け取らずにただはしゃいでいられれば良かったんだけど、「あったかい」を聞きながら、計画停電のこととか、テレビの前で呆然としていた自分の姿とか、電車の中で余震が来て、周りの人とおびえたまなざしを遣りあったこととか、いろんなことが、頭の中じゃなくて、体全体に実際に流れて行った。そしたらちょっと泣けそうだった。だって、まだあれから何も終わってないし、始まってすらいない。私は、もっと泣きたかったんだと思った。もっともっと、傷ついたことに対して、ちゃんと泣きたかったんだと思った。涙が、心からあふれそうだった。
「やることはわかってる」って歌は、ほんとうはあんまり好きじゃない。「負けません僕はもう」もなかなか賛同できない。自分で選択ひとつできなかった、指一本動かせなかった大きな不幸に対して、圧倒的に負けた自分のことを私は知っているから、あれからずっと、後ろめたいんだと思う。だから、このアルバムの曲は私にはまぶしかったんだ。でも、連結器からあったかいまでのこの流れは、私にとってはほんとうに、祈りのようなものだった。勘違いでもいい、思い込みでも構わない、たとえば天使がいるとしたら、このライブの私の天使は、この3曲にありました。

ここから「スピードとナイフ」「自転車リンリンリン」と続き、水色君にギターを持ち替えて「グリセリン・クイーン」。この1曲で水色くんをまたレスポールに持ち替えるという、ここだけ豪勢なギター使い。ギターチェンジの間の、ハープとリズム隊の短いセッションからの「底なしブルー」がかっこいい! ものすごい盛り上がりようだった、王道のライブ鉄板曲「ひらきっぱなし」「オートバイと皮ジャンパーとカレー」「紙飛行機」「エイトビート」と怒涛の山脈みたいな連なり。紙飛行機でマーシーがくるくる回っているのを見られて満足! ギターのネックを押さえる小指が、半月のような弧のかたち、あれ、ほんとにきれいね。本編最後、ニューアルバムに舞い戻って「雷雨決行」「ナンバーワン野郎!」。なんだかんだ言っても、楽しい、楽しいぞ、やっぱり彼らは本当にすごい。だいすきだ。


アンコール呼び込みの声「エース!」「ロッカー!」 今回のツアーはこの掛け声が定着するかな? 現れた真島さん、まさかの半纏姿……いや、裸に羽織るボ・ジャケット!! みんなで新しいツアータオルを掲げていて、また販売促進活動ですか……。今回のタオル、色がオレンジ色ということで「ジャイアンツみたい」。ヒロトさん「俺の股間のジャイアンツが」と面白がって粋な下ネタ。こういうふうにとっさに機転がきくのが、ヒロトさんのすごいところ。
そのあとでヒロトさん、はっとボ・ジャケットのマーシーを見て「こ、こんな人いたっけ?」そうだよね、いつもきまって半裸なのに、なぜか今日は、ジャケット着用。張り切って赤いギターを既に抱えている真島昌利(50歳目前)。「なんかやる気みたいだから」とヒロトさんに言われて、くすくす笑ってたマーシー。始まったアンコール1曲目「ボッチ」。マーシー、ギターしか見ないで口元への字のド緊張……。こっちがドキドキしたよ。あの曲、間違えるとすぐわかるしさ。どうにかこうにかこなして、曲の間、ちょいちょい素に戻ってマーシーを心配そうに見ていたヒロトさんも「今日、はじめてやりました……85点」と自ら評。でもそのあとで「……ライブ楽しみにして来て、85点て言われてもなあ……」と、お客さんの立場に立って、自嘲のボヤキ。

ラスト2曲、暴れていこうぜ! で、「ギリギリガガンガン」「弾丸ロック」。 ヒロトさん、良く客席を見ていたね。正味1時間半の、流れ星みたいなライブ。楽しいな、クロマニヨンズは。いつでも楽しい、やっぱりそこが何よりすごいと思う。ライブに一回行けば、やっぱりもう一度行きたくなる。「何度も行って、何がそんなに楽しいの?」って聞かれたりすることもあるけれど、これはもう、どうしたって言葉では説明しがたくて、まさに、そう、形容詞などなくても、爆発している。


何度でも爆発する。


15日にお会いできた人、どうもありがとう! 16日、本日、お会いできる方、楽しみにしています!

コメント

SHIBUYA-AX 2/15、16

ニア様、こんばんは。

15日はお会い出来て光栄でした。氣志團の対バンの時にいらしたお友達も。
あの時、お友達が話しかけて下さったことが、こうしてblogにお邪魔させて頂けるようになったきっかけでした。
改めて、ニア様とお友達にお礼を申し上げたいです。ありがとうございました。

15日は中盤の仕切りにへばりついて観ました。氣志團の対バンの時と比べて、すごい詰め込んでいましたねー。スタートしても空間がなかった。

私は背が小さいので、立ちはだかる兄さん達の合間を縫って、視界確保に必死でした。中盤なのに、かなりの圧力…

じゃあ、同じ圧力かかるなら!!と、16日は最前列突入を決意!!
雪がちらほら降ってきて、待っている間に凍え、入場したら暖かくてホッとしました。

マーシー前が何か入れそうだったのと、とにかくかじかんでいたので、人の中にいたくて。周りが優しい女性ばかりだったので、ラッキーでした。

スタートして、マーシー登場!!(他のメンバー、殆ど見ていません)
久しぶりに間近でガン見しっぱなしでした。

他には何も のコーラスの時、彼の首筋がみるみる紅潮してきて…うっとり。ステップを踏む足、汗びっしょりの小さい顔が愛しい。
バンダナからはみ出した髪の毛、ピョコンと一本の白髪にライトが当たって、金色に見えました。

しかし…マーシーが近づいてくれると、すげぇ圧迫(-o-;) 服が引っ張られても、全く直せない!襟首ベローンとなってしまい、片乳はみ出す勢い(汗)

マーシーの肩のはだけた姿は美しいですが、私はただ見苦しいだけ。ホントに、ブラ(それも黒)が半分出ちゃって。

まあ、マーシーも老眼だし。ギター弾いてるんだし、関係ねぇや!と、開き直りましたが……

そして、ヤッター☆ ピックゲット!! オレンジ色で可愛いです。嬉しくなって、もうハミ乳なんか忘れて、ライヴ堪能。

アンコールで出てきて、目の前でマーシーの綺麗な肌を見ました。ヘソ下の毛、やはりなかったです(ゴクッ…)。ツルツルでした。すべすべでした。指でなぞりたかった(ハァハァ)。

ステージ袖にいたしゃぶちゃんとアイコンタクトを取って、笑っていたマーシー。ホントに可愛かったー。

土日は名古屋に遠征します。
40代最後のマーシーを、またしっかり目に焼き付けて来ようと思います。

マーシーを愛するフィギュア写真家さんとも会えて、楽しい渋谷2daysでした。最高!!

おはようございます。
16日に参戦しました。セトリもMCもおぼろげな鶏頭ですが、
アンコール「よくなるからな~」のMCの後の 49cc は鮮明です。
す~っと素直に心に入ってきて。
棒立ちのまま聴いていました。
暖かく力強いライブに、生きていく栄養の補給ができました。

ところでヨシオの小銭入れは購入されました?
買ったものの...いやヨシオLOVEなのではありますが...
この後のライブではヨシオバンクに貯めてヨシオ小銭入れに移してグッズを買って、エースロッカーバッグでお持ち帰り..なクロマニアンの一人になりそうです。 

こんにちはー、1日めにTシャツ1枚でふらふらしていた馬鹿です。
ここにコメントするか16日の記録にコメントするか思いきって両方コメントするか、迷いに迷って結局ここのスペースだけをお借りして落書きさせていただきます。

わたしは始まったとき、マーシー前よりも少し外側、8列めだったのですが、いつの間にかマーシー真ん前2列めでした。不思議だなあ……

真島氏の白い肩にはわたしもどきどきしました。白くてきめ細やかで、雑誌で見たグラビアアイドルの肌並に、わたしにはきれいに見えました。
マーシーの汗が、胸の間を伝っておへそに向かって落ちてゆくのを、アンコールで見ました。

ヒロトくんは、しなるように動く中指の第一関節がとてもきれいでした。そればかり見ていました。
あとですね、「タオルは裏地が白いので学校にも持っていけます」とヒロトくんが言ったとき、わたしが「持っていきます!」と言ったら一瞬だけにっこりしながらこっち向いたんですよ。絶対にわたしの声を聞いてくれたと思っています。

わたしも「49cc」を聞きたかったです。ヒロトくんの「ちょびっとね」……うあああ……

2日間お疲れさまでした!

さくさん
15日はいきなりお声をおかけしてすみませんでした。ちょっとビックリされましたよね。「お会いできるかしら」と思っていたら、ほんとに冗談みたいに目の前をさくさんが横切ったので、嬉しくなってしまいました。
15日、16日、それぞれの場所で楽しまれたようで、よかったです! ぎゅうぎゅうに詰め込んでいた印象だったので、確かに後ろにいるよりはいっそ前列に突っ込んだほうがまだ見甲斐があったのかも。ピックゲット、おめでとうございます! 今回、オレンジ色でかわいいですね。
また名古屋のライブレポなども楽しみにしております。ツアーはまだまだ続きます、お風邪など引かないように行ってらして下さいね!

真柴猫さん
16日は「49cc」のインパクトが強かったですね。あんまり真っ当な言葉がヒロトさんの口から出たもので、私はちょっと戸惑ってしまうほどでした(笑)
ヨシオ小銭入れ、買ってないです……私がヨシオを「かわいい」と愛せるのは、どなたか素敵な方がスナフキンの衣装を作って下さったからだ! ということが実証される結果となってしまいました。でもさ、あれさ、小銭入れさ、でっかくて使いづらくないですか……?

凛華ちゃん
15日、Tシャツ1枚でふらふらしてた凛華ちゃん、風邪ひとつ引かず元気そうでよかったー。マーシー側2列目まで食い込めたのはすごいね! ヒロトさんとも会話(?)が成立して、にっこりしてくれたなんて、とても幸せだったね~。それは、凛華ちゃんの声がちゃんとヒロトさんに届いたのだと思いますよ!

またどこかのライブでお会いしましょうね、みなさん!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。